イギリスの風
香港人のテレビっ子・チーたろうと、ちびすけとともに、のんびりイギリスで暮らしているへんじゃの日記です。


プロフィール


へんじゃ

Author:へんじゃ
★ブログに時々登場する「チーママ」は義母、「チーパパ」は義父、「チー妹」は、チーたろうの妹のことです。

★コメントは承認制になっています。表示やお返事が遅くなることがあります・・・すみません。)

★内容の無断転載、また内容と関係のないコメントの書き込みはご遠慮ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ村に参加中です。よかったらこっちも押してみてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村



FC2カウンター




金魚




カレンダー


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事




最近のコメント




カテゴリー




フォトアルバム




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧




最近のトラックバック




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2009.07.27  ブレナムパレスへ <<23:37


週末はオクスフォードシャーのほうへ行って来ました。
その名のとおり、オクスフォードの近くで、行ったのはブレナムパレスというチャーチルの生まれた宮殿と、近くのアウトレット。またこの日のことはそのうちアルバムにアップしますね。

パレスはあまり期待していなかったのですが、想像以上の広さ(と美しさ)。なんと、世界遺産にもとうろくされているそうです。まだ持ち主のなんとか公が住んでいるそうですが、まさに「見渡す限り宮殿の敷地」でした。

Breham Palace (21)

羊も飼われていました。アヒルも、白鳥も・・・。

Breham Palace (14)


毎日雨続きだったのが、うれしいことに土曜日は快晴! そして、旅行のたびに結婚式に出くわす私たちは、今回もまた、結婚式に出会いました。パレスで結婚式を挙げているカップルがいたのです。クラッシック・オープンカーで、みんなに祝福されているのを見て、私たちも幸せのおすそ分けをしてもらったような気になりました。

そして今日はアウトレットでいろいろ買い物をして来ました。日本では、イギリスではほとんど出番のない夏物しか買わなかったことを理由に、散在・・・! でもたまにはいいかな・・・。

それにしても・・・牧草の刈り入れシーズンらしくて途中の景色は黄金色の世界でした。
すっかり秋の香りが漂っていたイギリス。
もう一度くらい、夏は来るのでしょうか・・・? 


よかったら一押しをお願いします!(更新の励みになります。)

謝謝光臨!

No.161 / / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2009.09.03  West Country へ <<05:34



夏休みの最後の最後に、West Countryへドライブに行ってきました。4日間で、ソールスベリー、ストーンヘンジ、バース、ブリストルと回ってきました。

IMGP3557.jpg



国内旅行ということでまったく期待していなかったのですが、天候にもなんとかめぐまれ、ほんとうによかったです。イギリスを見直しました。そして、やっぱりイギリスは田舎だなって思いました。

中でもバース、きれいでした。

IMGP3606.jpg

あんなに起伏のある街だと走らなかったので、目の前にバーンとバースの街が見えてきたときは感動しました。さすが、世界遺産の街でした。川もすぐそばで、スイスのベルンの街を思わず思い出しました。写真ではうまく感動を伝えられないのがざんねん。
旅行のことはまたそのうち旅行記にしますね。

楽しい夏も終わりました。
去年よりずっと仕事がらくになったとはいえ、新学期も始まって、これからクリスマスまで、灰色の毎日が待っています?

そして、チーたろうの家族も香港へ帰ったし、新しい2人の生活が始まるような気がします。
いなくなってみると、ほんとうにたくさんの時間をチーたろうの家族とともに過ごしていたのだなとつくづく思います。  

新学期、新しいスタートです。準備もまだだし、明日に備えて、今日は早く寝ることにします。


よかったら一押しをおねがいします。
ありがとうございました。

IMGP3424.jpg


No.178 / / Comment*2 / TB*0 // PageTop▲

2011.03.10  エジンバラ <<22:36



エジンバラから戻りました。

 IMGP6655_convert_20110311175452.jpg  SANY0252.jpg




知らなかったのですが、エジンバラは世界遺産にもなっているようで、お城のある、ほんとうにきれいな町でした。人も優しかったし、意外や意外、食べ物もはずれなしでした! しかも奇跡的に天気にも恵まれて、ロンドンと同じくらいの気温&真っ青な晴天! 明日のエジンバラは雪&強風だそう。。

親日家のスコットランド人にも何人か会いました。
考えてみると、私の周りにはスコットランド人と結婚した日本女性がごろごろいます。
スコットランド人と日本人は相性がいいのかな??

ちびすけと一緒の始めての本格的なたびでしたが、ちびすけもいい子にしてくれました。
ただ、旅行用に買ったベビーカーでちびすけが自然に寝てくれなくて、眠くなるとおっぱいをせがむのでそれが大変でした。普段のベビーカーなら入れとけば勝手に寝てくれるのですが・・・ でも、幸いスコットランドは昔から「公共の場所での授乳OK」という法律がある国です。(イングランドは去年やっと法的に許可されるようになりました)レストランやカフェでこっそり授乳してなんとかのりきりました。

また旅行のことはアルバムに載せようと思います。
ちびすけと一緒なので、最悪の場合、食事はテイクアウト、毎日くたくたで眠れないたびになるのではと思っていたのですが、とてもいいリフレッシュになりました。旅の写真を見ていると、1日ごとに顔が若返っているような・・・

旅行は楽しかったけれど、帰ってからまた家事が山積みです。適当に手を抜いて乗り切ろうと思います。


よかったら一押しをお願いします!




No.419 / / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2011.06.30  いってきます!  <<21:26


ちー妹も到着して一週間、ちーたろうの家族との生活も折り返し地点に。彼らの滞在中に、父の日、それからちーたろうにちー妹、ちーママ、そしてちびすけと、4人分の誕生日と祝い事の嵐があるのですがその3/5が終了。ふぅー! 

ここらで一息、ということで、みんなでノルウェーにフィヨルド見に行ってきます。
ちびすけ初海外&船の旅です。

初めはTeethingで吠えていたちびすけにおっかなびっくりだったちーたろう家族もちびすけの取り扱いにだいぶ慣れて、寝かしつけもできるようになりました(いや、偶然かな?)。喜んでちびすけを見てくれるそうだし、船内でのんびりできるといいなぁと思っています。
(できるかな・・・) 

どんな旅になることやら、また帰ったらご報告しますね! 
とりあえず行ってきます!


No.452 / / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2011.07.10  ノルウェー フィヨルド クルーズへ!! <<20:39


ノルウェーから戻りました。
ちーたろう両親からのプレゼントで、ちーたろうの家族とともに、イギリス、Southamptonからクルーズ船で、ノルウェーのフィヨルドで有名な街を中心に、一週間ほどの旅でした。

子連れなのであまり期待していかなかったのですが、のんびりの船旅なので、家事もしなくていいし、ゆっくりできました!! 

IMGP7432_convert_20110711230336.jpg


フィヨルドのスケールも、ノルウェーの自然も、すごかったです。

IMGP7473_convert_20110711230859.jpg


バイキングが生まれるのも、納得。海路しか、交通手段がなさそうな場所がたくさんありました。
どうしてこんなところに住もうと考え付くのか不思議なくらいすごい場所に家があったり。・・・


あと、日本も滝が多い国だと思っていたけれど、ノルウェーのフィヨルドはあっちにもこっちにも、そこらじゅう滝だらけでした。

実はほんの少し前Facebookの友達の滝の写真を見て、イギリスではなかなか滝が見られないなあと思っていたところだったのですが、飽きるほどいろんな滝を見てきました。

IMGP7458_convert_20110711230504.jpg
(これはその中の大き目の滝。)

幸い天気にも恵まれ、なんだかイギリスより暖かかったような。(なんと船の屋外プールで泳げたほど!)
家族そろって、なんと日焼けして帰国しました。

クルーズは初体験。・・・選んだ船がお年寄りに人気ということも有り、確かに白髪の乗客がほとんどでしたが、小さな子供がいてあまりいろいろできない私たちにもぴったりだったかな。24時間のビュッフェコーナーもあり、毎日いろんなご飯&スイーツが食べ放題で、それもよかったです。でも何よりも、欧米的な楽しみ方とはこういうものなんだなぁとつくづく体験してきました。

たとえば、晩御飯のレストランにはドレスコードがあるんですが、毎日テーマが変ります。フォーマルドレスの日、セミ・フォーマルの日、エレガント・カジュアルの日、など・・・ 日本人の私にはぴんと来ないのだけど、毎晩それにあわせておしゃれしてレストランに向かい、その後は日替わりでテーマの変るパーティーへ。社交ダンスやビンゴ、クイズ大会、コンサートやショーもいろんなところでやっていたし、 私はちびすけがいるのでご飯の後は部屋に戻ってちびすけ寝かせてのんびりしたけど、夜遅くまでこうやって遊ぶのか、ふーん、って思いながら見ました。(あ、晩御飯代も含め、こういうエンターテーメントは全部船代に含まれています。)

私はドレスコードがあることを直前に知り、慌てて着られそうな服や昔のドレスを適当にスーツケースに詰めて出かけたけど、お金と時間によゆうがある人たちは、ドレス選びから楽しむのだろうなぁと思いました。

あ、そうそう、チーたろう家族は、毎晩カジノとマージャン(船内にあった)を楽しんでいましたよ!
さすが香港人。

船でまわったのでホテルを変ったりする面倒や外国での交通の心配もないし、みんなで一緒に旅行しているかんじで、それはなかなかよかったです。今回はチーたろう両親が一緒だったので年配向けのクルーズ船でしたが(お年寄り向けのは食べ物が豪華みたいです、みんな年で、そんなに量たくさん食べられないからね!)、もう少しちびすけが大きくなったら、キッズ・プログラムのたくさんあるもう少し若い世代向けの船にのってみてもいいかなとおもいました。
 
24時間ビュッフェがあることもあって今回はノルウェー料理はほとんど食べられなかったけれど、クルーズもフィヨルドも体験できて、のんびり疲れを取ることができてすっかりリフレッシュして帰ってきました。

やっぱり、海は癒されますね・・・




No.453 / / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

<<Prev Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。