イギリスの風
香港人のテレビっ子・チーたろうと、ちびすけとともに、のんびりイギリスで暮らしているへんじゃの日記です。


プロフィール


へんじゃ

Author:へんじゃ
★ブログに時々登場する「チーママ」は義母、「チーパパ」は義父、「チー妹」は、チーたろうの妹のことです。

★コメントは承認制になっています。表示やお返事が遅くなることがあります・・・すみません。)

★内容の無断転載、また内容と関係のないコメントの書き込みはご遠慮ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ村に参加中です。よかったらこっちも押してみてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村



FC2カウンター




金魚




カレンダー


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事




最近のコメント




カテゴリー




フォトアルバム




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧




最近のトラックバック




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2011.01.30  置き去りにされた赤ちゃんのその後 <<22:32


去年の冬、毎週見ていたOne bone every minutesというイギリスの産科のドキュメンタリー(去年の記事はこちら)、また今年もやっています。録画して、ちびすけがねた後に見ています。またことしも、生々しいシーンにチーたろうと、「ひえー!」とか、「うわー」とかいいながら見ているのですが、見ていると、おや、そういえば私もそうだったっけ、と消えていた記憶がよみがえってくるから不思議です。

今日はお産のときに吐き気がしてゲーゲーしているシーンをみて、そういえば私もはきそうになって、チーたろうに助産師さんを探して入れ物をもらってこいと命令したような、かすかな記憶がよみがえってきました。チーたろうに確認したら、やっぱりそんなことがあったようです。


さてさて。ちびすけが生まれた病院で、こないだ、産後、生まれたばかりの赤ちゃんをおいて、お母さんが病院からいなくなってしまったという事件がありました。地元新聞に、赤ちゃんのお母さん、べトナム出身の17歳の少女の行方を捜しているという小さな記事と写真が載っていたのですが、記事を見て、びっくり。

その赤ちゃん、Quyちゃんが、ちびすけが生まれたばかりのころにそっくりなのです。
その記事を読んで、どうしてお母さんが姿をくらましてしまったのかわからないけれど、早く見つかるといいなと心から思いました。

で、その後ふと考えたことに、自分でもびっくり。

「赤ちゃんが1人でも2人でもあまり変らないかもしれない、うちで預かってあげたらどうかな、Quyちゃん、お母さんに会えるまでうちに来てちびすけの弟になる?」

って本気で思いました。

多くの人の心をとりこにしてしまって、ニュースを聞いた人々からプレゼントをらしいQuyちゃん、ずっとその後が気になっていたのですが、お母さんがみつかったみたいです。

どんな事情でお母さんが病院を後にしたのかわからないのですが、2人が一緒に幸せな毎日が送れますように。

元記事はこちら


よかったら一押しをお願いします!




No.400 / つぶやき / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2011.03.12  何ができるか <<22:21



いつもはちびすけがいるときはテレビを消しているのですが、非常時ということで、イギリスのニュースチャンネルか、NHKの国際放送か、インターネットテレビで日本のニュースを見ています。まさに、最悪を絵に描いて額縁に入れたような・・・と言うより、もうハリウッド映画のような状態の被災地。東京に住む友人たちの生々しいレポートを聞いて、改めて被害の大きさに驚いています。ちびすけみたいな赤ちゃんを抱いて非難しているお母さんの映像を見て、胸がいたみました。電気もガスも無かったら、粉ミルクのママたちは、どうするんだろう? パック入りミルクとか手に入るのかなとか、オムツはどうするんだろうとか、ふと思いました。職場から延々と歩いて帰宅した人の話を聞くと、ロンドンの地下鉄テロのとき、バス亭と本能を頼りに、延々と歩いてチーたろうの実家まで行ったことを思い出しました。あの時も怖かったけど、大きな余震の中、夜道を歩くのはもっとふあんだったのでは?

ネットでは、NHKやFNNのニュースのほか、Key Hole TVと言うネットのサービスで日本のテレビがオンタイムで見られるのですが、アクセスが殺到しているようで、見られるけれど、下に「只今アクセスが殺到していて、限界に近づいています」みたいなメッセージが。あと、日本への国際電話はかなりつながりにくくなっているようで、電話よりSKYPEのほうがいいみたいです。ただ、SKYPEもビデオ通話の質が落ちていて、日本はもちろん香港とも、うまくビデオ通話できなくなっています。こっちも殺到しているのかな?

今朝は美容院に髪を切りに行ったのですが、担当の香港人の美容師さんの弟が、日本人と結婚して東京で働いているらしく、電話はだめで、Facebookでなんとか無事を知ったと言うことでした。職場で一夜を過ごしたそう。(ちなみに勤め先を聞いたら、「Sience for Happiness」という宗教系の会社だそう。・・・ひょっとして幸福の科学かな?? )



イギリスから日本は遠いような気がするけど、昨日といい、今日といい、日本とつながりのある人に出会ってるような気がします。


傍観しているだけじゃなく、私も何かできないかなと今考えているところ。
一つアイデアがあるのですが・・・実行するかどうか、悩んでいます。
とりあえず、イギリスからは、こちらのサイトで寄付ができるみたいです。


被災地で不明となっている人の多くが、安全な場所に避難できていますように。そして、これ以上の被害が出ませんように。


よかったら一押しをお願いします!





No.423 / つぶやき / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2011.07.18  ふぅー!  <<20:20


チーたろう両親が帰国しました。
・・・いろいろ大変だったけれど、ちびすけはこの1ヵ月ちょい、本当に楽しそうでした。
元気いっぱいのちびすけのおもりはしんどいので、あまり甘えっぱなしはできなかったけれど、ちびすけを見てもらうこともでいて、ずーっと、「ちょっとでいいから、ちびすけを預かってくれる人がいたらなぁ!」と思っていたのがかなって、いいリフレッシュにもなりました。

どうなることかと思っていたちびすけの両親との毎日も、なんとかなりました。

毎日、ちびすけの離乳食と大人4-5人分のご飯を3回作るのはなかなか大変だったけれど、やればできるものですね! 

ちーママたちは、かなり食と健康に気を使うので、これが一番大変でした。中華でないと口に合わないし、レンジは使えないし(電磁波と放射能は、広東語ではどちらも「輻射」というせいですごく気にされる)、さめたものや火を通していないものは不可、たくさん作って作りおきも不可。残ったごはんやおかずを温めなおして出すのも、体に悪いと言われるので残り物が出ないように作らなくてはならないし(・・・捨てると今度はもったいないと言われるからね!)毎回ゼロから作らなくてはならないし大変でしたが、それも終わり!

がさつで細かいことは気にしないし、あまり遠慮や気を使うことのない私に、気を使ったり遠慮するちーママ。とくにきれい好きでいろいろ気にする彼女たち、いろいろ言いたいことがあっただろうなとおもうし、あんまりきれいに掃除する間もなかったので居心地悪かったんじゃないかなと思ったりもしたのですが、ぜんぜん何もいわれませんでした。逆に私のほうが遠まわしにちくちく言っていたような気がして、ちょっと反省。いろいろあったけれど、振り返って、イギリス滞在楽しかったなと思ってくれていたらいいなと思います。


さてさて、一歳に突入したちびすけ、鼻水たらしていますが、相変わらず元気いっぱいです。

チー太郎家族滞在中にやっと三本目の歯が生えてきて歯が痛かったのか、離乳食を食べない日々があったのですが、それもおちついてもりもり食べています。ちーママたちが嫌がるので1ヵ月Baby led Weaningは封印していたのですが、またはじめました。自分で食べてくれると、その間に私もご飯が食べられますからね! チーたろう家族滞在中は超手抜きだったちびすけの離乳食だけど、これから挽回、がんばってつくらないと。

同じく封印していた(ちー太郎家族滞在中は干すスペースがなかった)布オムツも復活。
ちびすけ、かさばる布オムツに戸惑った表情でしたが、すぐまたなれたみたい。

おまる生活も続けていますが、途中旅行でおまるが使えなかった間にオムツにする習慣がついてしまったせいか、おまるに載るのを嫌がるようになって困っています。
足を踏ん張ってたとうとして、トイレの床にシャー。

毎回バトルです。

24時間ちびすけを見ていなくてはならないのは大変だけど、自分の好きなようにお世話できる日々が戻ってきて、ちょっと気楽になりました。 

さあ、私の夏はこれから!! (天気が悪くなってきたし、イギリスの夏はもう終わったと言う話もありますが・・・)
なにしようかなぁ~ ってまずは家の掃除からかな。

あとは今週末、ユダヤ系のお友達家族の赤ちゃんの、一歳のお祝いのセレモニーに行ってきます! 
またどんな感じだったかご報告しますね!  





No.455 / つぶやき / Comment*3 / TB*0 // PageTop▲

2011.08.07  昨日は <<20:20


昨日は、8月6日、イギリスにいると気づかずすごしてしまうことも多い広島原爆投下の日だったけど、たまたまつけたNHKの国際放送で広島の平和公園のニュースや特集番組が映って、そうかって思い出しました。ちょうどアイロンかけの最中につけたんだけど、最後まで番組を見て数年ぶりにしんみりとした原爆の日(ってよぶのかな? 呼び方忘れた・・・)になりました。NHKの国際放送、今まではほとんど見なかったけど、津波のときからなんとなく変わった感じがして、よく見ています。前より、見たいと思う番組が増えた気がするのは私だけかな? 

さてさて、原爆の日もそうだけど、イギリスにいるとこんなさわやかな天気のせいか、今が夏休みだと言うことも、今が夏だと言うことも忘れてしまいます。どうして夏の感じがしないのか考えてみたら、蒸し暑さもそうだけど、暑苦しいせみの声がしないのももう一つの理由かもしれません。

今日のイギリスは、晴れたり雨だったり。 
涼しい一日でした。
このまま秋になるのかな?


No.461 / つぶやき / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2011.11.15  久々の日本 <<12:09


久しぶりに日本に帰ってます。
日本の秋は10年ぶり。結構ハードスケジュールでばたばたしていたので、やっと落着いた感じです。
ちびすけもちょっと便秘気味だけど病気することなく、スムーズに日本の生活に馴染んできた感じです。

ベビーブームのイギリスと違って、少子化日本の生活は、不便だったり、逆に大切にされてよかったり。
一番困るのは、地元岡山のレストランのハイチェアーに、ベルトがついてないこと。
ちびすけが動いて落ちてしまうんじゃないかとひやひや。
なんでベルトがないんだろう!? 

あと、カフェの概念がちがうからかなぁ、イギリスのスタバとかそういうカフェは、子連れママがたまっているところ、結構あるけれど、おちびをつれて気軽に入れるカフェ(レストランも!)が繁華街になかなかないのに、ちょっと戸惑っています。授乳に、おやつに、離乳食にと、イギリスではよくカフェを利用していたけれど、岡山では公園のベンチ。でも、お茶をしたかったら日本には自販機という手があるから、みんなそうしているのかな?

いろいろ戸惑いながらも、日本での子連れライフを楽しんでいます。

それにしても、地元岡山市の公園の遊具の老朽化にちょっとびっくり。その一方で、イギリスのほったらかしな公園の木々と違って、手入れの行き届いた日本の公園の木々にびっくり。植木はも少しほったらかしでもいいから、さびだらけで古い遊具を手入れして、もう少し、よちよち歩きの子供でも楽しめる遊具を増やしてもらえるとうれしいなぁ。・・・って、子供少ないからそういうことには税金使われないのかな、そしていまどきの子供はあんまり公園で遊ばないのかな?


No.481 / つぶやき / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

<<Prev Home Next>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。