イギリスの風
香港人のテレビっ子・チーたろうと、ちびすけとともに、のんびりイギリスで暮らしているへんじゃの日記です。


プロフィール


へんじゃ

Author:へんじゃ
★ブログに時々登場する「チーママ」は義母、「チーパパ」は義父、「チー妹」は、チーたろうの妹のことです。

★コメントは承認制になっています。表示やお返事が遅くなることがあります・・・すみません。)

★内容の無断転載、また内容と関係のないコメントの書き込みはご遠慮ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ村に参加中です。よかったらこっちも押してみてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村



FC2カウンター




金魚




カレンダー


03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最近の記事




最近のコメント




カテゴリー




フォトアルバム




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧




最近のトラックバック




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2010.03.16   <<22:07


今日はとある日本語教室に顔を出す予定でしたが、朝つわりがぶり返した(?)こともあって、どうせサブのサブで入るだけなので、お休みすることに。週末、赤ちゃんグッズの下見に行って疲れたせいかな? 疲れやすいし、脳みそも半分解けたような感じで働きが鈍いし、いつもの半分くらいしかいろいろなことがこなせていないような気がします。

赤ちゃんグッズの下見は、お店をはしごして歩き回って、ほんとうにいろんなものがあるのだなぁとそれも痛感。一番悩むのはベビーカーと、車のベビーシート(だっけ?)です。こちらでは両方が1セットになっている「トラベルシステム」(たぶんそんな名前だった)と呼ばれるものがあるようなのですが、チーたろう、真剣に悩んでいました。このトラベルシステム、でかいです。重いです。日本のベビーカーって、もっと軽くてコンパクトだと思うのだけど、イギリスのはでかくて重くて値段が高いような気がします。チーたろうが見ていたのは、重さ13kgのものたち。(別に重たいほうではないみたい?) 

これに赤ちゃんの重さと、荷物が加わると・・・!? 

「ねぇ、チーたろう、私が1人でロンドン行ったりするとき、このベビーカーで地下鉄の階段を上り下りするわけ?? これでバスに乗れるかな?」 

不安になって声をかけてみましたが、反応なし。ベビーカーも乗り物の一つ。やはり男の人にはこだわりがあるのでしょう・・・。 使うのはほとんど私だし、時間はたっぷりあるし、先輩ママたちにいろいろ聞いて、研究してみないといけないなって思います。でも買い物もこれからはきっと、ロンドンより、車で簡単に行ける郊外のショッピングセンターになるんだろうな。

中には、前後2つの座席がついていて、兄弟で乗れる二人用のベビーカーもあります。横に並んで座れる巨大なものも。チーたろうによると、2人目を生むなら、二人用にできるベビーカーが便利だと同僚に薦められたのだとか。

2人目を生んだら、もっと巨大なベビーカーがいるのでしょうか・・・?
この大きな2人乗りベビーカーに2人の子どもを乗せて、2人分のオムツを持って街を歩きまわるなんて、考えただけで、くらくらしてきます。でも考えてみるとよく見る風景。私の母も、2人乗り乳母車ではなかったけれど、3人の年子を連れて出かけていたことを思うと、ほんと、母は強し、ですね。今から筋トレしとかなきゃ。

ベビーカー1つ選ぶのにも、すごく時間がかかりそうです。ベビー用品のお店でもらったカタログの新生児用準備品リストを見て、2人で、選ぶものの多さと必需品の多さにくらくらしました。日本のみんなは、この赤ちゃんグッズ購入に加えて出産費用も要るんですよね。イギリスでは出産費用が要らないので楽ですが、そう考えると、「もう少し赤ちゃんグッズに出費してもいいかな」、なんて恐ろしい考えが頭をよぎりました。

ただ、家に帰って冷静に考えてみると、この準備品リストの中には別になくてもいいものがいっぱい。それでも、なんだかんだ言ってついつい散財してしまいそうで怖いです。

それにしても、早すぎるかなと思った下見ですが、お腹が大きくなってきてからだったら、もっと疲れたでしょうね。

今日はのんびり過ごすことにします。



ランキングに参加しています。一押ししてもらえるとうれしいです。




No.258 / プレママ日記 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2010.03.17  つわり地獄 <<19:29



いつか、書いておこうと思っていた私のつわり地獄。
そのうち、と思っているうちに記憶がかすかになってきてしまいました。長くなりそうだけれど、あまりに強烈な体験だったので、書き残しておかずにはいられません。ついに完成したので、2部に分けて、載せておきますね。

つわり、英語ではMorning sicknessといいます。香港では・・・私の周りの香港人は誰も「特別な言葉はない」って言ってます。「『想嘔』=吐きけがする」を、つわりにも使うみたい。ぜんぜんつわりのない人もいるけれど、私は吐きづわり、食べづわりの両方、5週目からおかしくなり、6週目に本格的に始まって、8-10週目にピーク、18週目くらいまで続きました。今でも忘れたころに朝時々気持ち悪くなりますが。 

つわり対策、イギリスの本には

「朝起きる前に、ベッドの中でビスケットと紅茶を口にすれば、ずいぶん楽になります。」

「ジンジャー・ティーや、ジンジャー・ビスケットを食べると気分がすっきりします。」

と書いてあったけれど、私の場合はどちらも聞かないどころか、ジンジャー・ティーなんて、そのまずさに症状は悪化。カモミールとか、ミント・ティーとか、ルイボス・ティーとかいろいろ試してみたけれど、どれも×。牛乳やフルーツジュースのような、少しどろどろとした飲み物は口にできたけれど、それ以外の飲み物は、口にすると胃の内容物が吹き上がって大変なことになってしまいました。ジンジャー。ビスケットもあまりおいしいと思えなくて、パス。今も戸棚の中に眠っています・・・

よく、つわりの時期、「犬になったみたい」といわれるけれど、私もまさにそうでした。
チーたろうが帰りにお酒飲んで帰ったときや、お昼ににんにく入りのランチを食べてこようものなら大変なことになります! くさくて、近寄れないのです! よく言われるご飯のにおい、スープのにおい、どちらもすごく気持ち悪くなりました。

野菜に強烈なにおいがあることに気づいたのもこのころ。妊婦の見方、葉酸たっぷりのほうれん草、ブロッコリーの臭さ、そしてもっと強烈なのはしょうがとにんにく! ほとんどの野菜が食べられませんでした。野菜嫌いの子どもがどうしてその野菜が嫌いになるのか、わかりました。

野菜でこれだからもちろん肉と魚なんてとんでもないことになります。
臭くて、臭くて、ほんとだめでした。味噌汁のいりこだしの味までもだめ。よくイギリス人に、日本の「だし」の味が嫌いな人がいるのですが、あぁ、この味がだめなのかな、と心から理解することができました。

つわりのとき妊婦が食べたくなるらしい、梅干もだめ! 実家からもらった梅干はまだ食べられたのですが、6週目に入ったところで切らしてしまって、チーたろうが買ってきた市販の梅干を食べたところ、なんだか不自然な味に感じられてだめ。(たぶんだしが使ってあったんじゃないかと思います)。香港人の妊婦さんがよく食べるという、やはり梅でできた「酸梅」というのも食べてみましたが、これも×。味の素の味がして。ほんと、化学調味料の味にはすごく敏感になって、大変でした。カレーなら、においでまぎれて野菜や肉が食べられるかと日本のカレールーでカレーを作ったときも、なにやら不思議な科学的な味がして、まずくて食べられませんでした。

唯一食べられたのが、プレイン・ビスケットやイモ、パンのような炭水化物と、果物。
ある日チーたろうがロンドンの日系のスーパーで買ってきた日本のパンがおいしくて、あんまりおいしそうに食べるので、毎週土曜日にチーたろうが買ってきてくれたほど。イギリスの妊婦さんはよく、つわりのときフライドポテトを食べたくなる人が多いみたいだけど、フライドポテトはおいしく食べられました。体に悪そうだけど、何か食べないとお腹の赤ちゃんともどもダウンしてしまうよりはいいかと思って食べていました。

もう一つ食べられたのが、果物。マタニティー・ブックには、「糖分がたくさん含まれているので、果物も食べ過ぎないように。」と書いてあったけれど、それしか食べられないので、みかんやりんご、バナナを食べてました。液体を摂取するとお腹の中身が逆流するので、みかんで水分を補給していたような。

そんなこんなで、1-2週間ほどは炭水化物と果物で生き延びたような気がします。
常にお腹がすいているけれど食べると気持ち悪くなって、ほんとうに、地獄の日々でした。
私も大変だったけれど、こんな私と生活していたチーたろうも、きっと大変だったことでしょう。だって、仕事のめちゃくちゃ忙しいときに帰宅して、晩御飯。
でもその晩御飯を作るのは、つわりに苦しんでいて、味覚がおかしくなっている私・・・(ほんとに味覚が変になったのです! 何でも塩辛く感じたり!!)

何度か、激まず夕食を作ってしまったのですが、がんばって食べてくれました。
何度か、どうしても食べられず捨てましたが・・・
失敗しないように、しばらくは料理本を見て、分量通りに、正確に調味料の量を測って作るようにしていました。

で、食事のときは私も一応何か食べなくてはと一緒にがんばって箸をとるのですが・・・
何を食べてもまずくて、まずくて、言わなきゃいいのに、おいしくご飯を食べているチーたろうに、

「ねぇ、チーたろう、ほんとにこれおいしい? ほんとに? まずかったら我慢しなくていいよ。」

とか、

「あぁ、やっぱりだめだ、この肉、臭い。たべれんー!」

とか青い顔で苦しんでいたり、
トイレへ駆け込んだりしていたので、チーたろうも食欲減。
ひょっとして、男のつわりというのは、この、催眠術のような、妊娠中の奥さんの「臭い」「まずい」「気持ち悪い」の連呼から始まるんじゃないかなと、そう気づきました。

でもほんと、これがチーたろう相手の出来事だったらいいけど、二人目妊娠中の妊婦さんだったら大変だろうなと思います。

だって、まさか子どもの前でこんな風にしたら、子どもが心配しますよね。
チーたろうは、時々外食してくれたけど、たとえば幼稚園前の子どもがいたりしたら、一日三食一緒に食べなきゃだめだし、そのごはんがろくに作れなかったら、たいへんですよね! 

次妊娠したときは、つわりが軽いといいなと心から思います。


ランキングに参加しています。一押ししてもらえるとうれしいです。




←もっと読む
No.260 / プレママ日記 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2010.03.17  つわり地獄、その2  <<19:37


つわりがあんまりひどいので、ピーク時は、仕事とご飯の時間以外はベッドかソファーで横になっていました。つわりに加えて、妊娠中はよくあることだそうですが、体が敏感になっていたのか、くしゃみとせきがしょっちゅう出て、嘔吐とくしゃみとせきの繰り返しで、そのたびにあばら骨に鈍痛が。せきが続くとあばら骨が折れる人もいるそうなので、ひょっとしたらそうだったのかもしれません

で、あまりに気持ち悪そうな私の様子と、一日に何度もはくという私の話に、お医者さんはついに「つわり止め」の薬を処方してくれることに。

が、その処方箋をお医者さん、私に渡し忘れていました!
他にもたくさん書類をもらったので、私もその中にあるだろうと思って、気づかず、気づいたときはとき遅し。診療所はしまっていて、クリスマスホリデーに突入していました。

というわけで、つわり薬を試してみることはできなかったのですが、ほんとうに苦しかったら、効くかどうかは人によるそうですが、GP(診療医)さんに薬を処方してもらうこともできるみたいです。ひどくなると「妊娠悪阻」という症状に陥る人もいて、そうなると大変なようなので、つわりがひどい人は先生に相談したほうがいいと思います。ちなみに、イギリスでは産科のお医者さんが妊娠初期の妊婦さんを見てくれることはほとんどない上、産科のお医者さんにたどり着くまで時間もかかるせいか、毎年妊娠悪阻で命を落とす妊婦さんが何人かいるのだそうです・・・。 早めに、そしてイギリス人の真似してちょっと大げさめに相談するのがポイントです!

つわり中に私が発見したおすすめページを最後に載せておきますね。

わかばマーククラブ

あと、チーたろうがネットで探してきてくれたつわり対策法の中で私に一番きいたのは、

「食べてすぐ寝ない」

でした。

食べてすぐ寝転ぶと、起き上がったときにゲローってなります。
食後30分くらいは、苦しくても座っていたほうがいいと思います。


・・・と長々と書いたつわり地獄ですが、私のはただのつわりなので、苦しかったけれど、たいしたことではないのかもしれません。妊娠悪阻はもちろん、「極度悪阻」で苦しんでいる人の話は、本当に強烈です・・・! 

大変だったけれど、これくらいだったら、後の笑い話として楽しく話せるので、逆に何もつわりがないよりよかったかなぁっておもいます。

ランキングに参加しています。一押ししてもらえるとうれしいです。




←もっと読む
No.261 / プレママ日記 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2010.03.24  イライラ <<06:51


一泊二日でカンタベリーへ行ってきました。
安定期に入って、せっかくの旅行のチャンスなので、どこか行きたかったので。本当は、ビーチでのんびり、ってしたかったけれど、近場のヨーロッパを選んでも、今の季節ビーチは無理。その上先立つものが・・・。で、む菓子勉強した世界史にはチョーサーの「カンタベリー物語」とか出てきたし、一度どんなとこか行ってみたいなと思っていた、カンタベリーの、イギリス国教会の総本山、「カンタベリー大聖堂」行ってきました。日本でいう「伊勢参り」? 
別にクリスチャンではないのだけれど・・・

世界遺産ということで、バースみたいな場所を想像していたのですが、バースほどの街ではなくてがっかり。でもしっかり楽しんできました。

出発前日、ちょっと大変でした。
何ともいえないお腹の不快感で、なんだかイライラしていた私。
妊娠中は「Mood swing」といって、気持ちのアップ・ダウンがあるらしいのですが、安定期に入ってからはいたって平和だった(と思う)我が家だったのですが、なんともいえないからだの不快感から小さなことでいらいら。

チーたろうが料理してくれている、その雑な野菜のきり方がなぜか気になって口を出してしまったり、皿を洗ってくれた後のお皿の洗い忘れが気になったり・・・

なんだか不快で、何もかもがいらつくのです。

我慢したいのですが何とも我慢できなくて、あぁ、このまま旅行中もこの不快感に悩まされてぴりぴりしてしまうのかなぁと思っていたら、旅行出発前にその不快感がすっきり解消されて、同時にその理由がわかりました! 

不快感の原因は、どうやら、2-3日前からお通じがなかったせいのようです!! (汚い話で失礼!)
イギリスに来てから、硬水のせいか便秘とはまったく無縁で毎日快適だった私。
旅行前の2、3日ちょっとバタバタしていたせいもあり、水分摂取を忘れ気味だったせいか、お通じがなかったのです。そういえば便秘かも、と思って、前日たっぷり水をのんだり、冷蔵庫に残っていた野菜をしっかり食べたり、出発当日も腸の活動を活発にするため朝ごはんと牛乳をたっぷり取ったおかげで、出発前にはすっきりできたのですが、そのとたん、このところの「なんともいえない不快感+イライラ」が、サーッと消えていきました!!


おちびのせいでお腹はパンパンだし、そのうえいろいろたまったら、それは不快になるよなぁ、と納得。便秘になると、こんなにイライラするものなのかと、改めて驚きました。チーたろうのためにも、これからは便秘には気をつけなければと思った出来事でした。


出発前にすっきりして、急にハイテンションになった私。
あぁよかった、これでぷりぷりしてチーたろうに当たることなく、楽しい旅行ができる、とハイテンションで出発したのです

・・・












朝早かったせいか(といっても9時過ぎでしたが)、



広くなったお腹でおちびが運動を始めたせいか、



出発後数分でひどい車酔いで今度はめちゃめちゃグロッキーな状態に・・・!


最近体調がよかったこともあり、車酔いしやすくなっていたことをすっかり忘れていた私・・・。

便秘解消のため、私が大量の朝ごはん&牛乳を摂取していたのを目の当たりにしていたチーたろうを、再び恐怖のどん底へと突き落とすことになったのでした!


いやー、でも、サービスエリアまで持ちこたえることができて、ほんとによかったです。

サービスエリアのお手洗いで今度は上からも再びすっきりした後は、ドライブも楽しめるようになり、楽しい旅行になったのですが、それまでは、ほんと、うちへ引き返そうかと心から思いました。

でもやっぱり、疲れやすくてベンチに座り込んだら立てなくなるし、立てなくなるどころかついうたたねしちゃうし、大変でした。一泊二日の旅行でこんなに疲れるとは・・・! 考えてみるとたぶん普通は、安定期の旅行って、温泉だとか、リゾート地で日光浴しながらボーっとするタイプなのかな。思いきり歩き回ってしまったかも。

それにしても疲れました。
帰ったら疲れてまたイライラしている私がいて、ちょっとかわいそうなチーたろうなのでした。




ランキングに参加しています。一押ししてもらえるとうれしいです。






No.266 / プレママ日記 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2010.03.27  友達の輪 <<04:31



今週はチーたろう、なぜか1週間お休みです。
つまり家事を引き受けてくれるということかなと解釈して、いろいろこき使っています。こないだはテスコ(近所のスーパー)で手に入る中国野菜、「Ung choi」で晩御飯を作ってもらいました。中国で通菜とも呼ばれている野菜かな? 中国野菜を買ってくると喜んで(?)料理してくれるのでうれしいです。下味をつけた牛肉と、にんにくと唐辛子で炒めた通菜、おいしかったです。

さてさて、旅行から帰って、1つ嬉しいニュースがありました!
いつも一緒につるんでいる仲良し香港人カップルも、おめでたのようなのです! 
実は最近彼女の様子がちょっと変だったので、ひょっとして、と思っていたのですが、なんと我が家のおちびと一ヶ月違いの8月後半が予定日。彼女たちとは、結婚式も一ヶ月違いだったけれど、出産も一ヶ月違いになりそう。今回も、一緒にあれこれ準備できそうです。

実は妊娠してから、子どもができたら行けるレストランも限られてくるから、ひょっとしたらグルメな彼女たちとなかなか会えなくなるんじゃないかなとか、前に「子ども欲しくない」宣言をしていた彼女たちだから、おっぱいに、オムツにと騒ぐおちびと一緒だと疎遠になってしまうんじゃないかなと寂しく思っていたので、とても嬉しいです。おちびの広東語友だちも、これで1人ゲットです! もうすぐ他の香港人家族もイギリスに帰ってくると思うし、広東語友達も増えてにぎやかになりそうです。

そういえば、イギリスでは妊娠すると、友だちが平均8人ほど増えるのだと聞きました。
考えてみると、つわりで引きこもり生活していたころ、ネットサーフィンのおかげで、友だちや知り合いがぐっと増えたっけ。中でも、同じ香港人パートナーを持つ同年代の女の子たちと知り合えたのは、とても嬉しかったです。この調子で、おちびのおかげで、どんどん友達の輪が広がってくれるといいなぁって思います。


ランキングに参加しています。一押ししてもらえるとうれしいです。




No.269 / プレママ日記 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

<<Prev Home Next>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。