イギリスの風
香港人のテレビっ子・チーたろうと、ちびすけとともに、のんびりイギリスで暮らしているへんじゃの日記です。


プロフィール


へんじゃ

Author:へんじゃ
★ブログに時々登場する「チーママ」は義母、「チーパパ」は義父、「チー妹」は、チーたろうの妹のことです。

★コメントは承認制になっています。表示やお返事が遅くなることがあります・・・すみません。)

★内容の無断転載、また内容と関係のないコメントの書き込みはご遠慮ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ村に参加中です。よかったらこっちも押してみてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村



FC2カウンター




金魚




カレンダー


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事




最近のコメント




カテゴリー




フォトアルバム




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧




最近のトラックバック




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2008.12.29  Folkstone <<09:31


IMGP2549.jpg
ドーバー海峡近くの町、Folkstone にいる友人宅へ遊びに行ってきました。
町に近づくと突然FM放送がフランス語に代わり、びっくり。
実は高速の出口を間違え、行きに3時間以上かかってしまったのですが、ひょっとして、このまま間違ってフランスへ出てしまうのではとちょっとドキドキしました。なんと、別ルートでロンドンから来た他のカップルは、万が一の場合を考えて、パスポート持参! 完敗です。

街並みもなんとなくフランスの香り漂う上品な街並みできれいでした。友人宅のフラットも、海の見えるとてもきれいなへやで、なんと、チャールズ・ディキンズが滞在していたという建物にありました! 

この町は、第1次か2次かわからないけれど、世界大戦のときにたくさんの兵士を送りだした港町でもあります。海沿いのRememberance roadという道を出兵する兵士たちがパレードして通って行ったのだそう。そして、再び生きて帰ったのはそのうちの10人に1人だったのだそう。悲しい歴史を持つRememberance road は本当にきれいな道でした。

IMGP2556.jpg

みんなでこの道を歩いて海辺を散歩しましたが・・・寒かった!!
まさに骨の芯までしみこむ寒さでした。
次は海水浴ができる頃に来たいなと思いますが、イギリスの海で海水浴はむりかな?

お昼はクリスマス・ディナーの王道メニューをいただきました。七面鳥の丸焼きに、クランベリーソース(グレイビーソース(肉汁ソース?)はなかったけど)、くたくたにゆでたジャガイモとニンジン、めキャベツ。そしてデザートはもちろん、クリスマス・プディング。私は二度目でしたが、我が家のクリスマスは鍋だったので、チー太郎は今年初めてのクリスマス・ディナー、フルコースでした。おいしかったです! 
IMGP2531.jpg


明日は我が家でおでんパーティーです。
食べるたびに、罪悪感を感じてしまうようになりました。
メタボまっしぐらのチー太郎は全く罪悪感を感じていないようで心配ですが、
明日終わったら、今度こそ、ダイエットです。
そして、たまりにたまった仕事を何とかしなければ…!
スポンサーサイト


No.98 / イギリスつれづれ / Comment*2 / TB*0 // PageTop▲

← さよなら2008年 / Home / 久々の大陸料理 →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

国境


国境って、日本に住んでいるとどんなものか想像がつきがたいけど、ロマンがあるね。まえ、中韓国境に連れてってもらったこと、最近の寒い日に良く思い出してました。

私もフランスの町並み好きです。クリスマスは何度あってもいいもの。毎日ご馳走なんてステキだよ。これからもイベント満載の季節だね!
2008.12.31(04:50) / URL / midori / [ Edit ]


Re: 国境


国境、そうだよね。
ボーダーにすんでいたせいか、「国境」って言葉に反応してしまう私・・・。そういえば、みどりちゃんと(確かみどりちゃんといったときのことだったと思う)延吉に帰るとき、向かいに座っていた人、あの時はよく分かっていなかったけれど、脱走者だったね・・・! 

クリスマス、何度あってもいいものかな・・・でも、やっぱり大変だよ。(イギリスではこの時期、自殺者と離婚が急増するそう。フフフ…) でもほんと、このあとお正月に春節、あぁ、体重が心配だ…。(私の顔はすでに吹き出物でいっぱいです。)

2009.01.01(00:28) / URL / へんじゃ / [ Edit ]


Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。