イギリスの風
香港人のテレビっ子・チーたろうと、ちびすけとともに、のんびりイギリスで暮らしているへんじゃの日記です。


プロフィール


へんじゃ

Author:へんじゃ
★ブログに時々登場する「チーママ」は義母、「チーパパ」は義父、「チー妹」は、チーたろうの妹のことです。

★コメントは承認制になっています。表示やお返事が遅くなることがあります・・・すみません。)

★内容の無断転載、また内容と関係のないコメントの書き込みはご遠慮ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ村に参加中です。よかったらこっちも押してみてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村



FC2カウンター




金魚




カレンダー


05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近の記事




最近のコメント




カテゴリー




フォトアルバム




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧




最近のトラックバック




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2008.09.22  テムズのほとり <<18:58


週末も快晴だったので、Richmondという街まで行ってきました。
テムズ河畔のちょっとPoshな街です。
世界遺産にもなっているキューガーデンのそばの街です。
結婚したばかりの頃、友人カップルが住んでいて、時々遊びに来ていた街です。
ちょうど第二の結婚記念日だったこともあり、すごく久しぶりに行ってきました。
懐かしい川岸のパブでサンデーローストを食べて、のんびりリバーサイドを散歩して、ついでにRichmond Parkまで行ってきました。


川辺でのんびりする人々とボート倉庫
IMGP2430.jpg        IMGP2431.jpg

Richmond Park には以前一度だけ行ったことがあります。イギリスに来たばかりのころの誕生日に、ロンドンで一番大きな公園だと聞いて。でも…3月のイギリスの公園はとっても寒くてみんなに不評で(そりゃそうだ!)、結局あまりの寒さに車で1回りして窓から動物を眺めて帰ったのですが、まるでサファリパークのような大きさにびっくりしたのを覚えています。
今回は暖かいのでのんびりできました。

途中の景色にもびっくり。
前は車で通ったので気付かなかったのですが、こんな感じです。
ロンドンの端っこだとはいえ、緑の洪水にびっくりしました。
国立公園かと思うような景色。
Richmondは有名な住宅地です。こんなに緑があるなんてすごいですよね。


IMGP2439.jpg


いちおう、上の写真は公園の「外」の写真です。水はテムズ川です。


Richmond Park の中はこんな感じです。草が黄金色に変わり始めたところです。
IMGP2444.jpg

鹿とか普通の公園では見られないちょっと大型の動物も住んでいて、ほんっとうに広いのでサファリパークのようです。せめて自転車を借りることをお勧めします。
ドライブしたら気持ちいいだろうなと思ったんですが、みんな同じことを考えるようで、いろんな面白い車が通り過ぎていきます。

で、前からずっととりたいと思っていた車の写真をついにとりました!!!
イギリスには結構個性的な車がよく走っているんですが(単に古いだけ、修理に修理を重ねただけとだけど…日本のような電球で飾られたり改造された車は少ない)、ついに、前からずっと写真を撮りたいと思っていた車の写真の撮影に成功しました。

これです!
kuruma.jpg

IMGP2449.jpg

車体に木枠がつかわれています!
近所にもこの車を持っている家があって、ずっと前から一度撮りたいと思っていたんですが、なかなかチャンスがありませんでした。
でもやっと撮れました。満足。
実は、この写真のために今日は日記を書きました。
日本ではこんな車もう走ってませんよね。
旧式の車がよく走っているので、我が家の車もまだまだいけるかなって、そう思ってしまいます。

もうひとつだけびっくりしたことが。たまたま入ったケーキ屋さん、パティシエが日本人の方でした。チョコレートが有名なお店だったようで、ケーキというよりはチョコレートのお菓子という感じだったんですが、おいしかったです。店員さんは学生っぽく見えたのでひょっとしたら日本人じゃないのかなと思って英語で注文したんですが、帰って後で調べたら、なんと、その店員さんが日本人のパティシエさんでした。ずっとチーたろうと日本語でしゃべっていたので、こちらが日本人だということはわかっていたはずなのですが、応対はずーっと全部英語だったし、日本語で話したくなかったのかな?

ゴマチョコにゆずチョコ、山椒チョコに抹茶ケーキ、日本の香りのお菓子もたくさん。いろんな賞を受賞しているようだし、ひっきりなしにお客さんが来ています。どうやらすごいチョコレートや産だったようです。欲張ってたくさん注文したので、食べ過ぎて後で気分が悪くなってずいぶん後悔しましたが、とてもおいしいケーキとチョコレート。

IMGP2450.jpg
うれしい発見でした。

スポンサーサイト


No.79 / イギリスつれづれ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

← 20数年前の記憶 / Home / 仲秋 →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。