イギリスの風
香港人のテレビっ子・チーたろうと、ちびすけとともに、のんびりイギリスで暮らしているへんじゃの日記です。


プロフィール


へんじゃ

Author:へんじゃ
★ブログに時々登場する「チーママ」は義母、「チーパパ」は義父、「チー妹」は、チーたろうの妹のことです。

★コメントは承認制になっています。表示やお返事が遅くなることがあります・・・すみません。)

★内容の無断転載、また内容と関係のないコメントの書き込みはご遠慮ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ村に参加中です。よかったらこっちも押してみてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村



FC2カウンター




金魚




カレンダー


03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最近の記事




最近のコメント




カテゴリー




フォトアルバム




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧




最近のトラックバック




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2008.01.19  イギリスの病院 <<04:41


私の周りは年上の人が多いせいか、高齢になった親の話題でいっぱいです。私とは一回り年上の方の話がほとんどですが、海外に住んでいるとすぐには飛んで帰れないのでなかなか大変そうです。

そのうち1人の先輩は、ちょうどお父さんが来英していたのですが、なんと、こちらで観光中、背骨を傷めて緊急手術をすることに。もともと持病があったそうで、日本の担当医との電話連絡を何度もしながらイギリスの病院のお世話になっているのですが、問題はイギリスの病院!! 日本の担当医は本当にこまめに、国際電話までかけて下さるにもかかわらず、イギリスの担当医は、全く姿を見せず!!! だそう。

しかも、明日手術、という話が、担当医が忙しいのか、1日伸び、2日伸び、3日のび・・・と伸びています。しかも、いよいよ手術できる! というときに限って、看護婦の情報ミスで「今日は手術できませんから朝ごはんOKです」といわれて食べてしまった後だそう。

私が入院したときもそうでしたが、どうやらこういうことは日常茶飯事??

看護婦さんが薬の量を間違えることも多いそうで、毎日2錠ずつ飲むはずの薬が8錠もでてきたりして、あわてて確認すると、「Oh,Sorry」だそうです・・・

「病院で殺されるかもしれない」と青くなっていました。

薬の量も、日本の担当医が驚くほど多いらしく、また、日本の担当医と相談したところ、「こんなに高齢で持病がある患者にリスクの高いこの手術は日本では普通しない、普通は別の方法で治療するはずだ、手術しないで、日本に帰ってくるように。私がイギリスの担当医と相談するから連絡先を教えて」といわれたそうですが、

そのイギリスの担当医と連絡がつかないらしく、本当に大変そうです。

お父さんは痛みに苦しみながら、日本で死にたい、日本に帰りたい、と訴えているそうで・・・

手遅れにならないうちに、先輩のお父さんが帰国できることを心から願っています。

イギリスの公立医療バンザイ!



←もっと読む
No.6 / イギリスつれづれ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

← ねずみ ふたたび / Home / 髪はなが~いお友達 →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。