イギリスの風
香港人のテレビっ子・チーたろうと、ちびすけとともに、のんびりイギリスで暮らしているへんじゃの日記です。


プロフィール


へんじゃ

Author:へんじゃ
★ブログに時々登場する「チーママ」は義母、「チーパパ」は義父、「チー妹」は、チーたろうの妹のことです。

★コメントは承認制になっています。表示やお返事が遅くなることがあります・・・すみません。)

★内容の無断転載、また内容と関係のないコメントの書き込みはご遠慮ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ村に参加中です。よかったらこっちも押してみてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村



FC2カウンター




金魚




カレンダー


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事




最近のコメント




カテゴリー




フォトアルバム




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧




最近のトラックバック




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2012.06.01  ジュビリー・ウィークエンド <<22:18


今週末、イギリスは4連休です! 女王即位60周年の「ダイヤモンド・ジュビリー」と呼ばれるお祝いがあるから、6月の連休に一日足して4連休。テムズ川にたくさんの船が浮かんだり、パレードがあったり、国民が自分の住んでいる通りを閉鎖してテーブルを持ち出して近所の人たちとパーティーを開いてお祝いする、「ストリート・パーティー」を開いたりと、お祝いムードでいっぱいです。うちの近所の公園の多くでも、「ジュビリー・ピクニック」といって、屋台やコンサート、遊具などがたくさん出て、みんなでダイヤモンド・ジュビリーを記念してピクニックしよう、というイベントがあるみたい。ロンドンに出た人たちの話では、式典のリハーサルで道が封鎖されていたり、パレードの予行練習があったり、国旗がいっぱいで、ムード満点だったそう。今週末はロンドン中心部は大混乱になるのでしょうね。きっと様子は日本でも報道されるんじゃないかな。

ちなみに60周年のダイヤモンド・ジュビリーを経験した英国歴代の王(女王)は、ビクトリア女王ただ一人だそうで、歴史的なイベントになるのだそう。ちなみにビクトリア女王は在位64年。まだまだ元気そうなエリザベス女王はそれ以上になるんじゃないかなぁ。彼女のお母さんは100歳以上も長生きしたし、そんな気がします。

国を挙げてのお祭りムードは、ロイヤルファミリーにあまり興味ない私にもひしひしと伝わってきます。今年はロンドンオリンピックもあるというそのせいもあるかもしれないけれど、スーパーへ行けば、いろんなものがイギリス国旗仕様のデザインになって売られています。ビスケットやチョコレートはもちろん、赤ちゃんのおむつ、パンパースまで、イギリス国旗デザインが登場。女王の顔がついた紅茶も並んでいます。やダイヤモンド・ジュビリー・パーティー用でしょうか、女王を含めたロイヤルファミリーのお面も。

そして今週は、いつも行っているLanguage Caféでも、ゴールデン・ジュビリー・パーティーが催されました…


Photo0079_convert_20120602225056.jpg                     Photo0080_convert_20120602225344.jpg
持ち寄りだったので国際色豊かなスナック  飾り付けもジュビリー


女王の即位戴冠式を知っている年配のメンバーなんて、当時の記念雑誌や新聞を持ってきて、いろいろ当時の興奮を伝えてくれました。(よく持ってますよね…)即位したときのエリザベス女王は、まだ若いお姫様。テレビ中継されたその様子は、国民の心に残ったんだろうなぁと、彼女たちの話を聞いて思いました。国民のためを思い、国務に励んでいる女王の姿は、日本の天皇とも比べられたりするみたい。

女王の戴冠式の雑誌の切り抜きを持ってきて、その時のドレスについて熱く語ってくれた人がいました。彼女の専門はテキスタイル(布地デザイン?)ということで納得。大英帝国にゆかりのある土地の草花を金で刺繍した豪華なドレスをまとった若き女王の写真。重さ二キロの王冠。当時まだ子供だったという彼女に、こんなに大きな印象を与えた女王。国民に愛されているというのは本当だったんだなぁとつくづく感じました。

みなさん、今の日本の天皇の即位式、天皇がどんな服着ていたかとか、どんなことしていたかとか、おぼえてますかー?? 

さてさて、ビクトリア女王が在位64年と聞いて思い出したのが、昭和天皇。ということは昭和天皇も、ダイヤモンド・ジュビリーというか、在位60周年を経験したわけだけれど、イギリスのようにこんな風に国を挙げて天皇の在位60周年をお祝いしたでしょうか??? 小学生だったはずなので全く記憶がないし、たとえお祝いがあったとしてもこんなに盛大にはしなかったはずだし、特別な連休もなかったんじゃないかな。そして、国民にこんな風にお祝いされたりもしなかったんじゃないかな。

あ、でも、先の大戦でもし日本が敗戦を経験していなかったら、ひょっとしたら、マスゲームだとか、軍事パレードとかが出て、国民総出のすんごい式典になってたかもしれませんね!?  

日本の天皇といえば、このあいだ、ダイヤモンド・ジュビリーに先立ち、イギリスを訪問していたようですが、こんな記事を読みました。(週刊朝日より

こうしてみると、エリザベス女王と現天皇、共通点も多いような…。そして60年前のイギリスと今のイギリス…日本への反日感情が和らいだのは、先輩たちの多くの努力があってこそなんだろうなとつくづく感じました。

肝心の4連休ですが、天気はあまりよろしくないようです。せっかく楽しみにしていた公園でのジュビリー・ピクニックの日なんか、雷雨&気温10度。二十数度の好天気はどこへ行ってしまったのー!? 記念式典は、家でのんびりテレビで見たほうがよさそうです。残念。

よかったら一押しをおねがいします! 


スポンサーサイト


No.520 / イギリスつれづれ / Comment*1 / TB*0 // PageTop▲

← 雨のカーディフへ&ウーウェンさんの本を読む。 / Home / いつまで飲ませる? →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

承認待ちコメント


このコメントは管理者の承認待ちです
2012.07.11(00:45) / / / [ Edit ]


Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。