イギリスの風
香港人のテレビっ子・チーたろうと、ちびすけとともに、のんびりイギリスで暮らしているへんじゃの日記です。


プロフィール


へんじゃ

Author:へんじゃ
★ブログに時々登場する「チーママ」は義母、「チーパパ」は義父、「チー妹」は、チーたろうの妹のことです。

★コメントは承認制になっています。表示やお返事が遅くなることがあります・・・すみません。)

★内容の無断転載、また内容と関係のないコメントの書き込みはご遠慮ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ村に参加中です。よかったらこっちも押してみてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村



FC2カウンター




金魚




カレンダー


05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近の記事




最近のコメント




カテゴリー




フォトアルバム




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧




最近のトラックバック




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2012.05.14  チャリティーショップ見学 <<21:23


時々ここで話題にしているLanguage cafe。先週はチャリティーショップ見学でした。
Language Cafeを主催している教会が、近くにチャリティーショップをオープンしたので、その宣伝も兼ねて、ショップを訪問、イギリスのチャリティーショップについて学ぶというものでした。

イギリスには本当にたくさんのチャリティーショップがあります。
その多くが、家にある不用品の寄付を受けて、それをショップで売るという形。
どの町のハイストリートにも数件あるくらいイギリスにはたくさんあって、お店によって扱う商品が違うけれど、ウエディングドレスやブランド服、食器やCD,古切手、編み棒、家具、などなど、ありとあらゆるものが二束三文でうられています。
今回見学したのも、そのタイプのショップでした。

教会がお店を買い取って、チャリティーショップをオープンして、教会の信者(というのかな?)たちのボランティアがそのショップを運営しています。70年だったかのローンでお店を買い取ったのだそう。始めの数年は利益はないかもしれないけれど、そのうち利益が出たらそれを何か社会に還元していきたい、ということでした。

商品のほとんどが数ペンス~数ポンド(数円~数百円)の品だし、中古品だし、儲かるのかなぁなんて心配してしまうのですが、不景気のせいか、結構今売上好調みたいです。

オープンしたばかりだからかもしれないけれど、結構、いい商品が並んでいました。
まず目についたのが、箱に入ったアンティークっぽいミニカーたち。たくさんきれいなガラス棚に陳列されていて、ちびすけ、大興奮。2ポンドほどでしたが、ちびすけが乱暴に扱うとすぐ壊れそうだったので、ちびすけは泣いて嫌がりましたがあきらめさせました。次に目についたのが、24金の彫金で伝統的な花模様が入った、小さな日本の花瓶やお皿。一つ、なんと99ペンス(100円以下)で売られていました。ご主人が日本で仕事してたこともあるというソマリア人のおばちゃんが、ひとめぼれして全部買っていたけど、もし彼女がいらないって言ったら、私も買ったかも。

売り場の奥の仕事場も見せてもらいました。
奥はとても広くて、山積みの寄付品が雪崩を起こしていました。
売れないものは、週一回やってくる廃品業者が引き取ってくれるのだそう。処分品も雪崩を起こしていました。ボランティアの人たちが、一日二交代制で、売り場と奥とでお手伝いをしてお店を運営しているのだそう。

お店を手伝ってくれる人たちを募集中だということでしたが、申込用紙がすでに全部なくなってしまったので、これからコピーするところだということでした。寄付の品も、ボランティアも、イギリスにはたくさんあふれているんでしょうね。

こういうチャリティーショップ、日本に少ないのはどうしてかなぁって思ったけど、ひょっとしたら、イギリスのプレゼント文化(クリスマス屋誕生日には親戚や友人などみんなにプレゼントをあげる)、あと、家族やライフスタイルが変化するたびに家を買い替えて引越しすることや、家の内装に凝る人が多いせいかな?? 引越しのたびにインテリアを変えたりするから… イギリスでは不用品が出たり買い替えたりする量が、日本以上に多いような気がします。

それにしても、いらないものを引き取ってもらえるし、ボランティアに参加する人は、そこでいろんな人と出会えて楽しいだろうし、買う人も、安く掘り出し物が手に入るわけで、チャリティーショップはとてもいいアイデアだなぁと思いました。


よかったら一押しをおねがいします! 








←もっと読む
No.515 / イギリスつれづれ / Comment*0 / TB*1 // PageTop▲

← おまる再び / Home / PAFT(=両親は初めての先生) class 終了 →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  

まとめtyaiました【チャリティーショップ見学】

時々ここで話題にしているLanguage cafe。先週はチャリティーショップ見学でした。Language Cafeを主催している教会が、近くにチャリティーショップをオープンしたので、その宣伝も兼ねて、  [続きを読む] まとめwoネタ速neo 2012/05/20/Sun 08:23
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。