イギリスの風
香港人のテレビっ子・チーたろうと、ちびすけとともに、のんびりイギリスで暮らしているへんじゃの日記です。


プロフィール


へんじゃ

Author:へんじゃ
★ブログに時々登場する「チーママ」は義母、「チーパパ」は義父、「チー妹」は、チーたろうの妹のことです。

★コメントは承認制になっています。表示やお返事が遅くなることがあります・・・すみません。)

★内容の無断転載、また内容と関係のないコメントの書き込みはご遠慮ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ村に参加中です。よかったらこっちも押してみてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村



FC2カウンター




金魚




カレンダー


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事




最近のコメント




カテゴリー




フォトアルバム




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧




最近のトラックバック




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2011.08.17  イギリスの夏といえば <<21:44


いつ夏が来たのやら、って感じのイギリスにいると、今が夏であることを忘れてしまいそうですが、日本ではお盆が過ぎたんですね。お盆の帰省ラッシュや終戦記念日のニュースで、あ、そうか・・・と思い出しました。 

夏と言えば、日本は花火やら夕涼み、夏祭り、と、「夏の夜」・・・にすることがいろいろあるけれど、日が長いイギリス、夏は、昼間、長い間外にいても寒くないので、長ーい昼間を楽しむ時間です。各地の公園でいろんなイベントが開かれます。野外コンサート、野外劇、Fun Fairと呼ばれる・・・なんだろう? お祭りのようなもの。毎週毎週開かれています。ちびすけとの散歩コースにある、大きくも有名でもない公園でも、夏の間毎週末イベントが開かれています。芝生に転がってピクニックしながらコンサートや劇なんかを楽しむのは、なかなか楽しいです。
(はれていれば、ですが・・・)




さて、先週末は、隣町の公園で毎週末開かれている野外コンサートへ行ってきました。
演奏するのは、地元のブラスバンド、「G***sdyke brassband」昔ブラスバンドでトランペットをふいていた時代があった私、そういう名前のバンドが地元にあるというのは前から知っていて、一度どんなバンドか聞いてみたいなと思いながらずっとチャンスが無かったのですが、屋外コンサートならちびすけと一緒でも聞きにいけます。 

実はこのバンドが前から気になっていた理由がもう一つ。

吹奏楽部でラッパを吹くのがとても楽しかった中学時代、県民が10万人ほどしかいない日本で一番の田舎、鳥取県鳥取市に住んでいたのですが、その鳥取県にある米子市というとこに、イギリスの有名なブラスバンドがやってきたことがあります。で、近隣の中学のブラスバンドのメンバーと一緒に貸し切りバスを連ねて米子まで聞きにいったことがありました。バンドの名前がどうしても思い出せなかったんですが、この「G***sdyke brassband」の名前になんとなく聞き覚えがあって、ひょっとしたら、あのイギリスの有名なバンド、この「G***sdyke brassband」だったりして、と思ったりしていました。

みんなでバス旅行気分で行ったあのコンサート。その日は特別に午前のリハーサルから見学できるということで、練習風景からみせてもらい、昼休みは米子の町で遊び、午後は本番のコンサートを見て帰ったのですが、そのバンドの演奏、鳥取市の中学校の吹奏楽部の顧問の先生たちがバスをアレンジしてくれただけのことあって、本当に心に残る、感動物の演奏でした。(その後NHK-FMラジオでもこの日本公演の録音を放送していたくらいです。たまたまその放送を聞いて、慌ててテープに録音して何度もきいたくらい、すごくいい演奏でした。)

田舎物だった当時の私は、リハーサル後の昼休みに米子の町を観光していたそのバンドのメンバーたちにサインをもらったりしましたっけ! (田舎なのでみな行くところは商店街しかなく、そしてまた田舎なので外国人は彼らしかいないのでめだった!) 

・・・と前置きが長くなりましたが、その肝心のG***sdyke brassbandのコンサート。
うちのように、敷物敷いて陣取ってる人もいれば、椅子持参の人もいて、観客が続々と増えてきました。無料の、屋外の、地元のアマチュアバンドの演奏だけど、毎週来ているのではないかと思われる人たちや、かなり真剣に聞きに来ているお客さんも結構いて、私たちはかなりはずれの遠い場所に陣取ったのですが、

「アナウンスが小さすぎる」

と係員に文句言ってる人とか、

「ちょっとあんた、見えないから座って!」

「あんたたちの犬、うるさい、静かにさせて!!」

なんていう声があちこちから聞こえてきてびっくりでした。
そんな中ちびすけがぐずったらどうしようとちょっとドキドキ。


さて、肝心のG***dyke brassbandですが・・・、登場したバンドを見て、一瞬で

「あ、やっぱりあのブラスバンドとは天と地の差だ!」

とわかりました。
地元のアマチュアバンドだから、大人も、中学生くらいの子どもも混ざった、趣味のバンドという感じで、だから演奏のレベルは当然それなりでした。 耳の肥えた観客たちは厳しく、「聞くに堪えん」レベルの野次が飛び交ってました・・・さすがイギリス人、キビシイ!

あぁ、やっぱり、あのバンドとはぜんぜん違うバンドだなぁとちょっとがっかりしたのですが、帰ってから、このG***sdyke brassbandのホームページをググってみて、あの、なつかしの、英国の有名なブラスバンドの名前が判明しました! G***sdyke brassbandのホームページにこんなことが書いてあったんです。

G***sdyke Brass was formed in 1979; the name relates to a prehistoric or Saxon earthwork which runs ・・・(中)・・・ Echoes of the names of Grimethorpe Colliery and Black Dyke bands are purely coincidental!

これ読んで、「あぁ、そうだ、あのバンドの名前は、Black Dyke Mills Bandだったー!!」って、思い出しました。

今は少し名前が変って、Black dyke bandと呼ばれているみたいです。これで、あの懐かしいバンドがどんなバンドか、ネットで検索することもできました。Youtubeで演奏を聴くことだってできます。

嬉しい発見でした。

感動のあまり、長文。拙文を最後まで読んでくださってありがとうございました!おまけにBlack dyke bandの演奏を付けときますね。




よかったら一押しをおねがいします! 





スポンサーサイト


No.467 / イギリスつれづれ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

← りんごの季節 / Home / その後 →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。