イギリスの風
香港人のテレビっ子・チーたろうと、ちびすけとともに、のんびりイギリスで暮らしているへんじゃの日記です。


プロフィール


へんじゃ

Author:へんじゃ
★ブログに時々登場する「チーママ」は義母、「チーパパ」は義父、「チー妹」は、チーたろうの妹のことです。

★コメントは承認制になっています。表示やお返事が遅くなることがあります・・・すみません。)

★内容の無断転載、また内容と関係のないコメントの書き込みはご遠慮ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ村に参加中です。よかったらこっちも押してみてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村



FC2カウンター




金魚




カレンダー


05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近の記事




最近のコメント




カテゴリー




フォトアルバム




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧




最近のトラックバック




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2011.01.30  白蓮れんれん <<23:14



クリスマスの間に、林真理子の「白蓮れんれん」という小説を読みました。
大正三大美人の1人、柳原白蓮という女性の伝記小説(?)です。昔話題になった、「真珠夫人」のモデルの女性みたい。

この時代の女性の話は結構面白いことが多いので、どんな作品か良く知らないまま適当に図書館で手にとって借りました。小説は、初め主人公が子(白蓮の本名)なのか初枝なのかわからなかったし(たぶん私の読解力の問題)、読んでいても子のことがぜんぜん好きになれなかったのですが、読み終わって、この時代の女性の生き方について、いろいろ考えさせられました。

あと、この時代についてもいろいろ考えさせられました。。だって、朝日新聞(だったかな?)なんかに、白蓮からの絶縁状がのっかったり、白蓮の駆け落ちについてだいたいてきにのっちゃう(スポーツ新聞みたい!)なんて、今だったら考えられないことだなぁって思いました。

真珠夫人のモデルだったそうだけれど、山崎豊子の「華麗なる一族」をも思い出してしまいました。ひょっとして、この小説も彼女がモデルかも? なんて。

あと、小説の中でちらっと、国際結婚第一号といわれる、クーデンホーフ・光子の名前も出てきました。クーデンホーフ・光子にしろ、白蓮にしろ、激動のこの時代の女性の人生ってすごいなぁと思います。

ただそれだけだけど、このこと、クリスマスあたりからずっとブログに書こうと思っていて、やっと今日書けました~!


よかったら一押しをお願いします!

スポンサーサイト


No.401 / 読書 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

← さよなら、寅年、さよなら、ベビーマッサージ。 / Home / 置き去りにされた赤ちゃんのその後 →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。