イギリスの風
香港人のテレビっ子・チーたろうと、ちびすけとともに、のんびりイギリスで暮らしているへんじゃの日記です。


プロフィール


へんじゃ

Author:へんじゃ
★ブログに時々登場する「チーママ」は義母、「チーパパ」は義父、「チー妹」は、チーたろうの妹のことです。

★コメントは承認制になっています。表示やお返事が遅くなることがあります・・・すみません。)

★内容の無断転載、また内容と関係のないコメントの書き込みはご遠慮ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ村に参加中です。よかったらこっちも押してみてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村



FC2カウンター




金魚




カレンダー


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事




最近のコメント




カテゴリー




フォトアルバム




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧




最近のトラックバック




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2008.01.15  Chicken right? Chicken Price? <<17:31


チャンネル4のHugh’s Chicken Runという番組が結構話題になっていて、テレビにかじりついてみていました。これはチャンネル4の「BIG FOOD FIGHT」シリーズの1番目のようで、私たちが普段口にしている鶏肉が一体どのようにして生産されているかの3日連続のドキュメンタリー。

イギリスの大手スーパーにはどんな食べ物を食べたかによって、「オーガニックチキン」チキン」「コーンフェッド(トウモロコシで飼育、肉が黄色)・チキン」、「ふつうのチキン」という種類の鶏肉が並んでいます。食べ物の違いといったら想像はつくのですが、イギリスのスーパーにはもう一つ、「フリーレンジ」という種類の鶏肉が売られています。この「フリーレンジ」はいわゆる放し飼い。放し飼いでない鶏と、ふつうの鶏はいったい何が違うのか、という事をメインに番組が進んでいきました。

もちろん放し飼いの鶏のほうがきっといいんだろうとは思っていたのですが、実際、番組を見てその違いに驚きました。ふつうの鶏は、鶏舎に動くスペースもないほどぎゅうぎゅうづめになって育てられています。常に電気がともっているので、食肉加工されるまでの一ヶ月ちょっと、太陽の光を見ることなく育てられます。昼夜区別なく食う、寝るの繰り返し。動くスペースがないので唯一の楽しみは食べること。ひたすら食べて、食べて、食べて。動くスペースがないのでどんどん太り、体重が重すぎて飛び上がることもできません。運動不足で超肥満、動くのもままならない鶏の肉を普通私たちは食べているんだなとびっくり。

一方フリーレンジの鶏は、広々とした鶏舎に飼育されます。室内も普通の鶏と全然違って、室内にボールが転がっていたり、床にほし草が置いてあって山のようになっていて、山登りのようなものができたり、鶏が遊べるように天井からCDがぶら下げてあったりするので、鶏たちはのびのびと元気に暮らしていました。飛び上がることもできるし、おもちゃがたくさんあるので楽しそうに遊んでいるし…。さらにちがうのは、広々とした鶏舎だけでなく、毎日広い庭に出られること。前者のふつうの鶏たち(日本語でブロイラー?)の鶏舎と比べて、天国のように見えました。

さらに驚いたのは、ふつうの鶏舎が十分に掃除されないこと。ものすごいにおいがするようです。(したとしてもまさに箱詰めなので、すぐ汚れる)映像を見て、動けないほどのスペースで糞尿にまみれて育った鶏たちを食べているのかと思うと、ちょっとぞっとしました。もちろんこれは鶏の健康にも悪いわけで、出荷直前の鶏たちの足には、床にたまった尿の成分、アンモニアによるやけどができます。売られている鶏のひづめ(?)の根本を見れば、その鶏がどう取り扱われていたかわかると聞いたことがありますが、これがそうなんだなと驚きました。

もちろんこんな劣悪な環境で育てられるので、次々に弱っていく鶏が続出します。元気のない鶏がいたらどうするかというと、首をへし折って処分。治療という選択肢はないんだなと驚きました。番組ではヒヨコや鶏を次々に首を折って処分する場面もしっかり流れました…。(小さい頃、時々ひよこ売りのおじさんがいて、色のついたヒヨコを売っていたのですが、ひょっとすると、この首を折って処分される運命のヒヨコを売りに来ていたのかもとその場面を見て思いました。)

最終回では最後の食肉加工で殺す部分ももちろん流れました。(日本にいたとき食肉加工場の映像って見たことがなかったのですが、イギリスに来てからよく目にします。)見ていて、以前参加した青年海外協力隊の訓練中に鶏をしめたことを思い出しました。逆さにして、首を切ってしめたんですが、食肉加工場でも、事前に電気で気絶させるところは違ったけれど、手作業で首を切っていたので、驚きました。同時に、その訓練のときに、準備された鶏があまり動かないのに驚いたのですが、こういう風な育てられ方をしていたのが原因だったんだなと思いました。食べて、寝て(? ぎゅうぎゅうなのでのんびり休めないと思う)の生活で肥満+運動不足でゆっくりとしか動けなかったテレビの中の鶏と同じだったのかなって。

なんだかだらだらと書き連ねてしまいましたが、この番組を見て、フリーレンジとふつうの鶏の人生と、私たちが普段口にしている鶏肉の現実を知って、ちょっとショックでした。もちろんフリーレンジはちょっと高いけれど、この番組を見たら、もう買えないと思いました。毎回フリーレンジが無理でも、特別な日にはフリーレンジを買ったり、それだけでもいいと思いました。

長々と書いてしまったけれど、CDで楽しそうに遊んだり、えさ代の上に飛び乗ってブランコのように楽しそうに揺れている(ふつうの鶏は体が重くて飛び上がることもできない)かわいらしいフリーレンジの鶏と、必死で、薄暗くて汚い鶏舎でひたすら餌を詰め込んでいる薄ぎたない鶏。皆さんだったら、自分が口にする鶏たちに、どちらの人生を与えたいですか???

Hugh’s Chicken run のページ:
http://www.channel4.com/food/on-tv/river-cottage/hughs-chicken-run/hugh-s-chicken-run-07-12-18_p_1.html
スポンサーサイト


No.4 / グルメ / Comment*0 / TB*1 // PageTop▲

← 髪はなが~いお友達 / Home / 小さな春? →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  

カラー布団で快眠

チャンネル4のHugh&rsquo;s Chicken Runという番組が結構話題になっていて、テレビにかじりついてみていました。これはチャンネル4の「BIG FOOD FIGH...  [続きを読む] トラックバックの部屋 2008/01/15/Tue 17:59
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。