イギリスの風
香港人のテレビっ子・チーたろうと、ちびすけとともに、のんびりイギリスで暮らしているへんじゃの日記です。


プロフィール


へんじゃ

Author:へんじゃ
★ブログに時々登場する「チーママ」は義母、「チーパパ」は義父、「チー妹」は、チーたろうの妹のことです。

★コメントは承認制になっています。表示やお返事が遅くなることがあります・・・すみません。)

★内容の無断転載、また内容と関係のないコメントの書き込みはご遠慮ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ村に参加中です。よかったらこっちも押してみてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村



FC2カウンター




金魚




カレンダー


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事




最近のコメント




カテゴリー




フォトアルバム




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧




最近のトラックバック




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2010.12.10  Baby Led Weaning =赤ちゃん主導の離乳食 <<23:01


で、離乳食講習。
目からうろこの一時間でした。1時間じゃ足りない、ということで最後にいろいろ質問していたら駐車場の時間に間に合わなくて、罰金30ポンド(ほんとは60ポンドだけどすぐ払ったので30ポンドに)! 痛いけど、いろいろ勉強になった一時間でした。

なんでも、今は消化器官の発達を待って生後6ヶ月からスタートだそう。私は生後3ヶ月で離乳食を食べさせられていたそうですが・・・ で、それより遅いと言語の発達に支障が出るそう。離乳食をたべなくなったらすぐ相談に来るよういわれました。

でも実際は、半分以上のイギリスママが、4ヶ月前に離乳食を食べさせてるらしいです・・・

ベビーフードとして、ピューレ状にするベビーフードはもう古いやり方のよう。
どろどろの得体の知れないものを食べるより、6ヶ月から少し塊のある食べ物を食べさせるようにということでした。確かにそのほうがおいしいですよね。基準としては、くたくたに煮た野菜をフォークでつぶすか、ハンド・ブレンダーのスイッチ一回分だそう。棚に眠っているハンドブレンダーの出番です! 裏ごしはNG、細かすぎるんですって。ご飯はおかゆにしなくても、やわらかいご飯でOKだそうです。

で、2 Days Rule ということで、アレルギーなどの反応を見るため、同じ食材を必ず2日間は食べさせるようにと言われました。同じ食材を一週間、と聞いていたけれど、今は離乳食スタートが6ヶ月に遅くなったので、それでOKなんだそう。これで、8ヶ月までになるべくたくさんの食材になれさせるようにとのことでした。そうしないと好き嫌いが増えるのだそう。

でも! 

こういう、マッシュにするやり方自体が古い離乳食の方法らしく、最新の離乳食法は、

Baby Led weaning (赤ちゃん主導の離乳食、以下BLW)

らしいです。

くたくたに煮た野菜を、かたまりのまま与えるというもの。大人用の野菜を(イギリスでは、野菜はゆでて塩コショウをかけて食べる、というのが普通)、赤ちゃんが指でつまめる大きさに切ってちょっと長くゆでてあげて、それを赤ちゃんにあげるのだそう。で、その野菜をそのままぽんと赤ちゃんに渡す、すると赤ちゃんはもちろん口に突っ込んで遊びますよね? そうやって食べさせるのが、今一番「Now」な離乳食みたいです。

特に、母乳Onlyで育てられて、哺乳瓶を口に入れられるのも嫌がる、うちのちびすけのような赤ちゃんにはお勧めらしく、自分のペースで食事のペースをコントロールできると言うことで、スプーンで無理やり口に流し込む離乳食とはおさらばしましょうということのようです。あと、塊のまま食べるので、野菜の形や食感を楽しめ、遊び感覚で離乳食が進められるそう。お母さんがきれいにスプーンで口に入れてあげるのと違い、後の掃除はすごく大変だそうですが。

気をつけなくてはいけないのは、誤飲。でも、きちんとお座りできるようになっていて、お母さんが気をつけてあげればまず大丈夫だそう。飲み込むときに苦しむことがあるけれど、普通の反応なので、顔色が変わったり、息が止まってしまったりしなければ大丈夫なので、しばらく見守るようにと言われました。あと、ぶどうのような丸いものは必ず4分の1にカットするようにとも言われました。丸いものは、のどに詰まった場合、手術しなければ取れないのだそう。そして、手術室に運んでいたのでは普通もう手遅れだそうで、今年もうちの町で2歳の女の子がぶどうをのどに詰まらせて命を落としたのだそうです。

面白い方法だなと思ったけれど、何しろ新しい方法なので、Health Visitorさんのところにもあまり資料がない様子。つまり、私たちがBLWの第一世代としてモルモットになるということかな? ちょっと心配なので、BLWとマッシュの併用で離乳食を進めてみようかと思います。

あ、そうそう、Health Visitorさんによると、シリアルも、6ヶ月からはものによっては大人用でいいそうで、市販の離乳食はあまり必要ないのだそう。特に、赤ちゃん用ヨーグルトは、1回分の小さなヨーグルトに、小さじ3-4杯の砂糖が入っていたりと、市販の離乳食はいろんなものが入っているみたい。(学術的な名前を使って、砂糖が入っていることをごまかしてあるんだそう)  

ということは、たくさんクーポンをもらって買い置きした、市販の離乳食の出番なしかな? 

おまけに、今日届いたNCTのパンフレットに、ちょうどBLWの記事が載っていて、お勧めリンクがついていたので、その中でよさそうなものをこちらにも載せておきますね。もちろん英語ですが・・・


Baby led weaning

It's YummyMummy com
 

Raey weaning.com

ついでにもう一つ、イギリスで大人気の、子供向けレシピで有名なカリスマ栄養士のAnabel Karmelさんの従来の離乳食のページも付けときます。

Anabelさんのページ


よかったら一押しをお願いします!

スポンサーサイト


No.387 / イギリスつれづれ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

← ティーケーキ / Home / 離乳食講習へ →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。