イギリスの風
香港人のテレビっ子・チーたろうと、ちびすけとともに、のんびりイギリスで暮らしているへんじゃの日記です。


プロフィール


へんじゃ

Author:へんじゃ
★ブログに時々登場する「チーママ」は義母、「チーパパ」は義父、「チー妹」は、チーたろうの妹のことです。

★コメントは承認制になっています。表示やお返事が遅くなることがあります・・・すみません。)

★内容の無断転載、また内容と関係のないコメントの書き込みはご遠慮ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ村に参加中です。よかったらこっちも押してみてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村



FC2カウンター




金魚




カレンダー


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事




最近のコメント




カテゴリー




フォトアルバム




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧




最近のトラックバック




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2010.11.29  スピード違反講習 <<16:02


スピードカメラにつかまったので、スピード違反した人のための講習へ行ってきました。3時間のコースなんですが、ちびすけを預けていかなければなりません。片道1時間ほどかかるので、往復の時間を入れると5時間。哺乳瓶をないて断固拒否のちびすけを預けるのは結構大変なことです。ちびすけのおっぱい我慢の限界は4時間。チーたろうが休みを取ってくれることになっていたのですが、この日のために搾乳して冷凍保存、そして哺乳瓶以外のやり方でちびすけがミルクを飲んでくれないか、いろんな方法を試してきました。

哺乳瓶ではまったくだめで、哺乳瓶を見ただけで泣き出すことが多いので、カップであげてみたり、スプーンであげてみたり。搾乳した同じ母乳なのに、カップやスプーンで上げるとちびすけ、ゲローーーーーーーーーーって吐き出します。ヘルスビジター(保健婦のようなもの?)さんに相談すると、Doidi cupというのを薦められました。

こんなのです。

230409356.jpg


ちゃんと飲んでいるかどうかが良くわかるカップみたい。

買ってみたけれど、ぜんぜんだめ、ちびすけ、泣いて抵抗しました。

結局、3時間ならばちびすけもおっぱいなしで平気だからとチーたろうがちびすけとともに私の送り迎えをしてくれることになり、行ってきました、Spead awareness course。違反が初めてだった場合、この講習を受けると、違反切符は切られません。罰金は払わなければなりませんが。

この講習、意外と楽しくてびっくりでした。
というのもとても個性的で強烈な参加者たちがたくさんいたから日本に二週間演奏旅行に言ったというミュージシャンや、「講習」ということで興奮して参加者に話しかけまくっているおばあちゃんや、かばん代わりにスーパーの買い物袋に荷物を入れ、お金はやっぱりスーパーから取ってきたナイロン袋がお財布代わりという、ホームレスのようないでたちのインド人のおじいさんとか。

で、このホームレスみたいなおじいちゃんの言動がおかしくておかしくて、笑いをこらえるのが大変でした。英語がへたっぴなのに、ほんとよくしゃべるしゃべる! たとえば、雨の日はブレーキがなかなかきかないから、制限速度よりゆっくりのスピードで走ったほうがいい、という話に、

「雨だけじゃない、小さな動物を引いてもブレーキが利かなくなる! 小さなあの動物はたちが悪いんだ、轢くとすごくスリップするんだよ。ぐちゃぐちゃして、困ったもんだ! 小さいから見えないんだよ、小さいから!」 

とか言い出して、授業がぜんぜん進まなくなりました。
たぶん、リスのこと??? それとも、ネズミ? みんなで、リスかと聞いても、わからない様子。講師の人が必死に止めても、事細かに轢いてしまったときの感じを話してくれるので、おかしかったです・・・!

もう一つびっくりしたのが、この講習に来ている人、20人のクラスだったんですが、20人中4人が私とまったく同じ場所でスピードカメラに引っかかって講習を受けていました。別に、私の住んでいる地区で講習を受けたのではないんですよ! 北西ロンドン各地で違反した人が集まって講習を受けているんだと思うんですが・・・
しかも、講師の先生は私の隣町に住んでいるらしく、

「あの道はみんな引っかかるのよね! いつもあの道で捕まった人が講習に来るのよ!」と、私がカメラに引っかかった道、George Ⅴ Avenue を例に出して、講義をしてくれました!!

スピードカメラがついている場所は、少なくとも3人の人が命を落としているのだそう。
George 5th Avenueは、牧場のど真ん中を貫く景色のいい一本道。ついついアクセルを踏みすぎてしまう道です。この道の西の端はT字路のロータリーになっています。東の端のほうには高校があり、どちらの端でもその手前で時速40マイル(60キロくらい? この区間にはカメラなし)から30マイル(50キロくらい?)にスピードを落とさなくてはならないのですが・・・みんな間に合わなくてぱちりとやられてしまったようす。

この道どうやら有名な道らしく、「あんな見晴らしのいい、牛かキツネしか横断しそうにない道で死者が出ているの?」という参加者の質問に、講師の人が例を出してくれました。

例)運転免許試験に合格したばかりの若者(21歳だったかな?)が、その日の晩、喜んでお父さんのポルシェを拝借してドライブ。行き先はもちろん気持ちのいいGeorge 5th Avenue。 気持ちよくGeorge 5th Avenueを西へとぶっ飛ばしていたのですが、西の端のT字路でスピードを落とすのが間に合わず、T字路の端で曲がれず、正面の民家に突っ込み死亡

だそうです。
その後その家は垣根の塀を高くしたのだそう。

George 5th Avenue、ドライブするのが気持ちいいので、わざわざこの道を通っていくスーパーへ買い物しに行っていた私ですが、たくさんの死亡事故が出ているときいて、やっぱりこの道を通るときは気をつけて運転しなくてはならないんだなぁと痛感しました。

罰として受けた講習だったのに、とてもいい、楽しい講習でした。
スピード違反した人がいっぱいで、なんとも不思議な空間でした。

で、肝心のちびすけ、チーたろうがお守りしていた間、とってもいい子だったようです。
三時間だもの、当たり前だけれど、あんなに毎日、哺乳瓶になれさせようとがんばっていたのに、その間おなかがすかなかった様子。ちびすけ、よくがんばった! でもこの日の夜中は1-2時間おきにおっぱいを欲しがって泣いたので、大変でした…!

そして・・・

おっぱい欲しがっておお泣きして暴れまわるかもしれないちびすけを3時間世話してくれたチーたろうにも感謝。最近お腹すいて限界になると、平手打ちと引っかき攻撃で、ちびすけ、すごく凶暴になるんです。平和に終わって、ほんと良かった。



よかったら一押しをお願いします!



スポンサーサイト


No.383 / イギリスつれづれ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

← 寒。 / Home / 氷の中には・・・  さむっ。 →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。