イギリスの風
香港人のテレビっ子・チーたろうと、ちびすけとともに、のんびりイギリスで暮らしているへんじゃの日記です。


プロフィール


へんじゃ

Author:へんじゃ
★ブログに時々登場する「チーママ」は義母、「チーパパ」は義父、「チー妹」は、チーたろうの妹のことです。

★コメントは承認制になっています。表示やお返事が遅くなることがあります・・・すみません。)

★内容の無断転載、また内容と関係のないコメントの書き込みはご遠慮ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ村に参加中です。よかったらこっちも押してみてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村



FC2カウンター




金魚




カレンダー


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事




最近のコメント




カテゴリー




フォトアルバム




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧




最近のトラックバック




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2008.05.19  S先生と紅十字 <<03:49


汶川地震のニュースを見るために、最近よく衛生放送の鳳凰電視台(イギリスの衛星放送で写る中国系テレビ局)や、中国中央電視台の9チャンネルを見ています。中国紅(赤)十字が募金の窓口になっているようで、テレビでその放送を見るたびに、中国にいたときいっしょに仕事していた韓国人のS先生のことを思い出します。日本占領下で教育を受けた日本語ぺらぺらのS先生は朝鮮戦争のとき母親と生き別れになってしまったそうで、「母はきっと死んでいると思うけれど、墓参りがしたい。どこでどう生きたか、それだけでもいいから知りたい」と、仕事の合間に中国の北朝鮮との国境の町でお母さんのその後を知るための親戚探しをしていました。その窓口になっていたのが紅十字。そしてS先生はその国境の町に、紅十字への恩返しとして紅十字災害センター建設に貢献したあと帰国されました。

普段はホテルとレストランですが、地震や洪水の時には避難所にもなり、災害時の非常食も蓄えている施設だそうで、S先生の帰国時にはそこのレストランで送別会をしました。テレビで紅十字の募金窓口の放送を聞くたびにその施設や、施設ができたときのS先生の誇らしげな顔を思い出します。

ただそれだけだけの話なんですが・・・きっと今、みんなその施設の重要性に気づいたんじゃないかなと思います。役に立つ日が来ないことが1番なんですが、こういう施設、これから中国でもどんどん増えるんだろうなって思います。
スポンサーサイト


No.38 / チャイナ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

← ガーデニングの季節 / Home / イギリスの海苔 →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。