イギリスの風
香港人のテレビっ子・チーたろうと、ちびすけとともに、のんびりイギリスで暮らしているへんじゃの日記です。


プロフィール


へんじゃ

Author:へんじゃ
★ブログに時々登場する「チーママ」は義母、「チーパパ」は義父、「チー妹」は、チーたろうの妹のことです。

★コメントは承認制になっています。表示やお返事が遅くなることがあります・・・すみません。)

★内容の無断転載、また内容と関係のないコメントの書き込みはご遠慮ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ村に参加中です。よかったらこっちも押してみてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村



FC2カウンター




金魚




カレンダー


06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最近の記事




最近のコメント




カテゴリー




フォトアルバム




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧




最近のトラックバック




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2010.11.19  Too scared to push?  ・・・怖くていきめない? <<22:01


この間、私と同じ病院で私ととても似たお産の経験をしたママに出会いました。

理由は私と違いますが、私と同じく誘発分娩でお産、そして分娩のため入院した日に両親が初渡英、薬が聞きすぎてすぐすごい陣痛が来たところも、傷の具合も同じ、そして入院日数も同じでした! 

でも、ちょっと違うのは、彼女は入院中に助産師さんたちに、「あなたの赤ちゃんは母乳をうまく飲めていないから」と、授乳時間には助産師さんが付き添いでみっちり母乳指導をしてもらえていたこと。病院がすいていたらそういうふうにいろいろ指導してもらえたのかもしれません。

あと、私の場合はいきみたくなっても内診をなかなかしてもらえなくて、ネットでみたいきみのがしの方法でがんばって、チーたろうにやっと助産師さんを捕まえてきてもらったときはもう生まれそうだったのですが、彼女の場合、痛くて痛くて痛み止めの下半身麻酔をお願いしてしてもらった後で助産師さんが内診、「あら、あなたもう生まれちゃうから麻酔しなくても良かったのに!」と言われたのだそう。下半身麻酔が聞き始める前に赤ちゃんが生まれてしまったのだそうです。ママ友の中に「誘導分娩のとき内診は3時間に一回しかできないことになっている」と聞いた人がいるので、それでこういうことが起こるのかもしれません・・・! 

人手不足だったりなにやらでお産の体験がトラウマになったりしている初産婦さんは、イギリスにはたくさんいるようで、こんなニュースがありました。

「初めのお産のトラウマのために、帝王切開を希望するママが増加、帝王切開待ちの妊婦は二倍に」
(元記事はこちら→ デイリー・メールより

私もお産が終わって、「帝王切開のほうが楽だったかも」って思いました。
大勢のスタッフに見守られてのお産だから、自然分娩よりトラブルもなくすむような気もします。産後病棟で帝王切開で出産したママたちにそう言ったら、「とんでもない!」と返事が返ってきましたが! 

やっぱり帝王切開は一応大きな手術なので、やっぱりできたら自然分娩のほうがいいのでしょうね。でも今回のお産の傷で、私はハイリスク患者になったようで、次、妊娠することになったら、帝王切開を薦められることになります。二人目、自然分娩を選ぶか、帝王切開を選ぶか・・・? 皆さんだったらどうしますか?

あ、おまけですが、こんな記事もありました。

適当に要約するとたぶんこんな感じ・・・


人手不足に悩むマタニティー・ユニット(産科病棟でいいのかな?)の3つに1つが、経費削減のため人員削減。(すでに3分の2のマタニティー・ユニットがすでに人手不足に悩んでいるというのに!) ベビーブーム、妊婦の太りすぎと高齢出産の増加もあり、スタッフは未熟児のケアと帝王切開などの処置に追われて普通の産婦のケアに手が回らないという事態に・・・? 

だから私もほっとかれたんでしょうね! 
あ、前に助産師さんにお産のショック解消に勧められたデブリーフィングですが、薦めてくれた助産師さんから8月終わりに、「あなたのことを忘れたわけではないのよ!」と留守電があった後、まったく音沙汰なしです。忙しいんでしょうね。私ももうどうでもよくなったので、もういいですが・・・

でもこれじゃ、イギリスのマタニティー・サービス向上は望めそうにないなと思います。



よかったら一押しをお願いします!


スポンサーサイト


No.378 / お産話 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

← 今晩のおかずはTripe / Home / 忘れられない話 →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。