イギリスの風
香港人のテレビっ子・チーたろうと、ちびすけとともに、のんびりイギリスで暮らしているへんじゃの日記です。


プロフィール


へんじゃ

Author:へんじゃ
★ブログに時々登場する「チーママ」は義母、「チーパパ」は義父、「チー妹」は、チーたろうの妹のことです。

★コメントは承認制になっています。表示やお返事が遅くなることがあります・・・すみません。)

★内容の無断転載、また内容と関係のないコメントの書き込みはご遠慮ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ村に参加中です。よかったらこっちも押してみてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村



FC2カウンター




金魚




カレンダー


10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最近の記事




最近のコメント




カテゴリー




フォトアルバム




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧




最近のトラックバック




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2010.11.16  忘れられない話 <<22:11


どんどん大きくなるちびすけのために買い物をしているとき、いつもふと思い出す写真があります。ずいぶん前に、サンデータイムズ(タイムズという新聞の日曜版)に、「スペクトラム」という報道写真のコーナーがあるんですが、半年以上前にそこに載っていた写真です。

お腹の赤ちゃんが障害を持っていることがわかり、この世に生まれてきても、すぐに死んでしまうと知って、その赤ちゃんを産もうと決心したカップルの写真。


赤ちゃんのためのショッピングをしている写真がありました。




でも、








2人が選んでいるのは、赤ちゃんのための棺桶。



赤ちゃんが生まれた後の写真がありました。





赤ちゃんの生まれて初めてのお風呂の写真。



そして、それが赤ちゃんの最初で最後のお風呂でした。




生まれた赤ちゃんは、一週間後に息を引き取ったのだそうです。


赤ちゃんの顔は写真には写っていなかったし、両親の姿も後姿が写っているだけ。



数枚の写真と、それぞれ一行ほどの説明が載っているだけの記事でしたが、とても強烈で、忘れられない写真です。




そして先々週の新聞には、イギリスのAnn summersというランジェリーショップの社長、ジャクリーンの双子の赤ちゃんの話が載っていて、その記事のことも忘れられません。



49歳のジャクリーン、不妊治療で男の子と女の子の双子の赤ちゃんを授かったものの、男の赤ちゃんは重度の障害を持っていることがわかりました。男の子は生まれたとしてもお腹の外の世界では生きられないのですぐ死んでしまうこと、男の子のほうだけおろすこともできるけれど、女の子を流産する危険があることを聞き、ジャクリーンは、男の子は生きられなくても、女の赤ちゃんに危険が及ぶならこのまま2人とも生むほうがいい、と決心したのだそう。



でも、生まれた男の子は、生きのびました。生まれてすぐに死んでしまうと聞いていたのが、哺乳瓶からミルクを飲むことも、自分で呼吸をすることもできたのです。生まれても死んでしまうと聞いていた赤ちゃんが生きている・・・! でも、赤ちゃんは重度の障害のために、常にひどい痛みに苦しんでいたそう。


「赤ちゃんが生き延びて、毎日ひどい苦しみの中で拷問のような毎日を送らなければいけないと知っていたらおろしていたのに、ごめんね」

と、痛みに苦しむ赤ちゃんを見て、ジャクリーンはそう思ったのだそうです。


元記事は見つからなかったけれど、彼女の話はここにも載っています。

Mail online
より。

それが何であれ「選べる」ということで、迷いや悩みが増えるような気がするけれど、その選択が命にかかわることだったら、ほんとうに、すごくつらい決断だなぁと思います。生まれるまでどんな子が生まれてくるかわからない昔だったら、悩まなくてもいいことだったのに、とも思います。

ジャクリーンの双子のうち、元気に生まれた女の子、スカーレットちゃんは、1歳になったそうです。でも、障害を持って生まれたの子、アルフィー君はもういません。アルフィー君も大切な家族。スカーレットちゃんの誕生日は、アルフィー君のお墓でお祝いしたのだそうです。


よかったら一押しをお願いします!

スポンサーサイト


No.376 / お産話 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

← Too scared to push?  ・・・怖くていきめない? / Home / 久々のロンドンでびっくり →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。