イギリスの風
香港人のテレビっ子・チーたろうと、ちびすけとともに、のんびりイギリスで暮らしているへんじゃの日記です。


プロフィール


へんじゃ

Author:へんじゃ
★ブログに時々登場する「チーママ」は義母、「チーパパ」は義父、「チー妹」は、チーたろうの妹のことです。

★コメントは承認制になっています。表示やお返事が遅くなることがあります・・・すみません。)

★内容の無断転載、また内容と関係のないコメントの書き込みはご遠慮ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ村に参加中です。よかったらこっちも押してみてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村



FC2カウンター




金魚




カレンダー


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事




最近のコメント




カテゴリー




フォトアルバム




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧




最近のトラックバック




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2010.11.13  母乳パワー <<23:15


最近ちびすけが夜中よく起きます。お昼寝時間も短い。
どうやら、Teething(歯が生える)の時期のようです。
ほっぺが赤くて、よだれたらたら、なんでもかみかみしはじめるのが証拠だそう。
といっても歯がすぐ生えてくるわけではなく、8週間ほどかかるのだそう。
歯茎がむずむずするようで、それで夜中になくのだそう。
おっぱいをしょっちゅうほしがるようになったり、逆に食欲がなくなったりもするのだそう。
うちは前者かな。

わーん、と泣いて起きるちびすけ、おっぱいをあげるとすぐに泣き止んでまた眠りに落ちます。
おっぱいをあげないと、もらえるまでぐずぐず。
そんなちびすけを見ていて思うのは、おっぱいが出ない人はこんなときたいへんだろうな、ということ。
母乳はいくらあげてもあげすぎることはないそうだけど、粉ミルクはそうはいかないはず。
哺乳瓶でおとなしくさせるのにも限度があるだろうし、抱っこしてゆらゆらしたり、あやしたり、も一度寝付くまでずーっとがんばらなくてはいけないのだろうなと思うと、大変だったけれど、母乳がんばってよかったかなと思います。

ママ友の話によると、そういうときは、イギリスでは「カルポル」という鎮痛剤をあげるそう。
中には、夜中にぐずらないように、毎晩おしゃぶりをカルポルに浸して、赤ちゃんにあげているママもいるのだそう!! 信じられないけどホントです・・・ あと、産前クラスの粉ミルク派のママたちは、哺乳瓶でミルクをあげる前に、「インファコル」というげっぷ促進剤をあげています。私も、母乳がうまく行かなかった時期、カップでミルクを与えたせいでちびすけのげっぷがひどくなって一時お世話になったけれど、イギリスでは、生後3ヶ月ですでに、いろんな薬に頼っている人が多いような気がします。日本はどうかな?

カルポルは、うちも、予防接種のあとで赤ちゃんに飲ませるよう看護師さんに薦められました。イギリスでは、赤ちゃんに不必要な苦痛を体験させないように薬を飲ませるよう。うちは、生後2度目の予防接種以外はなんともなかったので飲ませなかったけれど、2度目の予防接種の後は夜中に何度か泣いて起きたので、ついに我慢できず飲ませました。
で、産前クラスのみんなに、2度目の予防接種のあとちびすけがひどく泣いたことを話すと、みんな

「うちはぜんぜん平気だったわ」

ということだったので、

「うちは大変で、カルポル飲ませなくてはならなかったの」

と話すと、みんな口をそろえて、

「そりゃもちろん、カルポル飲ませたわ! 念のため。寝られないのはいやだもの!」

と返事が返ってきました。
ほんと、うわさには効いていたけれど、イギリスには薬に頼るママが多いようです。

そういううちも、カルポルにインファコル、そして歯が生えるときの痛み止めのTeething jelが念のためそろっています。でも、薬よりもおっぱいがちびすけには一番よく聞くような気がします。

うちは、寝かしつけもおっぱい。
イギリスの育児書には寝かしつけにおっぱいはよくないと書いてあるけれど、おっぱいをあげると即眠りに落ちてくれるので、楽で楽でやめられません。おっぱいなしでも寝られるように何度も練習しているけれど、時間がかかるので、結局おっぱいをあげてしまうことが多いです。もしこれが粉ミルクオンリーだったら、ちびすけが眠りに落ちるまで、何度もエンドレスで歌を歌ったり、あやしたりしなくてはならないのかなぁとおもうと、気が遠くなります。

ただ・・・哺乳瓶を受け付けてくれないちびすけから離れられないのがちょっと大変かな。
今日も試してみましたが、ものすごく泣いて拒否。
でも、もうすぐ歯も生えてくるみたいだし、そろそろ離乳食もスタート、授乳回数ももうすぐ減ってくるのかそう考えると、少し寂しい気もします。

・・・ひょっとしたらそう簡単には授乳回数が減らないかもしれませんが・・・・! 


よかったら一押しをお願いします!



スポンサーサイト


No.374 / ちびすけの話 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

← 久々のロンドンでびっくり / Home / イギリスの夕日 →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。