イギリスの風
香港人のテレビっ子・チーたろうと、ちびすけとともに、のんびりイギリスで暮らしているへんじゃの日記です。


プロフィール


へんじゃ

Author:へんじゃ
★ブログに時々登場する「チーママ」は義母、「チーパパ」は義父、「チー妹」は、チーたろうの妹のことです。

★コメントは承認制になっています。表示やお返事が遅くなることがあります・・・すみません。)

★内容の無断転載、また内容と関係のないコメントの書き込みはご遠慮ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ村に参加中です。よかったらこっちも押してみてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村



FC2カウンター




金魚




カレンダー


03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最近の記事




最近のコメント




カテゴリー




フォトアルバム




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧




最近のトラックバック




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2010.09.17  子連れで再会&Debriefing <<21:12


チーたろうの育休が終わりました。育休中はシェフとして料理担当だったチーたろうがいなくなったので、家事に育児に忙しくなりました。でも考えてみると、2ヶ月近くも誰かが家事や料理を手伝ってくれていたわけで、すごく恵まれていたなぁと思います。逆にお産前日に到着した私の両親は、時差ぼけやらあったのにこき使われて大変だったと思いますが! 

さて、先週は産前クラスの女の子たちとその赤ちゃんたちと、お茶をしてきました。この間会ったときは妊婦だったみんなが、ママになっているのは不思議な感じで、おしゃべりしてるとみんなの赤ちゃんがあっちでもこっちでも泣き出すのがなんだかおもしろかったです。

この日はふたごママも、きゃしゃな体で大きな二人乗りベビーカーを押してやってきました。ほとんどのメンバーが母乳か混合栄養なんですが、ふたごママは母乳オンリーでがんばっているそう。ソファーで双子ちゃんを両脇に抱えておっぱいをあげている彼女は、以前産前クラスの母乳育児についてのクラスで、ふたご育児が不安で泣いていたのがうそみたいに頼もしいママっぷりでした。2人1度におっぱいをあげているそうですが、一度の授乳にかかる時間がたった10分! 普通の人の2~3分の1の時間です。助産師さんには、「授乳時間が短すぎる! 母乳が足りていないわ!! もっとあげなさい!!」と言われたそうですが、すくすく育っているし、問題ないとのこと。双子の世話でほんとうに大変そうだけど、母乳は普通の人の半分の時間だなんてうまくできているなぁと思いました。

みんなの話を聞いていると、面白い体験談がいっぱい出てきました。私もお産は大変でいろいろあったけれど、みんなも大変だったみたいです。結局8組の仲間のうち、ほんとの意味の自然分娩は1組だけ、後は帝王切開4組、誘発分娩経験も4組。みんなで、「帝王切開については勉強したけど、誘発分娩についてはまったく何も勉強しなかったよね」って話になりました。

この日来ていたメンバーで私と同じ誘発分娩だったのは、ふたごママ。私は誘発で結構大変な思いをしたのでふたごママにも話を聞いたのですが、やっぱり彼女も大変な思いをしていました。彼女は私よりながく3日かかったそうですが、私と同じですごい陣痛が来はじめても誰も見に来てくれず(これも私と同じ)、看護婦さんや助産師さんに大騒ぎしてアピールしてやっと分娩室をゲットしたのだそう。でも、やっと入れてもらえた分娩室は、前の人のお産が終わったばかりで床まで血だらけ、でももうそんなことを気にしている暇はなかったのでそのままその部屋を使ったそうです・・・!

・・・とその話を聞いて、わたしだけでなく、みんなお産で大変な思いをしたのだなぁとつくづく思いました。日本人が聞いたらびっくりするような体験が多いのですが、みんな笑い飛ばして終わり。無料だから仕方ないと言えばそうだけれど、私はいろいろ疑問や納得がいかなかったところがあるので、「Debriefing」というものを頼んでいます。どうしてそういう対応や処置をされたのか、病院側に説明してもらう機会がそのDebriefingです。(たぶん。)そこまでしなくてもいいとも思ったのだけれど、産後にうちに検診に来てくれた助産師さんたちに、「あなたのためにも、これからお産をするみんなのためにもなるから」と口々に勧められたということは、私のお産はどこかおかしかったのかなと思って、Debriefingをお願いしてあります。(確かに対応がへんだったらしい) 産前クラスのみんなはそう話すとびっくりしてました。イギリスの人たちは劣悪サービスになれているので、笑い飛ばしているけれど、いやな思いやつらい思いをしたら、がんがんDebriefingをしたほうがいいと思います。イギリスの医療サービス向上のためにも!! また、このプロセスのことは、そのときが来たらまたブログにでもアップしようと思っています。今、巡回に来てくれていろいろお世話になった助産師さんが、手続きを進めてくれているようです。

産前クラスのみんなとは,話しているうちにあっという間に時間が過ぎました。・・・私は英語が下手なので、ほとんど聞き役ですが。言いたいことの半分も言えないし、もっと英語を練習しないと。でも、産後疲れと寝不足でうまくしゃべれなかった(日本語も!)のが、のんびりしたおかげですっかりよくなりました。

ちびすけも、元気いっぱいです。指しゃぶりならぬ、げんこつしゃぶりを始め、ボクサーのようなポーズをよくしていたのが、両手をつきだし、足をバタバタとさせて自転車こぎポーズになりました。飽きもせず、機嫌のいいときはニコニコとこのポーズでこぎこぎしながら、「ギャーオ」とか、「ファー」と叫んでいます。


・・・朝6時ごろから。


すっかり朝方生活になった我が家です。


よかったら一押しをお願いします!



スポンサーサイト


No.347 / お産話 / Comment*2 / TB*0 // PageTop▲

← 深まる秋 / Home / いたーい2か月目のスタート →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する


私たちは、日本での出産を知らないけれど、
日本なら、もっとこうするだろうなぁっていう想像ができるから、
余計サービスの悪さに目がいってしまいますよね。
でも、ほんと誰かが言わないと、ずっとそのままですしね!

ちびすけちゃん、元気そうで何より☆
2010.09.17(21:42) / URL / ボンバ / [ Edit ]


Re: タイトルなし


ぼんばさん、元気な赤ちゃんが生まれたしたいしたことではないのかなと思うのだけれど、
助産師さんたちに言われるし、どんなものかやってみることにしました。

でもね、元気な赤ちゃんが生まれると大変だったことも全部忘れてしまうってほんとだなぁと思います! 
Debriefingの前にいろいろ思い出してみようと思っているんですが、かすかな記憶しか残ってないんですよ!
立ち会っていたチーたろうにいろいろ聞いて、当時のことを思い出しているところです!
2010.09.18(16:39) / URL / へんじゃ / [ Edit ]


Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。