イギリスの風
香港人のテレビっ子・チーたろうと、ちびすけとともに、のんびりイギリスで暮らしているへんじゃの日記です。


プロフィール


へんじゃ

Author:へんじゃ
★ブログに時々登場する「チーママ」は義母、「チーパパ」は義父、「チー妹」は、チーたろうの妹のことです。

★コメントは承認制になっています。表示やお返事が遅くなることがあります・・・すみません。)

★内容の無断転載、また内容と関係のないコメントの書き込みはご遠慮ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ村に参加中です。よかったらこっちも押してみてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村



FC2カウンター




金魚




カレンダー


08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最近の記事




最近のコメント




カテゴリー




フォトアルバム




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧




最近のトラックバック




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2010.08.27  入院生活 4 後書き <<22:58




入院していたらゆっくり休めるかと思ったらそうでもなくて、驚いたのは、イギリスの病院では、夜中に検診やら検査やらがあること。

たとえば、1ヵ月早く破水して、破水と同時に赤ちゃんが出てきちゃったと言う隣のベッドのお母さんは、夜中1時に、未熟児の育て方指導のためお医者さんがやってきました。で、1時から1時間ほど、ミルクの与え方などの指導などして帰っていきました。

黄疸でちびすけの付き添いで入院していたときは、夜10時にお医者さんが血液検査に来ると言う話でしたが、急患がたくさんいると言うことで、11時になり、1時になり、結局夜中の3時に検査にやってきました。ちびすけは赤ちゃんだから夜も昼もないけれど、普通の子どもだったら、夜中に起こされて血をたくさん採られるのはすごく嫌だろうなと思いました。日本でも、こんなへんな時間にお医者さんがやってきたりするのかなぁ? 

お医者さんだけでなく、黄疸入院中は母乳指導の専門家やら、心配して様子を見に来てくれた助産師さんたちやら、いろんな人が病室にやってきてくれましたが、みな突然来るし、中には夜10時とか11時とかにやってくる人もいるし、大変でした。おかげで12キロ増えた体重が1週間で10キロ減。ずいぶん体型も戻りました。

あと、入院してつくづく感じたのは、人手不足。
小児科病棟のほうはまだいいけれど、産科病棟のほうはほんとうにすごいことになっていました。ベビーブームのイギリス、この状態はこれからますますひどくなるのではと思います。だって、こんなニュースが載っていました!

デイリーメールより:ベビーラッシュに備える病院


9月はものすごいベビーラッシュが来るようです。
ちょうどすごい寒波がやってきて、雪で交通が麻痺したこと、金融危機でクリスマス休暇も家ごもりの人が多かったことが原因だそう。
7月出産で、まだよかったかも。


よかったら一押しをお願いします!

スポンサーサイト


No.342 / お産話 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

← 痛み止め各種 / Home / おしっこ攻撃 と 今年の X Factor →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。