イギリスの風
香港人のテレビっ子・チーたろうと、ちびすけとともに、のんびりイギリスで暮らしているへんじゃの日記です。


プロフィール


へんじゃ

Author:へんじゃ
★ブログに時々登場する「チーママ」は義母、「チーパパ」は義父、「チー妹」は、チーたろうの妹のことです。

★コメントは承認制になっています。表示やお返事が遅くなることがあります・・・すみません。)

★内容の無断転載、また内容と関係のないコメントの書き込みはご遠慮ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ村に参加中です。よかったらこっちも押してみてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村



FC2カウンター




金魚




カレンダー


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最近の記事




最近のコメント




カテゴリー




フォトアルバム




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧




最近のトラックバック




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2010.08.23  入院生活:産後病棟編 <<12:35


なんだかバタバタと忙しくて、ゆっくりブログを書く時間どころか、パソコンする暇もない毎日でした。でも、パソコンを開けるたび、産前クラスの仲間や妊友たちからの出産報告が届いていて、みんなの赤ちゃんの写真を見るのが楽しい毎日です。

予定日が前後1週違いの妊友たちの赤ちゃんも無事生まれ、7-8月が予定日である産前クラスの8組のカップルの赤ちゃんたち半分が生まれました。今週は産前クラスの双子ママから、出産報告メールが。私と同様、誘導分娩だったようですが、普通3日かかるところを半日でスピード出産した私と違って、彼女はなんと、一週間かかったそう!!! びっくりです。 でも誘導分娩はよくあるのだなぁとみんなの話を聞いて思いました。私の知る7-8月出産、13組のカップルの中で、すでに出産したのが8組、そのうち誘導分娩で生んだのは私を入れて4組です。残りの2組のうち2組が帝王切開だから、普通に生まれたのは2組だけ? でもほんとうに、どのカップルのお産も、ドラマがあったようで、また会っていろいろ話を聞くのが楽しみです。

さて、きょうは入院生活その1を。

イギリスにはNHSという公共医療制度があるので妊娠、出産にかかる病院代はただ。入院費も、入院中の食事代もただです。が、ただなので手厚くお世話をしてもらえるわけではありません。産後の入院はだいたい1泊で退院と決まっています。私の出産した病院はまだいいほうで、

「初産婦さんは赤ちゃんのお世話に慣れるのも母乳育児が安定するのも時間がかかるので、24時間ほど病院に留まることをお勧めします」

と言われました。
が、
来月、低所得層の多い東ロンドンの病院で出産予定の友だちの病院では、病院の予算不足なのかベッドが足りないからなのかわかりませんが、

「産後は6時間以内に退院してください」

と言われているそうです! 
同じ病室に、第一子を22年前に生んだというお母さんがいましたが、彼女によると、イギリスも20年ほど前までは産後は一週間入院しなければならなかったそうです。帝王切開をした彼女は私と同じ2泊コースでしたが、「一週間も入院しなければならなかった20年前に比べたら天国よ!」と話してくれました。

そんなイギリスでお産した私ですが、結局、傷が大きかったので産後は2泊3日してきました。運悪くお産がとっても多い日に出産したので、産後病棟は大入り満員ですごく忙しくて、すごかったです。病室のドアは全部開け放たれているんですが、母子同室なので(イギリスでは30年ほど前からそれが普通らしい)、特に夜、超満員の各部屋の赤ちゃんの鳴き声とナースコールのブザーが病棟中に響き渡って、とてもにぎやかで、退院後もしばらく頭の中で鳴り響いていたくらいです・・・

さてさて、産後病棟に入ってはじめびっくりしたのは、自分が「Mummy(お母さん)!」と呼ばれること。

「Mummy! 体温チェックの時間ですよ。」

なんて感じで、助産師さんたちに「Mummy」と呼ばれるので最初自分が呼ばれていることに気がつきませんでした。
でもお母さんになったんだなって実感できた瞬間でした。

入院中は、おむつ交換や母乳育児、赤ちゃん入浴の指導が受けられるということでしたが、満員御礼と言うことで病棟内は殺気立っていて、ほとんど受けられませんでした。私の受けたおむつ交換の指導は、オムツがえをしていたところに通りかかった助産師さんから、

「ウンチやおしっこしてもすぐオムツを変えちゃだめよ! オムツがいっぱいになってかえなさい!」

の一言。

母乳育児の指導については、産後すぐに授乳の姿勢を簡単に指導してもらいましたが、その後は、通りがかる助産師さんに、

「おっぱいは最低30分あげてね」

と何度かいわれただけ。

 さらに、入浴指導については、まったくなし。入院中毎日いつお風呂に入れてあげられるか聞いたのですが、毎日、

「Tomorrow」

の一言でした。

 日本だったら産後すぐにお風呂に入れて赤ちゃんをきれいにしてもらえると思うんでが、こちらでは、生まれたらすぐカンガルーケア、簡単にタオルで拭いて終わり。赤ちゃんの体についている白い脂肪(胎脂?)は、肌にいいから洗い流さず肌になじませるように言われましたが、髪の毛がふさふさのちびすけ、髪にびっしり脂肪がついていてちょっとかわいそうでした。

 でも、入浴指導は確かにやっていて、毎朝廊下にお風呂付のカートがうろうろしていたのですが、私の病室は病棟の一番奥。私の病室に来る前にいつもお風呂指導の時間がおわるようで、3日間ちびすけは脂肪まみれの頭で過ごしたのでした。

 そんな産後病棟で2泊3日し、ぜんぜん眠れないまま退院となりました。もっとも最初の晩眠れなかったのはは、寝ている間にちびすけに何かあったらどうしよう、と心配だったのと、お産直後のハイテンションとで、一晩中ちびすけを眺めていたからなのですが・・・(そんなことしていたので2日目の晩にはダウン、泣きわめくちびすけを前にへろへろになって心から後悔。やっぱり産後はしっかり寝ないとダメですね。)


よかったら一押しをお願いします!


スポンサーサイト


No.337 / お産話 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

← 入院生活2:小児病棟編 / Home / タイトルなし →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。