イギリスの風
香港人のテレビっ子・チーたろうと、ちびすけとともに、のんびりイギリスで暮らしているへんじゃの日記です。


プロフィール


へんじゃ

Author:へんじゃ
★ブログに時々登場する「チーママ」は義母、「チーパパ」は義父、「チー妹」は、チーたろうの妹のことです。

★コメントは承認制になっています。表示やお返事が遅くなることがあります・・・すみません。)

★内容の無断転載、また内容と関係のないコメントの書き込みはご遠慮ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ村に参加中です。よかったらこっちも押してみてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村



FC2カウンター




金魚




カレンダー


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最近の記事




最近のコメント




カテゴリー




フォトアルバム




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧




最近のトラックバック




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2010.08.14   <<15:56


早いもので、ちびすけ誕生から1ヵ月以上がたってしまいました。孫を見にに来ていた両親も帰国して、親子3人の生活もスタート。最初はどうなることかと思った子育ても、だいぶ落ち着いてきて、ちびすけのペースもだいぶわかるようになってきました。明け方から午前中はひっきりなしにおっぱいをほしがるちびすけ、最近は午後からはぐっすり寝ていることが多いので、少しずつ好きなことができるようになってきました。

 日本では1ヵ月のお祝いにお宮参りとかする人が多いと思いますが、中国でも1ヵ月目のお祝いがあります。中国では赤ちゃんとお母さんは産後1ヵ月は家にこもって療養して、一ヵ月後にお披露目をしたりするみたい。私も、日本から来ていた両親と産後の初飲茶に行ってきました! 赤ちゃんが生まれてからはじめての外食で嬉しかったけれど・・・気がついたら、お化粧の途中で出かけていたことに気がつきました。(ちびすけが泣いたか何かで、やりかけで忘れてしまったんです。)次は気をつけなくては。でも少しずつ、赤ちゃんのお世話以外のことができるようになってきて、少しずつ日常(?)が戻ってきつつある、そんな気がします。

 お産は結局、前に書いたバースセンターではなく、産科病棟のデリバリー・スイートでの出産になりました。お腹の羊水が少ないと言うことで大事をとっての誘発分娩。誘発分娩って予想もしていなかったけれど結構あることのようで、予定日を過ぎても生まれなかったとか、ご主人の休みにあわせて産みたいとか、破水したけど陣痛がない人とか、あと、日本の場合、お医者さんの都合などで、誘発でうむことがあるようです。

ゆっくりとしたプロセスだから数日(3日)くらいかかるけれど、それでもだめなら(めったにないけど)帝王切開だといわれて入院したのですが、幸か不幸か薬が効きすぎて、すぐに急激な陣痛が来て、翌日の朝にちびすけが生まれました。「まだ生まれるはずがない」とあまり信じてもらえず、ついに「赤ちゃんが出てきそうだ」と叫び始めた私を見てチーたろうが奔走、開き部屋と助産師を見つけてきてくれ、車椅子で分娩室に運ばれてすぐ、おしるし、破水、頭が出てきて・・・と、助産師さんがまだ部屋のセッティングをしているうちに赤ちゃんが出てきました。入室してから胎盤が出てくるまで1時間もかからない、ハイスピード出産・・・いろいろ大変だったんですが、またこの話は機会があったらぼちぼち書いていこうと思います。

そうそう、赤ちゃんの臍帯血は予定通り病院へ寄付してきました。
寄付した、臍帯血たっぷりの胎盤がこれです! (アップしないほうがいいかも)

IMGP4478_convert_20100815005034.jpg


膜みたいなものが、赤ちゃんの入っていた袋なのだそうです。


私が出産した病院は、白人系の産婦さんが10人に1人しかいないという他民族地区にある病院なので、イギリスに数件しかない臍帯血バンクの病院に選ばれているみたいです。白人の臍帯血や臓器の寄付は結構あるのだそうですが、他の民族の臍帯血や臓器の寄付は不足気味で、特に、白人x黒人とか、極東系x白人といった、ハーフの人たちにぴったり合うような臓器や臍帯血はほんとうに貴重なのだそう。もしハーフの赤ちゃんを産む予定があって、その病院が臍帯血寄付をうけつけていたら、ぜひ寄付を考えてみてください。(寄付しなかったばあい、胎盤や臍帯血はゴミ箱行きだそう。)


そうそう、ちびすけのお腹に残ったへその緒は、ぽろっとおちてから、記念にとってあります。とれかかっていたへその緒をぐるぐるねじって取ってくれた助産師さんに、

「記念にとっておいていい?」

と聞いたら、

「もちろん! 全部あなたのものよ! ひょっとして、ネックレスかブレスレットにするの?」

ときかれました・・・

ネックレスやブレスレットにする人がいるとは初耳で驚き。
でも、そういう人もいるんですって!!! 
私は、箱に入れて引き出しの奥にしまってます。さすがに身に付ける勇気はないなぁ!


 
よかったら一押しをお願いします!




スポンサーサイト


No.336 / お産話 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

← 入院生活:産後病棟編 / Home / ちびすけ誕生 →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。