イギリスの風
香港人のテレビっ子・チーたろうと、ちびすけとともに、のんびりイギリスで暮らしているへんじゃの日記です。


プロフィール


へんじゃ

Author:へんじゃ
★ブログに時々登場する「チーママ」は義母、「チーパパ」は義父、「チー妹」は、チーたろうの妹のことです。

★コメントは承認制になっています。表示やお返事が遅くなることがあります・・・すみません。)

★内容の無断転載、また内容と関係のないコメントの書き込みはご遠慮ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ村に参加中です。よかったらこっちも押してみてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村



FC2カウンター




金魚




カレンダー


06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最近の記事




最近のコメント




カテゴリー




フォトアルバム




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧




最近のトラックバック




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2010.05.08  香港、座月子料理 <<16:13



チーたろうと結婚する前、チーママから、A4の紙1ページ分の食べ物リストをもらいました・・・

それは、チーたろうが避けるべき食べ物リストと、体に悪い食べ物リスト・・・

医食同源の香港では、かなり食べ物を気にします。彼らの考えでは、食べ物(それ以外にも)にはすべて陰と陽があります。そして人間の体質にも。チーたろうの場合、典型的な体に「熱」がたまりやすい体質(おこりっぽい、せっかち、唇が赤かったり乾燥したりする)なので、「熱」を持った食べ物は避けなくてはならないそう。

熱性の食べ物は体を温める食べ物で、たとえば

チョコレート
ポテトチップス
ライチ 
羊肉
唐辛子

などで、そんなものがリストに書かれていたような気がします。
そんな迷信じみたことをと思っていたけれど、意識してみると結構当たっていて、たとえばチョコレートを食べ過ぎると鼻血やにきびができるように、やっぱり食べ物は健康につながっているのだなぁと思います。ちなみに、香港人の男性は日本人男性より長生きで、世界のご長寿ナンバー2なんですって。香港は国ではないので、正式にはランキングに現れないので知られていないけれど、日本人のようにお酒を飲まないし、こんな風に「食医」の考えがあるからなのかなぁと思います。

普段からそんな風に食べ物に気をつける香港人、もちろん妊娠中の食べ物にもいろいろ気をつけなくてはならないのだそう。そんな話を香港人と結婚した日本人たちから聞いていたので、妊娠したとき頭をよぎったのは、「ひょっとして食べてはいけない食べ物リストがくるのでは??」 ということ。でも、さすがに、香港からイギリスまで食事指導のリストが送られてくることはなく、好きなものを食べ、気楽なマタニティーライフを送っています。

「チーたろうのいないところでは」の話ですが・・・。

チーたろうもやっぱり香港人、どうやらお義母さんほどではないけれど、妊婦が避けるべき食べ物を知っているようで、いろいろ食べものにはうるさいです。

チーたろうがうるさく食べるなと言っている食べ物は・・・

アイスクリーム
瓜類(メロン、スイカ、ゴーヤなど)
生もの(刺身や寿司、生卵など)

生ものはわかるけれど、体を冷やすからなのだそう。妊婦に冷えは大敵だというので
他にもはじめは、「ヨーグルトは体を冷やすからだめ」とか言われていました。メロン、時々すごく食べたくなりますが、見つかるとチーたろうがうるさいので家では食べられません。ちょっとくらいいいと思うんですけどね。他にも最近はBBQなどのグリルしたもの、揚げ物やローストしたものはだめとか、そんなことをうるさくいうようになって、困っています。

でも私はまだいいほうかも。チーたろうは知らないようですが、他にも香港で妊婦さんが避けるべきと言われている食べ物はたくさんあるようです。

たとえば、

へび。

言われなくても食べないよ、って感じですが、香港では冬、へびのスープを飲む習慣(?)があります。体を温める効果があるんだそう。どうして蛇を食べてはいけないかと言うと、妊娠中に蛇を食べると、赤ちゃんの体にうろこができるのだそう。・・・そんなばかな!

他に、昔は「バナナ」を食べてはだめだったと聞きますが、イギリスでは妊娠中すごくいい食べ物だと聞きました。

根拠のなさそうな禁忌食べ物もありますが、こんな風に数ある香港の妊婦が避けるべき食べ物の中で、私も気をつけて食べないようにしているものがあります。

ひとつは、緑豆。昔子どもをおろしたいときに、この緑豆をたくさん食べておろしたりしていたと聞くと、かなり強烈そうで、怖くてたべられません。・・・もっとも日本人は普通緑豆なんて食べませんよね。香港や中国では結構ポピュラーな小さな豆で、緑豆もやしの元になる豆です。お汁粉にしたり、おかゆにしたり、スープに入れたりして中国ではよく食べます。体を冷やす効果があり、北京でも、夏ばて防止に、夏によくおかゆやお汁粉にして食べられていました。体に熱がたまりやすいチーたろうにはぴったりの食べ物で、以前はよく使っていたのですが、妊娠してから、もやしとして食べる以外は一度も口にしていません。

あとはアロエ。
これは香港の本だけでなく、イギリスや日本の本にも妊娠中は避けるべき食べ物としてのっているので(流産の危険があるのだそう)、避けたほうがよさそうだなぁと思います。避けなくても、イギリスではアロエはとてもマイナーな食材なので、食べたくてもなかなかたべられないんですが。

・・・とここまでは香港の伝統的に妊婦の避けるべきだと言われている食べ物でしたが(ただし香港でも最近はちゃんと医学的根拠に基づいた食指導が行われています)、食べたほうがいい食べ物もたくさんあるようです。こちらはあまり言われないので私もチーたろうもよくわからないのですが、野菜や果物なんじゃないかな。

さてさて、香港のチーたろうママたち、妊娠したとき、タブー食品のリストを送ってくることはなかったのですが、最近になって、産後の食べ物についていろいろ連絡が来るようになりました。どうやら産後のことを心配してくれているようで、日本ではいったい何を食べるのかをとても気にしている様子。今の日本(やイギリス)は栄養が行き届いた食生活をしているし、医療も昔と違って進歩しているから、昔のように食べ物の心配は要らないと話しているのですが、やっぱり気になる様子。

香港では産後の「座月子」期間に食べる「特別料理」があるようです。イギリスでも、産前、産後の母子のケアのための「ドーラ」とか「ナース」と呼ばれるお手伝いさんがやとわれることがありますが、香港でも「陪月員」と呼ばれるそういう特別なお手伝いさんをやとうことが多いみたいで、そういう人たちは、産後のスペシャル料理を作ってくれるようです。(台湾で出産した友達の話でも、産後の「座月子」には油がさらに倍増した独特の産後台湾料理があると聞いたことがあるので、中国各地にそういう産後の料理があるのだろうなと思います。)

じゃ、香港でどんなものを産後に食べるのか、とチーママに聞いたら、何度も、生姜酢がどうこうとか言ってました。何のことだろうと思って近くの図書館の中国語のマタニティー本で調べたら(ロンドンの図書館には中国語の本もたくさんあるので便利!)、こんな料理が載っていました。

豬腳薑醋 (豚足の生姜酢煮込み)




どうやら作るのに2ヶ月ほどかかる料理みたいです。
それで、そろそろ準備しろと何度も産後の食べ物について電話してくれていたのでしょう・・・
そして、かなり複雑な料理みたいです・・・
メールでレシピを送ってと言ってもごにゃごにゃ言っていたのはそのせいだったんですね・・・
すごーく簡単に説明すると、まず生姜を酢で煮て、一ヶ月熟成させ、それにゆで卵を入れてさらに一ヶ月。で、産後、そこに豚足を入れてぐつぐつ煮込み、食べるみたいです・・・

せっかくだから香港式の産後料理も作って食べてみようかと思っていたのだけど、
これはちょっと無理かな・・・



よかったら一押しをお願いします!



←もっと読む
No.298 / プレママ日記 / Comment*2 / TB*0 // PageTop▲

← 選挙終了 / Home / ルバーブ&カスタード・マフィン →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます


このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010.05.11(04:52) / / / [ Edit ]


Re: 国によってずいぶん違うのですね


コメントありがとうございました! 
花膠(魚の浮き袋)も、鶏肉も、産後にいいらしいです。
花膠のスープ結構好きなので、冷蔵庫にいっぱい、もらってみたい・・・! 
豚の足も、日本語のページにも「コラーゲンが母乳分泌を促す」とあったので、コラーゲンとかたんぱく質がいいのでしょうね。

体は、やっぱり妊婦は冷やさないほうがいいみたいです。
イギリスはまた寒くなったので(明日の最低気温は0℃だそう(泣)・・・)、食べものにも、体調管理にも、気をつけています。
2010.05.11(14:04) / URL / へんじゃ / [ Edit ]


Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。