イギリスの風
香港人のテレビっ子・チーたろうと、ちびすけとともに、のんびりイギリスで暮らしているへんじゃの日記です。


プロフィール


へんじゃ

Author:へんじゃ
★ブログに時々登場する「チーママ」は義母、「チーパパ」は義父、「チー妹」は、チーたろうの妹のことです。

★コメントは承認制になっています。表示やお返事が遅くなることがあります・・・すみません。)

★内容の無断転載、また内容と関係のないコメントの書き込みはご遠慮ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ村に参加中です。よかったらこっちも押してみてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村



FC2カウンター




金魚




カレンダー


08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最近の記事




最近のコメント




カテゴリー




フォトアルバム




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧




最近のトラックバック




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2010.04.14  人それぞれ。 <<06:32


仕事が減ったので、先月から、週末2日とも休めるようになりました。
平日も、週末分の準備が要らないので、楽になりました! 

で、毎週いろんな人に会って思いっきり遊びまくっています。
ただ、仕事が忙しかったときは遊びたくても時間がなかったわけでお金がたまったけれど、今は仕事が減ったのに遊びまわっているのだから、気をつけないと。節約したほうがいいのかなぁと思ったりもするのですが、結局、キリギリス派の私は、期限限定だし、お金がなくなったらそのときはそのときか、と、飛び回っています。

こないだの日曜日は子持ちの友達夫婦たちがうち遊びに来てくれました。わざわざ遠くから来てくれたり、日本から帰ったばかりなのに遊びに来てくれたり・・・ありがとう! 一応、雑誌や本で読んでわかっていることでも、直接友達に聞いて確認したほうが、やっぱり安心なことも多くて、いろいろな人に話が聞けて、心強いです。私もそろそろアドバイスを参考に、ウインドー・ショッピングから卒業しようと思います。

それにしても、今までいろんなママたちに会ったけれど、ほんと、子育ての方法も人さまざまだなぁと思います。テレビの見せ方、寝かしつけ方、食べ物について、どの家もさまざまで、お勧めのグッズも、アドバイスもてんでばらばら。

特にずいぶん違うなぁとおもうのは、小さい赤ちゃんのいるママたちの余裕度。1人目か、2人目かとか、子どもの性格にもよるのだろうけど、たとえば、会っていた間の半分近くの時間がずーっと、一生懸命赤ちゃんのご機嫌をとるためのあやしタイムだったり、お歌タイムだったり、2人でゆっくり話す時間がないほど赤ちゃんのお世話で忙しくてお母さんがお客さんのことまで気が回らない家もあれば、同じくらいの年齢の子の家でも、ミルク飲ませて、オムツ替えて、ベビーベッドにぽんとおいて、「ねなさーい」ってほっておくだけで結構静かに寝てくれて、ママとゆっくりお話できる家もあります。お母さんに余裕があるというか。

本を読んだり、彼女たちの話を聞いたりしていると、どうやらこのちがい、赤ちゃんが泣いたりぐずったりしたときの対応の違いからくるものみたい。で、後者のように子どもが、お母さんの手を借りずに1人ですんなり寝てくれるおうちは結構イギリス系のお家に多くて、はじめのうちにいろいろ子どもにきちんとしつけをしているそうです。そんなママたちの話では、初めの1-2週間ほど大変だけれど、そのあとは楽チンだという話でした。たぶんMum's netで問題になった、こちらのカリスマ・ナニー、ジーナ・フォードさんスタイルの子育て法なんじゃないかな?

前者のように子どもの世話でお母さんがすごく忙しそうな家は、日本人や香港人の家に多いみたいです。日本人や中国人はよく、「子どもが大きくなってからも親が子離れしない」と言われるけど、大きくなってからだけじゃなくて、子どもが小さいときから、子どものためにすべてをささげべったり密着している、そういう民族なのかもしれません。で、こういうお家では結局遊びに行っても、話をするというより、私が子どもをあやしてあげに行ったような気分になって帰ってくることが多いです。それはそれで楽しいけれど、お母さんは1日たいへんでしょうね。

子どもが1人で寝られないからと、一部屋にベッドを3つも4つも並べ、家族全員が一部屋で寝ているうちは、まさにこちらのタイプ。香港や日本はもともと家がせまいから部屋を分けられないことも多いし、それでこういう育て方になるのかなとも思いました。

さて、チーたろうが今日色々話を聞いた先輩ママのうちは、生後1-2ヶ月でかなりがんばってベッドタイムをしつけたみたい!(→なんとご主人が積極的に引き受けてくれたらし行けど・・・早過ぎないかな?) 一緒に住むおばあちゃんが香港人なのですが、伝統的な、一生懸命赤ちゃんのご機嫌をとるタイプの子育てを望むおばあちゃんとのバトルを乗り越えてしつけに成功、ベッドタイムになると、すぅっと自分のベッドで朝まで寝てしまうのだそう。住み込みのベビーシッターをやとう家も珍しくない香港での子育てならおばあちゃんのやり方で通してもいいかもしれないけれど、仕事から帰って次は赤ちゃんの寝かしつけにと奮闘していたらやっぱり大変だから、早いうちからしつけたんだそうです。

このしつけタイプの方法、最近はイギリスでも、「子どもは犬や猫と違う、子どもの欲しがるだけ愛情を注ぐべきだ!」と言われるようになってきたそうです。その話に勘違いして、イギリスではしつけをしなくなってしまった親増えている、という嘆きの声も時々耳にしますが、どちらがいいんでしょうね。そして我が家はいったいどっちのタイプになるでしょう。

犬や猫でもそうだけれど、見ていて気持ちいいのは、しつけタイプ。(動物と比べちゃだめ?)
できれば楽に子育てして、自分の時間もたくさん欲しいなと思うのですが、こんな風にうまくこどもをしつけられるのかなぁ? チーたろうは今日会ったママにいたく感銘をうけていたようなので、そのあたりはチーたろうが引き受けてくれるといいなぁとひそかに思っている私です。


ランキングに参加しています。一押ししてもらえるとうれしいです。




←もっと読む
No.279 / プレママ日記 / Comment*2 / TB*0 // PageTop▲

← Dates(なつめやし)パワー! / Home / Grand National、終了。 →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

こちらこそ


楽しかったです。ありがとう。
うちは一緒に寝る日本式の子育てだわー。
一人で寝かせるためには心を鬼にしてしつける必要があったのね。お昼寝は一人ですやすや寝るようになったから、夜もしつければ寝るようになるかな!?
2010.04.15(15:35) / URL / satoming / [ Edit ]


Re: こちらこそ


Satomingさんとこはママも赤ちゃんもストレスなく眠れているみたいだから、きっとそのままのやり方でうまくいくのじゃないかな?? 

本を読んでいると、いろんな考え方ややり方が会ってさまざまだなぁって思うけれど、子どもが出てきてから試行錯誤して自分のやり方を見つけるのがいちばんなんだろうね・・・ 

・・・と、Satomingさんたち、先輩ママたちをみて思っている私です。
2010.04.17(14:39) / URL / へんじゃ / [ Edit ]


Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。