イギリスの風
香港人のテレビっ子・チーたろうと、ちびすけとともに、のんびりイギリスで暮らしているへんじゃの日記です。


プロフィール


へんじゃ

Author:へんじゃ
★ブログに時々登場する「チーママ」は義母、「チーパパ」は義父、「チー妹」は、チーたろうの妹のことです。

★コメントは承認制になっています。表示やお返事が遅くなることがあります・・・すみません。)

★内容の無断転載、また内容と関係のないコメントの書き込みはご遠慮ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ村に参加中です。よかったらこっちも押してみてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村



FC2カウンター




金魚




カレンダー


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最近の記事




最近のコメント




カテゴリー




フォトアルバム




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧




最近のトラックバック




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2010.03.27  イギリス・ママのたまり場 「Mumsnet」 <<05:50


うちのチーたろう、毎日地下鉄の中で、数社分のイギリスの新聞をせっせともらって(拾って)きてくれます。私のひそかな楽しみです。見ていると、毎週いくつかの妊娠・出産、育児にまつわる記事が載っています。不景気でうちにこもる人が増えた&冬が寒かったせいで、今年はベビーブームだと聞きましたが、そのせいでしょうか。たとえば、今日付けのTimesだけでも、「妊娠は乳がんの発症率を下げる」というニュースと、もう一つ、ちらっと読んだだけだけど、「子どもを虐待してしまう遺伝子がある」みたいなニュースが乗っていました。いいニュースもあれば、悪いニュースもあり、どちらも興味深く読んでいます。

そんな妊娠・出産ネタのニュースの中に最近よく登場していたのが、イギリスのママたちのネット上のたまり場、「Mumsnet」です。

今年で10周年になるらしいこのサイト、「親たちによる、親たちのためのサイト」として、イギリスのママたちの最大のたまり場なのだそうです。ふーん、と思ってのぞいてみて気がついたのですが、つわりで私の調子が悪かったとき、チーたろうがしょっちゅうのぞいていたサイトでした。チャットルームや掲示板が有名みたいで、何か問題があると誰かが質問し、それに別のママたちが答えてくれる、見たいなサイトです。

膨大な量のトピが立てられています! 

日本にもいろいろ妊娠・出産を扱うインターネットの質問箱みたいなのはあるけれど、Mumsnetみたいな活気のあるサイトって聞いたことないなぁ(たぶん)と見て思いました。なんだか、日本の「2チャンネル」みたいなサイトです!

のぞいてみたのですが、私には何を書いてあるのかちんぷんかんぷん。
英語には、「テキスト英語」といって、昔の日本のポケベルメッセージ(古!)みたいな、省略言語があるのですが(例:How R U= How are you?、 CU=See you)、それがたくさん使われているうえ、どうやらMumsnet用語というのがあるようなのです。

たとえば、

DD1

って、何の意味だと思います??

Dearest daughter 1 (親愛なる娘1号(つまり、長女))

の意味なんだそう。ちなみに長男はDS1 (Dearest son 1) 、次男はDS2、・・・

になります。なんだかゲームマシンみたいですよね・・・

まさかチーたろうはしらないだろうと思ってチーたろうに「知ってる?」って聞いたら、チーたろう、解説してくれました・・・。Mumsnet用語に精通しているようです・・・!?

他にも、SWMNBN という暗号のような言葉があるみたい。

これは、このMumsnet、以前ある子育ての権威の子育てマニュアルへの批判がヒートしすぎて、2チャンネルのように、裁判沙汰になったことがあり、(・・・なんと、今私が読んでる子育て本です! 雑誌のおまけについていた・・・)。裁判により、その人の名前は、Mumsnetで取り上げることはできなくなったそうで、代わりにMumsnetで彼女の名前を取り上げるときは、「SWMNBN (She Who Must Not Be Named=名前をいえない彼女) として取り上げられているみたいです。

このMumsnet、どんなページか見てみたいかたは、こちら。イギリスの妊娠・出産・育児事情がのぞけるかも。

Mumsnet  

ある男性のMumsnet体験談はこちら。
The man’s guide to Mumsnet

Mumsnetは他にも、助産師不足が叫ばれているイギリスで、「妊婦1人に助産師1人を!」運動(?)をしていたり、流産についてのNHS(国家医療サービス)の対応改善キャンペーン(?)をしていたり、なかなかがんばっているサイトみたいです。

私は独特の雰囲気についていけないけれど、イギリスのママたちのコメントを見てると、ほんと、日本と違って、イギリスのママたちってネット上のコミュニケーションが好きなんだろうなぁとか、社会派でたくましいなぁ、(でもちょっと強すぎ)なんて思います。


ランキングに参加しています。一押ししてもらえるとうれしいです。


スポンサーサイト


No.270 / プレママ日記 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

← 食べある記 / Home / 友達の輪 →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。