イギリスの風
香港人のテレビっ子・チーたろうと、ちびすけとともに、のんびりイギリスで暮らしているへんじゃの日記です。


プロフィール


へんじゃ

Author:へんじゃ
★ブログに時々登場する「チーママ」は義母、「チーパパ」は義父、「チー妹」は、チーたろうの妹のことです。

★コメントは承認制になっています。表示やお返事が遅くなることがあります・・・すみません。)

★内容の無断転載、また内容と関係のないコメントの書き込みはご遠慮ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ村に参加中です。よかったらこっちも押してみてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村



FC2カウンター




金魚




カレンダー


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最近の記事




最近のコメント




カテゴリー




フォトアルバム




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧




最近のトラックバック




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2010.02.23  虎虎生風、虎虎生福、・・・虎虎生威?? <<05:58





赤ちゃんが寅年に生まれると言うことで、チー家のみんなは喜んでいるようです。チーママ、チーパパによると、何でも、寅年生まれは縁起がいいのだとか。ほんとかな。 

干支というと、神様の元におまいりする動物の伝説が起源になったように言われていますが、ほんとうは年が覚えられない庶民が覚えやすいようにと、後漢時代に開発されたものらしいので、そう考えると干支占いっていんちき臭いような気もしますが、中国の人たちは日本以上に、干支を気にします。しかもかなり深刻に。

中国で仕事していたときちょうど辰年だったのですが、そのとき私の周りは結構な出産ラッシュでした。中国の人たちは龍が好きですし、1人っ子の国なので、いつ、どんなタイミングで子どもを作るかにはかな~り気合いが入っているのです。縁起がいい日を誕生日にするために、帝王切開で生む人が多いくらいですしね!! 

同じく中国時代、辰年の翌年の巳年に仲良しの中国人が妊娠しました。本当は辰年の子どもが生まれる予定だったのですが、残念ながら悲しいことに風邪薬のせいで(←事情はこちら)堕ろさなくてはならず、巳年の子どもを授かることになったのですが、彼女、子どもの干支が合わないと嘆いていました。自分の干支はうさぎで、ご主人の干支はネズミ。干支が蛇だと、肉食獣で、子どもの干支が強すぎるって。・・・結局、生まれたのは大きな赤ちゃん。生まれたときの体重は覚えていないのですが、3ヶ月目にして10kg。とっても元気な赤ちゃんで、「蛇男だから、大きくなったら絶対私たちを食い物にするわー!」なんて笑いながら言ってました。イギリスに着てから連絡が途絶えてしまったので今どうしているかわからないけれど、今彼はどんな男の子になったのかな?? 

当時は子どもの干支を気にするなんて、つまらないことで悩むものだと思っていたけれど、実際自分が妊娠してみると気持ちは複雑です。私のお腹に光臨した時点から、妊娠検査薬でチェックする前から、すごい存在感(と言うかつわり)が始まったこともあり、男か女か分からないけれど、ひょっとして、チーたろうのような強烈な虎男か虎女がもう一頭我が家に増えるのかと思うと、たいへんな育児生活が始まりそうで、ちょっぴり不安です。

迷信は信じない私だけれど、寅年の赤ちゃんはどんな感じだろうかと思って、ちょっと調べてみました。どうやら、寅女は日本では、ちょっとよくないみたい。特に「五黄の寅」は有名のよう。馬年女性の「丙午」みたいなもののようです。でも、「丙午」も、「五黄の寅」も、香港にはそういう迷信はないみたい。

中華圏はどうかと言うと、同じ中華圏でも寅年の赤ちゃんへの思いはちょっと違うようです。「こちらのサイト」によると、シンガポール人には寅年の赤ちゃんは敬遠されるよう。一方で、同じサイトのこちらのニュースによると、中国大陸では今年ベビーブームのようです。なんでこんなに違うんでしょうね? シンガポールはマー・ライオンの国だから、ライバルの寅は嫌われるのかな??

虎についての中華圏での微妙な差は、今回のブログ記事のタイトルを考えていたときにも発見しました。今回のブログのタイトル、最近中国(北京語)のサイトでよく見かけた「虎虎生風(=虎のように行きおいがあって元気がいい、の意味、かな)」にしようとしていたら、チーたろうに「そんな言葉はない、広東語では『虎虎生威』だ。」(寅年生まれは威張っている、の意味らしい、チーたろうの日本語の説明によると。チーたろうを見て納得)と指摘されました。香港では、大陸と違って寅年生まれは威張っているイメージがあるのでしょうか。もしそうだとしたら、シンガポールにも広東語話者が多いし、シンガで寅年の赤ちゃんが敬遠される理由がちょっとわかるような・・・。

虎虎生威・・・ますます二頭目の虎の降臨が不安になる言葉です。でも、私の干支は、蛇。(・・・歳がばれてしまいますね!)虎なんかに負けない知恵とずる賢さが備わっているはず。(おまけに、お金に困ることがない干支らしい)虎の2頭くらい、平気かな。「虎虎生威」で威張り屋だといやだけれど、「虎虎生風」で、「虎虎生福」だといいなぁと思っています。




ランキングに参加しています。一押ししてもらえるとうれしいです。


スポンサーサイト


No.246 / プレママ日記 / Comment*2 / TB*0 // PageTop▲

← テレビっ子な日々 / Home / 2頭目の虎? →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する


おめでとう!!!
中国の子ども用品って虎のもの多いよね。
虎の枕とか、虎の靴とか・・・
体大切にして元気な赤ちゃん産んでくださいね!
2010.02.26(08:22) / URL / juchi / [ Edit ]


Re: タイトルなし


Juchi、メッセージありがとう!

> 中国の子ども用品って虎のもの多いよね。
> 虎の枕とか、虎の靴とか・・・

そうだよね、やっぱり、「虎虎生風」とか、そういう考えからきているみたいだよ!
2010.02.26(11:57) / URL / へんじゃ / [ Edit ]


Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。