イギリスの風
香港人のテレビっ子・チーたろうと、ちびすけとともに、のんびりイギリスで暮らしているへんじゃの日記です。


プロフィール


へんじゃ

Author:へんじゃ
★ブログに時々登場する「チーママ」は義母、「チーパパ」は義父、「チー妹」は、チーたろうの妹のことです。

★コメントは承認制になっています。表示やお返事が遅くなることがあります・・・すみません。)

★内容の無断転載、また内容と関係のないコメントの書き込みはご遠慮ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ村に参加中です。よかったらこっちも押してみてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村



FC2カウンター




金魚




カレンダー


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事




最近のコメント




カテゴリー




フォトアルバム




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧




最近のトラックバック




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2010.01.24  マツダスタジアムの思い出、到着。 <<05:58


今日、帰宅すると大きな封筒が届いていました。
あて先はなんと、去年の春に一時帰国したとき、広島のマツダスタジアムでの広島カープ観戦の際、隣の席に座っていたAさんです。

年賀状が来て、返事を出したのですが、その返事。封筒を開けると、大きな写真数枚と、広島の地方新聞、「中国新聞」と広島のフリーペーパー、おまけ(?)のスーパーの広告が入っていました。

写真はスタジアムで一緒にとった記念写真たちと、Aさんの瀬戸内海に浮かぶ別荘の写真でした! 
お仕事を引退して、今は優雅な隠居(?)生活を送っていらっしゃるいというAさん。別荘の露天風呂プロジェクトや、料理店出の修行・バイト、海外旅行、そしてマツダスタジアムの年間指定席での観戦と、うらやましい毎日。私も、引退後はそんな生活がしてみたいな・・・。スタジアムの写真はとてもきれいに写っていたので、家に飾ろうと思っています。

Aさんからのお手紙と写真を見ていて、広島での思い出がよみがえりました。大学時代をすごした広島・・・といっても、広島市ではなく、「東広島」でしたが、お世話になった地元のかたの中に、何人か、瀬戸内の島にや海辺の町に別荘(もとは実家だったという方ばかりでした)を持っている方がいらっしゃいました。きれいな景色を眺めながら海で取れた新鮮な海鮮をいただいたり、海で遊んだり、懐かしい思い出です。

別荘ともセカンドハウスともいえないけれど、、隠居生活を送る私の両親にも、海辺というほど海から近くはないですが、祖父母の住んでいた家があります・・・家から海が見えるわけではないし、瀬戸内海ではなく日本海側ですが。痛んで人が住める状態ではなく、おばけ屋敷のようですが、壊して小さな家を立てて、Aさんのように別荘にすればもっと楽しいんじゃないかな・・・と思うのですが、

雪も多く・・・

冬は寒く・・・

瀬戸内のような穏やかな海ではない日本海側・・・

お金もかかるだろうしやっぱり、広島の瀬戸内の島のような優雅な別荘にはならないのかな。でもしょっちゅう通ってるんんだから何とかとまれるようにしたらいいのに。

ところで、写真と一緒に送られてきた新聞ですが、日本語の読み物ということもあって、大喜びで拝読しました。でも、何でまた、新聞?、と不思議に思っていたら、私の読みかけを横取りしたチーたろう、興奮。
一面に、マツダスタジアムの記事が載っていました。

元記事はこちら

今までの寝転び席やバーベキュー席でもすごいと思うのに、畳席や、バリアフリーの車椅子でも観戦できるシートもできるみたい。

なんかいいなぁ、戦後、市民の寄付で支えられたというカープらしいスタジアムだなぁって記事を読んで思いました。
広島市民が自転車で観戦に来ていて、試合後の自転車の波がすごかったことも思い出して、きっとこれからも、このスタジアムともども市民に愛されていく球団なんだろうなとも思いました。

イギリスのサッカースタジアムにも寝転び席とかバーベキュー席とかそんなのできて欲しいけど、一瞬一秒たりとも試合から目を離すことのできないサッカーでは無理でしょうね・・・ 第一、フーリガンの巣だし、バーベキュー席なんかできたら、周りの観客の命が危険・・・スタジアムに火や金串が飛び交うことになりそう・・・

それにしても写真と新聞、とても素敵なプレゼントでした。
Aさんはこの秋イギリスに遊びに来るかもしれないそうですが、渡英の際はぜひ、我が家にも遊びに来ていただきたいなと思います。

そのときは、ロンドンをご案内しますからね! 
サッカーの聖地、ウエンブリースタジアムも、うちからすぐですよ!


ランキングに参加しています。一押ししてもらえるとうれしいです。



スポンサーサイト


No.230 / 日本あれこれ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

← いいものはやっぱり違う!  / Home / あれから15年・・・か。 →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。