イギリスの風
香港人のテレビっ子・チーたろうと、ちびすけとともに、のんびりイギリスで暮らしているへんじゃの日記です。


プロフィール


へんじゃ

Author:へんじゃ
★ブログに時々登場する「チーママ」は義母、「チーパパ」は義父、「チー妹」は、チーたろうの妹のことです。

★コメントは承認制になっています。表示やお返事が遅くなることがあります・・・すみません。)

★内容の無断転載、また内容と関係のないコメントの書き込みはご遠慮ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ村に参加中です。よかったらこっちも押してみてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村



FC2カウンター




金魚




カレンダー


10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最近の記事




最近のコメント




カテゴリー




フォトアルバム




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧




最近のトラックバック




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2010.01.20  Game肉、初挑戦 <<05:56



日曜日、たまにMarylebone(←この地名、私は発音できない)にブランチしに行きます。ベーカーストリートに平行した通りで、お金持ちがたくさん住んでいるところで、マドンナや故・ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、シャーロックホームズたちが住んでいる(いた)ところです。歩いてるとときどきちょっとした有名人とすれ違える街で、お店もレストランもおしゃれなところが多くて、ディナーは無理だけど、ブランチで、ちょっと贅沢気分を味わえる街です。ちょっと値段は高いけれど、やっぱりおいしいご飯が食べられます。

とくに「The providores」というレストランのブランチが人気のようで、このレストランにはいつも日曜の朝早くから長蛇の列! 一度私もここのブランチを食べてみたことがありますが、とっても変わった朝ごはんが並んでいました。味噌味のポリッジ(おかゆ)とか。そのとき私が頼んだのは、トルコ風ポーチド・エッグの朝ごはん。なんと、ポーチド・エッグに、スパイシーなヨーグルトがかかっています。出てきたとき、「ひぇー!」と思ったけれど、食べてみたらおいしくてびっくり。そのころはまだそんなに行列になるほどの人気ではなかったのですが・・・。

・・・と朝ごはんの話が長くなりましたが、こないだの日曜日は、ブランチした後、すぐ近くのサンデー・マーケットへ行ってきました。オーガニックだったり、新鮮でおいしい、時にちょっと変わった食材が手に入ります。

この日買ったのは、聞いたこともない種類の肉。何か肉を買って帰ろうとチーたろうと話していて、見ていたら、2人でローストして食べるのによさそうな鳥類の肉があったので、何の肉か聞いてみました。名前を聞いてもいったいどんな鳥かわからなかったのですが、「海辺に住むダック」だと言う話でした。外人だから説明してもわからないだろうと、適当に説明したのかもしれません。海辺のダック・・・ひょっとしたら、「かもめ」? と一瞬そんな考えが頭をよぎりました。

一羽、£3.5。重さは、800gほど。皮にたくさん穴が開いていたので、ちょっとあやしいなぁ、と見ていたら、
「この穴ね、狩をして、鉄砲で撃ったからこうなったのよ。」
とお店のおばちゃん。どうやら、散弾銃でしとめた鳥のようでした!
 
狩でしとめた獲物は、英語で「Game」と呼ばれます。おばちゃん、「Game」だと何度も説明してくれました。ちょっと迷ったけど、野生の、狩でしとめた動物って食べてみたことがなかったので、結局その鳥を買って帰って、ローストして食べてみました。(しかもまた、ぺキンダック風・・・ソース早く使ってしまいたかったので・・・)


IMGP3940.jpg

感想は、やっぱり野生だと言うだけあって、ワイルドな味でした。ダックをちょっときつめにしたようなワイルドなにおいがあります。空を飛び回っていたせいか、脂肪分が少なくてヘルシーな感じ、というか、ほとんど骨と筋肉、と言う感じでした。スリムな鳥で、あまり食べるところがなかったです。一度食べたらもういいかな。ダックソースにも飽きてきました・・・ 

驚いたことに、食べていたら、時々散弾銃の弾が出てきます! ちょっと危険? 
ふと、青年海外協力隊でアフリカに派遣されていた同期の先生が、「手に入る肉は村の猟師がしとめてくる動物のみで、食べてると鉄砲の弾が出てくる」と話していたのを思い出しました。

こんな肉、なかなか日本ではお目にかかれませんよね。

ランキングに参加しています。一押ししてもらえるとうれしいです。


スポンサーサイト


No.228 / イギリス面白食材 / Comment*0 / TB*2 // PageTop▲

← あれから15年・・・か。 / Home / 中国の柚子 →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  

Vitantonio バラエティサンドベーカー VWH-4100-W |

JUGEMテーマ:生活家電 Vitantonio バラエティサンドベーカー VWH-4100-W焼きプレートを包み込んだ設計で、より高い温度帯をキープし、焼き時間を短縮し、美味しく焼き上げる事を可能にしました。900Wのハイパワーで立ち上がりもスピーディーなうえ、焼き時間も約3?4...  [続きを読む] アマゾン探検隊 2010/01/20/Wed 21:17

Vitantonio バラエティサンドベーカー VWH-4100-W |

JUGEMテーマ:生活家電 Vitantonio バラエティサンドベーカー VWH-4100-W焼きプレートを包み込んだ設計で、より高い温度帯をキープし、焼き時間を短縮し、美味しく焼き上げる事を可能にしました。900Wのハイパワーで立ち上がりもスピーディーなうえ、焼き時間も約3?4...  [続きを読む] アマゾン探検隊 2010/01/20/Wed 21:22
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。