イギリスの風
香港人のテレビっ子・チーたろうと、ちびすけとともに、のんびりイギリスで暮らしているへんじゃの日記です。


プロフィール


へんじゃ

Author:へんじゃ
★ブログに時々登場する「チーママ」は義母、「チーパパ」は義父、「チー妹」は、チーたろうの妹のことです。

★コメントは承認制になっています。表示やお返事が遅くなることがあります・・・すみません。)

★内容の無断転載、また内容と関係のないコメントの書き込みはご遠慮ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ村に参加中です。よかったらこっちも押してみてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村



FC2カウンター




金魚




カレンダー


05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近の記事




最近のコメント




カテゴリー




フォトアルバム




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧




最近のトラックバック




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2010.01.11  挑戦・北京ダック <<05:27


だいぶ暖かくなってきて少しずつ雪が解け始めたわが町ですが、また雪が近づいてきています。この天気、いつまでつづくんでしょうね!

昨日は、道路の雪はもう解けているし、まだ真っ白な雪で覆われている横道に入らなければ大丈夫と余裕で出かけたのですが、途中で、電灯に見事に突き刺さっている車や(あとで新聞のインターネット版の写真になっていた!)、Uターンしようとしてセンターライン上でかなり怪しい動きをしている車を見かけました。どちらもインド系の人たち・・・。雪もない普通の道路に見えても、きっと表面は凍っているのでしょうね。アクセルやブレーキの利かせ方に気をつけて安全運転で出かけました。

今日は晴れの予報の出ている朝のうちに買出しを済ませて、家ごもりの一日。
最近おなかの調子が悪くて半ベジタリアン生活をしていたし(最近食べ物関係の書き込みが少ないのはそのせいだったのです)、一日家にいることもあって、久しぶりに「サンデーロースト」をつくることに。サンデーローストといっても、今日のローストは中華。北京ダックに挑戦しました。

いつもはスーパーの、オーブンに突っ込んで焼くだけの北京ダックを買ってつくるのですが、今日はウエイトローズ(スーパーの名前)で生の鴨を買ってきて、ダックの皮も、手作りです! ダックソースだけは既製品ですが・・・ (実はソースが余っていたので使ってしまいたくてダックにしたんです)


久しぶりのお肉なので、もちろん、

「丸ごとダック」



なんておそろしいことはしてません。もも肉を二つ(£4.5)買ってきて作りました。
難しいかと思ったら、材料もシンプルだし(ただし北京ダックのソース以外・・・中華街か中華スーパーで買えます)、めちゃくちゃかんたんでした!!

参考にしたのはこちらのサイト、「中華への道」。
「マイナーレシピ」のトップに北京ダックの作り方があります。
北京の料理学校で勉強したということで、どのレシピも本場の味がします。

丸ごと一羽ではなかったし、「皮水」に使う麦芽糖はいったいどんなものかよくわからないので、ぜんぜん違うけど、ただの片栗粉を水に溶いた物を使ってみました。から揚げ風にパリッとした皮になったし、焼き色も薄かったけれど、チーたろう絶賛の北京ダックになりました!イギリスの中華レストランの、北京のものとは程遠い北京ダックよりうまくできたような気がします。。「フックにかけて乾かす」というところは、オーブントレイのラックの上で乾かしましたが、セントラルヒーティングのせいで乾燥した家のせいで、いい具合にすぐ乾きましたよ。

ただしこのレシピ、ダックを包む「薄餅」のレシピはあまり詳しくなかったので、皮のレシピはこちらを使いました。薄餅は「春餅」とも呼ばれて、何度か作ったことがあるのですが、このレシピで作った今回は今までの最高のできでした。(ただし、ラードの代わりにギーを使いました)

今回作って気がついたポイントが一つ。
餃子の皮を伸ばすときは「円の外側から内側へ向かって伸ばして真ん中を厚くする」のがポイントですが、薄餅は、「真ん中から円の外側へ向かって伸ばすほうがいい」ということ。
餃子のように伸ばしたものは、後で二枚にはがすことができませんでした。
今まで何度作っても失敗していたのは、皮の伸ばし方だったみたい。

あと、薄餅は作った後少し蒸すとすごくおいしいです。
蒸す、って言うと日本人にはたいへんな感じがするけれど(中華なべがあれば簡単なんですが)、今回はダックと薄餅で晩御飯のつもりがチーたろう、いつの間にかご飯をたいていたので、薄餅をお皿にのせ、それを炊飯器の炊き立てのご飯の上において、蒸気で軽く蒸しました。スーパーのReady made の薄餅より絶対手作りのほうがおいしいですよ!

・・・と、主食が2つになってしまったけれど、おいしい晩御飯でした。

ただ・・・ダックはオーブンが汚れるんですよね・・・
あとかた付け、どうしようかな・・・


ランキングに参加しています。一押ししてもらえるとうれしいです。
スポンサーサイト


No.223 / グルメ / Comment*2 / TB*0 // PageTop▲

← チャイナタウンの梅花村へ / Home / イギリス凍結中 →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する


北京ダックおいしそ~!!!
餅も手作りなんて素敵。
「中華への道」というHP面白そうだね。
あとでゆっくり見てみようと思います!
2010.01.12(22:58) / URL / juchi / [ Edit ]


Re: タイトルなし


> 北京ダックおいしそ~!!!

おいしそうでしょ? 名前を思い出せないんだけれど、北京で老師にご馳走してもらった、尾頭付き北京ダック初挑戦の日がちょっと懐かしい・・・ ダックに味を付けなくていいというのも、このページを見て知ったの。細かいところがかかれてなかったりするけど、結構本格的に修行したのだろうなって思います。

> 餅も手作りなんて素敵。
> 「中華への道」というHP面白そうだね。
> あとでゆっくり見てみようと思います!
2010.01.15(20:49) / URL / へんじゃ / [ Edit ]


Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。