イギリスの風
香港人のテレビっ子・チーたろうと、ちびすけとともに、のんびりイギリスで暮らしているへんじゃの日記です。


プロフィール


へんじゃ

Author:へんじゃ
★ブログに時々登場する「チーママ」は義母、「チーパパ」は義父、「チー妹」は、チーたろうの妹のことです。

★コメントは承認制になっています。表示やお返事が遅くなることがあります・・・すみません。)

★内容の無断転載、また内容と関係のないコメントの書き込みはご遠慮ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ村に参加中です。よかったらこっちも押してみてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村



FC2カウンター




金魚




カレンダー


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事




最近のコメント




カテゴリー




フォトアルバム




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧




最近のトラックバック




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2008.04.08  チャリティー&マラソン <<18:09


日本よりずっと仕事が楽だからでしょうか、イギリスの人たちはジムに行ったり、何らかのスポーツをしている人が多いです。マラソンもけっこう人気で、こっちに来てから周りの人がマラソン大会に参加するのも何度も見てきました。

でもちょっと日本と違うなぁと思うのは(日本で周りにマラソン大会に参加した人がいなかったので本とは比べられないのですが)、参加する人が、周りの応援者に寄付を募ること。イギリスに着たばかりのときは、周りの人に寄付を募るというやり方に驚いて、「どうして自分の趣味で走るのに、自分で参加費を払わないんだろう??」 と驚きました。もちろん募った寄付はすべてチャリティーにまわされるのですが、来た当時は貧しい学生だったのでちょっと疑問だったのです。

はじめは疑問だったこの寄付ですが、今はどうしてこの方法がイギリスでポピュラーなのかわかってきました。友達や周りの人に寄付してもらっていたら、お金をもらっているんだから、もう逃げることができないのです!! 自分でお金を払っていたのなら、「やっぱ体調悪いしめんどくさいからやめよ。」なんていえるんですが、この方式だったらそんなわけにも行きません。そして応援するほうも、お金まで払ったんだからしっかり走ってもらわなければと応援にも力が入ります。なかなかいい動機付けだなと思いませんか??

マラソンのほかにも、イギリスではけっこういろいろなところでチャリティーという言葉を目にします。たとえば、この間あった学生たちのミュージカルも、売り上げはチャリティーへ回すということでした。チャリティーへまわすのだから、見るほうは少し高くてもチケット代を払おうかなという気になるし、主催者側は少し高めに値段を設定しておけば、もしコストが予想以上にかかればチャリティー代を減らせばいいし、売り上げが予想以上にあればまたそれでたくさんチャリティーにまわせるわけだし、とてもいい方法だなと思いました。

・・・とこんな風にチャリティーについて考えたのは、今回は主人の妹から、「チャリティー・ラン」に参加するから、よろしくね!」とメールが来たから。フルマラソンではなく、10キロ走るそうです。(これからWEB見て寄付してきます。)

そして、今週末はロンドンマラソンです。去年はすごく暑くて、マラソン中に水分補給をしすぎたランナーが1人、「水中毒」で亡くなりましたが、今年はどうなるでしょう。そうそう、ちなみにロンドンマラソンの日に地下鉄に載ると、マラソン帰りの人たちのかおりが漂っていてなかなか素敵です・・・ チャンスがあったら試してみてください・・・
スポンサーサイト


No.22 / イギリスつれづれ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

← ひとりごと / Home / 4月の大雪 →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。