イギリスの風
香港人のテレビっ子・チーたろうと、ちびすけとともに、のんびりイギリスで暮らしているへんじゃの日記です。


プロフィール


へんじゃ

Author:へんじゃ
★ブログに時々登場する「チーママ」は義母、「チーパパ」は義父、「チー妹」は、チーたろうの妹のことです。

★コメントは承認制になっています。表示やお返事が遅くなることがあります・・・すみません。)

★内容の無断転載、また内容と関係のないコメントの書き込みはご遠慮ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ村に参加中です。よかったらこっちも押してみてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村



FC2カウンター




金魚




カレンダー


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事




最近のコメント




カテゴリー




フォトアルバム




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧




最近のトラックバック




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2009.10.17  秋のお祭りシーズン? <<05:24


風邪、のどから鼻へ、そしてせきへ、と順調に推移しています。せきしながら教えるのは悪い感じがしてマスクも持参で仕事に行ってます。昨日はちびっ子相手の仕事へ行ったら、子どもたちが普段より元気いっぱいで家の中を駆け回っていたので、どうしたのかと思ったら、学校が急に休みになったということでした。

豚インフルもまた蔓延し始めているので、「学級閉鎖ですか?」と聞くと、

「先生のストです。」

と返ってきました。
ちなみに彼女たちの学校は、イギリスではなくて、某国系の、超高級私立学校。待遇も、お給料もいいだろうに、ときどき先生たちがストしているのだそう。しかも、突然、「明日はストだから、学校に来なくていいよ」なんてことになるらしいです。共働きの家は、急にストになったら、ほんとうにたいへんだそうですが、元気に駆け回っているちびっ子を見ていると、共働きじゃなくてもこりゃたいへんだー!と思ってしまいました。

さて、今週末のロンドンはディワリ(Diwali)だそうです。Diwaliは、インド系の新年のお祭り。「光の祭り」みたいな呼ばれ方もしていて、花火をしたり、家中にろうそくをともしたりしてお祝いをするのだそう。近所の家の前にも、ろうそくがともされたりしていて、きれいです。日に日に、花火の音もにぎやかになってきました。そして、日に日に、日も短くなってきました・・・。

Diwaliと関係ないけれど、先週のチャイナタウンの写真です。
中秋と言うことで、またしても獅子舞がチャイナタウンを練り歩いていました。
中国の北では、獅子舞を見ることはぜんぜんなかったのですが(代わりに中国北では、龍が出てくることが多いみたい)、中国の獅子って、日本のよりかわいいと思いません?

IMGP3795.jpg   IMGP3799.jpg


チーたろうに聞いても「知らない」と言われるのですが、この獅子、レストランの前にぶら下げてあるレタス(中国では白菜らしい)を食べにチャイナタウンを練り歩きます(レタスにはふつう、おひねりもついている)。以前中国にいる北京っ子に聞いたら、「獅子は知らないけど、龍だったら、レタスじゃなくて、『龍珠(ドラゴン・ボール)』を追いかけるんだよ」と言われたことがあるので、 何かほんとうは珠のようなものの代わりにレタスをぶら下げているのかな。

チャイナタウンではよく見る光景だけれど、やっぱり血が騒ぎます。
(で、はしゃいだ後で風邪をひいたわけです)
国慶節(中国の建国記念日)とも重なって、何か歌や踊りの舞台もありましたよ。




ランキングに参加しています。一押ししてもらえるとうれしいです。



スポンサーサイト


No.195 / イギリスつれづれ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

← イギリスのパン ① イギリスパンとは?? / Home / かもめ食堂 →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。