イギリスの風
香港人のテレビっ子・チーたろうと、ちびすけとともに、のんびりイギリスで暮らしているへんじゃの日記です。


プロフィール


へんじゃ

Author:へんじゃ
★ブログに時々登場する「チーママ」は義母、「チーパパ」は義父、「チー妹」は、チーたろうの妹のことです。

★コメントは承認制になっています。表示やお返事が遅くなることがあります・・・すみません。)

★内容の無断転載、また内容と関係のないコメントの書き込みはご遠慮ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ村に参加中です。よかったらこっちも押してみてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村



FC2カウンター




金魚




カレンダー


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事




最近のコメント




カテゴリー




フォトアルバム




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧




最近のトラックバック




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2009.10.01  Diva の季節 <<02:20


スポーツの秋、読書の秋、食欲の秋、いろいろな秋があるけれど、私にとって今年の秋は、「DIVA(歌姫)の秋」です。大好きなマライア・キャリーに、レオナ・ルイスの新作アルバムが出る秋なのです。ほかにも英米の大物Divaたちが(MadonnaとかWhitoneyとか)ニューアルバムを出しているようでそれも楽しみです。

で、きのうがマライアの新作発売日だったので、帰りロンドンのCD屋さんに行ってがっかり。アメリカでは発売されたそうですが、ロンドンの発売日は延期されたみたい。なんと、11月まで!!! 11月・・・あと1ヶ月以上待たなければならないとおもうと、ダウンロードしたい気持ちになってしまいます。しかもレオナ・ルイスのCD発売日とほとんど同じじき。イギリスでレオナとチャートを争うとなると、イギリスでのマライアの一位はむずかしくなりそう? 

それにしても、一度声が出なくなってスランプになったり、イメチェンで露出度が高くなったり、自殺未遂したり、どん底の時代があったマライアだけれど、以前のようには行かなくても最近は声の調子もよくなってきているようなきがするし、口パク率も減っているような気がするし、楽しみです。考えてみると、どん底を経験したり、声が出なくなってから歌い方を変えたり、イメチェンしたり、それでもまだトップの座にいるっていうのはすごいことですよね。(同じこの秋にアルバムを出したホイットニー・ヒューストンも少し前にテレビで昔の歌を歌っているのを見たけれど、彼女もぜんぜん声が出なくなっていて驚きました。彼女もどん底を経験した訳だけれど、彼女の新作の行方はどうなるでしょう? )再婚して幸せもつかんだマライア、幸せボケしてなくて、またいいアルバムに仕上がっているといいなと思います。アルバムのほうは、プロモーションもしていない段階で、アメリカのトップ20まで(ポップス部門は6位)行ってるみたいです。早くイギリスでも出ないかなぁ・・・!

・・・とここまで書いたところで、テレビで、クリスマスに向けての本の新刊の発売ラッシュが今週始まったとニュースしています。どうやら私の好きな作家の本も出てくるみたい。これも買わなきゃ・・・!




おまけ:CDかえなくてがっかりでYoutubeをのぞいていたら、こんなのを見つけました。



どっちが好きですか? 
私はもちろん、両方応援してます。どちらかと言えば、やっぱりマライアでしょう!
でも今回のアルバム・バトルは、旬のDIVA、Leonaに勝敗があがるかもしれないなと思っています。

ランキングに参加しています。一押ししてもらえるとうれしいです。


スポンサーサイト


No.190 / 音楽 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

← クリスマスカード、もう書きましたか? / Home / ストーンヘンジ、アルバム完成! →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。