イギリスの風
香港人のテレビっ子・チーたろうと、ちびすけとともに、のんびりイギリスで暮らしているへんじゃの日記です。


プロフィール


へんじゃ

Author:へんじゃ
★ブログに時々登場する「チーママ」は義母、「チーパパ」は義父、「チー妹」は、チーたろうの妹のことです。

★コメントは承認制になっています。表示やお返事が遅くなることがあります・・・すみません。)

★内容の無断転載、また内容と関係のないコメントの書き込みはご遠慮ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ村に参加中です。よかったらこっちも押してみてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村



FC2カウンター




金魚




カレンダー


08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最近の記事




最近のコメント




カテゴリー




フォトアルバム




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧




最近のトラックバック




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2009.09.20  ほろほろ鳥に挑戦! <<04:53




日本のスーパーにいろんな魚があるのに比べて、イギリスのスーパーに並んでいる魚の種類は本当に少ないです。でもその代わり、肉類の種類は豊富で、いろんな変わったお肉が食べられます。先日は「Guinea Howl」に挑戦してみました。

Guniea Howlは日本語で、「ほろほろ鳥」というみたいです。でも、ホロホロチョウといわれても、日本人の私たちにはぴんと来ませんよね。きじ科の鳥のようです。スーパーで安売りをしていて、いつもは一羽(1キロ)6ポンドのほろほろ鳥が4ポンドほどで手に入ったので、思い切って挑戦してみました。

IMGP3742.jpg
こうしてみると気持ち悪いですね・・・



手羽と足(?)を切り取って、残りの部分をチキンと同じようにローストしてみました。オーブンで40分。ローストは、塩コショウしてハーブをのせて、オーブンに突っ込むだけなので簡単です。周りにポテトやたまねぎを入れてローストしたら、あとはブロッコリーなどの野菜をゆでて添えればいいのだから。今回のハーブは、庭のセージを使いました。(オレガノやローズマリーを使ってもおいしいローストチキンorロースト・ほろほろができると思いますよ!)

写真を撮るのを忘れましたが、味もほとんどチキンと同じでした。「若鶏を野生化した味」といわれるみたいですが、肉はとっても柔らかくて、あとはちょっと癖がありました。足の辺りが黒っぽいので、日本人の中には気持ち悪く思う人もいるかもしれません。あと、胸板が薄くてせまい感じで、骨っぽい感じもしました。チキンより食べるところが少ないような気がします。それとも、やせていて骨っぽいから安くなったのかな???

2人で1羽全部食べられるの、って驚かれるかも知れませんが、結局、足と手羽を翌日の煮込み料理用にとって、胸の部分はサンドイッチ用に残して、骨はスープのだし用にとったら、2人の晩御飯にちょうどいい量でした。また食べようとは思わないけれど、イギリスにいる間に一度試してみるといいかも・・・? 


よかったら一押しをおねがいします。

スポンサーサイト


No.184 / イギリス面白食材 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

← 飛べない子鳩 / Home / あなたならどうする?? →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。