イギリスの風
香港人のテレビっ子・チーたろうと、ちびすけとともに、のんびりイギリスで暮らしているへんじゃの日記です。


プロフィール


へんじゃ

Author:へんじゃ
★ブログに時々登場する「チーママ」は義母、「チーパパ」は義父、「チー妹」は、チーたろうの妹のことです。

★コメントは承認制になっています。表示やお返事が遅くなることがあります・・・すみません。)

★内容の無断転載、また内容と関係のないコメントの書き込みはご遠慮ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ村に参加中です。よかったらこっちも押してみてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村



FC2カウンター




金魚




カレンダー


03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最近の記事




最近のコメント




カテゴリー




フォトアルバム




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧




最近のトラックバック




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2009.05.23  風水ガーデン? <<01:51


ガーデナーに来てもらっていた庭の手入れが一段落しました。来週もう一回来てもらう予定ですが、荒れ放題の庭がすっきりしました! チーたろうが一生懸命探しただけあって、なかなかいいガーデナーさんで、トラブルもなくすみました。レッスンに来ていた生徒さんが名刺をもらって帰ったほど。(レッスン中ガーデナーの仕事ぶりを見ていたその生徒さんは、日本で見た日本の庭師のすばらしさを熱心に語ってくれました。残念ながら英語でですが。どんな風に大きな木を選定していたか、そして何時間もはしごの上で丁寧に作業していた仕事ぶりは、イギリス人にはまねできないと・・・。私もつくづくそう思います。でも、うちに来たガーデナーたち、遅刻もしないし、イギリス人にしてはすばらしい働き振りでした!)

とにかく、この三日間大変だったけれど、やっと落ち着けます。週末のお披露目が楽しみです。

もともと、前のオーナーがしたのであろう手入れの要らないモダンなデザインになっていた前庭ですが(入居したときはできたてほやほやだった)、手入れが要らないとはいえ、3年間放置していたので、ウッドチップは砕けて下の土が見え始め、入居当初は小さくてかわいかったヤシ(?)の木もリビングルームを見下ろすほど高くなり、後ろの大きなアジサイを隠してしまうほどでかっこ悪くなり気になっていたのですが、やっぱり風水的にもこのヤシの木はよくないらしく、ヤシの木を三本引っこ抜いて、以前より手はかかるけれど、ウッドチップは捨てて、芝生にしました。

うちの前庭にあったミニヤシの木のようなとげとげした木はイギリスでは結構人気で、モダンなデザインのガーデンにはよく使われているんですが、風水的には家に使うのはタブーなのだそうです。とげとげしていて、あまり歓迎的ではない雰囲気をかもし出すのだそう。芝生だったら、この先種が落ちてタンポポとかかわいい花も咲くだろうし、やさしくていい感じのフロントガーデンになりそうです。雑草のように奥に生えていたすずらんもしっかり目立つようにそこは芝生をカットしてもらって、いろいろ花の球根も植えました。

風水効果か分からないけれど、庭を改造したらなんだか急に近所の人が声をかけてくれるようになり、驚きました(イギリス人ではなく、声をかけてくれるのはインド系のご近所さんばかりですが・・・)。庭の反対側のおばさんなんか、「もうリタイアして暇だし、いつもうちにいるから、お茶でも飲みに来てね」といわれました。このストリートは、この地域でも庭が広い家がそろっているせいか、ご近所さんもみんなガーデニングが好きな人が多いし、きれいな庭はやっぱり、かなりの効果があるようです。(風水についてはまた別の機会に。)

庭のおくのつただらけだった部分も、つたを撤去してもらい(なんと、2日かかって、トラック一台分のつたが取れました・・・この夏渡英予定だった両親と掃除しようと思っていたけれど、自分たちでしなくてほんとよかった。)そんなに広くないはずなんですが、ツタが重なりあって、すごいことになっていたようです。(たぶん20センチくらいは重なっていた)

庭の奥すっかりきれいになって、明るくなりました。
で、この奥についてひとつエピソードが。

2年前はきつねの穴があり、子狐たちがうろうろしていたのですが、去年の秋穴をふさいでからすっかりきつねを見つけなくなったと思っていたのですが、どうやらその後、このあたりは「ねずみのパラダイス」になっていたようです。

きつねはは入れなくなってしまった穴だけれど、ねずみは入れたのです。
つたの撤去を始めた日の夕方、庭を散歩していると・・・

「となりのトトロ」の「まっくろくろすけ」のように移動していくネズミたち
を目の当たりにしてしまいました!!

(きつねも来なくなったし、茂りに茂ったつたの中は格好の隠れ家でもあった様子。)

庭の置くの茂みで、恨めしそうに私を見つめて去っていった大きなねずみ(英語ではRATという)。

家族で茂みの中からぴょこぴょこ飛び跳ねながら大移動していった小さくてかわいいかやねずみ。
(めちゃくちゃかわいかったです。)

死んでるのはいやだけど生きているのはかわいいと思う私は平気でしたが、隣で見ていたちーたろうがまたぎっくり腰になるのではとちょっと心配でした。(かなりショックを受けていた様子。私も驚きました。)

ネズミたち、どこに引っ越していったのかな。

まさか・・・うちの中に引っ越したんじゃないよね・・・
スポンサーサイト


No.144 / / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

← へんじゃ、風水を学ぶ。 / Home / スカートの風(続) →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。