イギリスの風
香港人のテレビっ子・チーたろうと、ちびすけとともに、のんびりイギリスで暮らしているへんじゃの日記です。


プロフィール


へんじゃ

Author:へんじゃ
★ブログに時々登場する「チーママ」は義母、「チーパパ」は義父、「チー妹」は、チーたろうの妹のことです。

★コメントは承認制になっています。表示やお返事が遅くなることがあります・・・すみません。)

★内容の無断転載、また内容と関係のないコメントの書き込みはご遠慮ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ村に参加中です。よかったらこっちも押してみてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村



FC2カウンター




金魚




カレンダー


05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近の記事




最近のコメント




カテゴリー




フォトアルバム




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧




最近のトラックバック




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2009.05.23  スカートの風(続) <<00:39


続きを書くのが面倒になってきたのですが、こないだの「スカートの風」の続きです。

「スカートの風」の意味でもびっくりしましたが、もう一つ驚いたのは、結婚しない女性(男性)への韓国の風当たりの強さ。こっちは呉さんのかいた別の、「恋のすれ違い」韓国で独身を通すことの大変さを読んでいてつくづく感じました。独身で死ぬと、例えば女性は処女鬼神となってしまい、たたりが恐ろしいことになるので、残された親族はその供養が本当に大変なのだそう。(中国で朝鮮族の街に住んでいたときも適齢期を過ぎて独身でいる人たちへの圧力をよく目の当たりにしていたけれど、、ここまで大変な問題だったとは!)

中国で仕事していたとき、酔った朝鮮族の同僚に、独身を通している別の同僚について、
「40近くになって結婚しないのは、絶対どこかおかしいと思いますよ。本当に。」
と、酔った勢いで真顔でいろいろ話していたときの衝撃(中国とはいえ、大学の先生がいまだにそんな古い考え方をしているなんて、かなりショックだった)、

日本に留学した恋人がなかなか結婚してくれない、という26歳の朝鮮族の友人が、
「この年でまだお嫁にいけないから、みんなにどこかおかしいといわれるの」
と泣きながら話していたのを聞いたときの衝撃、
(結局その後、留学生として中国に来ていた韓国人の熱心なプロポーズに負けて結婚)

きっとこれは全部、こういう独身の人たちへの圧力があったんだろうなと納得しました。

ほかにも、呉さんの本を読んで、いろいろ考えさせられました。
呉さんは日本での執筆活動のせいで、韓国に入国禁止措置をとられたそうです。
日本だったら、自国について(うそではなく)いろいろ批判して、そんな措置をとられることはないですよね。うちの大学にいた韓国人が、「韓国は日本より女性の地位が高い(ある意味ではそうかも?)」と強調していたことをふと思い出しながら、韓国ではまだまだ、言論の自由がないのでしょうね。

日本人でよかったかも。
なんだか支離滅裂な文になってきたけれど、よかったら呉さんの本、読んでみてください。
スポンサーサイト


No.143 / 読書 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

← 風水ガーデン? / Home / スカートの風 →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。