イギリスの風
香港人のテレビっ子・チーたろうと、ちびすけとともに、のんびりイギリスで暮らしているへんじゃの日記です。


プロフィール


へんじゃ

Author:へんじゃ
★ブログに時々登場する「チーママ」は義母、「チーパパ」は義父、「チー妹」は、チーたろうの妹のことです。

★コメントは承認制になっています。表示やお返事が遅くなることがあります・・・すみません。)

★内容の無断転載、また内容と関係のないコメントの書き込みはご遠慮ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ村に参加中です。よかったらこっちも押してみてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村



FC2カウンター




金魚




カレンダー


05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近の記事




最近のコメント




カテゴリー




フォトアルバム




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧




最近のトラックバック




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2009.05.06  今日は・・・ <<18:08


ここのところすごく忙しかったので、仕事場に近い(地下鉄で3駅!!)チーたろう実家に居候していました。


疲れて帰ったらチーママたちがおいしい晩御飯を作って待っていてくれる・・・


・・・とよかったのですがあいにくチーママたちは旅行中、ご飯作る元気なかったので、外食続き、にきびがいっぱいです。でも何とかその一週間ももうすぐ終わり。今日は久しぶりに我が家に帰ってきました。自分のうちがやっぱり一番です。


私も忙しかったですが、学生たちも試験週間に入ってなんだか大変そうです。春休みの後は試験周囲間が始まるのですが、春休み中オフィスに来たら、ほかのイギリスの大学もそうかわからないけれど、休み中使われない小さな教室に泊り込んで勉強している学生がいたくらい。4人しか入れない語学用の小さな教室に、化粧品や洗面用具、毛布が散乱していたので不思議に思っていたら、警備員に「ここに泊まったらだめだ!」と学生が追い出されていました。

図書館も24時間オープン、図書館から出ないで一日過ごせるように、去年は中にカフェもできました。図書館のトイレに洗面用具をおかないこと、洗髪しないように注意が出るくらい、図書館にこもって勉強している学生もいるくらいです。日本の大学とはずいぶん違うなと思います。

さて、そんな学生たちがぴりぴりしているキャンパスが、おとといは花で飾られていて、芝生の上には巨大テントが張られていて、なんだろうと思ったら、大学院の卒業式でした。

イギリスの大学の卒業式は、日本と違ってまた独特の雰囲気があるような気がします。実際に式に参列したことはたった一度だけ、オクスフォード大学の卒業式だけですが(式はすべてラテン語で進められるので何がなんだかさっぱりわからなかった・・・)、日本に比べて卒業式は本当に大切な行事みたいです。日本と違うのは、卒業生の家族が参列する、両親(そして兄弟も来ている家が多い)にとっても晴れの舞台だということ。大学の進学率が低いイギリスだから、両親にとっては大学の卒業式は本当にうれしい日なのかもしれません。

(ちなみにオクスフォード大学では、卒業式は非常に大切な行事なので、必ず式には出なくてはいけないらしく、一年中卒業式が開かれています。卒業生やその家族の都合のいい日が選べるみたい。私が参列したのはチーたろうの友だちの卒業式、彼の学部では、大学を出て、専門と同じ業種で何年か働くと、修士号がもらえるそう! いいなぁ・・・。それだったら私だって日本語教育の修士もらえてもいいはずだ・・・!)

そして卒業生は、漫画に出てくる博士がかぶっているような帽子と、変なフードつきマントを着ます。学部によって違うので、一目で何の学部かわかるようになっています。(古い習慣がいろいろ残っているオクスフォードでは、試験を受けるときや、寮で晩御飯を食べるときもこのコートを着なければならない)

フードつきマントを着てうれしそうな卒業生と、華やかなスーツ姿の家族たちであふれているキャンパスを歩きながら、こんなに一生懸命勉強しているんだから、卒業できる嬉しさは、日本の大学生の比ではないだろうなぁとつくづく感じました。


でも、今年の卒業生たちは大変です...。
卒業式の翌日、芝生の上のテントは、「大学院生のためのキャリア・フェア」の会場になっていました。
寝る間も惜しんで勉強してやっと大学を出た卒業生のみんなに、明るい未来が待っているといいのですが・・・



PS: ひとつ皆さんにお詫びが・・・

寝ぼけてブログをあけたとき、うっかり、過去の、みなさんからのコメントを全部消してしまいました!!! ごめんなさい・・・!
スポンサーサイト


No.138 / イギリスつれづれ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

← 庭の近況とスプラウティング・ブロッコリー / Home / Tea Tasting →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。