イギリスの風
香港人のテレビっ子・チーたろうと、ちびすけとともに、のんびりイギリスで暮らしているへんじゃの日記です。


プロフィール


へんじゃ

Author:へんじゃ
★ブログに時々登場する「チーママ」は義母、「チーパパ」は義父、「チー妹」は、チーたろうの妹のことです。

★コメントは承認制になっています。表示やお返事が遅くなることがあります・・・すみません。)

★内容の無断転載、また内容と関係のないコメントの書き込みはご遠慮ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ村に参加中です。よかったらこっちも押してみてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村



FC2カウンター




金魚




カレンダー


11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


最近の記事




最近のコメント




カテゴリー




フォトアルバム




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧




最近のトラックバック




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2011.12.30  あっという間に <<23:48


あっという間にクリスマスが終わってしまいました…
あまり準備期間がなかったので大したことできなかったし特にこれということはしなかったけど、普段なかなか会えない友達に会ったり、それなりに有意義なクリスマスでした。来年はちびすけの物心もついているかもしれないから、もっとちゃんと祝わないと…

さて、今日は久しぶりに中国人ママ友Lに再開。
彼女が仕事に戻ってからなかなか会えなかったので嬉しい再会。
彼女の友達、Rさんとも一緒にお茶してきました。
このお友達もご近所さん。広東語スピーカーらしいし話も合って、またママ友の輪がひろがりそうです。

Rさんは一人目の女の子はもうすぐ小学校、二人目妊娠中だったのだけど、話していて、どうやら上の女の子は、最近まで、中国のおじいちゃん、おばあちゃんに預けてイギリスで働いていたらしいことがわかりました。中国ではよくあることですが。(日本でも昔はよくあったのかな? がばいおばあちゃんみたいに?)二人目が生まれたらまた子供二人を中国に残して仕事しようかと思ったけれど、上の子は大きくなったし、親に捨てられた様な気になったら大変だから、イギリスで一緒に暮らしたほうがいいと思ってパートタイムに戻ったというR。主婦している私と、0歳児時代から保育園に子供を預けて仕事しているLと、国に子供を残して中国で働いていたR。ふと、不思議な組み合わせだなぁと思いました。

そういえば、中国系の知り合いの一人は、仕事が忙しくて子育てにあまり時間が割けないようで、子供は全寮制の小学校へ入れようかと話しています。(イギリスには全寮制の小学校もある!) 

ちなみに、上にあげた三人は三人とも、経済的には主婦でも全然OKな人たち。家にこもって主婦なんて、まっぴら、っていうタイプかなぁ。

私の場合、仕事辞めるのに全く未練はなかったし、戻ったところで保育料のその他の経費ほうが高くつきそうだし、だんだん少なくなってきた貯金のことも頭をよぎるけど、(仕事してた時は使う暇なくてたまったお金だけど、減ってくのは早いー!)ちびすけに手がかからなくなるまでは仕事に戻るよりは節約してやりくりするほうがずっと幸せなんだけど、そんな彼女たちに仕事に戻らないのかと聞かれるとちょびっと複雑な気持ちになります。

そしてこんな考え方のまちまちの私たちが仲良くお茶しているのも、なんか不思議だなぁー! 





スポンサーサイト


No.491 / イギリスつれづれ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2011.12.22  クリスマスホリデー、スタート <<22:13


我が家のクリスマスホリデーがスタートしました。
今年はクリスマスが日曜なので、27日までの四連休ですが、ちーたろうの会社は23日を会社の休日としたので、5連休です。クリスマスは25日、そして確か26日もスーパーが休みなので、今日は27日までの食料を買い出ししに行ってきました。24時間営業の大型スーパーへ朝早く行ったのに、すごい人でした。中国語で、すごい人ごみを「人海」というけど、その言葉を思い出しました。

あ、でもイギリスの人海なんて、中国の人海のすさまじさにはとてもかなわないですけどね!


帰り道にちびすけはお昼寝を始めたので、帰宅後ちびすけの目が覚めるまでチーたろうが車に残っていたのですが、のぞいてみるとチーたろうも一緒にすやすや。ちびすけが目を覚ましてから家に入っておひるごはんとなったのですが、おひるごはん後チーたろう、「眠い」とベッドに… そして起きてきたのは夕方の4時半。そして寝足りないとなんと夜も早々にベッドへ。さすがに眠れないのかぷりぷりしています。

休暇一日目からそんなチーたろうだけれど、クリスマスディナーは自分が担当すると張り切っています。 
今年のメインはチキンだそう。どんなディナーになるのかな。

伝統的なイギリスのクリスマスのディナーは、ローストした七面鳥に、ローストしたポテトやパースニップ(白い人参のような野菜)、人参、ゆでた芽キャベツなど。

チーたろうもチキンに添える野菜は上のようなものにするみたい。
で、かってきました、芽キャベツ。
今年はこんな感じで売られていて、おもしろかったので写真に撮ってみました。



これで1ポンド。
ちびすけと三人で、3-4回くらい食べられそうな量です。

この時期、芽キャベツはやすいので時々買いますが、実はあまり人気のない、嫌いだという人の多い野菜です。
イギリス人は、ゆでてバターや塩コショウをかけて食べたり、玉ねぎやベーコンと一緒に炒めて食べるようです。
どうやったらおいしく食べられるかが議論される程の芽キャベツですが、今年はおいしそうなレシピを見つけたとチーたろう張り切っています。なんでも、キャベツのように一枚ずつむいて料理するといいのだそう。

私が料理するわけじゃないからいいけど、めんどくさそー! 
手伝えとか、きっと言い出すんじゃないかなとそんな予感がします。

一日目はこんな感じで終わってしまった我が家だけど、明日はロンドン・ハイドパークの、ウインターワンダーランドへ行ってきます。

・・・ちびすけは風邪気味だし(確か去年もそうだったな…)、チーたろうは頭が重いとか言っているの行けるかどうかで不安なのですが。

みなさんも、楽しいクリスマスを!!


No.488 / イギリスつれづれ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2011.12.18  イギリス一の公立小学校 <<23:17


テレビで、イギリス1の成績を誇る公立の小学校についてのニュースをやってました。
なんと、隣町の小学校みたい。
この辺で一番の公立小学校だということはしっていたけど、イギリスで一番だったとは! 

この地域の学校らしく、どうやらこの学校、児童の多く(60パーセント以上)の母語が、英語以外の言語みたい。児童のほとんどが、アジア系のマイノリティーだって。そんな学校が、イギリス1の成績をほこることになるなんて、すごいなぁと思いました。

校長先生が出てきてインタビューを受けていたのをちらっと聞きました。
アジア系の女性校長で、自分が子供のころ、学校に有色人種である生徒は自分だけで、学校中の子供たちが、褐色の肌を持つ子ってどんな感じなのか見に来たことなど、自分が小学生だった時の経験を交えながら学校の教育方針を熱く語っていたのですが、なんだかキラキラしていました。うちはこの学校から遠いし、大人気の学校だからちびすけがこの学校に入るのは無理だと思うけど、こんな感じで生き生きとして魅力的な校長先生のいる学校に入れてあげることができたらいいだろうなぁとインタビュー見て思いました。

ところで、今日お邪魔した友達家族も、いい学校を求めて引越しをしてあの町にたどり着きました。
彼女たちのエリアは、白人オンリー地域。
行ってみて、自分たちの住んでいるとことは全く雰囲気の違う世界で、「有色人種がいない!」なんて思ってみていたんですが、同じイギリス育ちでも、こういう白人の町で育つのと、いろんな人種がごちゃまぜの町で育つのとでは、ずいぶん人格形成にいろんな影響が出るだろうなぁとふと思いました。

せっかく人種のるつぼにいるのだから、ちびすけにはいろんな人にであって成長してほしいなぁと思います。
そう思うと、あんまりきれいでもおしゃれでもないけど、今いる町のほうがうちにはあっているのかなぁ…




No.487 / イギリスつれづれ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2011.12.18  プレゼント、プレゼント <<22:54


今日は遠出して香港人友人宅のHouse Warming Party へ。(転居祝い?) 
車でロンドンまで出て、そっから電車で行ったのですが(ちびすけ大興奮)、途中で宮殿の衛兵交代の騎馬隊の行進が道路を占領していたり、歩いて駅に向かう途中、ビッグベンやウエストミンスター寺院の前を通ったりと、なんだか素敵なロンドン生活10年目のスタート、って感じになりました。昨日はロンドン中心へこれなかったけど久しぶりに見るロンドンの中心はクリスマスデコレーションでいっぱいで、とってもきれいでした!

さて、友人の新居は、ロンドン南部の静かな住宅地にある、とってもきれいで広ーいうちでした。
おもちゃがたくさんで、お友達もたくさんで、ちびすけ大興奮。
そして、久しぶりに会ったみんなからちびすけへとクリスマスプレゼントももらって、帰りは荷物でいっぱい。
友達のおうちも、クリスマスツリーの下には友達や親戚からのプレゼントがたくさん並んでいて、そして今日のゲストからもたくさんプレゼントをもらって、なんだかすごいことになっていました。

イギリスでは、クリスマスのプレゼントはクリスマスツリーの下に並べておいて、たしかクリスマスの日に開けてみるのが普通です。

でも我が家、この間の日記に書いたようにツリーまだ買ってません。
とりあえず、クリスマスの日までちびすけの手の届かないテーブルの上に置いといて、日本式に、イブの夜にちびすけの部屋の枕元に置いておこうかなと思います。

去年は買い物する気になれなかったし、今年は買っても、すぐひっくり返されそうだと思って買わなかったけど、来年はちびすけの物心もつくから、クリスマスツリー買わないとなぁと、友達の家にそびえる大きなツリーを見て思いました。あ、今年中に、セールで買っておこうっと…

それにしても。
友達家族からからもらったクリスマスプレゼントだけで、結構な数になってるちびすけ、何とも幸せ者ですなぁ! でも、イギリス人だったらこれにさらに、親戚からもらうプレゼントが加わるわけで、ほんとすごい量だろうなと思います。日本人の、新年の学校でのお年玉の額競争みたいに、イギリスでは、クリスマスプレゼントの数比べとかするのかな。

ちびすけはきっとうれしいだろうけど、イギリスではクリスマスにはたくさんプレゼントを準備しないといけないので、準備役の私は大変です。

次はお正月のお年玉、

そして次は中国の春節のお年玉が待っています。


祝い事が多くてちびすけは嬉しいだろうけど、こっちは三倍お祝いを準備しなくちゃいけないから、これからの時期、たいへんでーす!!


No.486 / イギリスつれづれ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2011.12.10  ツリー登場! <<22:21


日本はまだまだ秋だったけど、こっちは冬! 
今日は最高気温が6度、最低が-2度だったとか。
今朝はかちこちに凍りついた車の氷を溶かしてお出かけしました。

そんな寒さの中、わが町では、メインストリートでカーニバルが開かれました。
こんなかんじ(→クリック)で、さびれつつある(?)町の活性化でしょうか。午後3時から6時まで。
なんと、わが町のメインストリートにもクリスマスツリーが立つと聞いて、見に行かなくてはと言ってきました。

今のイギリスの午後3時は、日が沈んで薄暗くなる時間帯です。 
夕焼けがとってもきれいでした。

IMGP7652_convert_20111211071347.jpg


一日中朝のように光の弱い太陽が沈んでいく、そんなイギリスの冬の夕焼けは、本当にきれいで、いつも見とれてしまいます。

で、カーニバル。大したことはやってなかったけど、メインストリートのお店が、コーヒーや紅茶、ミュールドワインやお菓子を無料でふるまっているのをはしごして、ストリート・パフォーマーが子供たちに風船細工をプレゼントしているのを眺め、地元のコーラスグループのコーラスを聞き、サンタのテントでサンタさんと記念撮影して帰りました。サンタさんは、ミュールドワインののみすぎじゃないかと思うほどハイテンションになっているインド人の女の子でした。去年はサンタに大泣きしたちびすけですが、かわいい女の子サンタだったからか、無表情ながらも静かに反応していました。

なんとサンタからは無料でプレゼントが。
こんなに大サービスで、大丈夫なんでしょうか、わが町の商店街。
でも、さびれていた町にも、偽物花屋効果でしょうか、留守にしていた一か月半のうちに、インド系チャリティーショップ(中古のサリーが並んでいる)や、レストラン、グリーティングカードショップなどがいろいろオープンしていて、ちょっとうれしくなりました。

うちのまちには今年初めて(?)ツリーが登場したのですが、ショッピングセンターのある隣町は、今年のツリーは小さ目らしく、代わりに、インドのお祭り、Diwaliのデコレーションがどかんと飾られているみたいです。

さて。真っ暗になった道を家に引き返すと、途中でまぶしいほどきれいなお月様。今日は満月なのかな?皆既日食がみられるところもあったみたいだけど、日本もそうなのかな? 4時過ぎだけどすっかり暗いせいか、時差ボケのせいか、ちびすけは眠りに落ち、月明かりの中ゆっくり家に帰りました。

ただそれだけの午後だったけど、久しぶりにイギリスらしいゆったりとした時間を過ごした午後でした。


No.484 / イギリスつれづれ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2011.12.09  紅葉の日本とクリスマスのイギリス <<23:14


午後四時過ぎ、日が暮れてすでに真っ暗なイギリスにもどりました。
2,3度ひっかかれたけど、よく寝てくれていたし、4帰りはチー太郎と一緒だったので、ちびすけと一緒のロングフライトもあっけなく終わりました。日本を発つ飛行機の窓から本当にきれいな紅葉が見えて、もう12月なのになーとびっくり。もうすぐクリスマスって気分じゃないなぁと思っていたけど、暗く寒いロンドンにつくとすっかり冬で、あぁ、やっぱりこっちはクリスマスだったなぁ、なんて感じました。

スパイスの香りがただようヒースロー空港で、どうしてイギリスのクリスマスと日本のクリスマスではこんなに雰囲気が違うんだろうと思ったら、照明のせいかなぁ。イギリスは日本のように蛍光灯で明々と照らす照明ではなく、ほとんどの場所で間接照明だったりの薄暗い夜があるので、クリスマスイルミネーションがよく映えます。そして、四時過ぎには真っ暗になるので、きらびやかなイルミネーションが本当にきれいに見えます。

イルミネーションといえば、私の住む小さな町、今年はイルミネーションだけじゃなくツリーも登場、さらに今週まつはカーニバル(???)のようなものもあるみたいです。さび行く商店街の活性化、ってやつでしょうか。そういえば、隣町は、今年町に飾られたツリーは小さいみたいですが(不景気のため?)、代わりに、Diwaliというインド人のお祭りの巨大な飾りが商店街に飾られているそう。インド化が進むわが地域らしいなぁと思いました。

さて、それにしても眠い。時差ボケで、毎日ちびすけのねかしつけをしながらうとうと、チーたろうの帰宅で目覚める、という毎日です。今日はさらに、ちびすけが10時ごろ目を覚ましたので、おっぱいあげながらまたうとうと・・・一時間ほど転寝してしまいました。(おかげでちょっとブログする元気が出た…)そんな状況なので、家事も、荷ほどきもなかなかはかどりません。日本でリフレッシュして、寝不足と疲れはとれたんですが… ぼちぼち頑張ろうと思います。




No.483 / イギリスつれづれ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。