イギリスの風
香港人のテレビっ子・チーたろうと、ちびすけとともに、のんびりイギリスで暮らしているへんじゃの日記です。


プロフィール


へんじゃ

Author:へんじゃ
★ブログに時々登場する「チーママ」は義母、「チーパパ」は義父、「チー妹」は、チーたろうの妹のことです。

★コメントは承認制になっています。表示やお返事が遅くなることがあります・・・すみません。)

★内容の無断転載、また内容と関係のないコメントの書き込みはご遠慮ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ村に参加中です。よかったらこっちも押してみてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村



FC2カウンター




金魚




カレンダー


09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最近の記事




最近のコメント




カテゴリー




フォトアルバム




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧




最近のトラックバック




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2011.10.23  おいしいマスのレシピ! <<21:57


ついに日本行きの日がやってきました! 
あっという間でした・・・・
準備何とかできたけど、結局お土産買いにロンドンへ出る暇がなく・・・
また今回も適当に近所のお店で買い揃えました。
毎回もっとましなものを買おうと思うんですが、気がつくとスーパーや近所の店で、ついつい買ってしまい、またくだらないものばかりで反省。
あとは、無事日本につけるよう、祈るばかりです。

昨日は二時間おきに起きて泣いたちびすけも、今日はぐっすり寝ている様子! 
(今日はたくさんかまれたので、やっぱり歯が痛かったのかな?)
この調子で、明日も飛行機で寝てくれるといいなぁ。

さて、今日はこんなことのためにブログ更新しているわけではなくて、お勧めレシピの紹介です。
イギリスの魚には、あおまり食べたくなる魚がない私ですが、日本よりずっとおいしい魚も実はあって、やっぱり一番おいしいのはサーモン。
おすしでも、イギリスではサーモンだけは日本の寿司よりおいしいかもって思ったりします。
近所のスーパーでも、お刺身にしたくなるきれいな新鮮そうなサーモンが売ってあることも。

他においしいのは、マス。これも、養殖が多いせいか、新鮮なものが多いです! 
マスって日本では食べたことがなかったので(たぶん)、初めはどうやって食べるか悩んだんですが、オーブンでやいたり、蒸したりして食べています。

そんなマス料理のレシピ中で、一番お勧めなのが、Delia Smithの中華風蒸しマス料理レシピ!! 
チーたろうが作ってくれたのですが、絶品でした!


レシピは こちら

香港人は、魚は蒸して食べることが多くて、魚にたっぷり醤油と油をかけ、しょうがとねぎを載せて蒸す料理が多いんですが、マスはDeliaのやり方で蒸して食べると、ほんとにおいしいです!


Deliaは、イギリスですごく有名な料理家です。
大のサッカーファンだということ、How to cheatという、手抜き料理レシピ本を出して大きな話題を読んだ料理家です。(日本だったら手抜きレシピなんてどこにでもあるような気がするけど、イギリスでは、手抜き料理は料理とはいえないみたい?) 

おいしいので、だまされたと思って、作ってみてください!
スポンサーサイト


No.480 / グルメ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2011.10.09  Harrow の Johnny <<20:07



突発性発疹が治ったちびすけ、今日も元気いっぱいでした。
ただ、熱が出てからずっと便秘気味で、催すと大泣きするし、なんとなくご機嫌斜めだったんですが、今日はすっきり出て、お通じもなんだか元通りになったようで、さらにパワーアップ。夕飯の時間にはもうこっちがへとへとでした!

体調が悪かったときのちびすけは、なかなか寝てくれなかったうえ、添い寝してあげないと寝てくれなかった&寝たと思ってちびすけをベビーベッドに移すと号泣、という感じで、毎晩一時間以上寝かしつけにかかっていたのですが、体調回復につれ少しずつ楽になってきて、ついに今日はあっけなく眠りに落ちました。(明日もそうだといいな。)家事を済ませてメールの返事して、テレビを見てもまだ9時半! これから何しようかな??


アイロンかけがたまっていると悪魔のささやきが聞こえるけど、そんな秋の夜長(そう、寒くなりました。昨日は。今日はまた暖かくなって、明日は25度まであがるそうですが!)ひさしぶりにイギリスのX-Factorというオーディション番組を見てみました。(レオナ・ルイスを生んだ番組です。)まったく興味が無くなってみてなかったんですが(以前はチーたろうの家族がファンだったのでなんとなく見ていた)、今年はうちの近くに住んでる人が出ているようで、それならば、と。

近くに住んでいる人というのはJohnny Robinsonという人です。

どんな人かな、どんな歌を歌うのかなーと思ってみてみたんですが、ぶっ飛んでしまいました。

どうやら、今年のSuBo(スーザン・ボイル)と呼ばれているようです!

動画埋め込みできなかったんですが、第一回のオーディションでの彼のパフォーマンスはこちら

昨日のパフォーマンスはこちら

どうやら今週も勝ち残ったようです。
来週のパフォーマンスが楽しみです! 


No.478 / テレビっ子 / Comment*2 / TB*0 // PageTop▲

2011.10.07  ガーデンパワー <<21:29


日本に帰ることが決まって、いろんな人に、飛行機の中でちびすけに見せるために、携帯用DVD機を持っていくといいとアドバイスしてもらいました。車での移動中は子どもにDVDを見せてると言う人も結構いて、驚きました。携帯DVDは子育てに必須になっているのかな。

テレビって子育てのツールの一つになっているみたいで、子どもをおとなしくさせたり、家事をしている間の子どもの相手に使っている人が多いみたいです。うちは、ちびすけにチーたろうのようなテレビっ子になって欲しくないのでまだほとんどテレビを見せていないのですが(チーたろうが見ているサッカーをちらちら見ているくらい)、たまにつけると飛んできてみているので、やっぱりちびすけをおとなしくさせるには、役に立つものなのかなぁと思います。ただ、ちびすけの場合、テレビがついてるとまずリモコンを欲しがって、リモコンでぱちぱち遊び始め、テレビの前に放置しておくとテレビの画面をばしばしたたき出すので、危なくてテレビは見せられません。

・・・というと、テレビ派の人から、テレビなしでどうやって子育てをするのかとよく聞かれます。
おとなしくさせたり、落ち着かせたり、気をそらすのにどうするのかと。
どうしているのかなぁと考えたら、そんなときうちはちびすけと庭に出ていることに気づきました。

庭に出るととたんに泣きやむし、寝なくて困ってるときも外に出るとちびすけ、すぐ眠たくなるみたい。庭、というか、外の力ってすごいなぁと思います。

家で退屈そうにしているときも、外へ行くよ、と靴を準備するとちびすけの目が輝くし、時々自分で庭のドアのところへかけていって、外へ行きたいと騒ぎ出すこともあります。外に出ると、いろんな音が聞こえるし、いろんなものが見えるし、においもするし、ちびすけ、ほんとに楽しそうです。

そんなちびすけを見ていてふと思い出したのが、原発に近いとこに住んでいる子どもたち。外で遊べないなんて、すごくストレスがたまるだろうなと。そして、そんな中で子育てしているお母さんたちも、大変だろうなって。公園に散歩に行って、公園で遊んでいるときの楽しそうなちびすけをみてると、そして、子どものとき、近所のいろんな公園につれてってもらったのが楽しかった自分の子ども時代を思い出すと(海の見える山(丘だったかも?)の上とか、巨大滑り台のある公園とかに行くときはとても嬉しかった!)、外で遊べない生活って、本当につらいだろうなぁって思います。




No.477 / ちびすけの話 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2011.10.06  イギリスのスクワッター <<21:48


少し前に、イギリスのスクワッターの話がニュースになっていました。
スクワッターとは、無断居住者のこと。
家の持ち主が留守の間にその家に侵入して住み着いてしまった人たちのこと。
イギリスには結構いるみたい!

こないだニュースを騒がせていたのは、出産を控えたカップルが、子どもと一緒に住めるような家を購入、いざ入居しようと思ったらその家に無断居住者の一家が住み着いていたというニュース。

この家は私のだからさっさと出て行けと追い出せばいいと思ったら、イギリスでは、無断居住は法律違反ではないうえ、持ち主のほうが、

「お願いだから出て行ってください」

と懇願する羽目になるそう!

この間のケースでも、持ち主のカップルが、

「赤ちゃんがもうすぐ生まれるし、このままではストレスで赤ちゃんに影響が出るかもしれない」

と懇願して、スクワッターのほうが、

「赤ちゃんがかわいそうだから、退去してあげる」

なんていって家を出て行ったそうです。

出て行った後もたしか、彼らが家の中に残していった汚い服とか、ベッドのマットとか、勝手に捨てると法律違反になるとかで、カップルは困っていました。

何でこんなへんなことがいまだにまだ合法なのかすんごく不思議です。
だからかな、イギリスでは長い間家を留守にする場合、人に貸して誰かに住んでもらうことが多いです。 安全対策として。

あ、面白いのは、無断居住者のための手引きのホームページもあるってこと。

こちら

早くこういうへんなこと禁止する法律、作って欲しいなぁって思います。


No.476 / イギリスつれづれ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2011.10.02  ブッダとイエスと江戸時代 <<20:28


週末のイギリスどんどんヒートアップ、真夏の暑さになりました。
気温とともにちびすけの体温も上昇。
別の赤ちゃんたちが何度も熱で倒れている中、今まで熱らしい熱を出したことの無かったちびすけ、どっかおかしいんじゃないかと思ったり、ひょっとして、熱出してるのに気づいてなかったのかなとか、ちっちゃ病気なしで過ごしていたら、いつか突然すごい病気になるんじゃないかとか思ったりしていたのですが、ついに初めての発熱。

金曜の夜中、ちびすけが起きたので触ったら熱かったのでびっくり。いきなり39℃台が出ました。
とりあえず、こちらでは、発熱にも、teethingにも、鎮痛剤としても使われる万能薬のような存在、Calpolを飲ませて寝かせたんですが、飲んでも37-38度台、薬が切れるとまたぴゅ-っと体温上昇。でも体温以外はけろっとなんともなくて、土曜日はご飯も食べたし、走り回っていたんですが、日曜の今日はさすがにしんどくなってきたのかとてもおとなしくなってしまい、そんなわけでせっかくの暑い秋(?)の週末も、家ごもりでした・・・


おかげで、図書館で借りたままになっていた日本語の本、たくさん読めました。
読んだ中で印象に残った本のひとつは、「大江戸生活事情」という本。

江戸時代って、鎖国をしていたから西洋に比べて遅れていたような感じがしていたけど、その本を読んでみて、江戸の暮らしは決して世界に恥じるものではないんだなぁとびっくり。たとえば医術。蘭学で伝わった医術は、日本よりすごく進んでいたのだろうと思っていたのだけど、実際は、解剖学のような分野は確かに西洋のほうが進んでいたみたいだけれど、それ以外は西洋医学もたいしたことはなくて、衛生観念もなく、手術と言ってもむちゃくちゃなことをしていたみたいです。それに比べたら、漢方のほうが、ずっと有効だったかもしれないとあって、なるほどなぁと納得。西洋医学が進歩したのは、20世紀に入って、ペニシリンとかいろんなものが出てきてからみたいです。ちょっとドラマ、「仁」の世界を思い出しました。

他にも、考えてみると、西洋の贅沢な暮らしは奴隷貿易が裏にあったことを考えると、日本のお城にたいしたぜいたく品が無かったとしても、質素な武士の作り上げた平和な江戸時代は、とてもすばらしい時代だったような気がしてきました。近代日本の戦争は、欧米を真似はじめてから起こった、おろかなことだったと考えると、輝かしい夜明けのように感じていた明治維新は、実はいわれるほどすばらしい維新ではなかったのかなぁって、そんな気もしてきました。

もう一冊印象に残ったのは、「ブッダの生涯」という本。

この本を図書館で目にしたとき、考えてみると、イエスの生涯ってなんとなく知っているけれど、ブッダの生涯も、仏教がどういう宗教なのかも、まったく知識がないことに気づいて手にとったのですが、これでこっちの人に仏教について聞かれても、少しは話せそうです。以前聖書をとっと読んでみたことがあって、なんとなく、キリスト教って戦う宗教のような印象を受けたんですが、仏教のほうが穏やかな感じ。あと、仏教はやっぱり日本人の考え方にいろんな影響を与えているんだなぁ~って思いました。やっぱり、すごい人だったんだろうだなとも。そしてまた、仏教というのは、ちょっと読んだだけじゃ足りないすごく深いものだと言うことがわかったので(当たり前か!) また機会があったら、今度は仏教についてかかれたものを読んでみると、自分のためにもよさそうだなと思いました。私は無宗教だけど、得るものがたくさんありそうです。

・・・と、夏のような暑い週末を、読書の秋として過ごしました。

で、月曜。しゅーっと気温が下がっていくのとともに、ちびすけの体温も急降下。
いったいなんだったんだろうと思ったら、ちびすけの体にいっぱい湿疹が。

「突発性湿疹」だったみたいです。

突発性湿疹、日本人と違って、イギリス人はあまり発症しないそうです。
心配して病院まで行ったけど、ママ友の話では、ほっとけば治るそうです。
治ってよかったけど、すんごい甘えん坊になってしまって、大変です。
たぶん、体力がまだ完全に回復してないからかもしれないけど、すぐにだっことおっぱいをせがまれます! 
早く元気になっておくれ!



さて、ちびすけの熱も下がり、イギリスはすっかり秋です。
たった数日で、夏から木の葉舞う季節に逆戻り。
今日はドライブしていたら街路樹からたくさんどんぐりやらコンカーズ(マロニエの実)がゴンゴン落ちてきてびっくりしました。今週末のイギリスは寒い地方では積雪があるかも知れないんだそうです。
なんかすごい天気ですよね! 今年の冬はどうなるのかなぁ・・・!?


No.475 / 読書 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。