イギリスの風
香港人のテレビっ子・チーたろうと、ちびすけとともに、のんびりイギリスで暮らしているへんじゃの日記です。


プロフィール


へんじゃ

Author:へんじゃ
★ブログに時々登場する「チーママ」は義母、「チーパパ」は義父、「チー妹」は、チーたろうの妹のことです。

★コメントは承認制になっています。表示やお返事が遅くなることがあります・・・すみません。)

★内容の無断転載、また内容と関係のないコメントの書き込みはご遠慮ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ村に参加中です。よかったらこっちも押してみてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村



FC2カウンター




金魚




カレンダー


05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最近の記事




最近のコメント




カテゴリー




フォトアルバム




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧




最近のトラックバック




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2011.06.30  いってきます!  <<21:26


ちー妹も到着して一週間、ちーたろうの家族との生活も折り返し地点に。彼らの滞在中に、父の日、それからちーたろうにちー妹、ちーママ、そしてちびすけと、4人分の誕生日と祝い事の嵐があるのですがその3/5が終了。ふぅー! 

ここらで一息、ということで、みんなでノルウェーにフィヨルド見に行ってきます。
ちびすけ初海外&船の旅です。

初めはTeethingで吠えていたちびすけにおっかなびっくりだったちーたろう家族もちびすけの取り扱いにだいぶ慣れて、寝かしつけもできるようになりました(いや、偶然かな?)。喜んでちびすけを見てくれるそうだし、船内でのんびりできるといいなぁと思っています。
(できるかな・・・) 

どんな旅になることやら、また帰ったらご報告しますね! 
とりあえず行ってきます!
スポンサーサイト


No.452 / / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2011.06.23  じじばばパワー <<20:34


チーたろう両親が到着して一週間がすぎました。
まぁいろいろあるけれど、適当に分からないふり(?)したりして何とかやっています。
楽になったところもあれば、大変なこともあり、 
とくに食にうるさい年配の香港人ということで食事関係がなかなか難しく、しかも思ったより2人が家にいることが多いので、ちびすけぶんと家族分と準備するので、忙しいです。

冷凍とかレトルト品はタブーだし、レタスやトマトも加熱しないと食べられないし、中華(香港)料理しか食べないので、日本人の私が香港人たちに香港料理を振舞うと言う不思議な図になっています。 
でも、意外とあまりうるさく言われないし、いろいろ気を使ってくれているし、一週間たってお互いにだいぶなれて落着いてきました。

はじめは2人にみつめられるとおお泣きしたちびすけも、一生懸命遊んでくれる2人が大好き。
特にちーパパをみるときゃあきゃあ言って喜んでいます。

しっかり遊んでもらえるので、お昼寝もぐっすり。(夜はいまだに1-2回起きますが)
ほっとくと起きないので時間になると起こしています。

うれしいことに2人に一生懸命話しかけてもらえるせいか、ちびすけのコミュニケーション能力が一気に上昇。
2人が来て数日でバイバイをしっかりマスター、指さしもはじまりました。
滞在中にはじめの(広東語の)言葉が出てくることを期待してがんばっているチーたろう両親ですが、
何せ発音できる音が

アグー

アガー

アブー

ブー 

グジュー 


くらいしかないのでとても無理でしょう!
それでも身振り手振りを交えて何か一生懸命に話しかけてくるようになりました。
何を言っているのかさっぱりですが、ジジババパワーはほんとにすごいですね!
 
2人が帰って、私とちびすけ二人の生活になったときちびすけはさびしくなるだろうなぁとおもいます。


2人が来て、楽できるかと思ったりしたのですがそれほどあまくはなく・・・。
前回の日記の後にちびすけのすんごいTeething(歯が生えてきて痛いこと)が来て離乳食を食べてくれtなくなったりと大変でした。

元気いっぱいのちびすけの相手をして、ぐったり疲れている二人を見ると、あまり彼らにばかりちびすけのお世話をおしつけはいけないなぁとおもいます。

さて、ばたばたしている理由の一つは、なぜかチーたろう両親が来ている今の時期に幼稚園探しをしているせいでもあります。一緒に近所の幼稚園の見学に行ったりしています。このことはまた後ほど詳しく。
(ってかけるかなぁ・・・)

今日も一軒行ってきました。
ちょうどちびすけのお昼寝の時間に。
車んなかで寝るかと思ったら、大好きなじいじ&ばあばと一緒だったので、お昼寝を拒否してがんばって起きていました。見学中はじいじの腕の中でぼんやりしていたちびすけ、帰って遊んでもらえると分かったとたんパワーアップ。でもやっぱり、早めに食べさせた晩御飯の時間にうとうとし始め(結局半分ほどしか食べられず・・・)、なんと、6時すぎには寝てしまいました・・・

ちびすけが寝たあと自分たちの晩御飯作って、食べて、家の中片付けて、ガーデニングして、おふろ入って、で、今こうしてブログを書いているんですが、まだ9時半です! (そしてまだ外はぼんやり明るい)


なんか今夜はとっても時間がゆっくりすぎているようなそんな気がします! 


No.451 / イギリスつれづれ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2011.06.16  ジジババ到着 <<20:51


ちーママ&ちーパパが到着しました。
つまりはちびすけのおじいちゃんおばあちゃんの到着です。
子育て観の違いでバトルになったりするのだろうかと思ったりしていたけど、意外と何事も無く・・・
(時差ぼけでそこまで気が回らないのか?) 
ちびすけのお守りをしてくれるので、とても助かっています。

食にうるさいので細かいですが、どうせがんばって作ってもお口に合わないかもと思ったら、もうご飯作りもも適当でプレッシャーがないし、今のところ大丈夫かな? (まだ二日目だけど)
ちびすけと遊ぶのが楽しいようで、ほかの事はどうでもよくなるのかな? 

昨日は緊張&興奮で、9時ごろまで眠いのに寝られなくてわんわん泣いていたちびすけでしたが、今日はご機嫌、いつもどおり7時過ぎにはすんなり寝てくれました。
このまま朝までぐっすり寝てくれそうです。

ちびすけを見てもらえたし、ちびすけもすぐ寝てくれたし、今日は少しネットサーフィンする余裕が。
Mixiにいろいろ足跡を付けてきました! 

あぁ、喜んで子守をしてくれる人がいるのって、ほんと楽ですねぇ!
ちびすけの取り扱いも笑っちゃうほどぎこちなかった二人も、だんだん慣れてきた様子です。

今日は雨が降ったり晴れたり、へんな天気でしたが、夏至が近づいてきたせいか、10時前の今もほんのり薄明るいです。きれいな夕日がさす中土砂降りの雨が降って、空にきれいな虹がかかっているのを見ながら、なんて楽な一日だったのだろう、とつくづく思いました。
ちびすけの三本目の歯が見えてきて、痛そうだし、いつまで続くかわからないけれど、とりあえず、この至福の時を楽しんでいます。


明日も楽できたら(できるのか?)、たまったメールにお返事しようっと。
で、時間があったらまた、たまったネタをUPしますね! 


No.450 / イギリスつれづれ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2011.06.12  サイバーバー! <<21:29


バタバタしているうちにあっという間に6月も半ばになってしまいました。
まだまだ先だと思っていたのに、水曜日にはちーママ&ちーパパが香港からやってきます。
3月ごろ新聞で目にしてから、「彼らが来るまでに、大英博物館でやっているアフガニスタンの特別展を見に行きたいなー」と思っていたのに、結局いけずじまい。(いろんな新聞で特別展の紹介を見て、アフガニスタンって、砂漠しかないような気がしていたのに、とても深い歴史と文化があるのかなと、興味がわいたんです。載っていた展示品の写真もとてもきれいでした)チーたろうには、彼らにちびすけを預けていけばいいといわれたのだけれど、行けるかなぁ・・・? 

特にするべき準備はないと思っていたのですが、ふと気がついてみると、いろんなものがぼろくなっていることに気づいて、慌てていろいろ買い換えました。買い物も、ちびすけのもの以外あまりしていなかったので、久しぶりにいろいろ買い物していたら、ついつい自分の買い物スイッチも入ってしまってたいへんです。(ちびすけのものは、ちーママたちが来たら何か買ってもらえるかもしれないと思うと、自分の買い物する余裕ができたのです!)でも、久々にいろいろ買い物して、なんだか気分もすっきりです。

あとは、ちーママたちにうまくちびすけのお世話をしてもらえて、いろいろのんびりできると嬉しいなぁと思っています。あと、ブログ更新の時間もできて、たまったネタを消費できるかも?

でもどうかな、今のちびすけはTeething(歯が生えてきた)できゃあきゃあ言っているし、9kg近い体で高速はいはいしているし、彼らの手に終えないということになって、結局みてもらえなかったりして?
 

ちーたろう両親の来英で、日本語優勢の我が家も、広東語の嵐が吹き荒れて、ちびすけの広東語も少しは伸びるといいなぁと思います。今のところ、ちびすけが理解できているかもしれない言葉は、


・おっぱい (おなかがすいていそうなときに言ってみると、反応がすごい)
・おいで (拍手と一緒に言ってみると、嬉しそうに高速はいはいでやってくるように。)
・ヨーグルト/バナナ (おやつタイムに言うと目が輝くことが)

・No!! (厳しく言って注意すると泣き出す・・・けど本当に分かっているのかな?) 
・自分の名前 (たまに気分のいいとき振り向く)

くらいで、このリストの中に広東語ゼロです。
(「もっと」、「ごはん」、「ねんね」、「ちっち」、「うんち」も刷り込み中ですが今のとこ反応なし)
SKYPEでも熱心に広東語で語りかけているちーたろう両親、滞在中にがんばって広東語を教えてくれると思うんですが、成果が楽しみです。

ちびすけには広東語、日本語、英語のトライリンガルになって欲しいなと思っているのですが(詳しくはまたいつかブログにUP死体と思っています)、どうなるかなぁ。私はちびすけに広東語を教えられないので、ちびすけには広東語の童謡を聞かせています。ちーママが買ってくれた広東語の童謡のCD、子供が歌っているのですが、声がとてもかわいくて気に入っています。香港で愛され歌い継がれている童謡って、やっぱり覚えやすくて私でも簡単に歌えるものが多いです。ということで、みなさんにもちょっと広東語の童謡をご紹介。

ちびすけが一番気に入っている広東語の童謡は、この歌。
「数字歌」です。



歌詞は、数字。

1・2・3、3・2・1、
1・2・3・4・5・6・7、
2・3・4,4・3・2・・・・


と、数字の羅列の歌詞なんですが、聞いているうちに自然に数字を覚えられます。
ご機嫌ナナメのちびすけに歌うとにっこりしてくれるし、カメラを構えて歌うと、にたーっと笑ってくれるので、とても便利な歌です。

気に入っているわけではないけれど、私の頭にこびりついてぐるぐる流れているのが、こちらの歌。



「洗白白」という歌で、

サイバーバー、サイバーバー

という歌詞が頭にこびりついて離れないんです。

サイバーバーの部分は、タイトルと同じ、「洗白白」と書きます。
真っ白になるまできれいに洗う、見たいな意味かな? 
歌詞が知りたくて検索してみました。

「きれいな子はみんな好きだけど、汚い子はみんなに嫌がられるから、きれいに洗おうねー!」

みたいなことが歌われている歌のようです。手を洗うとき、お風呂に入るとき、つい口ずさんでしまいます。


一つ意味がよく分からないところがあったので、チーたろうに聞いてみたら、

「漢字が読めない」

だって!!
子どもの童謡の漢字が読めないとは!!! 


読めなかったのは、

邋遢


という漢字でした。(HPに載せられるかな? この難しい漢字)

読み方は、ラッタッ。

どうやら、音を聞いたら分かるけど、漢字に書くと分からない言葉だったみたいですが、

「ばっちい」

みたいな意味でした。(たぶん)


それにしても、父親がこれではちびすけの将来が不安です。




よかったら一押しをおねがいします! 





No.449 / チャイナ / Comment*4 / TB*0 // PageTop▲

2011.06.07  イギリスの小学校 <<11:21


ちびすけより1ヵ月ちっちゃい男の子のママが、仕事に戻る前に小学校を見に行ったと話していました。
保育園かと思って聞き返したら、小学校でした! 

教育熱心な家庭では小学校選びは一大事みたいで、そのために引越ししたり、いい学校がミッション系だったりすると子どもを洗礼させたり教会へ通わせたりするそうです! 学校なんてどこ行っても同じだった私には理解できない世界だけれど、ちょっと大きな子のいる周りの友達たちが頭を悩ませているのを見ると、やっぱりよく考えなくてはいけないのかなと思います。

そして、ロンドンの小学生の四人に一人が何らかの形で読み書きに問題がある(詳しくはこちら)と聞くと、なんだか不安になってもきました。

どうしてこんなに読み書きができない子がいるのか不思議だけれど、東洋に比べて欧米ではディスレクシアが多いからかな? 10人に1人くらいがディスレクシアらしいので、30人一クラスだったら、クラスに3人ですよね。

あと、移民が多いからかもしれません。スラム街の小学校にボランティアで日本語を教えに行ったとき、私が英語が下手なことを先生に話すと、

「ご心配なく。子どもたちも英語が話せないから」

と返事が返ってきたことがあるんですが、まさかと思ったらほんとだったことがあります。子どもの9割が移民の子どもたちで、日本について質問がないか聞いたのですが、子どもたちの質問が、何を聞いているのか、担任の先生でもときどき理解できなかったり。そういう学校へいったら、みんな英語が話せないので、英語は上達しないかもしれません。ロンドンの子どもたちの読み書き能力向上のため、チャールズ皇太子のカミラ夫人も動き出したそうです。

小学校確保も問題だけれど、幼稚園・保育園探しも大変そうです。人気のある場所は、産後すぐに予約が必要だとか。そういうとこの申込書には、「子供が生まれてから申し込んでください」なんて注意書きもあるようです。近所で人気があるのはモンテソーリの幼稚園みたい。

幼稚園なんてどこでも同じじゃないかと思ったりするのだけれど、やっぱり選ぶときは慎重にしたほうがいいのかなと思うのが、昨日も新聞に載っていたけど、この国では幼稚園や保育園の先生によるレイプや性的虐待事件があること。女の先生だから、まだ乳児だからと言って安心はできません? なんて、そんなにどこでもあるわけじゃないですけどね! 



No.448 / ちびすけの話 / Comment*1 / TB*0 // PageTop▲

 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。