イギリスの風
香港人のテレビっ子・チーたろうと、ちびすけとともに、のんびりイギリスで暮らしているへんじゃの日記です。


プロフィール


へんじゃ

Author:へんじゃ
★ブログに時々登場する「チーママ」は義母、「チーパパ」は義父、「チー妹」は、チーたろうの妹のことです。

★コメントは承認制になっています。表示やお返事が遅くなることがあります・・・すみません。)

★内容の無断転載、また内容と関係のないコメントの書き込みはご遠慮ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ村に参加中です。よかったらこっちも押してみてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村



FC2カウンター




金魚




カレンダー


09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


最近の記事




最近のコメント




カテゴリー




フォトアルバム




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧




最近のトラックバック




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2010.10.31  日本語絵本 <<14:35


今週もいろんなことがありました。
週の最後は産前クラスのみんなで、今度はパパたちも交えての再会。結局2家族と、産前クラスの先生以外の全員が集合しました。産後初めて会った家族もいて、なんだか不思議な感じ。でも、どうやら、夜中にいまだに起きておっぱいを欲しがっているのは、一番年長のはずのちびすけと、Colic(夜泣き?)がひどくて眠れないひもあるという1家族だけのよう。ちびすけはおっぱいを飲みながら再び眠りに落ちていくのでColicと違ってずいぶん楽ではあるけれど、早く朝まで寝れるようになって欲しいなぁと思いますが、また、歯が生え始めると何度も夜起きてくるらしいので、ゆっくり眠れるようになるのは、はるか先のことなのかもしれません。

そして、みんなで再会して、新事実が。8家族のうち、何もなくお産ができたカップルはゼロ? みんな帝王切開か、誘発分娩のどちらか、または両方を経験したみたいでした。うち一人の赤ちゃんは誘発分娩したもののなかなか生まれなくて、やっと出てきたと思ったら頭がつかえ、日本語でなんと言うのか忘れたけれど、頭を特別な器具で引っ張り出したそうで、ゆがんでしまった顔と頭を治すために病院へ通っているのだそう。みんないろいろあったようです。




さて、話は変わって、少し前からちびすけは一生懸命おしゃべりするようになりました。特に機嫌が悪いときに・・・

とはいえ、口にする言葉のほとんどが、


「アグー」 「アー」 「ウー」 「ワウワウ」

で成り立っているので、何を言ってるのかぜんぜんわかりません。

今朝は、私の顔を見つめて、私の指をぎゅっと握り締めて、一生懸命、



「アグー、アグー、アグググー、アグー!」



と必死で訴えかけてくるので、いったいなんだろうと思っていたら、







ブリ、ブリブリブリ! 





と大きな音を立ててう○ちしたちびすけ、にやりと笑って眠りにつきました。
(汚い話でごめんなさい)

そんなちびすけと早く会話できるようにと、時々絵本を読んであげています。ちびすけのお気に入りは、こちらで人気のあるBaby touch bookです。 見せると一生懸命本を触って楽しそうに見ています。



日本語の本も何冊か注文して取り寄せてみました。
こちらは普通の赤ちゃん絵本。でも、赤ちゃん用の絵本より、もう少し長くてストーリーのある絵本のほうがちびすけの反応がいいです。言葉の響きを楽しんでいるのでしょうか。早くほんとうに絵本を楽しめる年になってほしいなと思います。

そうそう、近所の図書館でも、何かいい本はないか探してみたら・・・

ありました、日本語の絵本!! 


IMGP5517.jpg


とっても小さな図書館なんですが、子供用の絵本コーナーに、「Japanese/ Arabic」というコーナーが!! 中国語は近くの大きな図書館に種類豊富でCDまでたくさんあるけれど、まさか、うちの近くの小さな図書館に、マイナーな日本語の絵本があるとは! 数冊しかありませんでしたが、借りてみました。日英対訳の絵本みたいです。ちびすけ、日本から取り寄せた本たちより、こっちのほうを楽しそうに読んで(見て?)います。イギリスの図書館って、すごいですね!! 


よかったら一押しをお願いします!

スポンサーサイト


No.369 / イギリスつれづれ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2010.10.23  なつめと竜眼のスイートスープ <<21:28


ふと、髪の毛がどんどん抜けてきていることに気がつきました。妊娠中は成長モードに入ってあまりぬけることがないらしい髪の毛ですが、その成長モードが終わったみたいです。産後のホルモンの変化の一つが始まったようです。シャンプーとブロードライがらくになりそうです。

たしか漢方の考えでは、髪の毛は血と関係していたはず。それならと、こないだちーママがたくさん残していった食材で何か体にいいものでも作ってみようと、なつめと竜眼のスイートスープを作ってみました。

参考にしたのはこちらの本のレシピ。
31WeF++iSuL__SL500_AA300_.jpg

このスープはとても女の人の体のためにいいスープだとちーママが話してくれたスープで、たまたま古本屋で買ったこの本に詳しい作り方が書いてあったので作ってみました。結構ポピュラーなデザートスープのようです。

IMGP5511_convert_20101025204200.jpg


材料は、

・竜眼(脱毛予防、滋養強壮にいい、記憶力を高める)
・クコの実(眼にいい、疲労回復効果あり。こちらではスーパーフードとして有名)
・蓮の実(ナッツみたい、記憶力を高め、体を丈夫にする)
・紅なつめ(貧血予防に)
・氷砂糖

です。
材料、全部戸棚で眠っていました。
調べてみると、今の私にぴったりのスープです。
紅なつめは特に産後にいいそうで、産後、チーたろうがうちの母に手伝わせて紅なつめスープを作って毎日病院にもってきてくれたほどです。


作り方は、この材料を水でもどして鍋に入れてぐつぐつするだけ。
以前作ったときはあまりおいしいと思わなかったのですが、今回はめちゃくちゃおいしく感じました。
日本人受けしそうだし、来週来るお客さんにはこのスープをデザートにしようと思いました。

ちびすけが生まれてから胸やけがすっきりして、何でもおいしく感じられて、いくらでもご飯が食べられてしまう今日このごろ。

食欲の全開の秋です! 


おまけ・・・霜が降りた公園の紅葉、ロンドン・ハイドパークです。

article-1322450-0BB3D86B000005DC-896_634x412.jpg



No.368 / グルメ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2010.10.23  税金未納、50%OFF 成功!? <<20:40


こないだ、4000ポンドの未納税の徴収のお知らせが来たとブログに書きましたが・・・

チーたろうのおかげで、半額にしてもらえることになりました! 


イギリスの税務署の太っ腹に感謝・・・でも、それって、まじめに払ってたら損するってことかなと、うれしい反面複雑な気持ちです。


No.367 / イギリスつれづれ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2010.10.23  100日 <<20:33


ちびすけもいつの間にかに生後100日目がすぎました。
今では生後体重減で問題になったとは思えないほどの小太り赤ちゃんです。

IMGP5425_convert_20101025210303.jpg


昨日は産前クラスのママたちの集いに行ってきましたが、その中でも一番のブーたろう! まぁ、生まれたのがみんなの中で早いからということもありますが・・・ 

100日ということで、おいわいに生まれて初めて豆から赤飯を炊いて、鯛を焼いてお食い初めもどきのことをしました。赤飯には、イギリスでも最近出回り始めた栗まで入れた、豪華版です! 


ところが!


赤飯嫌いのチーたろうがおいしいと二回もおかわりするほどのおいしい赤飯がたけたのですが、

ちびすけのために、5時半に夕食を始められるように準備したのですが、



肝心の主役が、なぜか、今日に限って ご機嫌斜めで号泣!!! 

5時半には、深い眠りに落ちてうんともすんとも言わなくなってしまいました・・・



仕方なく眠っているちびすけに食べさせる真似事をしてお食い初め終了です。
こんなのでいいのかな。でもいい記念になりました。


この話を産前クラスのみんなにしたら、イギリスには100日目のお祝いはないけれど、「洗礼」とかする、と返事が返ってきました。

洗礼はクリスチャンがキリスト教徒になるための儀式で、親戚や友人など呼んで教会でします。
でその後パーティーをして赤ちゃんのお披露目にするみたい。
洗礼用のベビードレスが代々受け継がれたりしているうちもあります。
産前クラスの双子ちゃんママも、ご主人の家族に代々伝わるベビードレスで洗礼したそう。とはいっても双子で、もう一つドレスが必要だったため、仕立て屋さんをしている親戚が、うり二つのドレスを作ってくれたんだそうです。なんとその親戚、式の前日に、

「ごめん、どこをさがしても、古いドレスと同じレースが見つからなかったから、レースはおそろいに仕立てられなかったの」

と電話してくれたほど熱心につくってくれたんですって!


双子ちゃんたちの洗礼式も、ちびすけのお食い初め同様、ハプニングがあったそうです。

洗礼式では双子ママは、男の子のほう、双子パパは、女の子のほうを抱っこしていたそうですが、
式の途中、双子パパのほうから静かな教会にすごい音が響き渡りました。





ブリ、 ブリブリブリ!!


で、思わず双子ママ、

「ねえ、あなたの音よね、そうよね、そうって言って!!!」

と叫んだそう。
というのも、双子ちゃんの女の子の方は、4日ほど便秘が続いていたのだそうです! 
双子ママ、あの瞬間ほど、そそうをしたのが主人であってほしいと思ったことはなかったのだそう。
(そりゃ、普通はそんなことおもわないですもの)

でも残念ながらその音は双子の女の子ちゃんの音で、純白の、代々伝わるドレスは、4日分のたまりにたまったう○ちちゃんで、黄色く染まってしまったのだそうです!!

赤ちゃんのイベントには、ハプニングがつき物なのかもしれません。


赤ちゃん勢ぞろい、ちびすけはどこかな?

73084_487377644993_737964993_7022907_2762268_n.jpg


よかったら一押しをお願いします!





No.366 / ちびすけの話 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2010.10.20  ベビーマッサージ再び <<12:44


今日はとってもいい天気です。でも冷えるようになって、朝、車のガラスは凍りついていました! 
ここのところ毎日お出かけが続いているのでどうしようかと迷いましたが、今日は天気もいいし、久しぶりに散歩がてら先日ブログにも書いたベビーマッサージへ。出かける寸前にちびすけがブリブリと三度目のう○ちをしたので行く気をなくしかけましたが、がんばって行ってきました。



途中の道はすっかり秋です。
IMGP5443_convert_20101020215130.jpg



ちびすけのう○ち事件で気がつくとお化粧を途中で終わってたことに気がついたのですが、ときすでに遅し。
そしてこういう日に限って知っている人たちにあうのです・・・


まず途中で、道を聞かれました。
がなんと迷っていたその人は、妊娠中私をずっと診察してくれていた助産師さん! 
どうやらおととい赤ちゃんを生んだ新ママのうちに往診に行く途中だそう。
・・・なんと地図を忘れて往診に出たようです! 
私では何の助けにもなりませんでしたが、大きくなったちびすけを見てもらいました! 嬉しい再会です。


そして、会場の教会につくと、なんと産前クラスのママ友たちが勢ぞろい! 金曜日にもお茶することになっているのですが、これからはこのマッサージクラスでも顔を合わせることになりそうです。

そして、新しく別の日本人ママとも出会いました。しかも一緒に来ていた彼女のママ友は中国の朝鮮族。ハルピン出身だそうで、私が昔住んでいた中国東北地方の話で盛り上がりました。がんばっていってよかった。でも今度はお化粧きちんとして出かけないといけないなと心から思いました。

マッサージは今回もとても楽しかったです。
弟と一緒にやってきた3-4歳くらいの小さな女の子も、見よう見まねで持参した人形ちゃんをマッサージしてあげているのがとってもほほえましい光景でした。

ちびすけは今回もすんごく気持ちよさそうににたにたしていました。
途中、おなかのマッサージのときに嬉しそうに隣の親子に向かっておしっこ大噴射しようとして大変でしたが(危機一髪でストップ、私のジーンズはびちゃびちゃに・・・)、その隣の女の子はその直後に嬉しそうにう○ちして、もっと大変そうでした。そして今日もマッサージ後のちびすけはしんだように眠っています!

このマッサージ、とあるヘルス・ビジターさんがボランティアで開いているのですが、今ヘルスビジターが足りないということで、閉鎖の危機にさらされているそう。ずっと続いてほしいクラスだなって思います。


よかったら一押しをお願いします!




No.365 / ちびすけの話 / Comment*2 / TB*0 // PageTop▲

2010.10.17  Breast is best? 母乳育児は大変か?? <<20:31


母乳育児は簡単だ・・・という人がいたら、それはきっと幸せな人だと思います。
でも、大変かというと、始めは大変だけれど、一度軌道に乗ったら粉ミルクよりずっと簡単かなと思います。ボトルを洗ったり、消毒したり、粉ミルクを買いに行ったり持ち歩いたりしなくてもいいし。

でも、消化に時間と体力のかかる粉ミルクと違って腹持ちが悪く、ちびすけの胃の大きさが小さい最初のうちは、1-2時間おきに授乳しなくてはならないのでほんとうに大変でした! 最初だけではなくて、2週目、3週目、6週目、12週目(そして6ヶ月目にも来るらしい)に来るGrowth spurts (日本語で何と言うのでしょう? 急成長期?)にも、また1-2時間おきの授乳が来ました! 母乳が足りないのではと、この時期に粉ミルクを足す人が多いそうですが、足さずにがんばるのはほんとうに大変だと思います。(母乳がたくさん出てGrowth Spurtsに気づかない人もいるそうですが)前回に書いた、8時間連続授乳の経験者もこのGrowth Spurtsのせいでしょうね! 授乳しながら、「トイレに行きたいなぁ・・・」とか、「水飲みたい・・・」とか思いながらがんばっているうちに日が暮れたそうです。でもこの苦しいGrowth Spurts(1-2日で終了)を乗り切ると、たっぷり出るようになります。私はチーたろうや両親・義父母がいたりしたので乗り越えられた(とはいっても始めの一ヶ月はボトルに頼っていた)けど、家事をしながらだったり、他に子どもがいたりしたら、他のこのお世話をしながらの母乳育児は大変だろうなぁと思います! 

また、ちびすけのように、うまく飲めない/母乳不足 になってしまう赤ちゃんもいるので、しっかり気をつけなくてはだめだし(オムツの数で、足りているかどうかはチェックできるそう。新生児は1日6枚以上だったら足りてるみたい?)、私の友人は、ほんとうに、ほんとうにエンドレスの授乳、30分~1時間おきの授乳が続くので苦労していました。結局、赤ちゃんの舌が短くてうまく飲めなかったみたいで、その後手術して少し改善されたみたいですが、まだたいへんそうです。

それから、母乳育児だとお母さんしかあげられないというのも大変でした。(搾乳して他の人にボトルで飲ませてもらうという手もあるけれど!)他の人に任せて寝ていられるので、時々は粉ミルクで楽するのもいいかもしれません。周りの人が幸せそうにボトルでちびすけにミルクをあげているのを見るのもなかなかいいものでした。母乳だと、それができないので、お父さんの中には「おれにできることがなにもない」なんて思ってしまう人もいるかもしれないなと思います。 

あと、先に書いたように母乳育児だと授乳間隔がせまいので、お母さんがいつも赤ちゃんにおっぱいをあげていて、他のことが何もできなくなってしまうことがあります。他に子どもがいたらやきもちを焼いたりして大変かもしれないし、家事もできなくなると思うし、家族の理解が必要だなぁと思いました。

そんなわけで、母乳で行くか粉ミルクにするかは、向き不向きや家族の意向によるのかなと思います。


いろいろ大変だった母乳育児だけれど、私の場合、軌道に乗った今は・・・かなり楽です! 今はおっぱいも3-4時間に1回あげればいいだけで、授乳の時間もぐっと短くなったし、ボトルであげるよりちびすけのげっぷの量もミルクがこぼれる量も少ないので、洗濯物の量が少なくて済みます。ちびすけがなかなか寝ないときやぐずったときはさっとおっぱいをあげると寝てしまったりおとなしくなったりするのでほんとうに楽なので、おっぱいがつかえないチーたろうにちびすけを預けるときは、チーたろうがかわいそうに思えるほど。一生懸命抱っこしたり、スリングに入れたりして寝かしつけたり、お腹がすいて泣きわめくちびすけをなだめながら粉ミルクを準備したというチーたろうの話を聞いていると、やっぱり母乳のほうが後からぐっと楽になるんだなぁと心から思います。





No.364 / お産話 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2010.10.17  Breast is best?  母乳育児のその後 <<20:26



前回の続きですが、母乳育児に疑問を感じ始めたこと、そしてちびすけがあまりうまくおっぱいを飲めないのでおっぱいから飲ませるのは大変だということで、結局ほとんど粉ミルクに頼るようになりました。泣きわめくちびすけをなだめて、胸に当て、うまく飲めなくてまた泣き叫び始めるちびすけをなだめてうまく飲めるように誘導しながら、うまくおっぱいを口に含む瞬間を待つのは、結構大変だったのです!さらに、うまくおっぱいにくっついた後も、飲む力が弱かったり、途中で寝てしまったりで(黄疸のせい?)、眠ったちびすけを起こして最低三十分の授乳はかなーり大変でした。

さらに、30分で終わればいいのですが、おなかがすいていてうまく飲めなかったり、私が疲れていて母乳の出が悪かったりすると、1時間以上ちびすけがおっぱいにくっついたりしていることがあります! 寝不足と疲れで、そんなにがんばれなかった私はもう母乳はあきらめて、粉ミルクで行こうと心に決めたのですが、入院2日目の夜10時、寝ようと思ってベッドに入ったところに、体重激減を発見してくれた助産師さんが、同僚と一緒に「おっぱいから飲めないなら・・・はって大変でしょう!」と病院のどでかい電動搾乳機持参でお見舞いに来てくれました。(自分で手動の搾乳機を持参していたことや、でかくて不自由だということもあり使いませんでしたが) 母乳をやめてボトルにしようと思っている、と話す私の話を静かに聴いてくれた助産師さんですが、私にとって衝撃的な一言を残して帰っていきました。

「母乳をやめようと思っているのだけれど、どんな風にやめたらいいでしょう?」
と聞いたのですが、
「そうね・・・やめると、胸が張って数日間痛いと思うけれど、我慢すればなおるわ」
という返事が返ってきたのです。

今もうすでにパンパンで痛いのに、やめたらますます痛くなるかもしれない、そう思ったら、それはこまる、これ以上大変なのは嫌だ! 

と、そんな単純な理由で結局私の母乳育児は細々と続くことになりました。

で、その翌日は、病院の母乳育児のエキスパート、アリソンさんが病室にやってきます。
ほんと、母乳育児をしているママたちのほとんどが彼女の名前を知っているくらい、私の地区では有名なカリスマ・エキスパートです。そんな彼女の前で「母乳育児は自信ないからあきらめようかと思っている」という私の話を静かに聴きながらこんなことを言い残していきました。

「母乳は誰でも出ます。」
「尽きることも枯れることもありません。」
「産後の疲れた体でも大丈夫、だってあなたの体はもうずいぶん戻ってきているじゃない!」
「授乳に時間がかかるのは誰でもそう、一時間くらい当たり前よ」
「小さなおっぱいでもたくさん母乳は出るものなのよ!」

そして、最後に、

「私は金曜日、××の『Breast feefing café』に行く予定だから、もしまだがんばる気があるなら、そこにいらっしゃい。」

と言い残して去っていきました。

この「Breast feeding café」とはなにかというと、イギリス全国にあるかはわかりませんが、私の地区には「Breast feeding café」とか、「Breast feeding drop in」という母乳育児支援の週一の集まり(?)が月曜日はこっち、火曜日はこっち、とほぼ毎日あります。お茶を飲みながら赤ちゃんにおっぱいをあげる集まりで、「Peer adviser」だったかな、そんな名前の母乳育児指導のトレーニングを受けたボランティアがそこにいて、悩みを聞いてくれたり、指導してくれる集まりのようです。

で、そこでまたアリソンさんと再会、ボランティアさん2人がかりで指導してくれました。結局カフェには2週間通いました。黄疸で眠くておっぱいがうまく飲めないちびすけを起こす技や(それでも起きなかったのでちびすけは服を脱がされオムツ一枚に・・・)、パンパンにはった胸をなんとかする方法とか、飲むのが遅い(ボトルからはすごい速さで飲むのに!)ちびすけの飲むのをスピードアップする技とか、そんなことを教えてもらって、やっと、ようやくなんとか母乳育児が少しずつ軌道に乗るようになったのです!

と、一時は母乳育児をあきらめていた私ですが、そんなこんなでいろんな人に助けてもらって痛いのは嫌だしもう少しだけがんばってみようかと思ったおかげで、なんとか軌道に乗るようになりました。1ヵ月半くらいかかりました。でもね、私だけではなくて、みんなこれくらいが普通みたいです。
もっとも、私のようにほとんどボトルに頼っていたのが、100パーセント母乳に戻る例は珍しいようですが!

うまく吸い付けなかったちびすけも、今では一発でばっちりくっついてくれます。一時間以上かかったことのあり、長くてつらかった授乳も(新聞や本を片手にがんばっていました・・・でも、こないだ8時間連続授乳経験者に出会ってびっくり! みんな苦労しているようです!)、20分前後と短く楽チンになりました!

・・・と一応ハッピーエンドなのですが、母乳育児について後一つ、書きたいことがあるのでつきあってくださいませ。(続く)


No.363 / お産話 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2010.10.17  Breast is best? ・・・異常発覚 <<20:23


妊娠中、ブログに母乳育児について書いたことがありましたが、その後の結果を書いてみようと思います。これが終わったらやっと、産後の書きたかった話が終わります。いろいろ書きたいことがあったのですが、なかなか書く時間がなくて、そのうちだんだん面倒になってきたので、簡単に・・・ でも長くなってしまうかも?

産前クラスで、

母乳育児は誰にでもできる! 
病気でもできる!
母乳は尽きることがない! 
赤ちゃんに一番いい飲み物だ! 

と、いいことばかりを刷り込まれていた私、そんなら母乳育児がいいのだろう、いろんなもの準備しなくてもいいし・・・

と、産後母乳育児をスタートしました。
が、生後6日で暗礁に乗り上げます。 

母乳育児の場合、体重が10%ほどへることもあるそうですが、うちの場合、ちびすけの体重が17%まで落ちてしまい、産後6日目には体重ロスと脱水症状、プラス黄疸で入院することになったのです。ボトルと違っておっぱいだと飲んでいる量がわからないし、疲れと睡眠不足もあって、あまり頭が回っていなかったせいか、やせてきたなとか、おしっこが少しピンク色になったりするのはどうしてかなとか(→生まれたばかりの赤ちゃんには良くあることと言われた)、飲む量とおしっこの量がすくないとは思っていたけれど、生まれたときからずっとめちゃくちゃ元気だったし、本格的に母乳が出るようになってから胸が張りっぱなしで空になることがなかったので、まさかちびすけが母乳不足になるとは思ってもいませんでした。

原因探しよりもちびすけが元気になることを考えるように言われてどうしてそんなに体重が減ったのかについては何も言われませんでしたが、黄疸になると、赤ちゃんは眠くて起きられなくなるので、その結果ミルクを飲む回数が少なかったのかもしれません。また、ミルク不足だと黄疸になることが多いそうで、ミルクが少なかったから黄疸になったのかもしれません。また黄疸の治療にはたくさんミルクを飲むことも必要なんだそうです。寝てばかりであまりミルクを飲まなくて黄疸になったのか、その逆で、黄疸だからミルクを飲まなかったのか、それとも私の母乳が少なくて黄疸が出たのか、そのあたりはわかりません。あと、母乳で育った赤ちゃんは黄疸になりやすいのだそうです。

考えてみると、産前クラスでは母乳育児のいいことばかりを並べ立てられていて、マイナスな部分はほとんど聞きませんでした。もう少し、きちんと飲めているかおしっこの量に気をつけることなど、注意点も教えてもらえてたらこんなことにならなかっただろうなぁと思います。


ちびすけの黄疸と体重減は、その後の紫外線照射の治療と2時間半おきの母乳+粉ミルクでの体重増加作戦でよくなりましたが、母乳でがんばっていたためにちびすけが大変なことになってしまったとわかってからは、私の母乳育児への意気込みがしゅわしゅわと消えていきます。さらに、隣のお部屋のインド人の親子(5ヶ月の赤ちゃん)も、母乳で育てていたら脱水症状になってしまって入院していたそう。そんなこともあって、ボトルと違って飲む量が見えないから、母乳育児は実は危険なのではないかという考えが浮かんできました。


続く・・・

よかったら一押しをお願いします!



No.362 / お産話 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2010.10.14  4000ポンドの出費なり? <<21:25


今朝税務署から手紙が届きました。
仕事をいろいろやめたから何か税金の調整があるのかなぁと思っていたら、











税の未払い4000ポンド分の請求書



でした。(£1= 約130円)





とほほ・・・

本来なら、2つの仕事の合計額分からそれに見合う率の税金が引かれるはずなのですが、私のようにいくつかかけ持ちしている人は、掛け持ちしている別の仕事の収入が単独では課税対象にならないほどの小さな額だった場合、お給料から天引きされないので、後で税務署のチェックに引っかかって、後で請求されることがあるそう。チーたろうによると、今税務署が私のような人たちの調査に力を入れているということで、イギリス全国で私のように突然請求される人が続出していて、新聞でも話題になっていたのだそうです。なんだかよく分からないけれど、そもそもイギリスの課税制度になにか問題があるようで、すんごい数の人たちの税金を課税していなかったのだそう。

もちろん、仕事をかけもちしていることをちゃんと報告していなかった私が悪いといえばそうなのですが、
でもね、数年前にも、全く同じ問題で税務署から手紙が来て、税金の後払いをしたことがあるんです。
で、翌年からそれまでの未払い分の税金を合わせた額、お給料から少しずつ天引きされたんですが、その翌年も、そのよく翌年も、税務署はまた、サブの仕事分の課税を忘れていたようなのです。

というわけで、もともと払わなくてはいけなかったものだから仕方ないけれど、いきなり4000ポンドの出費かもしれません。私は貯金していたからまだいいけれど、宵越しの金は持たないどころか、クレジットカードで前借までする人の多いイギリス人たちは、突然の請求に衝撃を受けているようです。


でも、チーたろうによると、ひょっとしたら、払わなくてもいいかもしれないのだそう。
前にもおんなじことで一度税務署から手紙をもらって、そのときちゃんと税金を払ったのに、その後税務署のほうがサブの仕事分の税金を差し引くのを忘れたのだから、税務署の手落ちだということで。

ほんとかなぁ?? 
そうだと嬉しいのですが、世の中そんなに甘くないと思う私です。
でもとりあえずチーたろう君、手続きがんばってくだされ。



よかったら一押しをお願いします!




No.360 / イギリスつれづれ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2010.10.13  Breast is best・・・・何歳までOK? <<20:48



母乳育児について、これからこのブログで少し書いてみようかなと思っているとこなんですが、今、イギリスのSKYという衛星放送のチャンネル(Which: 109チャンネル)で、「Extraordinary Breastfeeding」という番組をやってます。母乳育児、何歳まで続けるか、という問題についてのドキュメンタリー。

私が出会った最高は、三歳。三歳の女の子と一歳の女の子2人ともにおっぱいをあげているそうで、二人が彼女のおっぱいに飛び込んでいく姿を初めてみたときはびっくりしました。下のこの妊娠中も上の子にずっとおっぱいをあげていたそう。ちなみにWHOによると、少なくとも6ヶ月、2歳までは母乳育児をすることを推奨しているみたいです。この番組にはそれを上回る年齢の子供たちが出てきます! 

数週間前にはSunday timesについてくる雑誌にも、3歳まで母乳を続けていたママのコラムが載っていました。
彼女によると、ある日決心して母乳育児をやめたそうですが、お母さんのほうが子どもよりも寂しい思いをしたようです。あまりにあっけない母乳育児の終了と、子供に未練が全くなさそうなので寂しい気持ちになり、そんなに長いことする必要は全くなかったのだと気づいた、みたいなコラムだったのですが、この番組の親子は・・・?Youtubeでも見られるので、興味のある方はどうぞ。

子どもの卒乳に苦労している先輩ママたちの姿を見てきたけれど、私はどうなるのかな?
だんだん母乳がかれてくるという人もいるけれど、どうなんでしょう。
子供が寂しがってくれるうちにやめたほうがいいような気がなんとなくします。


ちなみに、イギリスでは日本よりいろんなところで授乳中のママを見かけますが、イギリスの母乳育児率ははヨーロッパで最低。先月だったかにやっと、公共の場所で授乳することを認める法律ができたばかりだそう。この番組、イギリスのママたちの母乳育児の様子も出てきます。興味がある方はYoutubeでもみられるのでどうぞ。




よかったら一押しをお願いします!




No.359 / テレビっ子 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2010.10.13  水曜日は注射の日 <<20:13


今日は午前中が写真撮影、午後が2度目の予防接種と、ちびすけのための一日でした。
 
午前中は、妊娠中にちびすけの4Dスキャンをしてもらった郊外のお店へ車をとばし、ちびすけの胎児時代の写真とくらべっこ写真と家族写真とを撮ってもらいました。4Dスキャンのときににっこり笑ってくれたちびすけ。今回はどうかなぁとドキドキしながら撮影に挑みました。

ちびすけ、お店に入ってお店のおじさんにおだてられ、他のお客さんにおだてられ、にこにこ愛想をふりまいておりました。

で、肝心の撮影。初めにとったくらべっこ写真はにっこり笑ってくれたものの・・・撮影が長引くにつれご機嫌ななめ・・・。だんだん下くちびるが突き出してきて・・・なきそうになったところで撮影終了でした。どんな写真になってるんでしょう。明日Websiteにアップしてくれるそうなので、楽しみにしています。

で、午後。予防接種にいってきました。前回は看護婦さんをにらみつけ、最後に大泣きしたちびすけ。今回は、日本の注射、2度ともすごい顔で大泣きでした。今回はおっぱいなしでもすぐ泣き止んでくれたのでよかったのですが! 

でもまた今回も、夜が大変です。いつもは7時過ぎにはこてんと寝てしまうちびすけ、すんごい大泣きして暴れまわりました。痛いのか苦しいのか、あんまりひどいのでついに、看護婦さんに薦められた「カルボル」という赤ちゃん用痛み止めを飲ませたのですが、今夜はどんな夜になるでしょう・・・

思えば、ちびすけの注射は前回も水曜日でした。そして私も、以前青年海外協力隊で中国に行く前の2ヶ月半(だったかな)の訓練中、 水曜日はほぼ毎週注射の日でした。ポリオやら肝炎やら、いろんな注射をされたのですが、そのあとはだるくなったり熱っぽかったり、ねむかったりしんどかったりしたのを覚えています。ちびすけもそんな感じなのかな??? 薬が効いてよくきいてくれるといいのですが。



後書き・・・

時々ちびすけのベッドから思い出したように泣き声が聞こえてきます。
今のとこ、すぐ泣き止んでいるようなのでいいのですが・・・どうなるかな、今夜。

No.358 / ちびすけの話 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2010.10.10  一本の木 <<21:15


このところのイギリスはあったかいです。20度を超える「夏日」が続いていて、ほんと、イギリスの夏再来といった感じです。StanmoreのCannon's parkというところへ行ってきました。紅葉が少しずつ始まっていて、木々がきれいです。

木を見ていると、光村図書だったかの小学二年生の教科書に出てくる「一本の木」という単元を思い出します。木の書き方についての説明から、木にはいろんな木がある、といった話になっていくお話(説明文だったかな)なんですが、ちょうど秋に勉強する単元だったような。子どもたちにこの単元を教えると、みんな楽しそうに身近な木を観察して絵を描いてきてくれたっけ。教えるのがとても楽しい単元でした。

じっくり見ていると、いろんな木があって、一本一本個性的ですよね。
そして、紅葉の季節の木って、本当にきれいだなぁと思います。
今日見た木たちをのせておきます!


IMGP5297.jpg

IMGP5300.jpg IMGP5305.jpg IMGP5303_convert_20101011210425.jpg


木じゃないけど、私の好きな植物。大きいのは2メートル近くあります!

IMGP5316_convert_20101011210832.jpg

よかったら一押しをお願いします!








No.356 / イギリスつれづれ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2010.10.04  ふさふさ髪の毛 <<20:44


産前クラスのみんなにコーヒーモーニングに誘われていたのですが、月曜の朝はやることがいっぱいなのでパスして、午後、出産前に何度か行った、Bumps&Benesという妊婦~1歳前後の赤ちゃん向けグループに行ってきました。

夏の間ずっとお休みだったこのグループ、久々の再開です。同じBumps(妊婦)だったメンバーも赤ちゃん連れになっていて、嬉しい再会。先輩ママたちは新しいメンバーがほとんどでしたが、赤ちゃんを大きなマットにごろごろさせて、いろいろおしゃべりを楽しんできました。

困っているちびすけのボトル拒否の件を話してみると、母乳組のママたちもみんな細々と粉ミルクをあげているみたい。チーたろうの育休が終わってから、洗ったり消毒したりが面倒でボトルを使っていなかったのがやっぱり悪かったようです。でも、少しずつがんばれば今からならすぐ戻るという話も聞いたので早速やってみようかなと思っています。

そしてもう一つ嬉しいことが。
ちびすけ以上に髪の毛ふさふさの男の子に出会いました。
出世時に、なんと今のちびすけ以上のロン毛! 
早速どうやって散髪したか、初めはいつ切ったか聞いてみたところ、5ヶ月目でバリカンで初カットしたのだそう。


5ヶ月! 




あと2ヶ月待つなんて、私にはできないかも・・・


それまで待てるかなと思ったら、別の女の子のママは、生後一ヶ月で寝ているところをはさみでちょきちょきしたということでした。もう少し限界まで待って、バリカンかはさみでちょきちょきしようと思います。

ちなみにちびすけ以上にふさふさの男の子はインド系なんですが、そちらでは赤ちゃんの髪の毛をそる習慣があるみたいです。考えてみたら、中国でも赤ちゃんは前髪とか数箇所だけ残してそり上げる習慣があったみたい?? そるときれいな髪の毛が生えてくるそうですが、そるのはちょっと勇気がいるなぁ! 


同じ年頃のママたちとお話できるのはとても楽しい時間でした。
ただ、もう少し英語がうまく話せるといいなと思います。
通じるけど、相手を戸惑わせてしまうへたっぴな話し方なので。

時々、大学時代にサークルにやってきた留学生たちを思い出します。
へたっぴな日本語で、わかっているのかわかってないんだか、ニコニコして座っている留学生たち、話を振るとちょっと的外れな答えが返ってきたり、なんだかヒットする話題があると、へたっぴな日本語で一生懸命話し始めた彼ら。時々どう対応していいのか戸惑ってしまうことがあったのですが、今は私がイギリス人のみんなを戸惑わせる側にあるのだなぁと・・・

こんなへたっぴな私がこんな場所にいていいのかなとか、みんなの会話のお邪魔かなとか思うこともあるけれど、当時の私がそうだったように、いつも行ってたらお互いに慣れて来るんじゃないかなと思ってまた次もがんばっていってみようとそう思っています。

今日はパスした産前クラスのママの集い。今日はパスだけど、今度は行くと話していたのですが、その今度はなんと明日のようです! みんなでBaby Cinemaに行くのだそう。赤ちゃん連れのパパ・ママたちのための映画上映をしている映画館があるのです。今話題のジュリア・ロバーツの映画をしてるんだそう。みんな暇をもてあましているようです?? 

残念だけれど、私は明日もパス。車で行けばそんな遠くないとはいえ場所が離れているし、家事がたまっているし(みんなはクリーナーとかやとっているみたい!)、ちびすけにはまだ映画は早すぎるような気が。映画をみるなら、他の赤ちゃんが泣き叫ぶ中でちびすけをあやしながら見るより、ちびすけが寝ている間にお菓子を食べながらのんびり楽しみたい!

・・・なんていっているけど、ちびすけが寝ている間に映画なんか見たら、すぐ爆睡してしまうだろうなぁ! 
Baby cinema へ行ったみんなの感想が楽しみです。


No.355 / ちびすけの話 / Comment*4 / TB*0 // PageTop▲

2010.10.03  お客様 <<11:59


昨日今日と二日続けてお客様&飲茶でした。
このブログを読んでないとおもうけれど、遊びに来てくださってありがとうございました!

でもやっぱり二日続けてはちょっと大変。今日のお客さんはイギリス初めてということで、ほんとは私たちがベーカーストリートまで行くはずだったんですが、天気も最悪、朝も早起きできなくて(7時には起きたのですが・・・)結局チーたろうのお迎えで家まで来てもらうことに。久々に向こうでご飯だと思っていたのに残念、そして観光でなくて家でおしゃべりになってしまって申し訳なかったけれど、ちびすけがもうすこし大きくなるまではしばらく仕方がないのかな。小さい子がいるからって理由で断ったりしたくははないなと思っていたのですが、小さなちびすけに無理はさせられないものなぁと思います。

日本からのお客様からはたくさん懐かしい広島菜の漬物やら和食材をいただきました。
こっちでは日本食材のバラエティーが少ないので、いただいたものが新鮮に見えます。以前はあまり買わなかったインスタント物の食材が、忙しい今はとてもありがたいです。

ちびすけは二日ともご機嫌でした。でも、粉ミルクがだめなら、と、搾乳して準備しておいた母乳も、ボトルからは飲んでくれませんでした。どうやら粉ミルクがだめなのではなくて、ボトルが嫌みたい? ・・・はぁ。ますます不便になりそうです。




No.354 / つぶやき / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。