イギリスの風
香港人のテレビっ子・チーたろうと、ちびすけとともに、のんびりイギリスで暮らしているへんじゃの日記です。


プロフィール


へんじゃ

Author:へんじゃ
★ブログに時々登場する「チーママ」は義母、「チーパパ」は義父、「チー妹」は、チーたろうの妹のことです。

★コメントは承認制になっています。表示やお返事が遅くなることがあります・・・すみません。)

★内容の無断転載、また内容と関係のないコメントの書き込みはご遠慮ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ村に参加中です。よかったらこっちも押してみてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村



FC2カウンター




金魚




カレンダー


04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最近の記事




最近のコメント




カテゴリー




フォトアルバム




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧




最近のトラックバック




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2010.05.31  方言でしゃべっちゃあおえんのん?  <<19:03


夏前の最後の連休がおわろうとしています。ついにおちび用ベッドが届き(無事、いいタイミングで到着)チーたろうとベッドルームの模様替えしたり(といってもベッドを動かして大掃除してベビーベッド組み立てて入れただけだけれど)、完成した部屋を見に友達夫婦が遊びにきてくれたりで、あっという間の連休でした。・・・てほんとは今日一日が残っているけれど・・・。模様替えしたり、ご馳走作ったりで疲れたので、今日はのんびり過ごそうと思います・・・。たぶん。(チーたろうがとなりで、「家でのんびりって、二日間家から出てないじゃないか」と言っているので、飲茶くらいしに出かけるかも)

そうそう、面白い動画を、マイミクの大尉さんのページで見たので、私のページにもはっときます。

広島弁でi-pad。イギリスでもi-pad、 先週から発売が開始されましたよ!



やくざのイメージが大きい広島弁だけど、ほんとのんびりした方言ですよね。
私の出身はお隣の岡山で、「~じゃ」とか、広島弁に似ているし、広島は大学時代を過ごした場所なので、懐かしくなりました。

岡山弁で何かないかなと思って検索したら、こんな強烈なのが出てきました。



六話まであるようで、つづきもなかなか面白いですよ。


さて、方言といえば、実は私には前からちょっとした考えがあります。
それは、








おちびを日本の方言で育てたら面白いだろうなということ。

だって、イギリスのちびっ子たちって共通語はなす子ばかりでつまらないんだもん。
かわいそうでしょうか? 
でも、面白いだろうなって思いません?


夢は、日本語は、岡山弁と鳥取弁と共通語のトライリンガル、そしてさらに北京語と広東語と英語を使いこなすおちび。

・・・絶対無理ですけどね。

でもすごいなと思うのが、こないだ知り合いが、一歳半で、英語と、タミル語と、もう1つインド方言をしっかりと使い分けている双子ちゃんに会ったそうなんです。インドやシンガポールのような、バイリンガル、マルチリンガルの国の子どもたちって、自然に数ヶ国語後が話せるようになるそうだけれど、やっぱり環境が大事なのかな。マルチリンガルだと話せるようになるのが遅いのかと思っていたけれど、そうでもないのだなぁと話を聞いて思いました。

「二兎追うものは一兎も得ず」というけれど、おちびはどうなるのでしょうね。


シーツとかまだ買っていないのでマットまだ入れてませんが、完成したベビーベッドです! 今はわんこが寝ています。

IMGP4298.jpg


よかったら一押しをお願いします!

スポンサーサイト


No.313 / 日本語 / Comment*3 / TB*0 // PageTop▲

2010.05.29  ランブータンとよもぎ餅 <<02:47


仕事帰りによった、ハイストリート・ケンジントンのWhole Foods(健康食品、オーガニック商品のデパートのような店)で、こんなものを見つけました。

玄米ヨモギ餅です!

IMGP4295.jpg


イギリスじゃ手に入らないと思っていました!
ちょっと怪しい感じがしたけれど、日本のメーカーが作ったものだし、と買って食べてみました。

苦い・・・。
ヨモギが入りすぎな感じがするけれど、確かによもぎ餅でした。
セールのときに買い込んだ、テスコ(イギリスのスーパー)の有機ゆでアズキ缶があるので、こんどぜんざいにでもしてみます。


この日はもう一つ、ランブータンが5個入りで99ペンスで売られていたので購入。

IMGP4290.jpg


ランブータンは、マレーシアで出会った果物です。
ライチに似ているけれど、ライチより癖のない味がしておいしいです!
マレーシアでホームステイした際に、たくさん食べてはまった、懐かしいフルーツ。
ホストファミリーが帰り際、買い物袋2つ分のランブータンをお土産に持たせてくれましたが、食べきれないのでホテルの人にあげた覚えがあります。

マレーシアの新鮮なランブータンの味にはかなわないけれど、おいしかったです。

いろいろ面白いものが見つかるWhole Foods、毎週トイレを借りるついでに買い物していたけど、これからはなかなかここまで来られないだろうなぁ!



よかったら一押しをお願いします!




No.312 / イギリス面白食材 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2010.05.29  タイムリミット <<02:43



今週また一つ仕事が終わりました。教えるのが楽しい家だったので、寂しい気分です。まだもう一人、仕事が忙しいそうでなかなかレッスンができない生徒さんが残っていますが(出産前に会えるでしょうか?)、仕事がぜんぶ終わるのも後もう少しです。

来週からは代わりに週1-2回両親学級が入ります。NHS(公共医療機関)の無料の両親クラスの評判がいまいちなので、ほかに、こないだブログで紹介したNCTが主催のプライベートの両親クラスも申し込んだので(高かったけど、いろんな人に受けといたほうがいいと勧められました)、人より講習がおおくなったのです。どんなことを習うのか、ちょっと楽しみです。近所の教会で妊婦も参加OKなママたちの集まりがあるとも聞いたので、両親学級のほかに、そっちにも一度顔を出してみようかなと思っています。嬉しいことに、日本人向けの集まりと、地域(つまりイギリス)の集まり、両方がすぐ近所であります。こちらもちょっと楽しみです。

まだまだ二ヶ月あると思って余裕でいたら、同じ七月に出産予定の日本の友達から、ついに出産日が決まったという話が。六月末に帝王切開だそうです。一人目がそうだったから今回もそうなのだろうけど、6月末って言ったらあと1ヶ月ですね! もうそんな時期なんだ、とちょっとびっくり。彼女の一足早い体験談が聞けるのをとても楽しみにしています。別の7月出産仲間(在英)からは、検診で尿糖が出たとのレポート。前日にお菓子を馬鹿食いしたせいかもしれないと聞きました。いったいどうなるのかと思ったら、

「妊娠後期にはよくあることだから、大丈夫。」

の一言でOKだったのだそうです。日本でもそうなのかな?

体重管理もないイギリス。
太った妊婦に管理しろというと、逆切れされたり、名誉毀損で訴えられる恐れがあるとか? ほんとかな?
 太っていても、今は薬とか現代医療で何とかなるので、うるさく管理しろといわれなくなったのだとか。
血圧が高かった場合も、薬で治療して終わりだそう。
日本だったら管理入院とかするそうですが・・・公共医療なので無理なんでしょうね。
公共医療だからこそ、国民の血税を無駄にしないよう、国民に健康管理を促すべきかと思うのですが・・・みんな医療費ただだから、やりたい放題です。

何はともあれ、来週の定期検診、何事もなく無事終わるといいな。

それにしても、もっとのんびり妊婦生活が送れるかと思って、いろいろ出産前にしておくことリストを作っていたのに、まだそのほとんどが手付かずのままです。読もうと思っていた本も、やろうと思っていたものも、山積みのまま。「まだやりたいことがいっぱいあるから、おちびもなるべく長くお腹にいてね」、なんて毎晩おなかに語りかけていたら、ある不吉なニュースが。

イギリスではChild Trust Fund(CTF) (←詳しくはクリック)といって、子供用の資金運用貯金(?)のようなものがあるそうなんですが、政権交代で政策が変わり、今年8月以降カットされるのだそう。これは、子どもが生まれると、誕生時と7歳になったときに政府から貯蓄口座開設のための250ポンドのクーポン券が支給されるという、イギリス少子化対策の一環なのだそうですが、予定日が7月末のおちび、1週間以上遅れると、この250ポンドがもらえなくなってしまいます! !

急遽、チーたろうと2人で毎晩おなかに向かって、

「やっぱり、7月になってからなら、早めに出てきてもいいよ。」

と語りかけている私たちです。

日本と違ってベビーブームのイギリス、これからいろんなところで子育て支援がカットされていくのかも・・・???



よかったら一押しをお願いします!




 


No.311 / プレママ日記 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2010.05.27  宅配のヒーロー <<00:29


大きな買い物が終わり、おちびグッズも後は服とこまごました消耗品をそろえるだけになりました。おちびの服も、買い物好きなちーママが買い込んでいるようだし、そんなに準備するものはないのですが、割引券をもらったこともあり、イギリスの子育てグッズ通販で有名な、「Jojo maman bebe」のサイトでちょこっと買い物をしてみました。

普段ならインターネットで買い物することのない私。
どうしていつもオンラインで買い物をしないのかというと、実物が見えないから。今回の場合、だいたい別のお店で下見したものばかりだから大丈夫なのですが、届いたときの、

「え、写真となんか違う」

ていう、あの感じがいやなんです。

そして何より、いつ届くかわからない配達を待つのがすごーくいやなんです。

「ひょっとして、隣んちもぜんぶ留守で、玄関前に置かれてぬれていないだろうか?」 とか、
さらに、
「玄関前に置かれて、誰かに盗まれていたりして?」 とか心配したり、
明日お届けしますと連絡が来ていたから1日待っていたのに、
「ごめんなさい、やっぱり今日は無理です! 明日行きます!」
なんて電話が5時ごろかかってきたり、そんなのがすごーくいやなんです。そして、過去のAmazon UKを利用した際には「こんなこと(←クリック)」もありました・・・

で、今回も「いつ届くだろうね。留守にしてないときだったらいいな。」なんてチーたろうと話しながら日曜日に注文したのですが、そのサービスにびっくり。

月曜日、「今下記のご注文の品を梱包作業中です。明日にはそろいます。」
とメールがあり、

火曜日の晩、「ご注文の品がすべてそろいました。明日配達いたします。」
と再びていねいにメール。

そして今朝、
「本日、午後、13:45-14:45の間に配達いたしますので、その時間帯には下記住所でお待ちいただけますようよろしくお願いいたします。」
とメール。

13:45-14:45って、1時間スロットの、すごく細かい時間指定でびっくりしました!!
だって、サービスがいいと思っていたデパートのJohn Lewisだって、「8時-14時のいつか」みたいな時間指定なのに・・・! 

でも、まだ喜ぶのは早い、ほんとうにその時間に届くかどうか怪しい、と思いながら、今日は結局、いまだに進行中(泣)の家の片づけをしながら1日、家で待機することに。

そしたら、






ほんとうに時間通りに注文した商品が届きました!!! 
「Jojo・・・」が委託した外部の宅配業者のようですが、
びっくりです! 


とても礼儀正しいおじさんでした。私のお腹を見て、多いからと家の中まで荷物を運んでくれ、帰り際に、「よかったら見てね」一枚のチラシを置いていきました。見ると、その会社のプロモーション・ビデオのアドレスが。

サービスのすばらしさに感動した私、早速のぞいてみました。

よかったらみなさんもどうぞ。
   ↓
DPDのプロモーション・ビデオ


どうやら、子育てグッズ系のウェブ通販の配達は、結構しっかりしているみたい。「Jojo・・・」のライバルでもあり、イギリスでたぶん一番人気の子育てグッズ通販サイトのKidiicareも、さっき見てみたら同様の1時間スロットでの指定配達をしているし、時間変更も携帯メールでOKみたいだし、お金を出せばJojoと同じで24時間以内の配達もしてくれるみたい。(同じ宅配会社かも?)「あぁ、××がないけど買い物にいけない!」 っていうときに便利だなぁと思いました。

そういえば先輩ママたちも、産後出かけられないときには、食材からオムツから、スーパーの宅配サービスを利用したと教えてくれたっけ。オンラインで注文したら、すぐに配達してくれるのだそう。

イギリスの宅配サービスを見直しました。
やればできるんですね。




よかったら一押しをお願いします!



No.310 / イギリスつれづれ / Comment*2 / TB*0 // PageTop▲

2010.05.24  ぞうの行進 <<02:20


毎日毎日、ほんとうにいい天気です。
すんごくBBQがしたくなるのですが、

「妊娠中にBBQを食べると、生まれてくる赤ちゃんの顔に湿疹が出るからだめ!」

とチーたろうの厳しい言葉。

チー・ママによると、BBQ以外にも、ローストしたりグリルしたりした食べ物や、フライドポテトのような揚げ物を食べると(これらの食べ物は中国の考え方では、体に熱をためるたべものだと言われる)赤ちゃんの顔に湿疹が出て後で困ることになるのだそうです。

そんなばかな!
 
私の両親がお産の手伝い(?)にきてくれたときだけは、BBQをしていいと許可が出たので、その日を楽しみにしているのですが、そのときうまく晴れるかなぁ??

さて、天気がよくて気持ちよかったので、ロンドンまでドライブ、シャーロック・ホームズで有名なベーカーストリート近くのMarylebone High streetでブランチをしてきました。

天気がいいと変な車がたくさん登場するのですが、この日も変な車に遭遇。

IMGP4267.jpg


面白い車だったけど、一車線しかないメイン・ロードを時速10マイル(だいたい時速20kmぐらい)で走るのはやめて欲しい・・・!

ブランチをしたのは、つわり中にブランチしに行って、出てきたトーストがあまりにもおいしかったのでおかわりしたパブ。あの時は、ただのトーストが涙が出るほどおいしかったのですが、今日は、まったく同じパンがトーストされて出てきたというのに、
「何でこのトーストがあんなにおいしかったんだろう???????」
と思いながら朝ごはんを食べました。

途中、最近ロンドンのあちこちで見かけるようになったぞうがいたので記念に。

IMGP4281.jpg


今、いろんなデザインのゾウがロンドン中に置かれていて、いつかわかりませんが、後日オークションにかけられるのだそうです。その収益はアジア・ゾウ保護のためのチャリティーに寄付されるのだそう。くわしくはこちら

いつまであるかはわからないけれど、観光地を中心に置かれているので、ロンドンへ来たら必ず一度は目にするんじゃないかなと思います。私が見た中で一番圧巻だったのは確かグリーンパークのゾウたち。たくさん並べてありました。なかなか面白いストリートアートだなと思います。ロンドンは東京よりずっとせまいので、どこへ行ってもゾウに出くわすようなそんな感じがするけれど、ごちゃごちゃして巨大な東京の街ではロンドンのようなインパクトはないだろうなぁとか、たぶんこんな風にたくさん置けないだろうなぁと思いながら見ています。

IMGP4283.jpg  IMGP4286.jpg
有名なチャイニーズレストランのそばに置かれていたゾウの名前(ゾウたちにはそれぞれ名前がつけられている)は、「Chinesephant」。置かれたお皿がなんともいえませんね。

そういえば、私がロンドンへ来て間もない頃は、ゾウではなくて牛のパレードがありました。その牛のオブジェたちもオークションにかけられたのですが、後日スイス旅行したときに、町の中のある家のベランダに乗っていてびっくりしたことがあります。このゾウたちも世界中に売られていくのでしょうね。



よかったら一押しをお願いします!



No.309 / イギリスつれづれ / Comment*3 / TB*0 // PageTop▲

2010.05.24  教会イベントめぐり <<00:07



土曜日はうちの町と、隣町の教会でのイベントに行ってきました。
うちの町の教会であったのは、NCT(National Children’s Trust)主催の、「Nearly New sale」。文字通り、新品に近い中古品子ども用品を売るセール。NCTは子育て支援のチャリティーで、両親学級や子育て支援のいろいろな活動が有名です。「中古なんて嫌だ!」と嫌がるチーたろうを、「すぐ近くだし、新品みたいな中古品らしいし、せっかくだからちょっと行ってみよう」と引っ張っていきました。


朝11時に会場オープンということだったのですが、「早く行った方がいい」とチーたろう。10時半に会場へついてみると、すでに行列が。

IMGP4262.jpg


11時の会場オープンの時間には、外の歩道まで延々と長蛇の列でした。

11時、1ポンドの入場料を払って、買い物スタート。
教会のホールを2つ使ってのセール、中はこんな感じでした。

IMGP4265.jpg


商品は、服やおもちゃ、本がほとんどでしたが、ベビーカーやバウンサー、ベビーバス、三輪車、・・・と一通りのものが並んでました。「ちょっと見てみよう」と入ったセールだったけれど、みんなの熱気に押されて、いつの間にか、2人とも買い物かごがいっぱいに。「中古の服はちょっと気持ち悪いからやめようね」と話していたはずのチーたろう、しっかりとサッカーのバルセロナ・チームのユニフォームをかごに入れています・・・。
「新品みたいだし、4ポンドだけだし、普通に買ったら30ポンドはする!」
と興奮していました・・・。どうみても大きいんですが、チーたろう、とても嬉しそうなので購入してしまいました。(あと一年半はタンスでねむることになるでしょう)あんなに中古の服はいやだといっていたのにね! 

後は結局、買うかどうか悩んでいた、ベビーベッドにつけるおもちゃ(音楽とともにおもちゃがくるくる回る)の新品が10ポンドだったので購入、他に赤ちゃん用の英語の本やアルファベットや数字の勉強用グッズを買い(帰ってよく見たら、どちらも「三歳~」と書いてありました・・・)、30ポンド近くも買い物をしてしまいました。結局どれもなくてもいいものばかりだったけれど、なんだかいい買い物をしたような気になって帰りました。

セールには、なんと、生まれて数日と思われる赤ちゃんまで(それか未熟児で生まれたあかちゃんだったのかな?)、お母さんに抱っこされて来てました。この間もIkea(イギリスで人気のある、家具のスーパーみたいな巨大店)へ行った友人が、「小さな赤ちゃんだなぁと思って声をかけたら、生後4日目の赤ちゃんとママだった」と驚いてました。Ikeaは、工場みたいに大きくて、入り口を入ると出口まで、結構歩かなくてはならないはず・・・! Nearly New Saleだって、この人ごみでもまれるのは結構大変です! 妊婦でも大変なのに、出産後すぐ買い物・・・。無痛分娩する人が多いので産後すぐ出歩ける人が多いそうだけれど、イギリスのママたちはたくましいです・・・! 

隣町の教会でのイベントは、コンサートでした。
モーツアルトの曲が演奏されるということで胎教にもよさそうだし行って来ました。
ピアノとチェロとバイオリンの三重奏。イギリスの教会ではこんな風によくちょっとしたコンサートが行われていて、週一回、ランチタイム・コンサートをしている教会はロンドンにはほんとうにたくさんあります日本だったら、公民館かお寺でコンサート、って感じでしょうか。そういえば、以前教えていた大学でもランチタイムコンサートがよく開かれていました。大きなコンサートホールではないけれど、町の中、学校の中で、こんな風に気軽にクラッシック音楽に触れられるイギリスの環境はいいなぁと思います。

IMGP4280.jpg


教会でコンサートを聞くのは私にとってはじめての経験でしたが、こぢんまりしていて、とても気持ちいいコンサートでした。次に行けるのはいつかな? 


IMGP4273.jpg
コンサート前に見かけたカップル。なんと男性は燕尾服! なぜ・・・? 
2人はコンサートにきたわけではなかったようで、夕闇の中に消えていきました。


よかったら一押しをお願いします!




No.308 / プレママ日記 / Comment*2 / TB*0 // PageTop▲

2010.05.22  ロンドン・オリンピック・マスコット、登場! <<23:24





今週・・・

ロンドンオリンピックとパラリンピックのキャラクターが発表されました・・・


マスコットたちの名前はWenlock(ウェンロック)とMandeville(マンデビル)だそう。


先に発表されたロンドン・オリンピックのロゴは、ロンドン市民の80%が、「ワースト・オリンピック・ロゴ」だといっているそうですが、


このマスコットで汚名挽回できるでしょうか・・・???









これがそのマスコットです。
じゃじゃーん!





article-1274353414801-09A93426000005DC-211102_636x314.jpg








ノーコメントです。
ちなみに、左のマスコットの胸についているのが、例の、悪評高いロゴです。
最近は見慣れてなんとも感じなくなりましたが。


最後に・・・ロンドンオリンピックのキャラクターたちを、イギリス・アニメとともにお楽しみくださいませ・・・








よかったら一押しをお願いします!




No.307 / イギリスつれづれ / Comment*2 / TB*0 // PageTop▲

2010.05.22  西米露・・・タピオカミルク <<23:06


暖かくなりました。5月に入っても最低気温が3-4℃だったりで、昼間っから真冬のコートを着ていた1週間ほど前がうそのよう。最高気温が25度超えているので(昨日はヨーロッパでいちばんイギリスが暑かったとか?)、つまりは、イギリスの真夏のお天気が続いています。青空の下歩いていると、イタリアを旅行しているかのような錯覚に。

ただ、お腹が大きくなってきたせいか、暑い! イギリスは日陰にいれば涼しいので家の中はいいのですが、外に出ると暑くて、すぐ顔が赤くなってきます。こっちの天気になれたせいかたった20℃ちょっとでこの状態の私ですが、日本の妊婦さんたちは大変でしょうね…!

暑くなると食べたくなるのが、香港風の冷たいココナッツのお汁粉。いわゆるタピオカミルクです。このデザートに初めて出会ったのは大学生のとき。確か一年生のときの学科の新歓パーティーのデザートに出てきて、「おいしい!!」と感動したのがそうだったと思います。他に何を食べたのか覚えていないのですが、それだけ覚えてるんです。チーたろうの大好物でもあります。

日本だと、ココナッツミルクと、タピオカと、牛乳、砂糖、生クリームで作ることが多いと思いますが、香港ではこれにメロンを入れたり、タロイモを入れたりします(サツマイモで代用してもいいみたい)。メロン味もさっぱりしていておいしいけれど、私はほくほくした芋入りが好きです。日本だとタピオカが手に入りにくいかもしれませんが、ここはロンドン、アジア系のスーパーはもちろん、ちょっと大きなスーパーに行けば手に入ります。体重急上昇中なので(2週間で1kg増!! 通りでお腹が苦しいわけです・・・)甘いものは控えたほうがいいのかもしれませんが、こんなお天気の日はイギリスでは珍しいし、いつまで続くかも、この次いつ暑くなるかもわからないので、週末のデザートに作っておこうと思います。


xinsimple_17201032616575001456929.jpg


よかったら一押しをお願いします!




No.306 / グルメ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2010.05.19  夜な夜な聞こえる赤子の声 <<03:30



最近夜中に、どこからか赤ちゃんの泣き声がします。
空耳かな、ひょっとしてまた妊娠ホルモンの仕業かな? 
・・・なんて思っていたのですが、



最近原因がわかりました。









お隣さんに赤ちゃんが生まれたのです!!!


お隣さんは東ヨーロッパ系の金髪カップル+小学生くらいの娘さん。
一年ほど前に隣に引っ越してきたのですが、ガーデニングをまったくしないので(大家さんがしている)あまり見かけたことはなく(特に奥さん)、ご主人がごくたまに前庭で携帯電話で話しているのを見かけるくらい(この辺は家の中は電波が弱い!)。というわけで、前庭の垣根越しに、携帯電話でおしゃべり中のご主人に「Hello」と声をかけたことがあるくらいのつきあいです。

というわけで、奥さんが妊娠していたなんてまったく知りませんでした!! 




気がつくと庭にたくさん赤ちゃん服が干してあり、
昨日は赤ちゃん連れで隣の奥さんが裏庭で日向ぼっこしていました。


妊娠してたなんて知らなかった! けど、彼女もまさか私が妊婦だとは思っていないでしょう・・・。
私もこもり気味だし、隣のご夫婦もあまり外に出てこないのだけれど、今度、チャンスがあったら声をかけてみようと思います。


No.305 / プレママ日記 / Comment*2 / TB*0 // PageTop▲

2010.05.19  赤ちゃんグッズ、日・中・英 <<03:12


週末、おちび用カーシートに、ベビーベッド+マット、ベビーカーを買いました。
一気に1000ポンド近い出費でした! ずーっと迷いに迷って選んだ品々でしたが、買い物のとき、頭の片隅に、

「日本みたいに出産費用がかからないのだから、そう思ったら少しぐらい高いものでも・・・」

とか、

「この日のために一生懸命仕事してきたのだから、少しくらい贅沢しても・・・」

という悪魔のささやきが。最も、今回の品々、カーシート以外は何年も使うものだし、けちけちしないで買いました。

一番お金のかかる、そして慎重に選ばなければならないグッズ選びが終わったので、なんだか一気にほっと安心。あとは適当に選んでも何とかなるものばかり。日本と香港の実家に少しお願いしてあるし、今週末は近所の教会で「Nearly New Sale」という、新品に近い中古赤ちゃんグッズセールがあるので、残りはそこで掘り出し物が見つかるといいなと思っています。うまくいけばしばらく赤ちゃん用品店めぐりから解放されそうです。万歳!


それにしても、ベビーグッズ選びも、家によってさまざまだなぁと思います。
予定日が1-2週間から一ヶ月違いの妊婦仲間が何人かいるのですが、優先順位も、選び方も、仕入先も、ほんとさまざま。たとえば予定日3ヶ月以上も前に赤ちゃんグッズをすべてそろえてしまった人もいれば、産まれてから赤ちゃんと一緒に、赤ちゃんの好きなものを選ぶ、という人もいます。産後のんびり過ごしたい私はできれば最低限一通りそろえておきたいなぁと思っています。だって、子どもの世話に追われながらベビーグッズをそろえるより産前のんびり楽しく選ぶほうが、楽だと思うのです。買いすぎに気をつけなければなりませんが!

それにしても、面白いなぁと思うのが、香港やシンガポール・カップルは、イギリスからネットで日本の赤ちゃんグッズを購入Or 検索していること! 日本のもののほう画質がいい、安全、ということらしいです・・・

が、一方の日本人たちは・・・ イギリスのもののほうが安くて質がいいと、多くの人がイギリスで購入しています・・・

ちなみに、イギリスの赤ちゃんの肌着はこんな感じ。

英国赤ちゃん肌着


赤ちゃんグッズ専門店、Mothercareのページです。日本のとずいぶん違って、頭からすっぽりかぶせるタイプです。日本の肌着のほうが着せやすいらしくて、日本人の中にも肌着は日本から取り寄せる人もいるみたいです。

日本のはこんな感じなのかな? 赤ちゃん本舗のページをつけておきます。

日本の肌着

日本の赤ちゃん肌着は着物文化の伝統をひこずっているような感じがして、面白いなぁと思います。紐で結ぶものが多いのかな。

じゃ、中国の肌着はどんなかんじかというと・・・
ネットで見ると、韓国製や日本製の赤ちゃん肌着にたくさんヒットします。国産は中国では人気ないのかな。

たぶん中国産の赤ちゃんグッズを取り扱っているのではと思うページを載せておきますね。
(このページが人気があるサイトかとか、そういうのはよくわかりません・・・)

中国の肌着

中の「所在地」はたぶん発送地? ということは、その省で作られているということかなあと思います。そういえば中国では、服でも電化製品でも「生産地」が表示されていることが多かったので、それかも。日本では普通、「岡山製ラジオ」なんて、製産地かかないですよね。あ、食べ物は書くけど。


そうそう、香港で買うと赤ちゃんグッズも安いかと思って、来月来英するチーたろうの妹に赤ちゃんグッズを買ってきてもらおうと何点かチーママにリクエストしたら、

「ぜんぶ日本製のものを買うけれど、それでもいい??」

と返事が来ました。(香港で買ってきてもらう意味ナシ・・・)
で思い出したのは、香港から赤ちゃん連れでイギリスに遊びに来るチーたろうの友達も、ベビー服からベビーフード、おしりふきまで、すべて日本ブランドだったこと。説明がわかるのかなと思ったら、ちゃんと説明翻訳シールがついていました。中国はもちろん日本まで震撼させた粉ミルク事件のこともあり、香港のママたちは外国製品を買いたがるみたいです。

買い物のたびに、生産地をチェックしているチーたろう。
まだベビー服は買っていないけれど、週末のセールでも、中国製品だったら反対されるのだろうな・・・。日本よりベビー服の安いイギリス。ひょっとして、ぜんぶ中国製だったりして??? 




よかったら一押しをお願いします!



No.304 / プレママ日記 / Comment*2 / TB*0 // PageTop▲

2010.05.16  夢物語 <<01:48


4月、イースター休みだったこともあり、いろんな人と遊んでもらいました。
安定期ということもあり、遊びまわっていた私。日常が戻ってほっと一息ついたとたん、気が緩んだのか風邪を引いてしまいました・・・! 

でも、一晩寝たら直ったみたい? おととい のどがすごく痛くなって怪しい状態だったのですが、さっさと寝たのがよかったのかな? 昨日は鼻水たらたらだったのですが、今日はそれもぴたっと止まりました。よかった。

さて、昨日は風邪を理由に、チーたろうの庭の芝刈り(ずーーっとできずにいたので、かなり伸びていた!)をサン・ベッドから眺めていました。
「そこ、まだ長いの残ってるよ」
なんていいながら・・・。なんとなく召使をこき使う女王様気分。

時々手伝ったりもしたのですが、妊娠中は関節がやわらかくなることが原因か、重いものを持ってしゃがんだり座ったりすると、関節がちょっと変な感じ。重くなってきたおなかのせいで変なしゃがみ方をすると、ひざがパコパコ外れそうなかんじになります。変な姿勢になると、骨盤もゆがむかもしれません。気をつけなくては! 

なので、昨日は楽をさせてもらい、天気もよかったので、その後しばらく庭でのんびり平和な午後を過ごしていました。






その後事件が起こりました。

夜、あたりが暗くなり始めた8時過ぎ、ふと2階の窓から外をみると、隣の家にガーデナー(庭師)が来て、庭の手入れをしていました。いつもは隣のうちのインド人の大家さんが、家族で庭の手入れをしているのですが、今日は本格的なガーデナーが、最新の機器を使って、植木を刈り込んでいます。あぁ、これで隣の庭もぴかぴかになるなと思ったら・・・! 家との境に植えてある生垣が全部引きぬかれていて、代わりに、三メートルくらいの金網がはってあるではないですか! 

家の庭が丸見えだし、かっこ悪い! 隣の家の庭は、テニスコートに改造されていました。ボールが家の庭に飛ばないように、金網フェンスにしたようです。

確かに、我が家と隣との塀や生垣の所有権は隣の家のもので、その管理は隣の家がすることになっているけれども、何か変える時は、わが家に一言声をかけてくれてもいいはず。
慌てて下に下りると、なんと、我が家の庭、せっかく刈ったばかりの芝生は舗装されて、バスケット・コートに改造されていました! 

どうやら我が家の庭の所有権は近くの高校にあり、今後はその高校のバスケットコートとして利用されることになったようです。

でも、私たちの庭でもあるのだから、改造前に一言声をかけてくれてもいいはずですよね? 
驚いてチーたろうを呼ぶと、激怒したチーたろう、なぜか愛車で庭に乗り入れて、 庭を車でぐるぐる走り回り、新たに庭に設置されていた自動販売機に激突、車を乗り捨てて逃走。

ショックで庭に立ち尽くしていたら、空からヘリコプターで金髪の婦人警官が降りてきて、不法侵入と器物損害の罪で、逃走したチーたろうの代わりに私が手錠をかけられる羽目になりました!

で、

「私たちの庭でもあるし、以前はとてもきれいな庭で、一生懸命手入れをしていたのに、勝手に改造するなんてひどすぎる! 被害者は私たちだ!」

・・・と婦警さんに向かってわんわん泣きながら訴えていると、




私の泣き声を聞いて驚いて目を覚ましたチーたろうにたたき起こされました。




・・・もうお気づきだと思いますが、「その後事件が起こりました」のところから先は夢でした。
(昨夜は普通に夕食を食べて早めに寝ました。)

チーたろうがびっくりするわけです、しばらく泣き止むことができないほど、ほんとうに子どものように大泣きしていました。

最近寝言がうるさいとチーたろうに指摘されていた私。手元のイギリスのマタニティーブックによると、妊娠後期はとても鮮明な夢を見るのだそうですが、大泣きしたのもそのせいかもしれません? この頃の妊婦さんは、鮮明な自分の出産シーンの夢を見たりすることがあるのだそうですが、私の場合、出産にまったく不安を感じていないせいか、お産の代わりに、愛する庭を破壊される夢を見たのかもしれません・・・

昨日、隣との境の生垣に雑木が混じり始めているのに気づいて、嫌だなぁと思って見ていたのと(2年ほど前に隣の家のオーナーが代わったのですが、毎月ガーデナーを呼んで庭の手入れをしてもらっていた以前のイギリス人オーナーと違い、今の大家さんはあまりガーデニングに興味がないようす)、昨日その隣の家にお客さんが来ていてみんなで庭でバトミントンをしていたこともあって、そのせいでこんな夢を見たのかもしれません。



悪夢をめったに見ない私、夢でこんなに大泣きしたのは初めてです。
(子どものときのことはわからないけれど)



鮮明な夢を見るのも、妊娠ホルモンのせいだそうです。
つわりから始まり、妊娠ホルモンが原因の症状をマニュアルどおりに経験してきている私。
しっかりホルモンが分泌されているのはいいことですが、今夜はもっと幸せな夢を見たいなと思います。


注)我が家の庭は、バスケット・コートが取れたり、車で走り回れたりするほど広くはありません。そして・・・土地の所有権もちゃんと、私たちにあります! よかった。

よかったら一押しをお願いします!



←もっと読む
No.303 / プレママ日記 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2010.05.13  おしりシール <<05:40


最近、家の中では普通のジャージをはいて生活しているのですが、ウエストが限界に近づいてきました。
はけるのですが、ずりずりずれてくるようになったんです。
上にチュニックとか、長い上着を着ているし、家の中でのことなので別に問題はないのですが、そんな私を見てチーたろう、

おしりシールを貼ったら」

というようになりました。



おしりシール・・・??


何だろうと思って聞いてみたら、おしりの穴が見えないように貼るシールのことだそうです。
今はやっているとか言ってました。




またバカなことを言い始めたと思って

「ふーん、そう」

なんていっていたのですが、週末、ついにテレビで目にしました、おしりシール。
コメディー番組で、コメディアンのおじさんがくるりと背を向けてしゃがみこんだそのおしりに、


ぴかぴかのおしりシールがはってありました!

スパンコールつきのユニオンジャック(イギリス国旗)でした。

ほんとにはやっているんでしょうか??
よく考えたら、女の子の今の流行は、チュニックにレギングス(か、ぴちぴちのジーンズ)。
しゃがんでもおしりは見えないはず。

ということは、おしりシールは、腰はき・パンちら・ジーンズを愛用している、男性用のシールなのでしょうか。



いい年をしたコメディアンのおじさんのおしりシールは強烈でした。

穴を見せられるよりはシールが見えるほうが確かにいいけれど、あんまりはやって欲しくないシールだなと思います。



ひょっとして・・・日本ではもうはやっていたりして????


No.302 / イギリスつれづれ / Comment*2 / TB*0 // PageTop▲

2010.05.11  さすがジョン・ルイス! <<22:12



先々週届いた家具、サイドボードのほうは、イギリスでよくある、「自分たちで組み立てなくてはならない家具」だったのですが、せっかく買ったのに、途中に、どうしても組み立てられない部分があり、途方にくれていました。ちょっと変わったネジがついていて、そこに差し込んで固定するのですが・・・今までもこのタイプのねじのついた家具を何度も組み立てたことがある私たちですが(そしてそのたびに苦労していた)、今回は、何度も、何度も挑戦してもうまくいかなくて、ついにあきらめることにしました。

ただ、安いものではなかったし、マニュアルどおりに組み立ててもうまくいかないのだから私たちのせいではないはずだと、家具を買った「ジョン・ルイス(以下JL)」というデパートに電話して、返品できるか、交渉してみることに。と、すぐに無料でスペシャリストを派遣してくれました! 何が問題か、チェックしてくれることに。電話での受け答えも(チーたろうが電話したのだけれど)対応もとても親切で、専門家もちゃんと時間通りに来てくれました!!

見てもらった結果、私たちのねじを取り付けるときの取り付け方が中途半端だったのが悪かったようで、休日を2日もつぶしてあーでもない、こうでもないと何度やってもうまくいかなかった部分が、10分ほどで終了!! やっぱりプロは違います!(私たちが馬鹿だっただけかもしれませんが) 結局、面倒だったので、残りの部分もおじさんに全部組み立ててもらいました!! お金が40ポンドほどかかったけれど、1時間で終了。来てくれたおじさんもとても親切でまじめそうな、そして仕事にほこりを持って取り組んでいる感じの、まさに日本人の想像するイギリス人のジェントルマンの典型のような人で、イギリスのサービスを馬鹿にしていた私、見直しました。実はJLでは、組み立てサービスもしているそうで、最初からお金を払えば配達から組み立てまでやってもらえたようです。今度大きな家具を買うときもジョン・ルイスで買おうと思ったくらい気持ちのいいサービスでした。

実は最近JLには、毎週のように通っています。
車で20分ほどかかるけれど、JLのある町は駐車の便もいいし、Mothercare(赤ちゃん本舗みたいなお店)の大型店やその他の子ども用品店、大型スーパーやその他のイギリスの主要なお店がそろったショッピングセンターもあるし、そしてなによりジョン・ルイスの赤ちゃん売り場のサービスがいいのです。

他の先輩ママたちからもJLで赤ちゃんグッズを買うことを勧められて、
「そんなにいいかなぁ? 高そう」
なんて思っていたのですが、JLの赤ちゃんコーナー、「Value」と呼ばれる激安品から高級品まで値段の幅が幅広い上、サービスがいいのです! 予約すれば無料でパーソナルアシスタントがついて、一時間にわたって赤ちゃん用品全般の解説、紹介をしてくれます。うちはこのサービスを利用したことはないけれど、予約してわざわざお願いしなくても、店頭で質問すると、他のお店のようなやる気のない説明ではなくて、プロフェッショナルな、親切ていねいな説明をしてくれるので、外人と見て適当に説明されることの多い私は、赤ちゃん用品で疑問があるときはまず、JLの店員さんを捕まえて聞いています。店員さんも上品で親切で、ここで買い物していると、時々日本のデパートで買い物しているみたいだなぁって思います。

他にも購入した商品は、希望の配達日までの数ヶ月、お店で預かってくれるようで、出産前に家の引越しを予定している人や、まだ家の片づけが終わっていないうちのようなお客にとっては嬉しいサービスです。あと、先週のイギリスの日系新聞の特集で、チャイルド・フレンドリーなお店の紹介コーナーに、JLのオクスフォード・ストリート店の名前が挙がってました。私も絶対他のデパートよりずっとチャイルド・フレンドリーだと思います。その証拠に、広々とした店内にはいつ行ってもベビーカーが行きかってます。

この春にはJLについてのドキュメンタリーをBBCでしていましたが(チーたろうが熱心に見ていた。)、JLはイギリス人に一番愛されているデパートらしいです。実はチーたろうの両親もJLのファン。よく、
「割引になっていないものを比べると、電球でも、何でも、ジョン・ルイスのものが一番質がよくて安いのよ。」
とチーママが言っていたのを思い出しました。
たくさんの人に愛されている理由が、今回よくわかりました。

さて、挫折して、あきらめかけていたサイドボードも完成して、家の片付けも終盤にかかってきました。サイドボードができて、ダイニングルームもすっきりして気持ちいいです。今週はおちびグッズを買いに行ってきます! 行き先はもちろんJL。ウインドーショッピングは卒業して、ベビーベッドと、ベビーカーを買ってこようと思っています。


よかったら一押しをお願いします!





No.301 / イギリスつれづれ / Comment*2 / TB*0 // PageTop▲

2010.05.11  中国の名づけ方 <<21:58


そろそろ名前を考えなくてはと、名づけ作業もぼちぼちがんばっています。
名前を決めるとなって、中国語の名前って、つけるのがほんとうに大変そうだなと気がつきました。だって、日本だったら、「しんいち」とか、「こうじ」とか、そういう「よくある名前」があって、その中から自分の好きな名前をえらび、それに合う漢字を選べばいいだけですよね。漢字だって使える漢字に制限があるので、そこから選べばいいわけです。

英語の場合もっと簡単で、「ジェームズ」とか、「マイク」とか、そういう名前の中から、自分たちの一番好きな名前を選び、スペルを決めればおしまい。

でも、中国語の場合、「よくある名前」というのが、日本やイギリスのようにないうえ(そのせいか、中国の「××年の名前人気ランキング」のようなものをインターネットで検索してもぜんぜんみつかりませんでした。もしそういうランキングがあったらおしえてください!)、名前に使える漢字は何万とあります!! どんな漢字でも使えるというのは逆に大変だなぁとつくづく思いました。

何でも最近は、中国のお父さん、お母さんたちも、
「人と違った、世界に一つしかない、カッコいい/かわいい名前を付けてあげたい!」
と思う人が増えたせいか、辞書の普及のせいか、学校の先生が読めない名前をつける人が多くて、学校の先生たちは苦労しているようです! で、中国も人名漢字リストを作ろうとしているみたいですよ。

中国は広いので、名前にも地方色が結構出ます。
たとえば、香港人の名前と中国大陸本土の人の名前を比べてもなんとなく違っていて、大陸の人の名前のほうが簡単な漢字を使うことも多いし、日本人にもわかりやすいような気がします。あと、中国本土で文革時代に生まれた人には、「軍」とか「紅」とか、共産党をイメージさせる名前も結構多かったような気がします。もう一つ違うのは、陸の人には圧倒的に姓、名、一文字ずつ、計2文字の名前をつける人がいるということ。そういう名前を聞くと香港人は「大陸っぽい名前」と思うみたい。たとえば、「王非」とか、「李華」とか。「林彪」とか。

あと、民族色も結構名前に表れていて、私が以前住んでいた中国の東北地方では朝鮮族が多かったのですが、朝鮮族の使う名前の漢字はかなり幅がせまくて、女の子の場合、

「蘭」「紅」「花」「玉」「華」「梅」「美」

この漢字を組み合わせたら、中国朝鮮族の女の子の名前になります。

だから、どのクラスにも必ず「紅梅さん」とか、「香蘭さん」とかそういう同名の学生が1人か2人いて、紛らわしいのでフルネームで呼ばなくてはならなかったのですが、朝鮮族の苗字というのがまたバラエティーが少なくて、クラスの学生の苗字が「金」「李」「朴」「鄭」「崔」の五種類にきれいに分かれてしまうほど。同姓同名も多くて大変でした。

ちなみに朝鮮族の男の子の名前によく使われていた漢字は

「虎」「青」「松」「龍」「哲」 

でした。

さてさて、名づけ作業に戻ります。
じゃぁ、そんな数多くある漢字から、香港人や中国人がどうやって名前をつけるのかなぁっていろいろ聞いてみました。日本でもそうだけれど、家庭によっていろいろみたい。

たとえば、お父さんの兄弟の名前にはみんな「家」がつき、「家傑」「家宝」「家慶」という名前、その子どもの代の名前には「哲」がついて、「哲会」「哲文」「哲龍」とか・・・

あと、お父さんの名前と同じ字を子どもが引き継いでいく、(日本の徳川家のような)というのもあるみたい。

香港の有名人にはこんな兄弟がいます。苗字が「許」で、下の名前が、長男が冠文、次男が冠武、三男が冠英、四男が冠傑、全部はじめに「冠」がつくのですが、名前の最後の字を上からつなぐと・・・

文武英傑

すごいですよね! (私の子どもの頃小学校に、三人兄弟の名前を上からつなぐと「大・成・功」になる兄弟もいましたが!)

あと、香港では漢字選びに、干支や風水占いを使うことも多いみたい。

たとえば、干支が虎だったら、名前に虎の住処である「竹」とか竹かんむりのある字、「木」か木へんの字、食べ物である「月(にくづき)」の入った名前が入っているとよくて、たとえばうさぎ年生まれなどの草食動物だったら「くさかんむり」のつく字が好ましくて、にくづきとか牙とかそういう肉食動物を連想する漢字はタブーだとか・・・。日本のような画数より、漢字の部首やパーツで占うことが多いようです。


じゃあ我が家はどうやって名づけるかというと、・・・その話は長くなってきたのでまた今度書くことにします。


よかったら一押しをお願いします!




←もっと読む
No.300 / プレママ日記 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2010.05.08  選挙終了 <<23:23



イギリスの下院選挙が終了しました。
数年前にあった選挙のときはまだニュースや新聞の英語がちんぷんかんぷんだったのであまりわからなかったけれど、今は少しわかるようになったし、政権交代がかかっているということで今回はかなり盛り上がっていたこともあって、ちょっと面白かったです。私は外人なので選挙権はありませんが。

特に今回は、イギリス三大政党である、労働党、保守党、そして、日本語で自民党っていうのかな? リベラル・デモクラッツという党の党首が、選挙運動(っていうんですっけ?)中、テレビで生討論をする、というイギリス初の試みも行われていて、みんなその時間はテレビの前でスタンバイしていたみたいです。私は見てもちんぷんかんぷんだったけれど、チーたろうが見ていたので横で見ていました。生徒さんたちに感想を聞くと、途中から興奮して英語に切り替わってしまったけれど、なかなか面白い試みだったそうで、「意外と自民党の党首、ニック・クレッグの討論がよかった!」との答えがたくさん返ってきたりしました。

選挙期間中いろんなことがありました。
今イギリスの政権を握っているの労働党の党首であり首相であるゴードン・ブラウン首相(片目失明していることで有名)は、労働党支持者に会って話をした後、テレビのマイクがまだついていることを忘れて、さっき話したばかりの支持者について「なんだ、あの女は!?!? 誰があの女を私と話をするように選んだんだ!?!?」とかなんとか悪口を言ったのが放送されて大騒ぎに・・・

自民党の党首、ニック・クレイグさん(私が参加していたボランティアの理事の息子さんらしい)は、経費使い込みか何かでスキャンダル発覚。

奥さんが妊娠中(9月が予定日だったかな?)の保守党のデビット・キャメロン(彼は重度障害を持った息子さんを去年失くしている)だけは最後までスキャンダルも失敗もなくがんばっていましたが、投票前、アメリカドラマ、「24」のジャック・バウアーもびっくりの、三十数時間にわたる不眠不休の選挙活動をして話題になっていました。

で、投票日は木曜日でした。
日本では普通日曜日が投票日になるけれど、イギリスでは平日に投票が行われます。日曜日は宗教的祝日だからかな? 朝の7時から夜10時まで投票時間があるみたい。日本だったら、平日が投票日になったら投票できないサラリーマンがたくさんでそうだけれど、イギリスではなんとかなるようです。そのせいか、木曜の夜の地下鉄はガラガラ。朝早く投票するか、仕事を早く引き上げて投票知る人が多いみたい。夜8時過ぎまで明るいので、仕事から帰って晩御飯を済ませた後、散歩気分で投票してくる人もいるみたいです。

ただその投票、今年は大混乱だった様子。
政権交代がかかった投票だったからか、いつもの選挙より投票所に行った人が多かったみたい。特に仕事帰りの時間帯は投票所によっては大混雑・大混乱で、なんと、夜10時までに投票が終わらず、投票ができなかった人もいたようです! 

で、投票できなかったかわいそうな人たちはどうなるかというと、慰謝料750ポンド(8万円以上?)くらいもらえるかもしれないんですって!!! 次回の選挙投票日、お金目当てで夜の10時ぎりぎりに投票所へ向かう人が増えるんじゃないかと少し心配です。

で、結果はみなさんご存知の通り。
前回の選挙で政権交代した日本はぱっとしませんが、イギリスはどうなるでしょうね。


よかったら一押しをお願いします!



No.299 / イギリスつれづれ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2010.05.08  香港、座月子料理 <<16:13



チーたろうと結婚する前、チーママから、A4の紙1ページ分の食べ物リストをもらいました・・・

それは、チーたろうが避けるべき食べ物リストと、体に悪い食べ物リスト・・・

医食同源の香港では、かなり食べ物を気にします。彼らの考えでは、食べ物(それ以外にも)にはすべて陰と陽があります。そして人間の体質にも。チーたろうの場合、典型的な体に「熱」がたまりやすい体質(おこりっぽい、せっかち、唇が赤かったり乾燥したりする)なので、「熱」を持った食べ物は避けなくてはならないそう。

熱性の食べ物は体を温める食べ物で、たとえば

チョコレート
ポテトチップス
ライチ 
羊肉
唐辛子

などで、そんなものがリストに書かれていたような気がします。
そんな迷信じみたことをと思っていたけれど、意識してみると結構当たっていて、たとえばチョコレートを食べ過ぎると鼻血やにきびができるように、やっぱり食べ物は健康につながっているのだなぁと思います。ちなみに、香港人の男性は日本人男性より長生きで、世界のご長寿ナンバー2なんですって。香港は国ではないので、正式にはランキングに現れないので知られていないけれど、日本人のようにお酒を飲まないし、こんな風に「食医」の考えがあるからなのかなぁと思います。

普段からそんな風に食べ物に気をつける香港人、もちろん妊娠中の食べ物にもいろいろ気をつけなくてはならないのだそう。そんな話を香港人と結婚した日本人たちから聞いていたので、妊娠したとき頭をよぎったのは、「ひょっとして食べてはいけない食べ物リストがくるのでは??」 ということ。でも、さすがに、香港からイギリスまで食事指導のリストが送られてくることはなく、好きなものを食べ、気楽なマタニティーライフを送っています。

「チーたろうのいないところでは」の話ですが・・・。

チーたろうもやっぱり香港人、どうやらお義母さんほどではないけれど、妊婦が避けるべき食べ物を知っているようで、いろいろ食べものにはうるさいです。

チーたろうがうるさく食べるなと言っている食べ物は・・・

アイスクリーム
瓜類(メロン、スイカ、ゴーヤなど)
生もの(刺身や寿司、生卵など)

生ものはわかるけれど、体を冷やすからなのだそう。妊婦に冷えは大敵だというので
他にもはじめは、「ヨーグルトは体を冷やすからだめ」とか言われていました。メロン、時々すごく食べたくなりますが、見つかるとチーたろうがうるさいので家では食べられません。ちょっとくらいいいと思うんですけどね。他にも最近はBBQなどのグリルしたもの、揚げ物やローストしたものはだめとか、そんなことをうるさくいうようになって、困っています。

でも私はまだいいほうかも。チーたろうは知らないようですが、他にも香港で妊婦さんが避けるべきと言われている食べ物はたくさんあるようです。

たとえば、

へび。

言われなくても食べないよ、って感じですが、香港では冬、へびのスープを飲む習慣(?)があります。体を温める効果があるんだそう。どうして蛇を食べてはいけないかと言うと、妊娠中に蛇を食べると、赤ちゃんの体にうろこができるのだそう。・・・そんなばかな!

他に、昔は「バナナ」を食べてはだめだったと聞きますが、イギリスでは妊娠中すごくいい食べ物だと聞きました。

根拠のなさそうな禁忌食べ物もありますが、こんな風に数ある香港の妊婦が避けるべき食べ物の中で、私も気をつけて食べないようにしているものがあります。

ひとつは、緑豆。昔子どもをおろしたいときに、この緑豆をたくさん食べておろしたりしていたと聞くと、かなり強烈そうで、怖くてたべられません。・・・もっとも日本人は普通緑豆なんて食べませんよね。香港や中国では結構ポピュラーな小さな豆で、緑豆もやしの元になる豆です。お汁粉にしたり、おかゆにしたり、スープに入れたりして中国ではよく食べます。体を冷やす効果があり、北京でも、夏ばて防止に、夏によくおかゆやお汁粉にして食べられていました。体に熱がたまりやすいチーたろうにはぴったりの食べ物で、以前はよく使っていたのですが、妊娠してから、もやしとして食べる以外は一度も口にしていません。

あとはアロエ。
これは香港の本だけでなく、イギリスや日本の本にも妊娠中は避けるべき食べ物としてのっているので(流産の危険があるのだそう)、避けたほうがよさそうだなぁと思います。避けなくても、イギリスではアロエはとてもマイナーな食材なので、食べたくてもなかなかたべられないんですが。

・・・とここまでは香港の伝統的に妊婦の避けるべきだと言われている食べ物でしたが(ただし香港でも最近はちゃんと医学的根拠に基づいた食指導が行われています)、食べたほうがいい食べ物もたくさんあるようです。こちらはあまり言われないので私もチーたろうもよくわからないのですが、野菜や果物なんじゃないかな。

さてさて、香港のチーたろうママたち、妊娠したとき、タブー食品のリストを送ってくることはなかったのですが、最近になって、産後の食べ物についていろいろ連絡が来るようになりました。どうやら産後のことを心配してくれているようで、日本ではいったい何を食べるのかをとても気にしている様子。今の日本(やイギリス)は栄養が行き届いた食生活をしているし、医療も昔と違って進歩しているから、昔のように食べ物の心配は要らないと話しているのですが、やっぱり気になる様子。

香港では産後の「座月子」期間に食べる「特別料理」があるようです。イギリスでも、産前、産後の母子のケアのための「ドーラ」とか「ナース」と呼ばれるお手伝いさんがやとわれることがありますが、香港でも「陪月員」と呼ばれるそういう特別なお手伝いさんをやとうことが多いみたいで、そういう人たちは、産後のスペシャル料理を作ってくれるようです。(台湾で出産した友達の話でも、産後の「座月子」には油がさらに倍増した独特の産後台湾料理があると聞いたことがあるので、中国各地にそういう産後の料理があるのだろうなと思います。)

じゃ、香港でどんなものを産後に食べるのか、とチーママに聞いたら、何度も、生姜酢がどうこうとか言ってました。何のことだろうと思って近くの図書館の中国語のマタニティー本で調べたら(ロンドンの図書館には中国語の本もたくさんあるので便利!)、こんな料理が載っていました。

豬腳薑醋 (豚足の生姜酢煮込み)




どうやら作るのに2ヶ月ほどかかる料理みたいです。
それで、そろそろ準備しろと何度も産後の食べ物について電話してくれていたのでしょう・・・
そして、かなり複雑な料理みたいです・・・
メールでレシピを送ってと言ってもごにゃごにゃ言っていたのはそのせいだったんですね・・・
すごーく簡単に説明すると、まず生姜を酢で煮て、一ヶ月熟成させ、それにゆで卵を入れてさらに一ヶ月。で、産後、そこに豚足を入れてぐつぐつ煮込み、食べるみたいです・・・

せっかくだから香港式の産後料理も作って食べてみようかと思っていたのだけど、
これはちょっと無理かな・・・



よかったら一押しをお願いします!



←もっと読む
No.298 / プレママ日記 / Comment*2 / TB*0 // PageTop▲

2010.05.06  ルバーブ&カスタード・マフィン <<04:47


チーたろうの紹介で、予定日がほとんど同じ妊婦さんと会ってきました。
先輩ママだといろいろアドバイス聞いたりできるのだけれど、同じ妊婦さんでも、あまり出産準備とか赤ちゃんの話しとかしたがらない妊婦さんもいるし、話が合うかな、とかいろいろ考えていたのですが、しっかり赤ちゃんのことをいろいろ考えて準備を進めている方で、あっという間に時間が過ぎて楽しい一日になりました。生まれてくる赤ちゃんは我が家のおちびと同じで3ヵ国語生活が待っていることとか、準備や子育てのこととか考え方が合うところもあって、いろいろなことで話が合って楽しかったです。お互いの家は遠いけれど、生まれてくる赤ちゃんは男の子同士だし、また赤ちゃんが生まれたらぜひまた会いたいなぁって思いました。

さて、話が尽きなかったので、お昼ご飯の後で「Konditor and cook」というケーキ屋さんに移動してずっとおしゃべりしていたのですが、そこで食べた「ルバーブ&カスタード・マフィン」がめちゃくちゃおいしかったです!! 今年初めてのルバーブ。ルバーブは春~初夏の食べ物なので季節物のマフィンだと思いますが(カスタード&ルバーブの「ケーキ」も売ってありました)、甘さも甘すぎず、ルバーブもすっぱすぎず、おいしかった・・・。このお店は、ブラウニーも有名みたい。すごくおいしかったので、昨晩、なぜか夜中にすごーくお腹がすいて目覚めたとき、頭の中でぐるぐると「あの『ルバーブ&カスタード・マフィン』が食べたい」って回っていました。(もちろん願いがかなうはずはなく・・・トーストを作って食べました)

で、どうしてもあの味が忘れられないので今日はさっさと用事を済ませて庭のルバーブでマフィン作り。去年りんごの木をばしばし剪定したせいか(りんごの木の下に生えている)、このところのお天気と雨のせいか、家のルバーブは、今までにないほどの巨大なルバーブに成長をしています。今年は何度もルバーブのデザートが作れそうです。

レシピはこちらを使いました。

が、ルバーブの水分が多すぎたからか、カスタードは家にあった缶詰の既成・カスタードを使ったのがよくなかったのか、べちゃべちゃですっぱいマフィンになってしまいました。

やっぱり、当たり前だけどお店で買ったほうがずっとおいしい。
使ったレシピも、イギリスのレシピで作ったほうがおいしかったかなぁ。
今日もまたあのマフィン、夢にみるかもしれません。




よかったら一押しをお願いします!



←もっと読む
No.297 / グルメ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2010.05.02  きのこの山 <<18:59


日本も連休でしたが、イギリスも連休。 
残念ながらあいにくイギリスのLong weekendは、雨、雨、雨。
昨日から一晩中雨だったようで、連日の晴天で干からびていた庭は、今、沈没しかかっています。
雨の中庭の植物たちは元気いっぱい、りんごが満開、芝生は3倍ぐらい伸びました! 来週晴れたら芝刈りです・・・
日本では毎年見ごろがゴールデンウィークだった、隣から伸びている藤の花のつぼみも、膨らんできました。
雨が降るとイギリスの植物たちはますます元気になるような気がします。

今日は用事をかねて友人宅へ行く予定でしたが、家ごもりになりそうです。
友人宅では昨日も来客があったようですが、お子さんのご機嫌が最悪、なんだか大変な1日だったよう。
子どもが小さいと、たぶん、1日=24時間で、夜中もきっと大変だったことでしょう・・・! 
そしてパパとママは今日も1日その疲れを引きずっていることだろうと思われます。
短いメールだったけれどその大変さが伝わってきて、「明日は我が身」と言う言葉がふと頭に浮かびました。

昨日家具が届いて喜んで大掃除をがんばったせいか、しとしとと降り続く雨のせいか、今日はすごーく眠いので、流れてよかったかもしれないなと思いながらごろごろしながら(といってもおなかが邪魔でごろごろするのも難しくなってきた)ネットサーフィンしています。

たまたまのぞいたgoo のニュースでこんな記事を見つけました。

日本のお菓子や調味料が米Amazonで絶賛

きのこの山はチーたろうの会社でも人気だし、きっと海外向けに出しても売れるんじゃないかな? (ちなみに、ポッキーは「MIKADO」と言う名前でこちらでもうられているし、おみせによってはコアラのマーチも売られています。) 

日本のマヨネーズが人気というのはちょっと驚きました。こちらでは日本人みたいに何にでもマヨネーズをかけて食べる習慣はないので、我が家でも食卓にマヨネーズが上がることはめったにないけれど(たまにサンドイッチに使うくらい)、確かに日本のマヨネーズはおいしかったような・・・(すでに過去の記憶) 日本人みたいにマヨネーズを食べないアメリカ人にも、日本のマヨネーズの味、わかってもらえるんですね。そして・・・何より驚いたのは、Amazonってほんと、何でも売ってるんだなぁってこと。

こんな記事も見つけました。

“ちょい寝”で1晩分の効果!? 昼寝の驚くべき効能

こないだ先輩に、今はなるべく昼寝したほうがいい、と言われたばかりなのですが、昼寝って妊娠中でなくても体にいいみたいですね。最近は何をするにも時間がかかって、あっという間に気がつくと夕飯の時間になっていることが多いのですが、15分でも昼寝をするのがいいのかなと読んで思いました。「昼寝なんて時間がない、場所がない」っていう日本人は多いと思うけれど、中国では、市場の人たち、お店の人たち、会社員、結構昼下がりに、店先で、自分の机で、つっぷして昼寝してました。イギリスでも、中国語の先生(中国人)が時々オフィスで昼寝してましたっけ。(実は私の日本人上司もよくしていた)昼寝するとすっきりするし、疲れたままがんばるよりいいのかな。この記事のおかげで、これから会社でも、どこでも、ランチタイムに正々堂々と昼寝ができそうですよね!?

さて、今日は買出しに行ってくれているチーたろうが帰ったら、出かける代わりに、明日はじめようと思った家具の組み立てにかかろうと思います。この調子だと、ひょっとたらあさってにはおちびグッズの買出しをはじめられるかな?でも、今日は忘れず昼寝の時間もしっかりとろうと思っている私です。


よかったら一押しをお願いします!



No.296 / 日本あれこれ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2010.05.01  抱っこひもはほんとに危険? <<20:27


こないだアメリカ製のスリングが危険だと言うことで自主回収されることになり、イギリスでもニュースになっていましたが、日本でも大きなニュースになったようですね。というか、日本ではいろいろ取り上げられたようで、実家の両親も「抱っこひもは危ないらしい」と電話でさわいでいました。両親の話やネットで見た感じ、イギリスでは「アメリカ製のあるのスリングが危ないらしい」で終わったニュースが、日本ではスリング全般、両親の話によると抱っこひもにも話が及んで騒ぎになった(??)のかなという感じを受けました。

日本ではこんな風に、どこかも安全について呼びかけをしたみたいです。
国民生活センターより

イギリスでは1日ニュースで放送されただけでその後まったく話を聞きませんが、気になります。特に、おちびグッズの準備で一番最初に買ったものが、「スリング」だったから。
私はこの、「ババ・スリング」を買いました。

lavender_babasling_lg.jpg


日本でもはやっているのかな? イギリスで一番ポピュラーなスリングで、使っている人を見て一目ぼれ。自分に赤ちゃんができたら、これだ!! と決めていました。おんぶも抱っこも腰抱きもできるし、授乳するときも楽みたい。落ちそうで危険かなと思って人形で練習してみたけれど、意外にしっかりしていて、もちろん時々手で押さえてあげたほうがよさそうだけれど、激しく暴れて乗り出さない限り落ちることもなさそうです。激しく暴れられる年齢になるとうまく、落ちずにスリングに乗る業を身に付けてくれるとのうわさもあるので、だいじょうぶかな???

日本で売られているババ・スリングはとてもカラフルでかわいい柄が多いみたいですが、ここはイギリス。シックな、単色ババ・スリングしか売られていません。でも、値段は日本よりはるかに安いです! 正規で買うと49ポンドみたいですが、私はディスカウント店で25ポンドで購入。日本で買うと、一万円以上するみたいでびっくり。柄代でしょうか。それにしても、日本人って柄物がすきなんだなぁと、日本のババスリングや子供服の柄を見てつくづく思いました。

スリングの中で一番ポピュラーなババスリングですが、イギリスではスリングはかなりの少数派で、多くの人は、こんな抱っこひもを使ってます。(あ、でも抱っこひもを使う人も少なくて、ほとんどの人はベビー・カーを使っているのですが。)

baby-carrier.jpg


スカイダイビングしているみたいなだっこひもです。

アメリカで問題になったのはスリングについてなので、危険なのはスリングだけで、こういう抱っこひものほうが安全なのかと思っていたら、そうでもなく、抱っこひもにも「股関節脱臼の危険」があるようです。どちらも、あまり長時間使用しないほうがいいみたい。特にこういう抱っこひもは、股のあたりに体重が集中するみたいだし、どっちもどっちなんでしょうね。

私のスリングについての安全性調査結果はこちら。

「すりんぐつれづれ」より

そうそう、さすが世界的ブランドババスリング、さっそくこんなおしらせも。

ババ・スリングの安全注意の呼びかけ

日本語のページだけですが。(大騒ぎしたのは日本だけだったから?)
で、スリング、どうしようかなと迷ったのですが、抱っこひもを使わずだっこしていても、そのほうが落下の危険や母体への負担という負の部分も大きいわけで、危険な面に注意して、安全に使えば大丈夫なのかなと思います。家にいる間や外出時はババ・スリングに入れて抱っこしていればいいやと思っていた私ですが、長時間になるときはやっぱりちゃんと寝かせるか、ベビー・カーで出かけるようにして、でもかわいいスリングも捨てがたいので授乳のときとかちょっとしたときに時々使ってもいいかなと思っています。

使い方を誤ると危険だと言うことがわかったので、上の呼びかけと、下の使い方インストラクション・ビデオで勉強して、楽しいスリングライフを送れたらいいなと思います。




それにしてもインストラクターのおじさん、どうしてピンクのスリングを選んだんでしょうね? 男性にも似合う、もっとかっこいい色もあるのに・・・!

よかったら一押しをお願いします!




No.295 / プレママ日記 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2010.05.01  まちぼうけ <<19:47




最近の私、ブログ更新をがんばってます。というのも、「子どもができると、みんな子どもの話ばっかりするからつまらないよね。」なんていってた人たちの豹変振りを目の当たりにしてきたこともあり、おちびネタばかり書かないで、他のネタも書けるようにしようと思って、妊娠ネタを書いたら、次は普通のトピックでブログを更新していくことに決めたのです。でもはじめてみると妊娠ネタで書きたいことがたくさん出てきて、そのぶんたくさん更新しなくてはならなくなってしまいました! 

で、がんばっていたのですが、普通ネタが足りるかなって少し心配したのですが、意外と書けるものですね。(おちびネタ以外のネタもたいしたものは書いていませんが・・・) ただ、上の決意を続けていたら時間がかかって仕方ないので、子供のことしか話せないわけじゃないことがわかったし、妊娠後期に突入したことだし、これからは親ばかモード全開で書きたいことを書こうと今日から方針変更です。

でもほんと、小さな子どものいるママから、結婚を控えた大きな息子さんだったり、さらにはお孫さんのいる人まで、子どものいる人って、子どものことに話をふるとたいてい目元が緩んでいろいろ話がはずみます。もう三十近いお子さんのことでいろいろ悩んでいるお母さんもいて、すでに私もそうだけれど、子どもと言うのは親の脳みそを占領してしまう存在なのだろうなと思います。逆にまったく話さない人のほうが、心配かもしれませんね。

さて、今日は家ごもりです。注文したタンスとサイドボードが届くのでとても楽しみにしています。一年前の風水師来訪からスタートした家の模様替え計画、やっと終わりに近づいた感じです。ずっと空っぽでさびしかったダイニングルーム、サイドボードが届いて、やっと、欠けていた部分がぴったり収まってくれるような、そんな気がします。そして、この二つが届いたら我が家の大掃除も終盤戦です。

ただ、配達時間、「7時から2時まで」と幅が広いのが困ったところです。特にチーたろう、朝から数十分おきに、「まだこない! 電話しようかな」とうろうろしていて、ちょっとうざいです。本気で電話掛けそうな勢いなので、そのたびになだめています。2時になってもこなかったらどうなることやら。

あぁ、早く来ないかなぁ!


よかったら一押しをお願いします!


←もっと読む
No.293 / つぶやき / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。