イギリスの風
香港人のテレビっ子・チーたろうと、ちびすけとともに、のんびりイギリスで暮らしているへんじゃの日記です。


プロフィール


へんじゃ

Author:へんじゃ
★ブログに時々登場する「チーママ」は義母、「チーパパ」は義父、「チー妹」は、チーたろうの妹のことです。

★コメントは承認制になっています。表示やお返事が遅くなることがあります・・・すみません。)

★内容の無断転載、また内容と関係のないコメントの書き込みはご遠慮ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ村に参加中です。よかったらこっちも押してみてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村



FC2カウンター




金魚




カレンダー


12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


最近の記事




最近のコメント




カテゴリー




フォトアルバム




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧




最近のトラックバック




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2009.01.27  新年快楽? <<08:19


中国新年もやってきました。今年は少し早いので、お正月の続きのような春節。お正月と言っても休みじゃないし、仕事もあるし、大変です。

中国系のおおいわが学生たち、今日はお正月だから休みが多いかと思ったら、休んだのは欧米系の学生ばかりでした。今日は何をやらせても、いつの間にかお正月の話題になってしまうし、学生たちはお正月気分満点。

でもかわいそうなことに、明日の授業では漢字テストがあります。
前から言ってあったはずなのに、「お正月だけど、明日のテスト勉強も忘れないでね!」と言うと、「そんなー!」「先生…もっと真面目に勉強するから日にちを変えてー」とかぶうぶう言われました。
前日に文句を言われてもどうしようもありません。(もっと早く言ってくれたら考えてあげたのに・・・)
かわいそうですが、みんな今頃一生懸命勉強していることでしょう…たぶん。

我が家はとりあえず日曜に年越しディナーがありました。行ったのはベーカーストリート駅すぐそばの某中華レストラン。メニューはすべて春節メニューになっていましたが・・・味はいまいち。ふつうメニューのほうが絶対おいしいです。がっかりでした。この日のスープは香港でお正月によく使われる髪菜(山の幸だという人もいるけど、一体何なのか自信を持って説明できる人がいない怪しい食べ物・・・。食感も見た目ももずくそっくりのどろどろしているものです。もずくかも?)が入っていました。

年越しディナーはお正月の前夜祭…。またしばらく罪悪感を感じながらの食事が続きそうです。


ところで、広東語では新年のあいさつは、

「新年快楽(サンニン・ファイロッ)!」 とか

「龍馬精神!(ロンマーチェンサン)」とか、

「恭喜發財(ゴンフェイファッチョイ)」とかいいます。
(北京語とは発音が違ってまたこれが難しい)
 
今日はキャンパスでたまたま、同じ大学で働いている主人の友人にばったり出会ったので、しばらくおしゃべりしたんですが、会話の途中、そういや、まだ新年の挨拶がまだだったっけ、と、広東語で、「新年快楽」と挨拶しました。




が、






通じませんでした…

広東語学習歴8年目…
こんな簡単な挨拶が通じないとは、ショックです。

スポンサーサイト


No.106 / チャイナ / Comment*2 / TB*0 // PageTop▲

2009.01.24  結婚式へ <<06:32


今日は友人Aさんの結婚式へ行ってきました。
頑張って、一張羅の母のお古の着物で行ってきました。
着付けも髪も自分でしたせいか、なんだか中国ドラマに出てくる日本人役みたいに見えるのが気になったけれど、特訓した甲斐あってなんとか一時間で準備完了。寝坊したけれどなんとか式に間に合いました! でも寒かった…! 藤の花の絵があるので、たぶん春ー初夏向けの着物ではと思います。あいにく天気は暴風雨。コートなんて持っていないし、ショールはあったものの、袂やわきから着物の中まで冷たい風が吹き込んで、駅までの道が長かった! 

「着物を着ていても、イギリスの人はみんな、民族衣装になれているから知らんぷりよ」 と先輩たちに聞いていましたが、雨よけに傘を深くかざしていたのに、イギリス人のおばちゃんたちにはしゃがみこんで傘の中まで覗きこまれたし、地下鉄で話しかけてきたのはイギリス人の老紳士たちでした。

Aさんの式は、Civil ceremony、つまり役所で結婚登録書(?)にサインするというささやかな式でした。そのお役所がとってもきれいで、式もとっても素敵な式でした。そしてそれ以上に、もうすぐママになるAさんも本当に幸せそうで、キラキラ輝いていたし、ご主人もそれ以上に幸せそうで、見ていて私も幸せな気分になりました。

Ais wedding (7)  Ais wedding (15)   Ais wedding (19)

式の後は、ノッティン・ヒルにあるレストランで披露宴でした。
一緒のテーブルにいたのは、ドイツから来た日本人カップルの方と、Aさんの教え子である、ユダヤ教の司祭さんと日本で英語を教えていたという女の子、イギリスに研究に来ている日本人の方だったのですが、いろんな話題で盛り上がって、あっという間に時間が過ぎました。
またいろいろ面白い話を聞いたので、またそのうちここにも書きたいなぁって思っています。

Aさん、とても楽しい、素敵な一日をどうもありがとう! 
2人とも、末永く、お幸せに!!


・・・さて、Aさんの結婚式も無事終わりました。
次は、中国のお正月が待っています。
そして・・・今日の分の振り替え授業が待っています。
中国のお正月は月曜日。
これが終われば…クリスマスから続いたイベントの波もやっと終了です。
職場の皆様、旧正月終わったらもう何もないので、
来週からは本気で仕事がんばります。
あたたかいご理解、どうもありがとうございました…!
(仕事ためててすみません…)





No.105 / イギリスつれづれ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2009.01.21  今日、オバマさんが だいとうりょうに なるそうです。 <<08:58


昨日は病院に行ってきました。
骨の様子は相変わらずじわじわですが、手術はしなくて良さそうです。半分くらいくっついてきました。松葉杖も返却、びっこひかなくてもあるけるようになりました。

5日に松浦アヤも、私とおなじ左足薬指を、まったく同じ理由で骨折したようで、今週は「あややと同じだね」って言われることが多かったです。でも痛み止め飲んで歌って踊ったあややはえらいですね! 芸能人は大変だ!

あややも全治六週間だそう。私は今8週間目です。
お医者さんに、「そういう人もいるんですよ。でも、遅いけどくっついてきてはいるようだから大丈夫でしょう」と言われました。今回はベジタリアンではないかと聞かれました。赤身の肉を食べるようにとのことでした。

今日は帰り、オフィスの外の廊下にすごい人だかりができていてちょっとびっくり。
なんだろうと思ったら、どうやらみんなで廊下でテレビを見ている様子。
聞こえてくるのは英語・・・。英語の先生、どうしてこんなところで学生にビデオ見せてるんだろう、通りにくいしもう・・・と思っていたら、授業ではなくて、オバマ大統領の就任演説が始まったところで、事務所の人がみんながリアルタイムで就任演説が見られるようにテレビをセットアップしてくれていたようで(→イギリスではワールドカップなど、大きなニュースがあるときは会社や学校でテレビが見られるようセッティングされることがよくあります。で・・・みんな仕事そっちのけで見てます…)、途中からでしたがオバマ大統領就任の歴史的瞬間と演説をみんなと一緒に見られました。

字幕ないしよくわからなかったけれど、みんなで歴史的瞬間を目の当たりにできて、ちょっとうれしかったです。それにしてもアメリカ、なんでもお祭りになってしまいますね!

そうそう、今日は授業で伝聞の「~そうです」を入れて、みんなに「ニュースによると」を使って会話を作らせたのですが、オバマ大統領の話も出てきました。みんなでオバマさんの話をしたついでに、日本の麻生首相の話もしました。

「麻生さんにはいろいろ問題があります。」と言ったら学生たち、うんうん、とうなづいていました! (中国系が多いから・・・)
演説のとき漢字の読み方をよく間違える話をしたら、漢字テストに苦労している学生たちはとても嬉しそうに聞いていました。 

そういう私も、麻生さんの名前の漢字を「麻相」と間違えて学生に指摘されたので、人のことは言えません・・・!

さて、帰宅すると、テレビはずーっとオバマ就任のニュース一色でした。衛星チャンネルをぱちぱちしてみると、唯一オバマ氏のニュースをしていなかったニュースチャンネルが一つ。

どこだと思います??

中国中央電視台でした!

No.104 / イギリスつれづれ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2009.01.17  もうすぐ・・・ <<06:27



金曜日です。
私は明日の仕事が終わったらやっと一週間が終わります。
始めの一週間なのに、くたくたです。

一緒の部屋で仕事している中国語の先生は、
「いやー、一週間早かったなぁ…! 普通はすごく長く感じるのにねぇ…」
と授業が終わると嬉しそうに、さっさと去っていきました。

一方、朝から晩まで、休み中や日曜にも、なぜかいつもオフィスにいて本を読んでいることの多い、
オフィスの主のようなドイツ語の先生。今日はめずらしく、何と三時過ぎに早々と帰宅準備を始めました。

驚いて声をかけると、げっそりした顔で、

「もう疲れたよ・・・ 採点、採点、採点ばかりで…。
 ずーーーーーーっと採点していたせいか、昨日は眠れなくてね・・・

 …おやすみ...。]


・・・と、ふらふらと帰って行きました。

3時過ぎに「おやすみ」…!?
相当疲れていたようです…


まだ今学期第1週目なんですが、これでいいのでしょうか…



私にとってはなんだか長ーい1週間でした。
まだ1週目というのが信じられません。

さて、週末はまた、帰ってきた山のような冬休みの宿題の採点です。





…また採点か・・・。


No.103 / 仕事あれこれ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2009.01.09  仕事始め <<09:02


今週、日本から郵送された年賀状が一気に届きました。ありがとうございました。

実は、今年は足のけがを理由にメールで送れる人にはメールにしようと思って、日本あてのカードをさぼりました。で、メールもさぼってしまいました…。これからまた少しずつお返事します。

さて、仕事がぼつぼつ始りました。
しょっぱなは、窓の外にハイドパークが森のように広がる(ロンドンとは思えない景色です!)大きな高級マンションに住む、日本と、ある国とのハーフのこたちへのレッスンでした。

とてもかわいい女の子たちなんですが、めちゃくちゃおてんば。

最近は減ってきましたが、難しい問題にぶち当たって日本語で表現ができなくなると、「ママーン!」と広いマンション内をママを探してどたばたと駆け回り始めます。

とくに一番下の子は元気がよくて(自称逆立ち名人。)、機嫌が悪い日はお母さんにひこずられてくるので、逃走しないように拉致してから授業を始めます。
(始まるとすぐおとなしくなるけど)

油断すると床をごろごろ転がり始めるのでくすぐり攻撃で座らせて授業をしています。

で、仕事始め。「あけましておめでとうございます」とドアをあけると、おちびちゃんのほうが飛び出してきました。彼女の国の言葉で「松葉杖は?」と聞かれたので(←順番待ちの間にみんな交代で松葉杖で遊んでいた)

「よくなってきたからもうないよ」
と答えると(↑もちろん日本語でね)、

「ほんとう??」 と満面の笑み。

…で、思ったとおり、

思いっきり足を踏まれました。

痛かったです…





でも、けがしてない方でした! (じゃなかったら大変なことに!)
ちびちゃんはめちゃくちゃ悔しがっていました。(隣にいたパパ、真っ青)

子供相手のレッスンは、ちょっと危険です。




今日はおまけに、クリスマスに盛り上がったゲームの動画をUP。
(日本語名がわからないんですが、ゼルダシリーズのシューティング)
すごすぎません? もちろん私のプレイじゃありませんよ。




No.102 / 仕事あれこれ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2009.01.04  初春 <<09:26


寒い日が続いています。
今日は早起きして朝用事を済ませて、午後はハイドパークへ行く予定でしたが、起きたらもう9時半。急いでうちを飛び出しましたが、いろいろ誘惑が多くて、結局ハイドパークへたどりつけませんでした。

というのも、買いたいものがあって寄った○越で、夏に一緒にイギリスの学校訪問をした、文化庁の文化交流誌として来英されている寄席文字のさんが寄席文字のデモンストレーションをしているのにばったり出会ったのです。文化交流使としてイギリスで大勢の人に会っておられるだろうし、一度会っただけの私のことなど忘れておられるだろうと思ったら、覚えていてくださって、本当にびっくりしました。学校訪問の時は教室が違ったので実際書いている姿は見られなかったのですが、今日はじっくり見学させていただきました。

ついでに、去年からの私の座右の銘(?)になっている、「心」という字を書いていただいて、もらって帰りました。「真心」とか、「心づかい」とか、「心配り」とか、いろんな言葉に使われる「心」という言葉。忙しかったり、心がとげとげしてきた時、忙しいのに急なお客さんがあったりでいやだな、と思ってしまったとき、意地悪な人に出会ったときにふと思い出して「心」を改めるのに便利な言葉で、去年一年この漢字(?)を大切にしてよかったと思ったので、ちょうど今年もこの漢字を大切にしようと思っていたところなのです。

「心」という字は、寄席文字で書くのはかなり難しいのだそうです。額に入れて、飾っておこうと思います。右門さん、ありがとうございました。
IMGP2604.jpg


今日はチーママ宅に車を停めさせてもらったのですが、そこからピカデリーへの途中にあるSt.James Parkもきれいで、しょっちゅう通っているばしょなのですが、またずいぶんのんびり過ごしてしまいました。なんと、もう春の花が顔を出し始めていてびっくり。

IMGP2614.jpg
スノードロップ。

IMGP2608_convert_20090104092111.jpg
梅??

でも、ロンドンはまだまだ冬のど真ん中です。氷点下の毎日が続いています。
今日は公園のお堀(?)水も凍りついていて、水鳥たちは水の「上」をつるつる滑りながら歩いていました。

こっちは公園内で一番好きな景色。
IMGP2597.jpg

公園の人気者のペンギンは、今日もお散歩中でした。
お正月ということもあって、故郷岡山のお正月の後楽園一般公開(鶴が放たれる)を思い出しました。

IMGP2605_convert_20090104091816.jpg

帰りは預けていたものを取りにチーママ宅によって、ついでに晩御飯を頂いて帰りました。
いつもどんなものを食べているのか聞かれるので、今日は写真で公開です! 
いつも、こんな感じで肉の料理、魚の料理が一品ずつあります。
たまたま今日のスープはクワイと海苔のスープ、魚は鯛。偶然ですがお正月気分満点で感激です。

IMGP2625.jpg

ごちそうさまでした。
今年はいい一年になりそうです。




No.101 / イギリスつれづれ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2009.01.01  謹賀新年 <<09:44


あけましておめでとうございます。
お正月用に取っておいた小豆まめは賞味期限が過ぎていて(去年の六月だった)、内緒で料理しようと準備していたのですが、さっきチー太郎に発見されて、ゴミ箱へ捨てられてしまいました。

でもそれ以外は、無事年が明けました。

今年もよろしくお願いします! 

そして、年始のご挨拶代りにみんなのページに足跡をつけてきました。眠いのでコメント書けなくてすみません。そろそろ寝ます。おやすみなさい・・・!

No.100 / はじめに・お知らせ / Comment*2 / TB*0 // PageTop▲

2009.01.01  さよなら2008年 <<08:37


もうすぐイギリスも新年です。
うちでのんびりテレビで年越し番組を見ているところです。よく考えたらまだお風呂に入っていなかったので、のんびりお風呂で花火でも眺めながら年越しでもしようかなと思っています。

2008年、車をぶつけられたことに始まり、チー太郎のぎっくりやら骨折やらでいろんなことがありましたが、2009年はどんな年になるか、楽しみです。

さて、今年のまとめに年始に宣言した抱負について。
今年の初めに宣言した「髪の毛寄付」は、とりあえず一年間頑張りました。週一回の髪の毛トリートメントも続けています。手入れしてもあまり変わらないわたしの髪の毛ですが、考えてみると、肌より髪の毛のほうが、手入れのし甲斐があるかもしれません。顔や肌のエステをしてもどこが変わったかわからないけれど、美容院で髪の毛を整えてもらうと、ずいぶん変わることを考えると、上手に髪をセットできようになると、きっときれいになれるんだろうなと思います。

寄付のためにレイヤーを入れられないので、まったくそのまま伸ばしてきた髪の毛ですが、先々週週美容院へ行く前に、あと何センチ伸ばせば寄付できるかチェックした際に、あることに気付きました。この寄付、がんで髪の毛を失った人のためのかつらにするための寄付なのですが、イギリスでは受け付けてくれるところがなく、アメリカへ送るようです。イギリスにももらってくれるところはあっても、癌患者用に使われるかはわからないそう。

それと、もう1つ。イギリスではがんで髪の毛を失った人には、NHS(国の医療サービス)から、かつらが一つ支給されるようです。ただし、このかつらは、人毛(高級らしい)ではなく、「合成人口毛」。

そこまで読んで気付きました。
髪の毛寄付を考えたきっかけは、話を聞いた時、白血病で他界した部活仲間のことを思い出したことも一つだったのですが(お見舞いに行ったとき、帽子をかぶって出てきた彼女を見たとき、やっぱりショックだったので…白血病と闘った人は、他にも私の周りに何人かいます…)、イギリスではかつらはNHSでただでもらえるようだし、もらえるかつらは合成のようだし、わざわざ私の髪を寄付する必要はないのではないかと…。

・・・というわけで、今年の目標、「髪の毛寄付」は、とりあえず目標のために一年頑張ってみたのですが、目標の長さまでまだまだ達しないし、寄付した髪が役立つわけでもなさそうなので、寄付へのチャレンジもこれで終了することにしました。

それにしても、髪の毛を、痛まないように伸ばすのは大変でした。ほんとにすごく根気と忍耐が必要です。でもこれで好きな髪形にできそうです。レイヤーを入れたら、ドライヤーで乾かすのもずいぶん楽になります。どんな髪型にするか、次に美容院へ行くのが楽しみです。

では皆様、よいお年を!


No.99 / イギリスつれづれ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。