イギリスの風
香港人のテレビっ子・チーたろうと、ちびすけとともに、のんびりイギリスで暮らしているへんじゃの日記です。


プロフィール


へんじゃ

Author:へんじゃ
★ブログに時々登場する「チーママ」は義母、「チーパパ」は義父、「チー妹」は、チーたろうの妹のことです。

★コメントは承認制になっています。表示やお返事が遅くなることがあります・・・すみません。)

★内容の無断転載、また内容と関係のないコメントの書き込みはご遠慮ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ村に参加中です。よかったらこっちも押してみてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村



FC2カウンター




金魚




カレンダー


04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


最近の記事




最近のコメント




カテゴリー




フォトアルバム




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧




最近のトラックバック




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2008.05.28  チェルシーとSignature <<17:49


チェルシー、行ってきました! 
ちょっと想像と違ってがっかりしたけれど、なかなか楽しかったです。
花の苗が売ってあったりするのかと思ったら、売られていたものはもっと高級な庭に置く高級家具や彫刻、噴水など、それかスコップその他の本格的なガーデニング・グッズが多くて、しっかり買い物しようと思っていたのでがっかりしましたが、展示は本当にきれいでした。

ガーデナーの自慢の植物や庭の展示会と行った感じのショーで、展示されたものには金~銅までの賞がつけられています。こういうショーはイギリスにはたくさんあって、私の住む町でも毎年秋に、町の人たちが丹精込めて育てた「たまねぎ」や「ジャガイモ」や「ハチミツ」が展示され、その野菜や花やハチミツたちに賞が送られるんですが、それを花バージョンにして世界規模にしたようなショーでした。

ガーデン・デザインコーナーは日本に影響されたデザインも多くて、なかなか面白かったです。チェルシー・フラワーショーは、花より庭がメインのよう。でも、中に入れないので、ちょっとがっかりでした。趣旨が違うので比べてはいけないかもしれませんが、花の展示も、ガーデンも、オランダで見たキューガーデンの方が感動が大きかったかも。

また、アルバムを作ったらUPしますね。


Chelsea 046

チェルシーで1番健闘していた日本人作のガーデン。

さて、週末は連休でした。1つ送別会があった以外は雨だったしうちでごろごろしてました。送別会は結局主役が親子そろって激しい嘔吐に見舞われ欠席だったのですが、強風と悪天の中みんなで映画(インディアナ・ジョーンズ最新作見てきました。)とBBQが強行されました。子連れで突然の海外転勤、そのストレスはすごいだろうなと思います。送別会は来週またやり直しです。来週は仕事でいけないのが残念ですが、早く元気になってね・・・

来週はもう1つ別の送別会もあります。別れの季節で寂しく感じていたら、1つ嬉しいニュースが。イギリスに来たばかりの頃公私共にいろいろおせわになった方が、イギリス戻ってくるそうです。私がイギリスにずっといる間に、2カ国を回ってまたイギリス入り。駐在員の人たちって、ほんとすごいです。また彼女と一緒に仕事ができるかどうかはわかりませんが、土産話が本当に楽しみです。

おまけに、面白い映像を1つ。今年も始まったBritish Got Talentという番組から、「Signature」というグループのダンスの映像です。(去年はオペラを歌ったPaul Potさんが優勝、私も時々ブログにUPしていた番組です。イギリス・1のパフォーマーを探し、優勝者はクイーンの前でパフォーマンスを披露するというもの)番組を見ていた主人が階下で大騒ぎしていたのですが、これが原因だったようです! 面白いからぜひ見てみてください! (ダンスなので英語がわからなくてもOKですよ!)

ここをクリック → Signatureのダンス


スポンサーサイト


No.42 / イギリスつれづれ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2008.05.21  明日はチェルシーへ <<16:06


明日はとうとうチェルシーフラワーショーへ行ってきます。
昨日は初日に行ってきた人や、過去に行ってきた人にいろいろ話を聞いてきました。

初日はRHSというフラワーショー主催団体の会員しか入れないんですが、行ってきた人は会場の日本人の作ったガーデンで着物ボランティアをしてきたようで、朝2時半起きで着付けをしてもらい(!)行ってきたのだそう。手持ちの着物を着ようと思っていたら、「今は五月だから梅がらの着物はちょっと・・・」「今は袷の着物でないと…」といろいろと着物のマナーが厳しかったそうで、季節とマナーにあった着物を探してロンドンを駆け回ったのだそう。でも、駆け回ってボランティアメンバ-分の5月用着物がそろってしまうのが、ロンドンのすごいところだなって感心しました。彼女はBBCの特別番組に、3秒ほど映っていました。

さて、行った人の感想は、「解説もあるし、テレビで見たほうがいいよ」! 人は多いし、見るのが大変だそう。夕方入場で2時間ほどで見られるか聞いてみたら、「少なくとも1日かけてみなきゃ」と言われました…! 予習して、気合いを入れて見に行こうと思っています。今年のチェルシーも、「禅ガーデン」とか、日本庭園の影響を受けたガーデンがたくさんあるようで、おととしから2年連続で金賞をもらった日本人のガーデナーがまた金賞をもらったそうです。でもやっぱり目で見て、においを楽しめるので、テレビよりは行ったほうが感動は大きいはず。オランダのキューケンコフ公園以上の感動があるんじゃないかと楽しみです。

どんな庭があるかはこちらでチェックできます。

ガーデンたち→ BBC・チェルシーフラワーショー

楽しみにしてたかぐや姫ガーデンは、見る限りいま一つ。

おまけに、今BBCで放送しているワイルド・チャイナ(中国の野生動物についての番組)で面白い映像があったのでつけときます。どうやら雲南省を中心とした中国南部で撮影されたらしく、現地の動物たちとともに、自然とともに暮らしている中国の人々の生活ものぞけるとても面白い番組です。雲南省は1か月かけて旅行したことがある懐かしい場所で、ジャングルへ行ってトレッキングして象に乗ったり、すごい虎跳峡という険しい峡谷へ行ったりしたんですが(ここは崖をくりぬいたような場所を歩いたのですが、崖の石がすべて大理石! 大理と言う町から近い場所だったので、本当に大理石の故郷だと感心)、まさにその場所たちがでてきました!

おまけの映像は、雲南省の山奥に住む人々の面白い交通手段の映像。 いまだにこんな生活をしている人たちもいるんだなと思うと同時に、「いってみたい!!」って思ってしまいました。

おまけの映像→ Crossed Wires

野生動物は出てこないけど、ワイルドですよね。


それにしても…BBCのウエブサイトはすごいです。
ニュースだって、過去の番組だって、見逃したものをみたいなと思ったら結構見ることができます。
N○Kもみならってほしい。



No.41 / / Comment*2 / TB*0 // PageTop▲

2008.05.19  宝宝人気上昇中 <<17:00


「宝宝可爱时刻全纪录-我们爱总理!」

というメールがまわりにまわって私のメールに届きました。
いったいどんなメールかというと、「宝宝=温家宝首相」のかわいい写真全記録のメールです。
余震が続く四川で、自らも負傷しながらも人民を励まし続けている姿が中国系テレビでもずっと流れていますが、そんな宝宝の姿が全世界の華人(中国人)の感動を呼んでいるみたいです。

ちなみに「宝宝」はちいさな子どもに使われる言葉。
温家宝のパンダ似の顔は、確かに宝宝って言葉がぴったりですよね! 加油、宝宝!

(メールの中からの写真)
A335606241188CUC.jpg


拡張子が違うので載せられなかったけれど、パンダと並んだ、「国宝対照図」とされた写真もありました。

さて、中国のテレビ局でも、イギリスのチャンネルでも、時々日本の救助隊の姿が映ります。
眺めながら、これからひょっとしたら、中国に派遣されるボランティアに、「地震」という職種が増えるのではって思ったりします。

そんなことを考えていて思い出したのですが、北京には日本のODAで、北京消防訓練中心(←クリック)という施設が建てられています。中国人民には知られていませんが。

この訓練中心のPR活動の1つとして以前、JICAが中国の日本語学習者対象の作文コンクールを行い、その入賞者への賞として入賞者に「訓練中心見学ツアー」をプレゼントしたのですが、見事私の教え子が入賞して北京へ行き、放水訓練、地震訓練体験その他を体験して帰ってきたことがあります。大学へ戻ってから彼女には報告発表会もしてもらったのですが、初めての大都会北京で、全国から集まった大学生と出会って、初めての地震訓練体験をした彼女の興奮は大変なものでした。

ひょっとしたらこれを機に、中国人民には全く知られていない、日本のODAが大量に使われている北京消防訓練センターも日の目をあびることになるかもしれません。どうかな、日本のODA。宝宝も、訓練中心もがんばれ!


No.40 / チャイナ / Comment*1 / TB*0 // PageTop▲

2008.05.19  ガーデニングの季節 <<03:50


昨日から2日がかりで庭の手入れをしました。先々週の好天と、ここ一週間の雨のおかげで、庭は草ぼうぼうでジャングル状態。雑草を抜いたり、芝刈りをしたり、大忙しです。昼間の仕事が一段落してほぼ夏休みとなったので、これからは大好きな庭いじりに専念できます。今年はたくさん野菜を植えたので(芽が出ないものも多いですが)忙しくなりそうです。

ガーデニングといえば、今週からはロンドン・チェルシーで世界最大のフラワーショーも始まります。いつも気が付くとショーが始まっているのですが、今年は忘れずチケットを買ったので初めていってみます。日本庭園はかぐや姫がテーマ。中国庭園のほうは、番組の中で作者が「うちの庭園には花は置きません」なんていっていたので、どんな庭なのか楽しみです。

そうそう、日本からは他に蘭栽培をしている人が出展しているようで、日本でのインタビューの様子が放送されていましたが、見てびっくり! 蘭栽培農家のおじさんたちが、みんなけっこう流暢な英語で受け答えしているんです! 田舎のおじさんっぽく見えるのに、けっこう年配なのに、英語がすごい! しかもこの出展者のおじさん(日本人)は、「Harry」という英語名まで持っていました。私の知らない日本がありました。会場でHarryさんに会えるかわからないけれど、楽しみです。


No.39 / / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2008.05.19  S先生と紅十字 <<03:49


汶川地震のニュースを見るために、最近よく衛生放送の鳳凰電視台(イギリスの衛星放送で写る中国系テレビ局)や、中国中央電視台の9チャンネルを見ています。中国紅(赤)十字が募金の窓口になっているようで、テレビでその放送を見るたびに、中国にいたときいっしょに仕事していた韓国人のS先生のことを思い出します。日本占領下で教育を受けた日本語ぺらぺらのS先生は朝鮮戦争のとき母親と生き別れになってしまったそうで、「母はきっと死んでいると思うけれど、墓参りがしたい。どこでどう生きたか、それだけでもいいから知りたい」と、仕事の合間に中国の北朝鮮との国境の町でお母さんのその後を知るための親戚探しをしていました。その窓口になっていたのが紅十字。そしてS先生はその国境の町に、紅十字への恩返しとして紅十字災害センター建設に貢献したあと帰国されました。

普段はホテルとレストランですが、地震や洪水の時には避難所にもなり、災害時の非常食も蓄えている施設だそうで、S先生の帰国時にはそこのレストランで送別会をしました。テレビで紅十字の募金窓口の放送を聞くたびにその施設や、施設ができたときのS先生の誇らしげな顔を思い出します。

ただそれだけだけの話なんですが・・・きっと今、みんなその施設の重要性に気づいたんじゃないかなと思います。役に立つ日が来ないことが1番なんですが、こういう施設、これから中国でもどんどん増えるんだろうなって思います。


No.38 / チャイナ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2008.05.14  イギリスの海苔 <<16:34


写真はイギリスののりです。

100-0035_IMG_3.jpg


これはウエールズでLaverbreadと呼ばれているもので、スーパーで缶詰があったので買ってきました。非常食用にとってあったのですが、昨日ついに出番がやってきました。

ウエールズの人は、これをパンに載せて食べるのだそうです。
イングランド人の中にはそのことについて、まるでウエールズ人はゲテモノを食べるかのように話していたりします。

さてこのLaverbread、見た目は「ご○んですよ」。
味は・・・






味のない「ご○んですよ」・・・・。

チー太郎絶句の味でした。
醤油を混ぜてみましたが、もう買うことはないでしょう。

ちなみに、海藻はイギリスでは貧乏人の食べ物だそうです。
学生さんに一人、イギリス東海岸出身の人がいて、彼の故郷でもある海藻(名前忘れた)が地元の特産らしいですが、食糧難のときとか、お金がない人が食べるものだそう。でも、彼の日本人の奥さんはこれが大好きらしく、みんなに驚かれているそうです。ちなみにその海草はイギリス風酢のものにして食べるんだそうです。私も食べてみたいと言ったら、「えぇっ・・・」と絶句されました。

海藻は最近、近所の魚屋さんでも見かけるんですが、値段を聞いたら「飾りだからたべらんないよ」と言われました。

海藻はやはりこの国では食べ物ではないようです。


No.37 / グルメ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2008.05.14  地震神話 <<16:26


中国にいたころ、日本に留学(就学? でかせぎ?)に行っていた人たちが多い地域に住んでいたので、よく町の人と日本の地震について話しかけられました。地震があるから怖い国だと。

で、じゃ、中国は地震がないのかと聞くと、若い人たちは、100%

「ない」

ときっぱり断言してました。きっとほとんどの中国人がそう答えると思います。ほとんどの人が地震なんて体験したことがない国ですから。はじめは私も中国には地震はないと思っていました。でも実は中国は地震大国なんだそうです。(大陸の人にとっては台湾も中国の一部ですしね!!) 

実は中国にいたとき私の住んでいた地域にも大きな地震が発生したことがあって、かなりの被害があったそう。年配の人たちの中には、「そういえば昔…」と話してくれた人もいますが、若い学生たちには、「ここでも昔地震があったんですよ」と話すと、「えぇーっ!?!?」と驚きの反応が返ってきていました。日本では、たとえば子供のころ住んでいた鳥取では、祖母が子供の頃の大震災のことはしっかり私の世代まで学校で教えられていて、避難訓練もしっかりして、学校には防空頭巾のようなものまで常備されていたけれど、中国ではあまり地震教育も災害教育も、過去の災害を語り継ぐこともされていないんだなって思いました。(結局その地域では、私が日本へ帰った後また大きな地震が起こったし、後で知ったのですが、その地域ではかなり頻繁に地震が起こっています。なぜみんな地震がないと答えていたのか不思議です。)

それから、中国南部の雲南省麗江を旅していた時は、日本に留学して地震について研究しているという中国人に出会ったことがあります。そのとき、「中国は地震が少ないですよね」と話しかけたら、「とんでもない! 今あなたのいるここも、昔大地震で大変だったんですよ。今は地震のあと復興してきれいな観光地になってますが」というようなことを流暢に話してくれたのが印象に残っています。(彼はどうやら麗江の地震について調べるために来ていたようでした。)

そして今、大変なことになっているけれど、これを機会に、中国でも地震対策が向上したらいいなって思います。学校などの建物が大きな被害を受けたとか。思い出すのが中国での勤務先。当時築数年ほどのビルだと聞いて、かなりショックを受けたのを覚えています。日本では考えられないほど老化が進んでいて、すでに壁のタイルははがれおちはじめ、ところどころに亀裂が走っていました。今の中国は見栄っ張りなところがあって外観を大切にするので、きっと築数年でタイルがはがれてぼろぼろに見えるような建物を建てたりはしないと思いますが、当時高層ビルだってレンガで造られていたし、解体作業はハンマーでたたいてビルを壊していたし、地震が来たらきっと大変なことになるだろうなって思っていました。北京でも感じられるほどの大地震。メディアも発達している今、もう中国に地震がないと答える中国人もいなくなるでしょうし、本格的な地震対策が始まるといいなと思います。大都市はとくに高層ビルのジャングルですしね!


No.36 / チャイナ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2008.05.11  五花茶 <<01:08


イギリスに似合わず、25度前後のとても気持ちのよい毎日が続いています。
暑くなると飲みたくなるのが、麦茶。でも残念ながら今切らしています。あるとなぜか飲まないんですが、ないと無性に飲みたくなるのが不思議です。かわりに(?)、チー太郎ママから香港の「五花茶」というものをもらいました。暑いときに飲むと体を冷やしてくれるお茶だそう。五種類の花がセットになって袋に入っていて、それをぐつぐつ3時間ほど煮詰めて作るお茶です。
我が家には煮込み料理用に鍋の保温カバーがあって、15分強火で煮込んで入れておけば煮込み料理になる便利な道具があるので、さっそく作ってみました。

写真がないのが残念ですが、どろりとしてくろーい色の液体が出来上がりました。

見た目はまさに漢方薬。
味もまさに漢方薬でした!

一口飲んで、マレーシアで飲んだ「涼茶」のことを思い出しました。
中国系のお店の軒先に「涼茶」とかかれて並んでいたこのお茶、飲むと涼しくなるのだろうとその名前にひかれて買ったのですが、それがこの「五花茶」とおなじような、いや、もっと強烈な苦味を持った味でした。熱くて苦くて甘い変な味で、一口飲んで捨てたあの味。それでも、私の口にはあわなくても、香港の飲み物なので、ちーたろうはきっと喜んで飲んでくれるだろうと思って、ちーたろうに飲ませてみました。

結果は、1杯分は飲んでくれたものの、その後全く飲んでくれず。結局自分で少しずつ消費して、昨日やっと最後の一口を飲み終わりました。香港人にとってもあまりおいしいものではなかったようです。

でも、不思議なことに、はじめはまずいと思っていた五花茶、飲み終わった後、確かに爽やかな気分になれることもあって、最後の方は結構楽しんで飲んでいました。今の私なら、マレーシアの涼茶も、おいしく飲めるかもしれないなって思います。慣れってすごいですね。

五花茶や涼茶をまずいと思った私ですが、香港人もふくめて、外国の人にとっては麦茶の味も理解に苦しむ味のようです。初めて飲んだビールが苦くてまずいと感じたことを思ったら、飲み物って意外と、慣れなのかもしれませんね・・・?


garden 026
写真は庭の片隅に咲き始めたつつじ。つつじもイギリスではとてもポピュラーな花の1つ。花を愛する心に国境はないのかも。おととし「ベニマイコ」という種類のものがセールになっていたのを買ってきて植えました。

雑草に埋もれていますが、紫(イギリス人は青といいますが)の花はイギリスの春の花ブルーベル。
この紫、曇りの日や雨の日はすごく目立ちます。イギリスらしい色の花だなと思います。
左側に移っているすずらんのような花は、Solomon's sealという花。日本ではアマドコロと呼ばれる山菜、香港では玉竹と呼ばれて、根っこがよくスープの材料になります。この写真ではよくわからないかもしれませんが、高さが1メートル近くあります。きれいなんですが、雑草のように庭に生えてきて大変です。


No.35 / チャイナ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2008.05.07  野菜コンサート <<16:50


毎日毎日太陽がまぶしい今日この頃。
もうほんと、快晴で、仕事になりません!
庭でひなたぼっこしながら仕事したり、気分転換に散歩したり・・・ 気が付くと仕事がぜんぜん進んでおらず・・・!  昨日は上司に電話したらつながらなくて、携帯に電話したら、ハイドパークを散歩中でした。 みんな同じですね・・・! 

ロンドンは今日も快晴。今日は心を鬼にして、外が見えないようにしてPCに向かっています。
でも、外が見えないと今度はネットで遊んでしまって、朝っぱらからこんなページを見つけてしまいました。

きゅうりトランペット

マウスピースの音そのままですが、すごい!

家族全員でしているのもすごいです。

 野菜コンサート

たのしそう・・・ですね。日本でこのおじさんは有名なんでしょうか?? 

あと、野菜の楽器もすごいですが、日本では今すごいカラオケもあるんですね!

すごいカラオケ

(Mixiがない人はこちら)

一度挑戦してみたいような・・・



No.34 / イギリスつれづれ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2008.05.06  散歩とジョギング <<06:53


garden 022
週末は、イギリスも連休でした。我が家はいとこのうちでBBQした以外はのんびりすごしました。
今日は朝近くの村まで散歩したあと、家の模様替えをしました。

今イギリスはどこもかしこも花尽くしで、散歩もなかなか楽しいです。今はライラックがきれいな花を咲かせています。タンポポもきれいです。連休はガーデニングをしてすごす人も多いのか、庭仕事をしている人をたくさん見かけました。天気はいいし、ひなたにいるとけっこう暑くて(木曜日には25度まで上がるとか)、ほんとに気持ちのいい季節になってきました。

今日はちょっと遠出して隣村へ行ってきたのですが、だんだん長距離を歩くのになれてきたら、少しずつジョギングに変えてみようかなと思っています。こないだあった60代の同郷の女性に週に数回10キロジョギングしていると聞いて、軽く10キロ走れるようになったら近所の町や村までジョギングで簡単にいけるようになるんじゃないかとそう思ったんです。そしていつかは彼女のように、ロンドンマラソンで走ってみたいなとも思っています。私がこんな野望を持っているとは露知らず、ちーたろうは今日もまたしぶしぶ散歩に付き合ってくれました。

ちなみに今日行った村までは3.4km。自転車があれば楽々ですよね。よく行くスーパーへ向かう道の途中にある村なんですが、別に用事もないし駐車台もかかるので、今まで行ったことはありませんでした。わが町と違ってちょっと高級感と田舎臭さがが漂う村なんですが、大通りに並ぶお店からもわが町とは別世界でした。メインストリートに並ぶお店の多くははレストランか高級家具のお店たち。時々ブティック。いつかこういう家具が似合うおうちにすんでみたいなーと思いながらウインドーショッピングを楽しみました。

途中の家の庭々をのぞき、ぶらぶらしながらの散歩だったので結局往復2時間かかりました。
暑いしちょっと疲れました。
ジョギングに切り替えるまでにはまだ時間がかかりそうです。
当分ウォーキングで楽しむことにします。


No.33 / 未分類 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。