イギリスの風
香港人のテレビっ子・チーたろうと、ちびすけとともに、のんびりイギリスで暮らしているへんじゃの日記です。


プロフィール


へんじゃ

Author:へんじゃ
★ブログに時々登場する「チーママ」は義母、「チーパパ」は義父、「チー妹」は、チーたろうの妹のことです。

★コメントは承認制になっています。表示やお返事が遅くなることがあります・・・すみません。)

★内容の無断転載、また内容と関係のないコメントの書き込みはご遠慮ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ村に参加中です。よかったらこっちも押してみてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村



FC2カウンター




金魚




カレンダー


03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


最近の記事




最近のコメント




カテゴリー




フォトアルバム




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧




最近のトラックバック




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2008.04.28  !!! <<16:43


今週は口答試験ウィークです。
朝おきてメールを開けたら、学生からメールが入っていました。
春休み前何度も、時間を変えてほしい人は春休み中に学生同士で試験時間を交換しろといったのに、直前になって

「先生、試験時間を変えてください。」

とのメール。

まあ、それだけなら他の人にかわってもらってから私に報告しろとメールして終わりなんですが、


「今週は専門の試験があるので、5月3日~5日しか無理です。Thank you。」


と書かれていました!!!
5月3日~5日は、イギリスも連休です!!
いつも授業をサボっていてテストのときしか来ない問題児だったんですが、花が咲き、小鳥が鳴き、新緑の美しい、イギリス人が待ちに待った今年初めての5月の連休をつぶして、自分のために試験をしてくれとは、なんと度胸のある学生でしょう!!!

あきれて返事をする気にもなりませんでしたが(そしてかなりショック)、それはいけないので、3-5日のところはふれず、

「授業で言ったとおり、まず他の学生に相談して、代わってもらえたら教えてね。」

と返事をしておきました。
もちろん週末試験を受ける学生なんていません!
どんな顔して試験にやってくるか楽しみです。


(咲き始めた庭のリンゴの花。黄色いのは、こちらの庭によくあるタンポポ状の花が咲く低木です。藤のつるが絡まって支えになり、リンゴの木の上まで伸びています!)
garden 015 (2)
スポンサーサイト


No.32 / イギリスつれづれ / Comment*3 / TB*0 // PageTop▲

2008.04.25  花盛り <<16:38


アムステルダムの旅行記ができました。

ここをクリック

イギリスは週末20度まで上がるそうです。20度っていったらイギリスの夏ぐらい暑いです。
街はノースリーブにビーチサンダルの人たちがいっぱいになります。
昨日はスーパーで偶然親戚にあって、BBQに誘われました。今年初のBBQです。
気がはやい! ・・・といいたいのですが私の同僚はすでに先日、雪の舞う中バーベキューをしたそう。先を越されました。実は我が家も先日BBQセットを掃除したところです。
BBQ、天気がいいといいのですが・・・! 

写真は近所のさくらんぼの木と

Amsterdam 007


八重桜(かな?)です。

Amsterdam 008


桜(?)はよく街路樹に植えてあって、通勤中バスで通る大通りは、八重桜(?)並木になっていて本当にきれいです。庭のブルーベルとリンゴの花も週末には咲きそうです。

さて、次の大波がやってきました! 今日は耐久戦です。行ってきます!

No.31 / イギリスつれづれ / Comment*2 / TB*0 // PageTop▲

2008.04.25  ハーバードラブストーリー <<16:31


・・・という韓流ドラマ見終わりました。
はじめは、交通事故も病気もなく、明るく楽しい青春ドラマっぽくて、「ふつうの韓流ドラマと違う!」と喜んでみていたのですが・・・

やっぱり韓国ドラマでした! 後半は早送りして見ました。

天国の階段に出ていた女優さんがヒロイン。そのときは悪役で憎たらしく見えた彼女がとてもかわいく見えました。

アフリカへボランティアにいってしまったり、いろいろ若き日の私とちーたろうに重なる部分があり、面白かったです。



No.30 / 韓流・華流 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2008.04.23  備前ガール <<17:32


昨日はちょっと顔を出しに行ったつもりが、病気で倒れた同僚の代わりに突然ピンチヒッターで授業にはいることに。突然クラスを任されてがちがちになっている新米先生のサブだったので楽チンだったし、学生たちのほとんどと顔見知りだったので楽しかったです。ついでにリージェントパークに寄ったら新緑がまぶしかったです! 今はチューリップが本当にきれい。オランダもいいけど、ロンドンもいい! とすがすがしい気持ちになりました。

さて、このクラスで面白い学生さんに出会いました。
なんと、「英国・日本古美術保存協会」の会員さんだそう。(メンバーはあまり多くないらしい。)
漢字大好きで漢字はほとんどわかるらしく、漢字が多いから古文書を読むのは簡単だそう! 
(道理で授業中やけに古風な話し方をしていたわけです!)

その後、私が日本のどこから来たかの話になりました。
岡山、といってもわからないので、私はいつも「広島と神戸(または大阪)の間にある町です」と話すんですが、古美術を知っている日本通なら、と、この紹介+「倉敷を知ってますか?」と聞いてみたのですが、倉敷はわからない様子。

が、しばらく考えたその老紳士、

「Oh、備中デスカ!?」

と返ってきました!!! ちょっとびっくり。備中を知っているとは・・・!! 

そこで私、

「いいえ、、備前です。備前焼、わかりますか?Potteryの・・・」

と返すと、

「Oh-! 備前ガール! カタナ、カターナ!!」

と老紳士に感激されました。
(備前の国、長船というところの刀鍛冶は日本一なんです。)
どうやら彼、古美術でも、鎧・兜が大好きみたい。

「I have to ask you a lot! Oh, you are from 備前! 備前ガール! Nice to meet you!!!」
とその後も興奮していた彼。岡山出身ということでこんなに感激されたのは初めてです。
でも、当たり前ですが、彼の質問にはほとんど答えられませんでした。
それにしても、倉敷で通じたことはありますが、備前で通じたのは初めてです。
以前こちらで二宮金次郎オタクに質問攻めにされたのと同じくらいの衝撃を受けました。



そして彼、帰り際に、

「教エルハ、学ブヨリ 難シキカナ・・・。デスネ・・・。コノ日本語、正シイデスカ・・・??」

と聞いてきました。
そのときは、「ええ、正しいですよ」と返したんですが、
ひそかに・・・今日のレッスンはイマイチだったと言いたかったのかな・・・ 
突然のことだったから、半分お遊びのような授業だったけど、許してくだされ・・・



No.29 / 日本語 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2008.04.22  Paul Merton in China! <<16:35


思ったより早く仕事の山を越えました! 解放感でいっぱいです!
昨日の夜はのんびりテレビを楽しんだのですが、見たのは、再放送ですが、チャンネル5のPaul Merton in China。最近オリンピックが近いせいか、イギリスでは中国関係のシリーズ番組をよく放送しています。他のチャンネルでは中国の学校教育についてのシリーズ物をやっていて、見ているととても懐かしくなります。

この、「Paul Merton in China」を見たのは初めてだったのですが、なかなか楽しい番組です!!!
どうやら中国人もけっこう楽しく見ている様子! 中国ってほんと、ネタに困らない国なんですが、きっとPaulさんも楽しめたんじゃないかなと思います(笑)。ちなみに、Paulさんは中国についたとき、カナダの元大統領と勘違いされて中国のホテルから盛大な歓迎を受けていました・・・!

番組を、英語ですが、ちょっとご紹介。

まずは、昨日やっていた中国のロボットおじさん。
3分30秒あたりから、すごいロボットが登場します!

ろぼっとおじさん


そしてこちらは、中国のホテルです! 成金趣味もここまでくるとすごいです!!!
そしてまた夜中のエピソードがとても中国・・・。
どんな部屋か、ぜひ見てください!!!!

ホテル!

ベッドから出てトイレまで行くのが大変そうですよね。。。このあと彼は、中国の地方の4つ星ホテルを体験してました!本当にとまったのかわかりませんが、本当にあの部屋に泊まっていたのなら、私はPaulさんを心から尊敬・・・。私もよくそういうホテルに泊まっていたけれど・・・

Youtubeでほとんどのエピソードが見えるけど、来週のエピソードも楽しみです。

さて、今日はこれから半年ぶりに懐かしい仲間たちに会ってきます!
次の波が来る前に人生を楽しんできます!

No.28 / チャイナ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2008.04.18  歌姫対決 <<17:17


MaraiahのE=MC2を買いました。
第一印象はあまり…だったんですが、聞けば聞くほど好きになるタイプの曲が多いです。
マライアは先週イギリスに来ていて、テレビや新聞を騒がせていました。
ダイエットがんばったそうで、若返っています! 服装も、昔のマライアにちょっと戻った感じ。

マライアといえば、今、アメリカではイギリスの歌手LeonaとMariahの対決と言われていているそう。2人とも白人のお母さんと黒人のお父さんの間に生まれて、出身もロングアイランドとハックニー(ロンドンのちょっとアブない地区)、境遇も声も似ています。結果は、今、Leonaはマライアを抜いてシングルチャートのNo1。デビュー曲でアメリカNo.1とイギリスの歴史に残る大ヒット! 今度はアルバム対決です。音楽もずいぶん変わったし、以前のようなパワーもないし、口パクなしで(笑)ライブで歌うマライアを見ていると、大丈夫かな・・・と本気でドキドキしてしまいますが、今度はマライア、アルバムトップの座にいるLeonaを越えられるでしょうか? 私はどちらも大好きなので楽しみ。高校時代からずっと私に元気をくれているマライア、新人のLeonaに負けず頑張ってほしいです。


マライアの新曲はこちら
Byebye

アメリカン・アイドルでライブで歌ってます。緊張が伝わってきます。がんばれ…!!
そしてこっちは

ライブでうたうLeona。

おまけ
マライアも歌ったWithout youをうたうデビュー前のLeona。

さて、これからMariah聞きながら仕事がんばります・・・

No.27 / 音楽 / Comment*4 / TB*0 // PageTop▲

2008.04.18  ハイテク生活(?) <<17:09


テクノロジーとは無縁の我が家ですが、独身時代から使っていたと思われる電気製品の寿命が尽きてきたため、最近いろんなものが新しくなりました。

中でもうれしいのが炊飯器とトースター! 毎日使うものなので、新しくなってとても快適です。炊飯器に至っては超原始的な炊飯器だったうえむやみに大きい八合炊きで、保温するとごはんが干からびていく(イギリスで売ってあるものはこれがポピュラー)なかなかうれしい炊飯器だったんですが、主人の両親に香港で新しい炊飯器を買ってきてもらいました。

見た目も昔の日本の炊飯器に似ていて、内がまもノン・スティックです! お粥も炊けるので朝ごはんのバリエーションが増えました! スロークック機能も蒸し器もついていて、玄米も炊けます! なぜか不要なケーキ焼き機能までついています。毎日使うものなので、とても便利になりました。固めのごはんが好きなので、炊きあがりがどうやってもふわふわに柔らかくなってしまうのが残念だけど、便利さにはかないません。

トースターも、イギリスは縦型で、焼きあがるとパンが飛び出してくるものが主流なんですが、上にラックを載せてクロワッサンも焼ける機能が付いたトースターを買いました。焼きあがると、「チン!」と音がします。保温機能も付いていて、すぐパンを食べないときは保温してくれます。毎日使うものだし、以前は数百円で買える原始的なものだったので、これだけのことですごくハイテク生活をしているような気がします。

で、こんなつまらないことで喜んでいて、細かい機能にこだわっている自分に、やっぱり私は日本人だったんだなぁ…と感じています。





No.26 / イギリスつれづれ / Comment*2 / TB*1 // PageTop▲

2008.04.13  Garden Wildlife ② <<07:00


鳥の他にもいろんな動物が庭におどずれます。いちばんよく来るのはキツネ。本当に同じ場所を行き来するので、うちの芝生はキツネの通り道にあとがついています。最近は庭いじりをしていて視線を感じると、すぐ近くでキツネが私を見つめていることがあります。けっこう近づいてもぜんぜん逃げないことも。

そして今日・・・!

また視線を感じて振り向くと、キツネがいました。逃げようともしないし、なんとも不思議な動き。近づくと私と距離をおきたいのか少し逃げるのですが・・・おもしろいのでそんな調子で私とキツネでしばらくちび黒サンボみたいに同じ場所をぐるぐるまわっていました。

・・・で、ちょっと飽きたので結局私の方から逃げて、しばらく庭の奥でごそごそ庭の手入れをしていたら、庭の奥の、Compost heap(堆肥作り用に枯葉や枝をためている場所)にしている場所からかさこそ音が。以前からそこにキツネが巣を作っているのは気がついていたのですが、なんとそこからかわいいこぎつねたちが飛び出してきました!! 3匹。近づいたら、やっぱり触ろうとすると巣穴に逃げてしまうのですが、人間を見たことがないのか、また飛び出してきます。あんまりかわいいのでしばらく我を忘れて子狐と遊んでいたのですが、「そうだ、写真を撮ろう!」と振り向いたら、お母さんぎつねが不安顔で見つめていました。

すごく嬉しい体験だったけれど、お母さんぎつねの顔を見て、ちょっとお母さんに悪いことをしたかなって思っています。カメラを持って戻ったけれど、もう子ぎつねたちの姿は見えず。

キツネの一家、人の気配に引っ越してしまったかもしれません。


No.25 / / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2008.04.13  Garden Wildlife <<06:55


去年庭にバードテーブル(餌台)を置いてから、庭にたくさん鳥がやってくるようになりました。餌を買ってきてもリスが食い荒らすこともあって、一晩で餌がなくなってしまうことも多く、クリスマスとか誕生日とか、特別な日だけしかえさを置いていないのですが、1度場所を覚えると鳥たちは何度も来るのかもしれません。(リスは毎朝餌が置いていないか必ず偵察にやってきます。)

はじめはつがいの山バトロビンブラックバードくらいしか見かけなかった我が家の庭ですが、バードテーブルを置いてからは去年は隣の杉の木にかささぎが巣を作り、うちのローリエの木の上には山鳩が巣を作り常駐しています。そのせいか山鳩の数も増え、朝・夕、山バト集団が庭をパトロールするようになりました。

今年は隣の家との生垣のなかにブラックバードが巣を作っているし、すずめたちもそこを寝床にしている様子。他に最近はTitと呼ばれる各種の小鳥がたくさんやってきます。今1番のお気に入りはブルーティット。小さいしおくびょうなのでめったに木から離れないし、よく目を凝らさないとよく見えない鳥です。初めて発見したときは視界にきらっと青いものが横切ったので、驚きました。こんなに鮮やかな野鳥がいるなんてはじめは信じられなかったんですが、イギリスではポピュラーな鳥みたいです。

・・・とこんなふうに熱心に鳥を眺めていて思い出すのが、以前中国へ行く前の研修でいっしょの班にいた班長。彼はどこへ行っても鳥の声に耳を澄ませ、双眼鏡を片手にバードウォッチングをし、休みの日は動物園めぐりをしていました。当時の私は、確かに鳥の声を聞き分けられて名前を知っているのはすごいと思ったけれど、何がそんなに楽しいのか理解できなかったし、あそこに鳥がいるといわれてもどこにいるのかちっともわからなかったのですが、もし今班長と一緒だったら、いろいろ鳥について語りあえるかもしれません(笑)。

そして、もう去年の話ですが、日本に帰って驚いたのが、近所の公園に本当にさまざまな鳥がいること。今まではハトしか目に付かなかった公園ですが、木の上、木立の中、いろんな鳥がいて、その声や姿に気づく自分にも驚きました。

鳥を見る能力が付いたのかもしれません。

*今日の日記は、緑色の鳥の名前をクリックしたら、鳥の紹介がでてきます。鳴き声も聞けます! 

No.24 / / Comment*2 / TB*0 // PageTop▲

2008.04.11  ひとりごと <<17:57


新学期が始まりました! 
今度のクラスは私と縁が深い国々と関わりのある子どもたちが何人かいるので、ワクワクしています。学生からのフィードバックも返ってきました。今週はちょうどうちにこもってもくもくと採点作業をしていて、今年の自分の教え方の悪かったところが見えてきてちょっと落ち込んでいたのですが、学生の好意的なフィードバックを読んで少し元気が出てきました。今年は今学期に持ち越しのテストがあり、また学生たちに会えるので楽しみです。

雪が降ったり大荒れだったお天気も落ち着いてきて、昼間はあちこちから芝刈り機の音が聞こえてきます。今年はたくさん野菜の種をもらったので、ほったらかしになっていた庭の片隅にもらった種をイースター休みに少しずつ植えたのですが、今朝見たら芽が出ていました!!

100-0097_IMG.jpg


でも・・・いったい何の芽なのかわかりません・・・。植えたところに何を植えたかマークしておかないとだめですね。植えた時は覚えていたんですが・・・。あとなぜか、全く植えた覚えのないミントまで生えてきました。ミントはそこらじゅうから生えてきています。堆肥の中に枯れたミントを入れたことがあるせいかも?? 

日本の皆さんもきっとお花見で楽しんだ頃でしょうね。イギリスもいろんな花々が咲き始めて、本格的な花香る春も、もうすぐです! 

おまけに今庭に咲いている花の写真たちを。

ボケみたいな花。
100-0099_IMG.jpg



スネイクヘッドという花。
100-0096_IMG.jpg


今の家に越してきて、春こんなものが出てきたので、この気持ち悪い花はなんだ!?!? とびっくりしました。その名の通り蛇を想像させる不思議な模様の花がつきます。いつもの年なら赤い甲虫がいっぱいついて、花が食べられてきれいに咲かないのですが、今年は雪が降ったりで虫が出てくるより先に花がついたので、きれいに咲きました。こちらでは結構ポピュラーなようで、オランダのキューケン国府公園でもこの花の鉢植えが飾られていました。


No.23 / イギリスつれづれ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2008.04.08  チャリティー&マラソン <<18:09


日本よりずっと仕事が楽だからでしょうか、イギリスの人たちはジムに行ったり、何らかのスポーツをしている人が多いです。マラソンもけっこう人気で、こっちに来てから周りの人がマラソン大会に参加するのも何度も見てきました。

でもちょっと日本と違うなぁと思うのは(日本で周りにマラソン大会に参加した人がいなかったので本とは比べられないのですが)、参加する人が、周りの応援者に寄付を募ること。イギリスに着たばかりのときは、周りの人に寄付を募るというやり方に驚いて、「どうして自分の趣味で走るのに、自分で参加費を払わないんだろう??」 と驚きました。もちろん募った寄付はすべてチャリティーにまわされるのですが、来た当時は貧しい学生だったのでちょっと疑問だったのです。

はじめは疑問だったこの寄付ですが、今はどうしてこの方法がイギリスでポピュラーなのかわかってきました。友達や周りの人に寄付してもらっていたら、お金をもらっているんだから、もう逃げることができないのです!! 自分でお金を払っていたのなら、「やっぱ体調悪いしめんどくさいからやめよ。」なんていえるんですが、この方式だったらそんなわけにも行きません。そして応援するほうも、お金まで払ったんだからしっかり走ってもらわなければと応援にも力が入ります。なかなかいい動機付けだなと思いませんか??

マラソンのほかにも、イギリスではけっこういろいろなところでチャリティーという言葉を目にします。たとえば、この間あった学生たちのミュージカルも、売り上げはチャリティーへ回すということでした。チャリティーへまわすのだから、見るほうは少し高くてもチケット代を払おうかなという気になるし、主催者側は少し高めに値段を設定しておけば、もしコストが予想以上にかかればチャリティー代を減らせばいいし、売り上げが予想以上にあればまたそれでたくさんチャリティーにまわせるわけだし、とてもいい方法だなと思いました。

・・・とこんな風にチャリティーについて考えたのは、今回は主人の妹から、「チャリティー・ラン」に参加するから、よろしくね!」とメールが来たから。フルマラソンではなく、10キロ走るそうです。(これからWEB見て寄付してきます。)

そして、今週末はロンドンマラソンです。去年はすごく暑くて、マラソン中に水分補給をしすぎたランナーが1人、「水中毒」で亡くなりましたが、今年はどうなるでしょう。そうそう、ちなみにロンドンマラソンの日に地下鉄に載ると、マラソン帰りの人たちのかおりが漂っていてなかなか素敵です・・・ チャンスがあったら試してみてください・・・


No.22 / イギリスつれづれ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2008.04.06  4月の大雪 <<17:46


今日はゆっくり寝られると思っていたのに、朝早く、興奮したチー太郎の声で目覚めました。

ふるとは聞いていましたが、やっぱり降りました。
しかも積もりました。

4月なのに・・・
私の春休みも終わってしまったというのに!

これから雪だるま作ってきます。

Amsterdam 004


No.21 / / Comment*2 / TB*0 // PageTop▲

2008.04.03  イギリスの春の味:ルバーブ <<15:47


旅行中にサマータイムにもなって、夜も8時ごろまで明るくなりました! でも、週末はまた雪だそう。また寒くなるのはいやだけれど、一日が明るくなって気分も明るくなります。日が長くなってきたので、庭の植物もぐんぐん成長をはじめました。
春になると、我が家のリンゴの木の下から顔を出すのが、下の植物、ルバーブ

Amsterdam 002

(やっと写真サイズを小さくする方法を発見しました!)


一体何なのかはじめはわからなかったのですが、フキの一種だそう。今の家に越してきてはじめての春、見たことのない真っ赤な芽が顔を出したのでびっくり、雑草かと思って抜こうとしたのがこのルバーブです。

日本でもフキは春の食べ物ですが、ルバーブもイギリス人の大好きな春の食べ物。日本のフキは佃煮にしたりするのですが、ルバーブでは、デザートにします。私も今年は思い切って、ルバーブのデザートに挑戦してみました。

ルバーブは葉っぱに毒があるそうで、茎を使います。パイにしたり、ジャムにしたりするそうですが、量もそれほどないし、本当にルバーブか自信もなかったので、簡単で少量のルバーブでできる「フール」というデザートにしました。(フールは、シロップ状にした果物にクリームかカスタードかヨーグルトを混ぜるもの。フルーツ・ヨーグルトもフールの一種??)ルバーブを切ってレモン汁と砂糖を入れて、5分煮て、ヨーグルトかクリームを入れると出来上がりという、超簡単、Foolでもできるデザートです・・・

ひょっとしてルバーブではなかったらどうしようかと自信がなかったし、うちにヨーグルトもクリームもなかったので、かわりに、ちーたろうがスクランブルド・エッグを作るときに使うと買ってきて冷蔵庫に眠っていた、一体他にどうやって使うのか使い方の分からない、「Cream Fraiche(生クリームとヨーグルトの中間のような不思議なもの)」というものを使ったので、ますますおいしくできるか分からなかったのですが、びっくりするほどおいしくできました!! ヨーグルト嫌いのちーたろうが、おかわりするほどです! (でも試食用に作っただけなので、おかわり分はありませんでした・・・)

甘酸っぱい春の味。中毒になったらどうしようかと不安でしたが、とりあえず、おなかも大丈夫です。フキと違ってあく抜きもいらないし、簡単だったし、またルバーブが大きくなったら作ってみようと思います。




No.20 / イギリス面白食材 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2008.04.02  アムステルダム <<17:58


Amsterdam 195



行ってきました、アムステルダム。
ヒースローからでしたが、ターミナル5ではなかったので、何事もなく(??)旅立つことができました。(心配なのは、来週香港から帰英する主人両親です。ターミナル5に帰ってくる予定。)

アムステルダムは、いろんな意味でおもしろい町でした!

風車見ました!
ちょっと早かったけれど、チューリップも本当にきれいでした!!
曇っていたのと最終日の雨が残念だったけれど、ビール飲んでチーズもいやというほど食べました!
期待していなかったオランダ料理も、意外と○。ドイツ料理のようなものが多いかと思ったのですが、塩辛いかと思った食べ物も、意外なことにイギリスよりも塩分控えめ、どぎつい甘さを想像していたスイーツも、日本のように甘さ控えめで嬉しかったです。

そうそう、もちろん、飾り窓も見物してきましたよ!
日曜日行ったのですが、なかなかすごかったです。運河に面したところが有名ですが、アメリカ人や中国人のツアー客にくっついて行ったら、人1人歩くのがやっとの道の両脇にも窓があって、至近距離できれいなお姉さんたちを見ることもできました。

そうそう、飾り窓の利用客の40%はイギリス人らしいです!
オランダなら日帰りもできるし、英語も通じるし、ひこうきのチケットも格安がたくさんあるからかな??
ちなみに私たちのチケットは、往復で20ポンド(4000円強?)でした。空港税がこれにつきますが。
日本人のお客さんもたくさんいるのかなと思っていたのですが、中国人しか見ませんでした。最近のヨーロッパは中国人ツアー客でいっぱいです。客引きのお兄さんたちも、私たちに中国語で声をかけてきました。中国人に見えたからなのか、それとも、日本人より中国人の方が多いからなのか・・・。お兄さんたちの中国語、なかなか上手でした。

Amsterdam 101



ちょっと時間がかかると思いますが、また旅行記UPしたらお知らせしますね!

No.19 / / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。