イギリスの風
香港人のテレビっ子・チーたろうと、ちびすけとともに、のんびりイギリスで暮らしているへんじゃの日記です。


プロフィール


へんじゃ

Author:へんじゃ
★ブログに時々登場する「チーママ」は義母、「チーパパ」は義父、「チー妹」は、チーたろうの妹のことです。

★コメントは承認制になっています。表示やお返事が遅くなることがあります・・・すみません。)

★内容の無断転載、また内容と関係のないコメントの書き込みはご遠慮ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ村に参加中です。よかったらこっちも押してみてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村



FC2カウンター




金魚




カレンダー


01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -


最近の記事




最近のコメント




カテゴリー




フォトアルバム




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧




最近のトラックバック




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2008.02.19  まちぼうけ <<02:05


事故から1月半。
やっと愛車が我が家に戻ってきました! 

が、愛車の受け取りもちょっと苦労。
午後1時までに行くと聞いていたのでずっと朝から待っていたのですが、仕事に没頭してふと気がつくと午後の4時!! あわててガレージに連絡すると、大慌てで飛んできました。しかも途中道に迷ったらしく、うちはどこだと電話がかかってきました。

どうせ今日はたまった仕事があるのでどこへも行けないからいいけれど、もし用事があったら大変ですよね!

久々に見る愛車はピカピカに磨きあげられていて新品のよう。おまけに、以前ゴミ捨ての時にゴミ箱をぶつけて曲げてしまっていたサイドミラーまで、直してくれていました。

そして1つ感心したのは、「遅れてすみませんでした」の一言があったこと。日本だったら当り前のことですが…

さて、愛車は届いたのですが、今は代車を取りに来てくれるのを待っています。こちらは今日の2時までの予定ですが、さっき文句を言ったら今晩8時までに来れるかもしれないがわからないと言われました。

わからないってそんな…

代車を取りに来てもらえないなら、しばらく2台の自家用車気分で乗れるかなって思っていたら、代車分の保険はもう日曜で切れているので乗らないでと言われました。そういうところはしっかりしているんですね!!

さて、持ってきてくれた時は余裕の4時間遅れで(しかも苦情を言ったらやっと来てくれた)、全く謝ろうともしなかったこの代車のレンタル会社、いったいいつ頃取りにに来てくれるか楽しみです。
スポンサーサイト


No.12 / イギリスつれづれ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2008.02.03  スピコン <<18:02


今日は仕事の後にスピーチコンテストへいってきました。
専攻、非専攻の学生たちが集まってのスピーチコンテスト。
中国にいたときは学校の名誉がかかっていたので、毎年大会前の2-3ヶ月は校内選考大会と特訓に借り出されていましたが、イギリスに来てからはいつも仕事と重なっていたので見るのは初めて。一仕事終えてだったので自分の学校の学生たちのは聞けなかったし、疲れていてへとへとだったのですが、私の勤務先なので逃げることはできず。ちょっと重い気持ちで大学へ行ったのですが、学生のスピーチを聞いて疲れがぶっ飛びました。楽しかったです。

それにしても、予選のときも感じたけれど、イギリスで勉強している学生はみんな発音がきれい。そして、受験のための勉強ばかりで缶詰生活をしていた中国の学生と違って、話してみると経験が豊かで話題が本当に豊富。専門で勉強している子なんて、みんなGAP YEARやら何やらで日本で1年暮らしたことのある人が多くて驚きました。

もう1つ驚いたのは、非専攻の学生たちの日本語の上手なこと! 週3時間で、2年間日本語を勉強した学生たちと話しましたが、やさしめの日本語を使ったらふつうに会話できました。日本の大学の語学教育と比べてはならないのかもしれませんが、イギリスの大学はどこもこんな感じなのかな?

勤務先の大学に留学している日本人留学生たちとも話しました。中学からこちらだから日本の大学へ進むよりこちらの大学へ進むほうが楽だったという学生もいたけれど、やっぱり日本ではなくイギリスの大学をわざわざ目指してがんばった子達、しっかりしていて、えらい、と思いました。大変だけど、本当に勉強したいのなら、やっぱり日本よりイギリスの大学だろうなと思います。
大変だろうけど、がんばれ!

私もたまった仕事、明日からまたがんばらなくては・・・


No.11 / 仕事あれこれ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。