イギリスの風
香港人のテレビっ子・チーたろうと、ちびすけとともに、のんびりイギリスで暮らしているへんじゃの日記です。


プロフィール


へんじゃ

Author:へんじゃ
★ブログに時々登場する「チーママ」は義母、「チーパパ」は義父、「チー妹」は、チーたろうの妹のことです。

★コメントは承認制になっています。表示やお返事が遅くなることがあります・・・すみません。)

★内容の無断転載、また内容と関係のないコメントの書き込みはご遠慮ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ村に参加中です。よかったらこっちも押してみてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村



FC2カウンター




金魚




カレンダー


12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事




最近のコメント




カテゴリー




フォトアルバム




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧




最近のトラックバック




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2008.01.30  びっくり、ぎっくり <<22:19


またネズミです。

被害にあった場所に食べ物をおいていないので、もう被害はないかと思ったのですが、食べ物がなくなったので室内に出没したようで、リビングルームでうちの主人がご対面、先日ひょぇーっと飛び出してきました。去年、10月にリビングにネズミが出たときは自分が見ていなかったのであまり気にしていなかったうちの主人、即効カウンシル(市役所のようなもの)に電話して人を呼びました。

驚いたことにその日のうちにカウンシルの人が来てしらべてくれたのですが(早い!!)、どうやらガレージにできた割れ目から床下に侵入しているよう。毒を盛って帰っていきました。

さっそくみんなにネズミの話をしたら、意外とネズミと「共生」している人が多いことにびっくり!! 「夜になると床板をかじる音が聞こえる」、「そういえばフラットメイトがネズミを見たといっていた」、「週末うちに進入しようとしていたのをおい払った」とか、古い家が多いので、出没率も多いのでしょうか。たそがれ時庭の片隅を走っている姿を見かけるし、キツネが生存できるのも餌のネズミがいるからだと思うと、やっぱり多いんでしょうね。カウンシルの人も、外にはいっぱいいるから、冬になると暖かい場所を求めて室内に入ってくるといってました。

しっかり対処してもらったので一安心、といいたいところですが、みんなに、「臭いよ・・・・大変だよ・・・!」といわれてドキドキしています。ひょっとしてみんなこれも経験済み・・・?

さて、ネズミと対面してから夜1階にに降りるのを恐がっていたうちの主人、こわごわ階段を下りている途中に足を滑らせ階段の最後数段を滑り落ちました。動けないとわめいているのでなんと大げさな!と一喝したら、なんとどうやらぎっくり腰!! これから忙しくなるというこの時期に、ぎっくり腰なんて、と思うけど仕方ないですね・・・。また しばらく看病生活が続きそうです…

ネズミ同様、ぎっくり腰もかなり経験者が多いみたいで、中には毎年一度なるというツワモノも!! 

毎年・・・・

早く元気になってくれることを・・・そして、できればこれが最初で最後であることを心から祈っています・・・。
スポンサーサイト


No.10 / イギリスつれづれ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2008.01.28  サンデーロースト と チュー太郎 <<17:14


イギリス人は日曜日、オーブンでじっくりローストしたお肉を食べるのが好きです。
日曜日のパブには必ずサンデーローストメニューが登場、日曜日のお昼時にはビール片手にサンデーローストを食べている人たちがたくさんいます。私も主人も日曜、特に何も予定がないときなどはパブでのんびりサッカーをみながらサンデーローストを食べることがあります。

自分で作ったことはなかったのですが、作ってみたいというチー太郎のたっての願いで、昨日は鶏を一羽買ってきました。こちらでは、2羽で5ポンド(1500円くらい?)という安いチキンもありますが、先日のフリーレンジのこともあり、奮発して、一羽8ポンドほどする鶏を買ってきました。それでもパブで食べたらひとり分7ポンド位はすることを考えると、かなり安いです。

ローストすること2時間! おいしいサンデーローストができました!! 
意外と簡単でおいしかったです。

でも、、、もちろん2人で食べるには大きすぎ、

昨日の昼ご飯にたべ、

残りの肉で晩御飯に焼きそばを作り、

残りの肉で今日のお昼用にサンドイッチを作り、

それでもまだたくさん残っているので、チキンスープにする予定です。

でも、サンドイッチを作ったただいまの時点で、ちょっと鶏肉に飽き飽きの気分。お客さんが来るのでなければ、もう作ることはないでしょう。

さて、晩ごはんを終えて、2階で休んでいると、階下からチー太郎の悲鳴が聞こえてきました。

また、ネズミです!
居間で発見したようです。
今度はほんとカウンシル(市役所)に連絡して、調べてもらう予定です。
今年はネズミ年。ネズミの当たり年なのでしょうか?? 

No.9 / イギリス面白食材 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2008.01.24  イギリスの病院② <<03:54


背骨を折ったお父さんが入院している同僚。毎日病院に寝泊まりしている様子です。

今日は、朝来るなり前夜病院で起こった事件を話してくれました。
なんでも、隣のベットのおじいさんが夜中に苦しみ始めて、聞くに堪えないし様子もおかしいので何度も看護婦さんを呼びに行ったのですが、無視されたのだそう。

向こう隣りの患者さんもナースコールを押し続け、彼女も何度か看護婦詰め所に行ったそうですが、誰も来てくれず、やっと先生とともに看護婦さんが来たのは一時間後。

手遅れだったそうです。
隣のベットのおじいさんはその後すぐ亡くなりました。


イギリスの公共医療、万歳!! 

病気にならないよう、健康には気をつけなくては!

No.8 / イギリスつれづれ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2008.01.23  ねずみ ふたたび <<07:23


普段はタイ米を食べている我が家。
いつもは小さな袋でおすし用の日本米を買っているのですが、クリスマス、日本産の日本米を買ってきました。

結局クリスマスの間お寿司は作らなかったのでそのまましまってあったのですが、週末袋を動かすと、ぱらぱらとお米がこぼれてくるのでよく見ると・・・



ネズミにやられていました~~!


よく見ると、台所の食料庫の下(ここお米もいれていた)には電気メーターがついていて、たくさん電線が床下に下りているのですが、その隙間からどうやら登ってきた様子。

油断もすきもありません!
きれいに掃除して、お米を別のところに移動したのでもう大丈夫なんですが、古い家なので、ネズミ対策はしっかりしなくちゃいけないんだなと思いました。


で、ひとまずネズミ事件は終わったと思っていたのですが、今朝おきてごみを捨てに庭に出たら、ネズミが大往生していました!

こないだのとは種類と大きさが違っていました。とりあえず、キツネが来るのを待とうと思っています。

ネズミ年ですが、キツネ様様です。

…というわけで最近毎日被害にあった日本米のほうを消費しています。普段はタイ米でも日本米に近い、臭いのないお米を食べているんですが(なのでふつうの中国米よりおいしい)、日本米ってほんと、もち米みたいですね!! すごく変な感じです。味は、日本米のほうがねっとりしていて噛み応えがないので、あまり味を感じません。

さめたときは日本米のほうが断然おいしいのですが・・・
慣れって恐いですね! 


No.7 / イギリスつれづれ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2008.01.19  イギリスの病院 <<04:41


私の周りは年上の人が多いせいか、高齢になった親の話題でいっぱいです。私とは一回り年上の方の話がほとんどですが、海外に住んでいるとすぐには飛んで帰れないのでなかなか大変そうです。

そのうち1人の先輩は、ちょうどお父さんが来英していたのですが、なんと、こちらで観光中、背骨を傷めて緊急手術をすることに。もともと持病があったそうで、日本の担当医との電話連絡を何度もしながらイギリスの病院のお世話になっているのですが、問題はイギリスの病院!! 日本の担当医は本当にこまめに、国際電話までかけて下さるにもかかわらず、イギリスの担当医は、全く姿を見せず!!! だそう。

しかも、明日手術、という話が、担当医が忙しいのか、1日伸び、2日伸び、3日のび・・・と伸びています。しかも、いよいよ手術できる! というときに限って、看護婦の情報ミスで「今日は手術できませんから朝ごはんOKです」といわれて食べてしまった後だそう。

私が入院したときもそうでしたが、どうやらこういうことは日常茶飯事??

看護婦さんが薬の量を間違えることも多いそうで、毎日2錠ずつ飲むはずの薬が8錠もでてきたりして、あわてて確認すると、「Oh,Sorry」だそうです・・・

「病院で殺されるかもしれない」と青くなっていました。

薬の量も、日本の担当医が驚くほど多いらしく、また、日本の担当医と相談したところ、「こんなに高齢で持病がある患者にリスクの高いこの手術は日本では普通しない、普通は別の方法で治療するはずだ、手術しないで、日本に帰ってくるように。私がイギリスの担当医と相談するから連絡先を教えて」といわれたそうですが、

そのイギリスの担当医と連絡がつかないらしく、本当に大変そうです。

お父さんは痛みに苦しみながら、日本で死にたい、日本に帰りたい、と訴えているそうで・・・

手遅れにならないうちに、先輩のお父さんが帰国できることを心から願っています。

イギリスの公立医療バンザイ!



←もっと読む
No.6 / イギリスつれづれ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2008.01.16  髪はなが~いお友達  <<07:56




新年の抱負の1つに、「髪にやさしく」があります。あまり髪型を気にしないので、いつも伸び放題、結びっぱなしで、学期末になると髪が痛んで枝毛だらけになって美容師さんにおこられるのですが、今年は少し気をつけてみようと思っています。

気をつけてみようと思ったきっかけは、年明けに読んだ新聞にあった、抗癌治療で髪を失った子どもたちに髪の毛を寄付した親子の体験談(カツラにするみたい)。お金を寄付するのはよくあるし、私の周りの日本人は時々チャリティーマラソンなんかをしてていますが、髪の毛を寄付するっていうのは新鮮で、やってみようと思ったらマラソンより気軽にできるのでは、と思ったのです。それに、いつか寄付するために大切にしていると思えば、なんとなく惜しみなく髪の手入れにお金を費やせるような気がして・・・

そんなわけで、本当に寄付するかはわかりませんが、今年は年明けから髪をいたわっています。癖毛なので、手入れしてもあまり成果は出ないし、縮れ毛の混じった私の髪の毛が果たして役に立つのかもわかりませんが、寄付のため最低限必要な10インチまで・・・いや、10インチとは言わず、この際思い切って限界まで伸ばしてみようかとも思っています。

たまたまおなじ時期に読んだ日本の雑誌によると、欧米人の髪は腰まで伸ばせる人は少ないのだそう。日本人は欧米人より長く伸ばせるそうですが、私の髪の毛はどのくらいまで伸びるでしょう? 伸びる前に飽きてきってしまうかもしれませんが、お楽しみに!


No.5 / 未分類 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2008.01.15  Chicken right? Chicken Price? <<17:31


チャンネル4のHugh’s Chicken Runという番組が結構話題になっていて、テレビにかじりついてみていました。これはチャンネル4の「BIG FOOD FIGHT」シリーズの1番目のようで、私たちが普段口にしている鶏肉が一体どのようにして生産されているかの3日連続のドキュメンタリー。

イギリスの大手スーパーにはどんな食べ物を食べたかによって、「オーガニックチキン」チキン」「コーンフェッド(トウモロコシで飼育、肉が黄色)・チキン」、「ふつうのチキン」という種類の鶏肉が並んでいます。食べ物の違いといったら想像はつくのですが、イギリスのスーパーにはもう一つ、「フリーレンジ」という種類の鶏肉が売られています。この「フリーレンジ」はいわゆる放し飼い。放し飼いでない鶏と、ふつうの鶏はいったい何が違うのか、という事をメインに番組が進んでいきました。

もちろん放し飼いの鶏のほうがきっといいんだろうとは思っていたのですが、実際、番組を見てその違いに驚きました。ふつうの鶏は、鶏舎に動くスペースもないほどぎゅうぎゅうづめになって育てられています。常に電気がともっているので、食肉加工されるまでの一ヶ月ちょっと、太陽の光を見ることなく育てられます。昼夜区別なく食う、寝るの繰り返し。動くスペースがないので唯一の楽しみは食べること。ひたすら食べて、食べて、食べて。動くスペースがないのでどんどん太り、体重が重すぎて飛び上がることもできません。運動不足で超肥満、動くのもままならない鶏の肉を普通私たちは食べているんだなとびっくり。

一方フリーレンジの鶏は、広々とした鶏舎に飼育されます。室内も普通の鶏と全然違って、室内にボールが転がっていたり、床にほし草が置いてあって山のようになっていて、山登りのようなものができたり、鶏が遊べるように天井からCDがぶら下げてあったりするので、鶏たちはのびのびと元気に暮らしていました。飛び上がることもできるし、おもちゃがたくさんあるので楽しそうに遊んでいるし…。さらにちがうのは、広々とした鶏舎だけでなく、毎日広い庭に出られること。前者のふつうの鶏たち(日本語でブロイラー?)の鶏舎と比べて、天国のように見えました。

さらに驚いたのは、ふつうの鶏舎が十分に掃除されないこと。ものすごいにおいがするようです。(したとしてもまさに箱詰めなので、すぐ汚れる)映像を見て、動けないほどのスペースで糞尿にまみれて育った鶏たちを食べているのかと思うと、ちょっとぞっとしました。もちろんこれは鶏の健康にも悪いわけで、出荷直前の鶏たちの足には、床にたまった尿の成分、アンモニアによるやけどができます。売られている鶏のひづめ(?)の根本を見れば、その鶏がどう取り扱われていたかわかると聞いたことがありますが、これがそうなんだなと驚きました。

もちろんこんな劣悪な環境で育てられるので、次々に弱っていく鶏が続出します。元気のない鶏がいたらどうするかというと、首をへし折って処分。治療という選択肢はないんだなと驚きました。番組ではヒヨコや鶏を次々に首を折って処分する場面もしっかり流れました…。(小さい頃、時々ひよこ売りのおじさんがいて、色のついたヒヨコを売っていたのですが、ひょっとすると、この首を折って処分される運命のヒヨコを売りに来ていたのかもとその場面を見て思いました。)

最終回では最後の食肉加工で殺す部分ももちろん流れました。(日本にいたとき食肉加工場の映像って見たことがなかったのですが、イギリスに来てからよく目にします。)見ていて、以前参加した青年海外協力隊の訓練中に鶏をしめたことを思い出しました。逆さにして、首を切ってしめたんですが、食肉加工場でも、事前に電気で気絶させるところは違ったけれど、手作業で首を切っていたので、驚きました。同時に、その訓練のときに、準備された鶏があまり動かないのに驚いたのですが、こういう風な育てられ方をしていたのが原因だったんだなと思いました。食べて、寝て(? ぎゅうぎゅうなのでのんびり休めないと思う)の生活で肥満+運動不足でゆっくりとしか動けなかったテレビの中の鶏と同じだったのかなって。

なんだかだらだらと書き連ねてしまいましたが、この番組を見て、フリーレンジとふつうの鶏の人生と、私たちが普段口にしている鶏肉の現実を知って、ちょっとショックでした。もちろんフリーレンジはちょっと高いけれど、この番組を見たら、もう買えないと思いました。毎回フリーレンジが無理でも、特別な日にはフリーレンジを買ったり、それだけでもいいと思いました。

長々と書いてしまったけれど、CDで楽しそうに遊んだり、えさ代の上に飛び乗ってブランコのように楽しそうに揺れている(ふつうの鶏は体が重くて飛び上がることもできない)かわいらしいフリーレンジの鶏と、必死で、薄暗くて汚い鶏舎でひたすら餌を詰め込んでいる薄ぎたない鶏。皆さんだったら、自分が口にする鶏たちに、どちらの人生を与えたいですか???

Hugh’s Chicken run のページ:
http://www.channel4.com/food/on-tv/river-cottage/hughs-chicken-run/hugh-s-chicken-run-07-12-18_p_1.html


No.4 / グルメ / Comment*0 / TB*1 // PageTop▲

2008.01.15  小さな春? <<17:28


最近少し暖かくなって、庭の水仙やブルーベルが芽を出し始めました。風も少し暖かくなり、いろんな木々のつぼみも膨らんできて、なんとなく春を感じてしまいます。なんとなく、中国の凍りついた街を溶かす暖かい風を思い出して・・

そんなことを考えながら庭を散歩していたら、隣のうちとの境に生えているハシバミの花がさいていました! 暖冬だった去年もこのころ咲いて、異常気象かと思っていたんですが、今年もこの季節ということはやはりこの時期咲く花なんでしょうね。きれいな花ではないですが、こんな季節に咲く花もあるんだなと嬉しくなりました。

春です・・・!?


No.3 / 未分類 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2008.01.09  作文 <<19:06


パスポートが切れそうだったので、今日は大使館へ行ってきました。なんかよくわかりませんが、みんなに今度は「ICチップつき」のパスポートになるといわれて、ちょっと楽しみにしてます。

ついでに、大使館にある朝●新聞を久々に読みました。時々読●新聞はお古をもらうんですが、朝●はとても久し振り。アジア関連のニュースが読●よりいっぱいで、驚きました。衛生版だけかなって思ったけど、国内版もそうなのでしょうか? イギリスにいるとアジア情報ってあまり聞かないので(アフリカ情報は日本よりずっと多いけれど)なんだか読みふけってしまって、気がついたら閉館時間でした! 

仕事がはじまって1週間。学生たちは試験期間ということで出席率悪いですが、少しずつ日常が戻ってきました。そして、日常とともに、大量の宿題も・・・。日本語クラスのも、国語クラスのと一気に帰ってきたので大変ですが、昨日気合を入れてチェックしました。大学生のも子どもたちのも、ほとんどが海外旅行の思い出。でも、子どもたちの作文の方が短くてつたないのに、読んでいて面白いのはどうしてでしょう。中でも、来英したばかりの子どもが、クリスマスの朝おきて、ベッドのそばにプレゼントがなかったときのショックが書かれた日記はかわいらしくて面白かったです。結局イギリス式にクリスマスツリーの下におかれていたのですが、プレゼントがなくてショックを受けている子どもの顔を想像して笑ってしまいました。

作文といえば、去年は作文についていろいろ考えた1年でした。特に後半は、子どものお母さんから、どうやって作文をさせたらいいかわからないという相談を受けて、いろいろ考えさせられました。いろいろ聞いてわかったのですが、イギリスの小学校の作文って、どうやら日本の国語の作文とずいぶん違うようです。まるで、日本語学習の時みたいに、「今日のテーマ」があるみたい。

たとえば、
「今日の作文では、

まず
それから
つぎに
さいごに

をつかうこと」

とか、そういう文法事項の決まりがあって、それを上手に使えていたら、「よい作文」になります。

日本でも国語の教科書の各単元には、それぞれ書くときの目標(観察して詳しく見たことを書ける、など)があるけれど、普段の作文はただテーマを決めて書かせて、読み手に出来事や伝えたいことが上手に伝わるように書けていて、内容が面白ければいい作文だと思っていたので、イギリスの作文の仕方についてそのお母さんから聞いたことは、いい勉強になりました。上のような文型重視の作文がイギリスの子どもの作文教育の中心なら、日本の作文は、小さな小説家のような才能を育てようとしているようで、そう考えて見ると、日本の国語教育って、早くから高度なことを求めているのかもしれないなぁ、と思いました。

作文といえば、中国の作文… 考えて見ると、「漢字」というネックがあるので、きっと作文ができるようになるには、かなりの時間がかかるでしょうね! ひらがなと違って、50個漢字を習ったとしても、書ける文章は限られていますもん! 中国の中・高の作文教育の様子は垣間見たことがあるんですが、小学校ってどうなんでしょう。英語だって、スペルがわからなかったらかけないわけだし・・・そう考えると、50のひらがなを習えばいいたいことが何でもかけるひらがなって、すごいですね!

…と夢中になって書いていたらもう20時! そういえば、うちの主人、どうしてまだ帰ってこないのかな?

No.2 / 日本語 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2008.01.07  はじめまして <<17:49


はじめまして。
ミクシーだと会員にしか日記が読んでもらえないので、新しくブログも始めました。
どうぞよろしく!


No.1 / はじめに・お知らせ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。