イギリスの風
香港人のテレビっ子・チーたろうと、ちびすけとともに、のんびりイギリスで暮らしているへんじゃの日記です。


プロフィール


へんじゃ

Author:へんじゃ
★ブログに時々登場する「チーママ」は義母、「チーパパ」は義父、「チー妹」は、チーたろうの妹のことです。

★コメントは承認制になっています。表示やお返事が遅くなることがあります・・・すみません。)

★内容の無断転載、また内容と関係のないコメントの書き込みはご遠慮ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ村に参加中です。よかったらこっちも押してみてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村



FC2カウンター




金魚




カレンダー


05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近の記事




最近のコメント




カテゴリー




フォトアルバム




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧




最近のトラックバック




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2008.04.02  アムステルダム <<17:58


Amsterdam 195



行ってきました、アムステルダム。
ヒースローからでしたが、ターミナル5ではなかったので、何事もなく(??)旅立つことができました。(心配なのは、来週香港から帰英する主人両親です。ターミナル5に帰ってくる予定。)

アムステルダムは、いろんな意味でおもしろい町でした!

風車見ました!
ちょっと早かったけれど、チューリップも本当にきれいでした!!
曇っていたのと最終日の雨が残念だったけれど、ビール飲んでチーズもいやというほど食べました!
期待していなかったオランダ料理も、意外と○。ドイツ料理のようなものが多いかと思ったのですが、塩辛いかと思った食べ物も、意外なことにイギリスよりも塩分控えめ、どぎつい甘さを想像していたスイーツも、日本のように甘さ控えめで嬉しかったです。

そうそう、もちろん、飾り窓も見物してきましたよ!
日曜日行ったのですが、なかなかすごかったです。運河に面したところが有名ですが、アメリカ人や中国人のツアー客にくっついて行ったら、人1人歩くのがやっとの道の両脇にも窓があって、至近距離できれいなお姉さんたちを見ることもできました。

そうそう、飾り窓の利用客の40%はイギリス人らしいです!
オランダなら日帰りもできるし、英語も通じるし、ひこうきのチケットも格安がたくさんあるからかな??
ちなみに私たちのチケットは、往復で20ポンド(4000円強?)でした。空港税がこれにつきますが。
日本人のお客さんもたくさんいるのかなと思っていたのですが、中国人しか見ませんでした。最近のヨーロッパは中国人ツアー客でいっぱいです。客引きのお兄さんたちも、私たちに中国語で声をかけてきました。中国人に見えたからなのか、それとも、日本人より中国人の方が多いからなのか・・・。お兄さんたちの中国語、なかなか上手でした。

Amsterdam 101



ちょっと時間がかかると思いますが、また旅行記UPしたらお知らせしますね!
スポンサーサイト


No.19 / / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2008.06.25  サルド <<21:48


Sardo-Sachi 020


戻りました。
きれいでした。
楽しかったです。
脳みそがとけてだめになってしまうんじゃないかと思うくらいのんびりしてきました。
現実の世界に戻らなくてはならない浦島太郎の気分で戻ってきました。
帰ってきて、メールボックスを開けて、ため息をついているところです。
明日から、また、いつもの毎日のスタートです・・・。

とっても田舎だったんですが、それがまたよかったです。
けっこう急に決めた旅行で、イタリア語を勉強する暇もなかったんですが、後悔。
ホテルの人も、あまり英語が話せませんでした。スタッフはみんなドイツ語はぺらぺらだったんですが・・・(イタリア北部はドイツ語圏の地方もあるせい??)
以前スペイン旅行前に特訓したスペイン語のかすかな記憶が少し役立ちました。

きれいな景色を眺めながら、本当に世界にはいろんな場所があって、いろんな暮らしがあるんだなぁってしみじみ感じました。

ちなみにサルデーニャはこんなところです。→サルデーニャ情報


ホテルにいた亀。
Sardo-Sachi 016

とってもいいにおいがする黄色い花を眺めていたらふうふうと怪しい鼻息が聞こえて、びっくり。
みると亀が花の中に隠れて芝生をバリバリ食べていました。


Sardo-Sachi 070

もっときれいな写真がたくさんあるんですが、新しいカメラで撮った写真はデータが大きすぎてブログには載せられないようです。またそのうちアルバムに載せる予定です。


No.51 / / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2008.08.13  ニルスのふしぎな旅  <<18:21


Sunny dayを楽しみにしていたちーたろうですが、仕事が忙しくなってきたらしく、真面目に仕事に行っています。今日は代わりに水泳の男子飛び込み(?)観戦を頼まれて、見ました。中国の得意種目。男子は前回アテネで衝撃の大失敗、得点0という屈辱の過去があるので、見てほしかったみたい。こないだの女子は中国の跳水女皇、郭晶晶たちが完璧なダイブで金でしたが、男子もきれいに金メダルでした。

中国選手たちを見ていて(女子の体操は雑技団を思い出してしまいました)、ふと、スポーツで派遣されていた協力隊仲間のことを思い出しました。中国のスポーツ選手たちはたいてい寮に住み込みで毎日毎日スポーツに明け暮れていて、そこに日本人隊員が派遣されてスポーツの指導をするんですが、隣の省に派遣されていたスポーツ隊員(柔道だったかな?)が、遊びに来たとき、「みんな子どもの頃からスポーツ一筋の合宿生活で、外の世界を知らないから話題も乏しいし、夜は疲れてみんなすぐ寝てしまうから遊んでくれる人もいないよ。そもそも、遊ぶって言ったって、施設の周りには何にもないけどね」と言ってたのを思い出しました。(彼は余暇はパソコンとともに過ごしていたそうで、2年でハッカー並のPC知識を身につけて帰っていきました)

いろいろとスキャンダルも多い郭晶晶が試合後のインタビューで「金メダルを取ることは、あなたたちが考えるほど簡単なことではない。多くの汗を流したからだ」とぴしゃりと言い放ったそうですが、きっとみんな裏ですごい生活や苦労があったんでしょうね。

さて、話は変わりますが、週末にかけて、スウェーデンのストックホルムへ言ってくることになりました。ストックホルムに何があるのかわかりませんが、どうやら「ニルスの不思議なたび」の舞台みたいです。どんな話だったのかほとんど覚えていませんが、子どもの頃毎週欠かさず見ていた記憶があります。長靴下のぴっぴもスウェーデンみたいです。あと、バイキング料理の故郷です。ちーたろうはわざわざレストランを予約した様子(さすが、飲食情報のチェックはすばやい・・・)。アイスバーもあるそうです(ロンドンにもあるけど)。

このページで少し予習してみました。スウェーデン適応診断からはなんとなくお国柄がうかがえます・・・

Stockholm Diary

こっちのページからは在住日本人のびっけママさんの心の叫びが聞こえます。

スウェーデン とほほ

毎年北欧からの学生がクラスに1人はいるんですが、旅行後は北欧4国の違いと、国と首都名がわかるようになるんじゃないかなと思います。そうそう、おなじ時期にフィンランドへ行く人がいるんですが、そちらは、「虫除けスプレー」と、「防虫ハット」(養蜂家がかぶるような、顔のまわりに網がついているやつ)を持って行くよう経験者からアドバイスされていました。ストックホルムはもちろん要らないそうですが、フィンランドのヘルシンキは一体どんなところなんでしょうね??? 彼女の帰国後の体験談が楽しみです。

また戻ったら写真をアルバムにアップします。


No.69 / / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2008.08.18  SWEDEN <<19:01


IMGP2143.jpg

戻りました。疲れました。
小さな田舎っぽい街を想像していて、あまり期待していなかったんですが、すごくよかったです。楽しかった。都会でした。金髪碧眼率も高いし、みんなすらっと背も高いし、白人ばかりだし、別世界でした。湖だったか海だったかに面しているということで場所的にも近いアムステルダムのような港町を想像していたんですが、比べてはいけないくらいきれいで素敵な街でした。1日目は暑いくらい快晴で、もっともっときれいな場所だったんですが、写真にうまく取れていなくて残念。

行ってから思い出したんですが、スウェーデンはIKEAの国、そしてABBAや私の大学時代にはやっていたエイス・オブ・ベースといった歌手たちの国でもあり、ABSOLUTE VODKAやノーベル賞などなど、いろんなものを生み出した国でした。デザインはさすがでした。センスがすごくいいです。かわいいものがたくさんありました。高くて買えませんでしたが・・・

旅行が終わって昨日の夜、アジアの香りむんむんのヒースロー空港で、サリーやアフリカンな服装の出迎えの人ごみにもみくちゃにされ、帰ってきたーって感じました。ヒースローといえば、ぼろぼろで工事中なのか崩れているのかわからないような空港だったのが、オリンピックに向けて改装中でずいぶんきれいになっていて嬉しかったです。

いろんなことがあったのですがそのうちまたアルバムにします。今回も面白い写真がたくさん取れました。ちょっとだけここに載せておきます。


SwedenS 036 スカンセンで。ニルスを思い出す風景。

IMGP2232 (2)ちーたろう、なぜかスウェーデンの卓球女王と対戦することに。

IMGP2155.jpgコスプレ集団に出会う。ナルト発見。
他にも魔女のキキやゼルダ、その他よくわからないキャラがたくさんうろうろしていました。


No.71 / / Comment*3 / TB*0 // PageTop▲

2009.06.07  一時帰国と新しい出発 <<16:06


明日から日本です。
考えてみると、海外生活ももうすぐ10周年。
日本へ帰国というけれど、すっかり観光客気分です。
空港ついたら自動販売機でジュース買ってみようとか、どんな味の缶コーヒーにしようかとか、そんなことでさえわくわくしています。

海外生活も10周年だけれど、考えてみたら、日本語教師を本業にしてからも10周年です。そして、イギリスで仕事を始めて、5周年。節目の年なのかなぁと思っています。5周年に思い切って新しいことをはじめたいなと思って(それだけじゃないけど)、大学の仕事はやめることにしました。フリーランスでのんびりがんばります。昨日退職届を送ってきたところです。

名前からしてまさか大学とは思わずひょんなことからはじめることになったこの仕事。中国での仕事が終わって、大変だからもう大学での仕事はやめて、もっと楽な仕事を選ぼうと思っていたので、大学だと知ってショックだったのが懐かしいです。週一の仕事のはずがいつの間にか増えていました。考えてみたら、こんなラッキーな人は他にいないかもしれません。

話が違うといいながらも5年間支えてくれたちーたろうに感謝。英語の下手な私に、こんな大きなチャンスと大きな自信をくれた大学に感謝。そして、こんな私と一緒に仕事してくれて、いろいろ助けてくれた同僚たちに感謝です。

さて、明日には日本です!
今回は二週間ということであまり皆さんのところへ遊びにいけないけれど、しっかり楽しんできます。
前売り券入手できなかったけど、カープの新スタジアムへ行くのが今回のたびの一大イベント。
楽しんできます!


No.149 / / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

 Home Next>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。