イギリスの風
香港人のテレビっ子・チーたろうと、ちびすけとともに、のんびりイギリスで暮らしているへんじゃの日記です。


プロフィール


へんじゃ

Author:へんじゃ
★ブログに時々登場する「チーママ」は義母、「チーパパ」は義父、「チー妹」は、チーたろうの妹のことです。

★コメントは承認制になっています。表示やお返事が遅くなることがあります・・・すみません。)

★内容の無断転載、また内容と関係のないコメントの書き込みはご遠慮ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ村に参加中です。よかったらこっちも押してみてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村



FC2カウンター




金魚




カレンダー


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最近の記事




最近のコメント




カテゴリー




フォトアルバム




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧




最近のトラックバック




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2009.06.29  豊天商店に桃太郎ジーンズ <<19:17


イギリスに戻って、ばたばたと毎日が過ぎていきます。
日本も暑い日が続いているようですが、イギリスもイギリスらしくないさわやかな毎日。
さんさんと降り注ぐ太陽、そして午後には夕立(!!)があったり、なんだか日本化してきているのではないかと感じる今日この頃。(涼しいですが) 
なんと、来週は気温が35℃まであがるとか。
この夏は気温40℃いくかもしれないと聞いていましたが、本当にそうなるとは・・・
イギリスも、地中海性気候に移行しているようです。

少しずつ荷物を片付けているところですが、たくさん買い物してきたような気がしていたのに、今になって、あー、あれもかっておけばよかった、これも買っておけばよかった、と後悔しています。
毎年帰っているわけじゃないのだから、もっと散財しておけばよかったかなぁ。

日本に帰って面白いもの(日本に住んでいたら別にそうではないと思うのですが)をたくさん発見して楽しかったのですが、やっぱり、感覚がだいぶ欧米化しているみたいで、純日本風なものにすごく惹かれるようになったなぁってつくづく感じます。そして同時に、日本のみんなが何でそんなに欧米チックなものに魅かれるのか、すごく不思議です。私も以前はそうだったのですが・・・

そうそう、今回チーたろうと2人で街で見つけて楽しかったのが、豊天商店(「ブーテン」と読むらしい)の服。
いつかイギリス上陸するんじゃないかとどきどきしながら2人で眺めてしまいました!! 
なんと「ナルト」柄もいろいろあるらしく、絶対ヨーロッパでも受けると思います。
(ひょっとして、外人さん意識して作ったのかも?)

ちーたろうはTシャツ他、バーベキュー用に前掛けを購入。
母には「なんなん、作業着だがぁ!!」と言われましたが、みんなの反応が楽しみです。
749-851.jpg

私も、豊天の岡山桃柄、買うかどうか悩んで結局かわずに帰ったのですが、ちょっと後悔してます。
買っとけばよかったかな、と・・・

もうひとつ買っとけばよかったかな、と思ったのが桃太郎ジーンズ
高かったけれど、一生ものとして、そして話のネタとして、世界に誇る岡山の桃太郎ジーンズを買って帰ればよかったかなぁ…。

でも豊天も、桃太郎ジーンズも、日本に住んでいたら絶対買わなかっただろうなと思います。

和柄(?)といえば、以前からちょくちょく書いている「Osaka」柄のTシャツ、まだまだ、街を歩くと見かけます。こないだは、「Osaka」がらTシャツ男性と、「Kyuto」柄Tシャツの男性が並んで歩いてました。スペルミスを直してあげたくなりました。


スポンサーサイト


No.151 / 日本あれこれ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2010.01.24  マツダスタジアムの思い出、到着。 <<05:58


今日、帰宅すると大きな封筒が届いていました。
あて先はなんと、去年の春に一時帰国したとき、広島のマツダスタジアムでの広島カープ観戦の際、隣の席に座っていたAさんです。

年賀状が来て、返事を出したのですが、その返事。封筒を開けると、大きな写真数枚と、広島の地方新聞、「中国新聞」と広島のフリーペーパー、おまけ(?)のスーパーの広告が入っていました。

写真はスタジアムで一緒にとった記念写真たちと、Aさんの瀬戸内海に浮かぶ別荘の写真でした! 
お仕事を引退して、今は優雅な隠居(?)生活を送っていらっしゃるいというAさん。別荘の露天風呂プロジェクトや、料理店出の修行・バイト、海外旅行、そしてマツダスタジアムの年間指定席での観戦と、うらやましい毎日。私も、引退後はそんな生活がしてみたいな・・・。スタジアムの写真はとてもきれいに写っていたので、家に飾ろうと思っています。

Aさんからのお手紙と写真を見ていて、広島での思い出がよみがえりました。大学時代をすごした広島・・・といっても、広島市ではなく、「東広島」でしたが、お世話になった地元のかたの中に、何人か、瀬戸内の島にや海辺の町に別荘(もとは実家だったという方ばかりでした)を持っている方がいらっしゃいました。きれいな景色を眺めながら海で取れた新鮮な海鮮をいただいたり、海で遊んだり、懐かしい思い出です。

別荘ともセカンドハウスともいえないけれど、、隠居生活を送る私の両親にも、海辺というほど海から近くはないですが、祖父母の住んでいた家があります・・・家から海が見えるわけではないし、瀬戸内海ではなく日本海側ですが。痛んで人が住める状態ではなく、おばけ屋敷のようですが、壊して小さな家を立てて、Aさんのように別荘にすればもっと楽しいんじゃないかな・・・と思うのですが、

雪も多く・・・

冬は寒く・・・

瀬戸内のような穏やかな海ではない日本海側・・・

お金もかかるだろうしやっぱり、広島の瀬戸内の島のような優雅な別荘にはならないのかな。でもしょっちゅう通ってるんんだから何とかとまれるようにしたらいいのに。

ところで、写真と一緒に送られてきた新聞ですが、日本語の読み物ということもあって、大喜びで拝読しました。でも、何でまた、新聞?、と不思議に思っていたら、私の読みかけを横取りしたチーたろう、興奮。
一面に、マツダスタジアムの記事が載っていました。

元記事はこちら

今までの寝転び席やバーベキュー席でもすごいと思うのに、畳席や、バリアフリーの車椅子でも観戦できるシートもできるみたい。

なんかいいなぁ、戦後、市民の寄付で支えられたというカープらしいスタジアムだなぁって記事を読んで思いました。
広島市民が自転車で観戦に来ていて、試合後の自転車の波がすごかったことも思い出して、きっとこれからも、このスタジアムともども市民に愛されていく球団なんだろうなとも思いました。

イギリスのサッカースタジアムにも寝転び席とかバーベキュー席とかそんなのできて欲しいけど、一瞬一秒たりとも試合から目を離すことのできないサッカーでは無理でしょうね・・・ 第一、フーリガンの巣だし、バーベキュー席なんかできたら、周りの観客の命が危険・・・スタジアムに火や金串が飛び交うことになりそう・・・

それにしても写真と新聞、とても素敵なプレゼントでした。
Aさんはこの秋イギリスに遊びに来るかもしれないそうですが、渡英の際はぜひ、我が家にも遊びに来ていただきたいなと思います。

そのときは、ロンドンをご案内しますからね! 
サッカーの聖地、ウエンブリースタジアムも、うちからすぐですよ!


ランキングに参加しています。一押ししてもらえるとうれしいです。





No.230 / 日本あれこれ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2010.05.02  きのこの山 <<18:59


日本も連休でしたが、イギリスも連休。 
残念ながらあいにくイギリスのLong weekendは、雨、雨、雨。
昨日から一晩中雨だったようで、連日の晴天で干からびていた庭は、今、沈没しかかっています。
雨の中庭の植物たちは元気いっぱい、りんごが満開、芝生は3倍ぐらい伸びました! 来週晴れたら芝刈りです・・・
日本では毎年見ごろがゴールデンウィークだった、隣から伸びている藤の花のつぼみも、膨らんできました。
雨が降るとイギリスの植物たちはますます元気になるような気がします。

今日は用事をかねて友人宅へ行く予定でしたが、家ごもりになりそうです。
友人宅では昨日も来客があったようですが、お子さんのご機嫌が最悪、なんだか大変な1日だったよう。
子どもが小さいと、たぶん、1日=24時間で、夜中もきっと大変だったことでしょう・・・! 
そしてパパとママは今日も1日その疲れを引きずっていることだろうと思われます。
短いメールだったけれどその大変さが伝わってきて、「明日は我が身」と言う言葉がふと頭に浮かびました。

昨日家具が届いて喜んで大掃除をがんばったせいか、しとしとと降り続く雨のせいか、今日はすごーく眠いので、流れてよかったかもしれないなと思いながらごろごろしながら(といってもおなかが邪魔でごろごろするのも難しくなってきた)ネットサーフィンしています。

たまたまのぞいたgoo のニュースでこんな記事を見つけました。

日本のお菓子や調味料が米Amazonで絶賛

きのこの山はチーたろうの会社でも人気だし、きっと海外向けに出しても売れるんじゃないかな? (ちなみに、ポッキーは「MIKADO」と言う名前でこちらでもうられているし、おみせによってはコアラのマーチも売られています。) 

日本のマヨネーズが人気というのはちょっと驚きました。こちらでは日本人みたいに何にでもマヨネーズをかけて食べる習慣はないので、我が家でも食卓にマヨネーズが上がることはめったにないけれど(たまにサンドイッチに使うくらい)、確かに日本のマヨネーズはおいしかったような・・・(すでに過去の記憶) 日本人みたいにマヨネーズを食べないアメリカ人にも、日本のマヨネーズの味、わかってもらえるんですね。そして・・・何より驚いたのは、Amazonってほんと、何でも売ってるんだなぁってこと。

こんな記事も見つけました。

“ちょい寝”で1晩分の効果!? 昼寝の驚くべき効能

こないだ先輩に、今はなるべく昼寝したほうがいい、と言われたばかりなのですが、昼寝って妊娠中でなくても体にいいみたいですね。最近は何をするにも時間がかかって、あっという間に気がつくと夕飯の時間になっていることが多いのですが、15分でも昼寝をするのがいいのかなと読んで思いました。「昼寝なんて時間がない、場所がない」っていう日本人は多いと思うけれど、中国では、市場の人たち、お店の人たち、会社員、結構昼下がりに、店先で、自分の机で、つっぷして昼寝してました。イギリスでも、中国語の先生(中国人)が時々オフィスで昼寝してましたっけ。(実は私の日本人上司もよくしていた)昼寝するとすっきりするし、疲れたままがんばるよりいいのかな。この記事のおかげで、これから会社でも、どこでも、ランチタイムに正々堂々と昼寝ができそうですよね!?

さて、今日は買出しに行ってくれているチーたろうが帰ったら、出かける代わりに、明日はじめようと思った家具の組み立てにかかろうと思います。この調子だと、ひょっとたらあさってにはおちびグッズの買出しをはじめられるかな?でも、今日は忘れず昼寝の時間もしっかりとろうと思っている私です。


よかったら一押しをお願いします!



No.296 / 日本あれこれ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2011.03.17  放射能には塩が効く? <<22:53


計画停電の様子のニュースを見ていると、電気って、あたりまえの物のように感じるけれど、本当に大切なものなんだなぁとつくづく感じます。

でも不思議なのは、中国に住んでいたときはしょっちゅう停電していて、それでいてそんなにこまらなかったこと。しょっちゅう停電するから、仕事でも、授業用のコピーは前日にコピーを済ませていたし、夜も電気が消えたらレストランでも「あらきえたわね」って感じでキャンドルライト。停電になったからと大騒ぎする人はいなくて、なければないでどうにかなったのです。でも日本だったら、お店のドアは自動ドアが多いし、電気が使えないと大変だろうなと思います。


中国のサイトでこんなのがありました。
日本のメディアでも取り上げられているようですが(それとも元は日本なのかな?) 

「抗震大臣」枝野官房長官、おやすみなさいの図。

  →こちら

ジャック・バウアーもびっくりの105時間寝なかったとか?
おうちでゆっくり眠れたでしょうか。
ほんと、イギリスのテレビや新聞にも枝野官房長官の顔をよく見かけます。

どこかで、「枝野さんがいない間、誰が記者会見するのだろう」というコメントがあったのですが、そういえば、誰がしてるんでしょう? 東電の人が会見しているのはときどき見かけるけれどそれかな? 

日本の地震は、お隣香港にも大きな影響を与えたようで、香港市民も買いだめに走っているようです。
放射能には中国の塩がいいそうで、みな中国の塩を買っているとか。(放射能に効く成分が入ってるらしい)
あと、今後日本の粉ミルクの放射能汚染が心配だとかで、日本製粉ミルクも買いだめが始まっている(または買い占められた?)そうです。

西日本にいる私の実家では、一応非常時に備えて水だけは買ったということですが、それに比べて香港人、すごいですよね!

買いだめが無駄に終わりますように。
 


No.426 / 日本あれこれ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2011.03.18  今日はコミックリリーフ? <<23:19




実家のある西日本のほうでは結構普通な日常があるようですが、東日本ではまだ余震が続いているみたいだし、本当に大変だろうなと思います。私が体験した一番怖かった体験はロンドンの地下鉄テロ。しばらく地下鉄に乗るのがこわくてほんとドキドキしたし、みんながピリピリしていて、車内に子どもが忘れていったお弁当一つで地下鉄がとまったりしていたのを思い出すけれど、今回の地震と比べるとささいなことで、大混乱のロンドンで途方にくれたことと、見知らぬ駅からバス停と人の波を頼りに延々と歩き、途中のパブのテレビで情報収集したそのときの経験が豆粒みたいに小さなことに感じます。今日は誕生日でしたがお祝いムードにはなれず、それでも一応お祝いしてもらいました。

今日はいき帰りの地下鉄の中でためていたイギリスの新聞を日本のニュースのとこだけざっと読んだのですが、ほんと、イギリスの報道と日本の報道はぜんぜん違うので、とても複雑な気持ちがします。

日本の報道を見ると、生活情報みたいなもののほか、「大変だけどみんながんばってる」みたいな不思議な一体感と、福島の原発作業員や自衛隊らの懸命の努力が伝わってくるのだけれど・・・ (どこかでみたのですが、決死隊とよばれているのでしょうか!? なんか嫌。) イギリスの報道は、うーん・・・ (日本の報道は、見ている報道の多くがNHKの海外放送だから、何か意図的にそうなっているのかな?) 

あ、イギリスの報道は、トップが次第にリビアのニュースに変りつつあります。
戦争になるのかな・・・

今日地下鉄で読んだ、あるイギリスの新聞には、日本人と結婚した東京在住イギリス人主婦へのインタビューがあったのですが、読むと東京が食糧難におちいっているかのような内容でした。お店にも食べ物がない、自宅の食料もそこをついて、ポテトチップスと××しかない、子どもを食べさせるのにどうしたら、みたいな。他の新聞には、空になったスーパーの棚の写真たちが。


買いだめはしないようにと一生懸命報道している日本のメディアと東京の食糧難について報道するイギリスのメディア。うーむ。

他にもいろいろ違いはあって、日本の放送を見ていると、みんなそんな余裕でいいのかとドキドキした気になったり、いやいや、イギリスのメディアが大騒ぎしすぎなのだと思ったり、なんだかとても複雑です。


こんなに普通な日常をおくっていていいのかなと複雑な気分で、実は今自分でもできるささやかなことをとを計画しているのですが、反応はいろいろ。
地震でたいへんなときなのに、という感じのお言葉ももらいました。
たいしたことではないし、ただ日本のためにお金をくれというよりいいアイデアだと思ったんですが。


大変なときは、楽しいことはしてはいけず、かわいそうな顔で募金を乞わなければいけないのかな、とちょっと悩んでいますが、イギリスでは普通なことなんでやってみようかなと思ったり。よく不謹慎なと言われる私。日本人はまじめなので、大変なときは笑ったり冗談言ったりしてはいけないのかもしれません。大変なときこそ笑い飛ばせるくらいの余裕がないとどんどん落ちてくような気がするんですが、安全圏にいる人間がこんなこと言ったらまた不謹慎でしょうね・・・。


さて、今日はイギリスはコミックリリーフの日です。
この日は募金をして、赤い羽根じゃなくて、赤い鼻を付けます。
アフリカなどの貧困撲滅のための募金みたいです。
募金して、赤い鼻をもらって付けて、みんなで変顔して楽しんじゃう日で、今日はテレビではコメディアンたちがいろんなコントやコメディーをやってにぎやかです。

このイギリスのコミックリリーフの活動も、日本人は不思議な顔をされることが多いみたい。
へんなことしてチャリティーを楽しんじゃおうというのがよくないのかな? 
街角で声を張り上げて必死で募金をこうのよりお金が集まりそうな気がするのは私が欧米化しているからなのかな?

日本人受けが悪いかもしれないと思うと余計なことしないほうがいいのかなとかまだいろいろ悩み中だし、ちびすけもいるし計画が実現できるかわからないのですが、もう少し様子をみながら考えてみようと思います。


No.427 / 日本あれこれ / Comment*2 / TB*0 // PageTop▲

 Home Next>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。