イギリスの風
香港人のテレビっ子・チーたろうと、ちびすけとともに、のんびりイギリスで暮らしているへんじゃの日記です。


プロフィール


へんじゃ

Author:へんじゃ
★ブログに時々登場する「チーママ」は義母、「チーパパ」は義父、「チー妹」は、チーたろうの妹のことです。

★コメントは承認制になっています。表示やお返事が遅くなることがあります・・・すみません。)

★内容の無断転載、また内容と関係のないコメントの書き込みはご遠慮ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ村に参加中です。よかったらこっちも押してみてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村



FC2カウンター




金魚




カレンダー


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最近の記事




最近のコメント




カテゴリー




フォトアルバム




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧




最近のトラックバック




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2009.05.20  スカートの風 <<02:09


最近、うちに持って帰っての採点がなくなったので、地下鉄の中で読書タイムが持てます。英語の本は日本語よりずっと重いので、英語の本は寝る前に、地下鉄の中では日本語の本を読むようにしています。英語は、Marian Kayes が好きで、最近は彼女の本を全部制覇しようと読んでいるところです。

彼女の本はラブコメディー。イギリスの20代後半から30代の女性に人気のベストセラー・作家で、ブリジット・ジョーンズの日記を書いたヘレン・なんとかさんとよく比べられるのだそう。大人の生徒さんに、「先生の好きな本は?」と聞かれて、本棚にあった彼女の本を見せたら、笑われましたが、男の人はまず読まないタイプの小説です。今までよんだかの彼女の本は、人生のどん底をさまよっている女性が立ち直り、素敵な人と出会い・・・で、ハッピーエンドでおわりのラブコメが多いです。人生どん底の場面では、本当にこんなけいけんをしたのかな、と思うくらい、描写(?)がすごく上手。先が読めてしまうことが多いけれど、読みやすいし、ヒロインに、「がんばれー」と応援の気持ちと、どんな風に幸せをつかむかが楽しみで、何もかも忘れて読みふけってしまいます。

・・・とMarianのことを書いたけれど、本当に書きたいのは、日本語の、呉善花さんの本。たまたま古本屋で見つけて二冊買って、読み終わったところです。どうでもいいことだけれど、中国で教えていた朝鮮族の学生とまったくおんなじ名前の韓国人が書いた本です。一冊は、日本でベストセラーになった、「スカートの風」。夜の街で働く韓国女性に日本語を教えていた呉さんが、日本永住を目指して働く韓国女性たちについて書いた本です。この本、実はこのホームページのタイトルとも関係があります。中国に行く前に、朝鮮族に日本語を教えに行くのだから、朝鮮文化についての本を読まなければ、と思って読んだ本の中の一冊が、続編の、「続・スカートの風」。で、このタイトルが結構気に入って、タイトルの韓国語訳の「チマパラム」からもじって、このブログの前身のホームページ、「延辺パラム」を作ったのが10年前。この「続・スカートの風」は確か、韓国人の「恨」という感情についてかかれたもので、この本で得た知識は朝鮮族の街で暮らした二年間にいろいろ役に立ちました。そして「延ベンパラム」は今のこの「イギリスの風」というタイトルになって生きているわけです。

で、今回「続」ではないこの本を読んで、以前中国で朝鮮族にもまれて暮らしていたころのことを思い出してはっとしたり、新たな発見がいろいろありました。

その中で驚いたことの主なもの二つだけ書きますね。

1つは・・・「スカートの風」って、韓国の女性たちのスカート、「チマ」が風ではためく、さっそうとしたきれい&活発(?)なイメージがあったのですが、このオリジナルの「スカートの風」を呼んで、「チマパラム」の本当の意味が分かりました。

チマパラムの本当の意味は・・・

「韓国の有閑マダムたちの中である程度経済的に余裕のある人たちは、余暇をサウナやスポーツクラブ、または遊び友達との花札でつぶすのだが、そのうち遊び友達との間でねずみ講さながらのケー(民間金融制度のようなもの)がはじまり、それで得たお金がキャバクラやホストクラブでの遊びへと発展していく。

以上のような女たちの一連の動きを「チマパラム」という。」


のだそうです。

つまり、女が浮気したり、あるいは社会へ出てわあわあと騒がしくしたりすることを意味しているのだそうです。

まったく逆だと思っていました。
女性がキャリアを持って活躍する、そのことが「チマパラム」かなと思って、かっこいい言葉だと勝手に思っていました。

知らなきゃよかった、タイトルの由来でした!! 

もうひとつこの本を読んで驚いたことがあるのですが、ガーデナーが来る時間なので、また今度! 
スポンサーサイト


No.142 / 読書 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2009.05.23  スカートの風(続) <<00:39


続きを書くのが面倒になってきたのですが、こないだの「スカートの風」の続きです。

「スカートの風」の意味でもびっくりしましたが、もう一つ驚いたのは、結婚しない女性(男性)への韓国の風当たりの強さ。こっちは呉さんのかいた別の、「恋のすれ違い」韓国で独身を通すことの大変さを読んでいてつくづく感じました。独身で死ぬと、例えば女性は処女鬼神となってしまい、たたりが恐ろしいことになるので、残された親族はその供養が本当に大変なのだそう。(中国で朝鮮族の街に住んでいたときも適齢期を過ぎて独身でいる人たちへの圧力をよく目の当たりにしていたけれど、、ここまで大変な問題だったとは!)

中国で仕事していたとき、酔った朝鮮族の同僚に、独身を通している別の同僚について、
「40近くになって結婚しないのは、絶対どこかおかしいと思いますよ。本当に。」
と、酔った勢いで真顔でいろいろ話していたときの衝撃(中国とはいえ、大学の先生がいまだにそんな古い考え方をしているなんて、かなりショックだった)、

日本に留学した恋人がなかなか結婚してくれない、という26歳の朝鮮族の友人が、
「この年でまだお嫁にいけないから、みんなにどこかおかしいといわれるの」
と泣きながら話していたのを聞いたときの衝撃、
(結局その後、留学生として中国に来ていた韓国人の熱心なプロポーズに負けて結婚)

きっとこれは全部、こういう独身の人たちへの圧力があったんだろうなと納得しました。

ほかにも、呉さんの本を読んで、いろいろ考えさせられました。
呉さんは日本での執筆活動のせいで、韓国に入国禁止措置をとられたそうです。
日本だったら、自国について(うそではなく)いろいろ批判して、そんな措置をとられることはないですよね。うちの大学にいた韓国人が、「韓国は日本より女性の地位が高い(ある意味ではそうかも?)」と強調していたことをふと思い出しながら、韓国ではまだまだ、言論の自由がないのでしょうね。

日本人でよかったかも。
なんだか支離滅裂な文になってきたけれど、よかったら呉さんの本、読んでみてください。


No.143 / 読書 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2009.07.08  Anybody Out There? --- Marian Keyes <<02:30


以前にも書いたような気がするのですが、最近寝る前に本を読んでいるのですが、Marian Keyes という人の本にはまっています。どんな本を書く人かは以前こちらにちょこっと書きましたが、ついに、彼女の一番有名な本(たぶん)、「Anybody Out There?」にたどり着きました。

今読んでいるんですが、うわさに聞いていましたが、号泣本です。
日曜日に読み始めたのですが、今朝、ちょっと時間があったので出かける前に読んだのですが、・・・面白いけれど、何でこの本がそんなに号泣する本なのだろうと思いながらここまで読んでいたんですが、

出かける前にやられました・・・

思いがけないすごい展開。うちを出て、地下鉄の中で、思い出してはうるうる・・・
やられました。

元アル中だったというMarian。彼女の本はラブコメの分野にはいるんですが、どの本もヘビーなテーマがあります。今回のも、ヘビーです(でもコメディー)。絶対、体験していないとこんなにかけない、と思いながら読むんですが、人生のどん底を何度も経験したという彼女だからかけるんだろうなって思います。この本もお勧めです。やっぱり、元になる実話があるのかなぁ???

主人公があんまりかわいそうで、いったいどうなるのかと思ったら、本が手放せなくなってしまいました。彼女の本は最後にハッピーエンドが待っているので、今回も、きっと、ハッピーエンドではないかと、心から願っています。早く、主人公が幸せになるところまで読み進まないと、思い出してはうるうるしてしまいそうです。

この本、まだ半分読んだだけだけれど、今回の本もすごくよかったので、帰りに彼女の本をさらに二冊(半額になっていた)購入して帰りました。さっき調べたら、彼女の新作、「The Brightest Star in the Sky」が10月に出るのだそう。ロンドンでもし、新作発売サイン会とかあったら、本物のマリアンに会いに、絶対行こうと決心しました。

ついでに、日本語でもマリアンの本を検索。
3冊ほど訳されているみたいです。
でも、このタイトルはどうかな・・・

たとえば、彼女のデビュー作、「Watermelon」。
結構かっこいいタイトルだと思いませんか? 
この話のストーリーは、子供が生まれる、というその日に、主人に捨てられたクレアの話。
子供が生まれて、けどその日に主人に捨てられて、まだ体も戻らなくて妊娠線もバリバリの自分の体を「まるでスイカみたい」と落ち込んでいるクレアの話で、だからタイトルも「Watermelon」なんですが、邦題は、

「子持ちクレアの逆転大勝利」

邦題が「スイカ」だったら確かに売れないかもしれないけれど、なんだか邦題になるとずいぶん雰囲気が違うなと思います。それに、「大勝利」って書いたら、結末も見えてしまって、なんとなくがっかりだと思いませんか? 英語で彼女の本を読むのと、日本語で読むのとではぜんぜん雰囲気も感じ方も違うだろうなとつくづく感じました。特に、彼女の本はイギリスの若者がよく使うスラングやF-Wordがたくさんちりばめてあって、それが軽快さと若々しさ(といってもアラサー向けの本だけれど)をかもし出しているような気がするのだけれど、そのあたりの言い回しも日本語でどうなっているんだろうってつくづく感じました。今度日本で翻訳されたバージョンを呼んでみたいなって思います。

それにしても、日本語訳の彼女の本の紹介やみんなのコメントを読んでいて、「あぁ、私の英語力ではこんなとこまで読み取れなかったなぁ」と思うことがいっぱい。夏の間に彼女の本を全部読破しようと思っているんですが、眠くて急いでページをめくったところもあるし、読み終わったらもう一回じっくり読み返してみようと思いました。

さて、さっきチーたろうから帰るコールがありましたが・・・
また今晩もチーたろうに、「また本ばっかり・・・!」と愚痴られそうですが、夕食の準備を急いで済ませてまた本に戻ろうと思います。
今日は簡単に「Sausage and Mush」(ソーセージとマッシュド・ポテト)で済ませようと思っています。
だって、早く結末を読まないと、また思い出すだけでうるうるしてしまいそうで・・・
どうなるんだろう・・・結末。
 


No.154 / 読書 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2009.07.29  読書の夏? <<18:21


毎日毎日雨の降る肌寒い日が続いています。
庭が水没するのも時間の問題かもしれません??

今年も日本から帰って紫蘇の種を植えてみましたが、全滅。もう一度まきなおしたのですが、たった1本しか芽が出ませんでした。いつもはおすそ分けするほど生えてくるのに残念です。
大切にこの一本を育てようと思っています。
天気のせいかと思ったらほかのうちでは今年も紫蘇が茂っているようで、昨日はたくさんの紫蘇の葉っぱを分けていただきました。大切にいただいています。ありがとうございました。

今月に入ってから、ロンドンへ行くたびにSt.John's woodにある日本語図書館に寄っています。夏休みに入って本の回転が増えたせいか、初めて見る日本語の本が増えたこともあって、いろいろ借りて楽しんでいます。この図書館の日本語の本はロンドン在住の日本人の寄付した本で成り立っているので古い本が多く、今人気のある本が入っているというわけではないけれど、日本の図書館に比べて在庫が少ないおかげで、日本でだったらとても手に取ることのないようなジャンルの本まで、「まぁ、読んでみようか」という気になって、知らない世界が広がるような気がします。(あまり文学系の本はなくて、雑学系の本が多い)

でもロンドンにいる日本人が寄付していった本だからか、ロンドンや国際関係、旅行ガイドブックといった本が多くてうれしいです。そして、時々ぼろぼろになった日本語の本が10ペンスほどで売られているのも・・・(私はこれで夏目漱石全集を入手しました。)

最近借りた中で心に残った本が、

「女の生き方 40選 上・下」文春文庫

「国際結婚の黎明」瀬戸内晴海 編

はじめの「女の生き方」は戦前から戦後にかけて生き抜いた女性たちの自伝的作品を集めたもの。はじめはすごいタイトルだなと思って手に取ったのですが、「淡谷のり子」さん、「俵まち」さん、「黒柳徹子」さん、「愛新覚羅浩」さん、その他いろいろ、懐かしい有名な人たちの人生が乗っていたので面白かったです。

中でも愛新覚羅さん(満州の皇弟、溥傑に嫁いだ女性)の自伝は私の住んでいた中国の町の名前が出てきて、懐かしかったです。それから、山崎朋子さんの話では、いままで何かで「サンダカン」という名前を聞いたことがあって、不思議な名前だなと思っていたのですが、いったい何なのか解かりました。ひょっとしたら「サンダカン」は日本だけではなく、イギリスでも有名かもしれません・・・後で調べてそのこともはじめて知りました。

そして「国際結婚の黎明」は、明治時代に外国人と結婚した日本人女性についての話です。6人の女性の話で、あ、最期の「シーボルト・イネ」だけがハーフの女性の人生です。「シーボルト・イネ」は、岡山にゆかりのある女性だし、ほかの5人も、インターネットも飛行機もない時代に、すごいなぁとおもって読みました。ヨーロッパで社交界の花として活躍した日本女性もいます。(EU設立に関係のある日本女性も・・・!)明治期、ヨーロッパで日本(中国)風のものがいろいろとはやった背景には、国際結婚でヨーロッパ社交界で活躍した彼女たちの功績もあるのかもしれません。

それからこの本を読んで、どうして「ゲイシャ・ガール」が外国で有名なのかわかりました。
昔のお雇い外国人たちは芸者遊びが派手だったようです。現地妻として活躍したゲイシャもたくさんいて(政府が奨励した様子)、間に生まれた子供たちが昔はたくさんいたようです。今とはいろんなところで現代の私たちとは考え方が違っていて、そういう昔の日本女性の生き方や考え方を知るのも面白かったです。

長くなるけれど、ひとつ驚いたのが、国際結婚した女性の中に、「西洋人とのあいのこはどうもよくない。精神的におかしい子が生まれる率が高い」と言った女性がいたこと。これはどうかなとおもったけれど、読んでいて、2度の対戦があり、日本と父親の国の間で翻弄された子供たちが多かったよう。はるか遠い母親の国について知る方法もあまりなかった昔、西洋人とまったく考え方の違う母親画理解できなくて、親子の関係がギクシャクしてしまうことも多かったようです。今でもハーフの子供は育てるのに二倍手がかかるといわれることもあるけれど、昔はなおさらだったろうなと思いました。

「国際結婚の黎明」には外国人と結婚した女の人の話ばかりだったけれど、戦前の実際の国際結婚は、日本人男性と外国人のカップルのほうがずっと多かったと聞いたことがあります。森鴎外も有名だけれど、アジアやヨーロッパにはそんなカップルがたくさんいて、そしてまたその子孫もたくさんいるのでしょう。あるかどうかわからないけれど、こんどは明治期に国際結婚した日本人男性
の本も読んでみたいなと思いました。

さいごに・・・この二つの本に共通して出てくる女性もいたりして、それも読んでいて面白かったです。


よかったら一押しをお願いします!(更新の励みになります。)

謝謝光臨!



No.162 / 読書 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2009.10.14  かもめ食堂 <<17:46




すごく久しぶりに(2年半ぶり?)に風邪を引いてしまいました。
急激に寒くなったので風邪を引いている人が多いなぁと思ってはいたのですが、油断していました! 日曜に行ったレストランで、なぜか冷房ががんがんかかっていた上に(次に行ったボーリング場は逆にがんがんに暖房がかかっていて暑かった)、メンバーの一人が風邪を引いてゲホゲホしていたこと、土曜日夜更かししてあまり寝ていなくて寝不足だったことと、と考えると、なるほど、風邪の要素がたくさん詰まった一日だったなぁと思います。豚インフルのせいか、「風邪」と言うとみんなが離れていくのを感じます。もうなおりかけだけれど、のどをやられて声がおかしいのと、今日は一日お休みすることにしました。

土曜の夜なぜ夜更かししたかというと、「かもめ食堂」という本を読んでいたから。(読みやすくて一気に読んでしまいました)映画が有名になったので、映画を見た人も多いかもしれません。私も、はじめ映画を見ました。
チーたろうは香港映画やハリウッド映画のペースとずいぶん違うのですぐ飽きてしまったのですが(そういう私も途中何度か眠りに落ちたのですが)、フィンランドが舞台のなかなかいい映画です。きれいな夏のフィンランドを舞台になかなか個性的な登場人物が出てきます。イギリスの夏の明るい夜に、のーんびり見るととてもいい映画。

妹にDVDをもらったのかな? そしてさらにチーたろうがそれを知らずに香港で買って帰ったようで、家にかもめ食堂のDVDが2枚あったのですが、夏、フィンランドへ旅行行くという元同僚に貸したところ、彼女がかもめ食堂の魅力にはまってしまい、「日本語の学生にぜひみせたい!!」と大絶賛で、一枚を彼女が買い取ってくれました。その後日本語の先生たちの間をぐるぐる回っていたようなのですが、その中のある先生が、かもめ食堂の原作本を日本で買ってきて、貸してくださったのです。(ありがとうございました!)

原作を読むと、映画を見たときのなぞがどんどん解けてきて、背景がぐんぐん見えてきて、おもしろかったです。最初に映画を見て、それから原作を読むことをお勧めします! まだ映画を見てないという人、一度見てみてください。「猫の言葉」と言われるフィンランド語にも注目です! 

もう一回映画を見たいなと思って探しているのですが、家に一枚あったはずのDVD、行方不明です。夏にDVDが増えたせいで、どこかにうずもれているみたい。

・・・どこだ???


おまけ・・・春にブログでちょこっと紹介したBBCのドキュメンタリー「A story of love and hate」、日本でもちょっと話題になっているみたいです!! ロンドンでも11月に、SOASという大学で上映される予定です。(詳しくはこちら)とってもいいドキュメンタリーだと思っていたので、うれしいです。ナオキさん、ヨシエさん、お幸せに!


       詳しくはこちら 
         ↓

バブル崩壊で実業家から時給810円になった日本人男性の人生が英BBCで放送され人気ものに!-山形国際ドキュメンタリー映画祭 - goo 映画



ランキングに参加しています。一押ししてもらえるとうれしいです。






No.194 / 読書 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

 Home Next>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。