イギリスの風
香港人のテレビっ子・チーたろうと、ちびすけとともに、のんびりイギリスで暮らしているへんじゃの日記です。


プロフィール


へんじゃ

Author:へんじゃ
★ブログに時々登場する「チーママ」は義母、「チーパパ」は義父、「チー妹」は、チーたろうの妹のことです。

★コメントは承認制になっています。表示やお返事が遅くなることがあります・・・すみません。)

★内容の無断転載、また内容と関係のないコメントの書き込みはご遠慮ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ村に参加中です。よかったらこっちも押してみてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村



FC2カウンター




金魚




カレンダー


05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近の記事




最近のコメント




カテゴリー




フォトアルバム




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧




最近のトラックバック




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2008.01.28  サンデーロースト と チュー太郎 <<17:14


イギリス人は日曜日、オーブンでじっくりローストしたお肉を食べるのが好きです。
日曜日のパブには必ずサンデーローストメニューが登場、日曜日のお昼時にはビール片手にサンデーローストを食べている人たちがたくさんいます。私も主人も日曜、特に何も予定がないときなどはパブでのんびりサッカーをみながらサンデーローストを食べることがあります。

自分で作ったことはなかったのですが、作ってみたいというチー太郎のたっての願いで、昨日は鶏を一羽買ってきました。こちらでは、2羽で5ポンド(1500円くらい?)という安いチキンもありますが、先日のフリーレンジのこともあり、奮発して、一羽8ポンドほどする鶏を買ってきました。それでもパブで食べたらひとり分7ポンド位はすることを考えると、かなり安いです。

ローストすること2時間! おいしいサンデーローストができました!! 
意外と簡単でおいしかったです。

でも、、、もちろん2人で食べるには大きすぎ、

昨日の昼ご飯にたべ、

残りの肉で晩御飯に焼きそばを作り、

残りの肉で今日のお昼用にサンドイッチを作り、

それでもまだたくさん残っているので、チキンスープにする予定です。

でも、サンドイッチを作ったただいまの時点で、ちょっと鶏肉に飽き飽きの気分。お客さんが来るのでなければ、もう作ることはないでしょう。

さて、晩ごはんを終えて、2階で休んでいると、階下からチー太郎の悲鳴が聞こえてきました。

また、ネズミです!
居間で発見したようです。
今度はほんとカウンシル(市役所)に連絡して、調べてもらう予定です。
今年はネズミ年。ネズミの当たり年なのでしょうか?? 
スポンサーサイト


No.9 / イギリス面白食材 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2008.04.03  イギリスの春の味:ルバーブ <<15:47


旅行中にサマータイムにもなって、夜も8時ごろまで明るくなりました! でも、週末はまた雪だそう。また寒くなるのはいやだけれど、一日が明るくなって気分も明るくなります。日が長くなってきたので、庭の植物もぐんぐん成長をはじめました。
春になると、我が家のリンゴの木の下から顔を出すのが、下の植物、ルバーブ

Amsterdam 002

(やっと写真サイズを小さくする方法を発見しました!)


一体何なのかはじめはわからなかったのですが、フキの一種だそう。今の家に越してきてはじめての春、見たことのない真っ赤な芽が顔を出したのでびっくり、雑草かと思って抜こうとしたのがこのルバーブです。

日本でもフキは春の食べ物ですが、ルバーブもイギリス人の大好きな春の食べ物。日本のフキは佃煮にしたりするのですが、ルバーブでは、デザートにします。私も今年は思い切って、ルバーブのデザートに挑戦してみました。

ルバーブは葉っぱに毒があるそうで、茎を使います。パイにしたり、ジャムにしたりするそうですが、量もそれほどないし、本当にルバーブか自信もなかったので、簡単で少量のルバーブでできる「フール」というデザートにしました。(フールは、シロップ状にした果物にクリームかカスタードかヨーグルトを混ぜるもの。フルーツ・ヨーグルトもフールの一種??)ルバーブを切ってレモン汁と砂糖を入れて、5分煮て、ヨーグルトかクリームを入れると出来上がりという、超簡単、Foolでもできるデザートです・・・

ひょっとしてルバーブではなかったらどうしようかと自信がなかったし、うちにヨーグルトもクリームもなかったので、かわりに、ちーたろうがスクランブルド・エッグを作るときに使うと買ってきて冷蔵庫に眠っていた、一体他にどうやって使うのか使い方の分からない、「Cream Fraiche(生クリームとヨーグルトの中間のような不思議なもの)」というものを使ったので、ますますおいしくできるか分からなかったのですが、びっくりするほどおいしくできました!! ヨーグルト嫌いのちーたろうが、おかわりするほどです! (でも試食用に作っただけなので、おかわり分はありませんでした・・・)

甘酸っぱい春の味。中毒になったらどうしようかと不安でしたが、とりあえず、おなかも大丈夫です。フキと違ってあく抜きもいらないし、簡単だったし、またルバーブが大きくなったら作ってみようと思います。




No.20 / イギリス面白食材 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2008.06.06  Tofu と タケノコ? <<02:51




最近近所のスーパーがどんどんエスニック化しています。7年前は少しインド系食材があるかな、くらいだったのですが、ユダヤ系、カリブ系、そしてポーランド系がずらりと並びはじめ、今年に入ってからはワサビや日本のカレールー、出前一丁、そして主人の大好きな香港の豆乳ドリンクやらウナギかば焼きの缶詰、中国の鎮江黒酢、と日本や中国系のお客さん用[?]商品もじわじわと増えてきました! 便利になったものです!! 焼きそば用の生めんも、日本と同様の小麦でできた麺はもちろん、ビーフン生めんも登場。カレー粉なんて、粉にする前の粒で買えるし、お米もすし用ジャポニカ米からプディング用、リゾット用、カレー用のインド米に至ってはサフラン入り、なんだかよくわからない豆入り、ワイルドライス入り、南インド米に北インド米、とよりどりみどり。日本にいるより豊かな食生活をしているような気がします。

先日は豆腐も入荷されていたので、試してみました。
オーガニック(しかチョイスなし)のイギリス製豆腐。 

Chelsea 001




マーボー豆腐にしてみました。
味は…

おいしかったです!
でも、和食には無理。
焼き豆腐を引き締めたような、中国の「乾豆腐」製造過程の豆腐のような、堅めの豆腐でした。マーボー豆腐にはぴったりです(マーボー豆腐は絹ごしで作る、という人にはお勧めできませんが)。ひょっとしたら、ベジタリアンの人が肉の代わりに食べるのかなという感じです。中国、日系のスーパーのノン・オーガニック豆腐より高いけれど、必要な時にはいいかもしれません。
ちなみにマーボー豆腐の「マー(ぴりぴりしびれる味)」のもと、になる花山椒も、イギリスのスーパーでは「Suchuan(=四川) Spice」としてスパイスコーナーに売られています。

そして今日はもう一つうれしい発見が。庭の隅に笹(?)が生えているのですが、ずーっとじめじめと梅雨のような天気だったのが晴れたせいでしょうか、たくさんタケノコ(?)のようなものがはえてきました! タケノコといっても、笹のタケノコなのでとても小さいんですが、よくこちらの中華料理に入っているミニタケノコと同じサイズだったので収穫して、お米のとぎ汁でゆでてスープに入れてみたら・・・

タケノコそのものの味でした! 
もっと生えてこないかなぁ…。

タケノコは元気に生えてきましたが、庭の野菜たちは苦戦中です。このところの長雨で、半分くらいナメ害で消滅してしまいました。20日で収穫できると思って楽しみにしていた二十日大根も、ナメクジの穴だらけで食べられませんでした。自給自足って本当に大変なことですね…! 一年半前に植えたにらは、まだ収穫できるほど大きくなっていないし、トマトだって、5月に種を植えたものの、まだまだ花が咲くほど大きくはなっていないし、自給できているのはねぎくらいです。お百姓さんの苦労をつくづく感じています。


あ、でもお百姓さんたちは機械や農薬、化学肥料でこの苦労を減らしているのかも?

No.45 / イギリス面白食材 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2008.07.07  アヒル半羽 <<18:37


昨日は主人の妹の「10km Run」があったので、ロンドンに出ました。
帰りに、ちーたろうママからいろいろおみやげをもらいました。おみやげに大量の食べ物をもらうことが多いのですが、今回も大量です。今回のお土産の1つはダック半羽。中華街に売ってある焼鴨じゃありません。生です。旅行後ダイエット中の私たちには、消費するのがちょっと大変! 1羽丸々買ってあって、中華包丁で、バーンと真っ二つにさばいてわけてくれました。

明日の晩御飯も外で食べる予定なので、がんばって今日料理しなければなりません。ダックは焼くだけで(煮込んでも)1時間以上(いや、この量だと2時間??)は平気でかかるし、料理すると、大量の油が出ます・・・。「この油でローストポテトを作るととってもおいしいので、ビンに入れて保存しておくといい」、と本に書いてあるくらい、大量に出ます。(半羽だと小さなジャムビン一本満タンにできるのでは?) 

料理するのはちょっと憂鬱だし、私はみるだけで食欲半減ですがダックはちーたろうの大好物。半羽完食してしまいそうな勢いで喜んでいます。考えてみると、ちーたろうの誕生日はトラブル続きでお祝いらしいものをしていなかったので、がんばって料理することにします。

夕食の残りは明日のサンドイッチにしようと思ったら、ちーたろうは明日のお昼は飲茶だそう。そういえば私も明日のお昼は外かも・・・そして明日の晩はまた・・・週末はBBQ・・・。

あぁ、ダイエットが・・・
私たちも走るべきか・・・



←もっと読む
No.53 / イギリス面白食材 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2008.07.10  さとうきびと日本米 <<17:56


昨日ついつい、スーパーでサトウキビを買ってしまいました。
香港スープにしようと思ったんですが、大切な材料の1つが手に入りそうになくて断念。
マレーシアや香港ではジュースにすることもあるんですが、マレーシアで飲んだこのさとうきびジュースがとてもまずかった思い出があるので、できれば避けたい・・・。

困って、ネットでレシピを探そうと思ってネットを開いたら、こんなニュースが目に入りました。

http://diamond.jp/series/china_report/10003/

そうだろうなって思います。
中国の東北米はおいしいですもん。(さめたときは日本米の方が味は上だし、農薬のことが心配だけど)
日本に帰ってきて実家のお米を食べたとき、「あれ?」って思いました。
中国米よりまずかったので・・・
最近は中国東北米、イギリスの中国系スーパーで見かけるようになりました。
日本産米が流通するのは、難しいかもしれませんね。
イギリスでもときどき高くてもがんばって日本産米を買っている人がいるけれど、彼女たちの多くが口にするのが、安全性。カルフォルニア産やイタリア産のものもやはり日本産に比べるとずいぶんたくさん農薬が使われているとのうわさ。安全性を前に出せば中国でも売れるかも?
がんばれ、日本!

それにしても・・・記事の中の、「(中国のスーパーで日本産米を持って)レジに現れたのはどうみても普通のおばさん。富裕層には見えなかった」、というコメントにちょっと笑ってしまいました。中国のお金持ちは自分でお米を買いに行ったりしないと思います・・・ 食事を作ってくれるメイドさんに買ってきてもらう人が多いと思うから、ふつうのおばさんに見えて当然ですよね・・・ 


さて、肝心のサトウキビレシピは難航しています。
探しているうち、ラム酒の原料がサトウキビだとわかったくらいで、あまり進展はなく・・・やっぱり、かじるしかないかな・・・。



No.55 / イギリス面白食材 / Comment*1 / TB*0 // PageTop▲

 Home Next>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。