イギリスの風
香港人のテレビっ子・チーたろうと、ちびすけとともに、のんびりイギリスで暮らしているへんじゃの日記です。


プロフィール


へんじゃ

Author:へんじゃ
★ブログに時々登場する「チーママ」は義母、「チーパパ」は義父、「チー妹」は、チーたろうの妹のことです。

★コメントは承認制になっています。表示やお返事が遅くなることがあります・・・すみません。)

★内容の無断転載、また内容と関係のないコメントの書き込みはご遠慮ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ村に参加中です。よかったらこっちも押してみてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村



FC2カウンター




金魚




カレンダー


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最近の記事




最近のコメント




カテゴリー




フォトアルバム




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧




最近のトラックバック




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2008.07.24  言語調査?? <<18:05


朝から、大先輩に頼まれた論文用アンケートに取り組んでいたのですが、うっかり全部消してしまいました・・・。疲れたのでブログ更新で一休み。

アンケートをとっているのは、70代を前にして(越えているかも?)院でがんばっている先輩です。アンケートの内容は日本の方言。とても不思議な日本語を話す先生で、本当に日本人なのだろうかと思ったり、イギリス歴が長いと日本語もこうなってしまうんだろうかと思っていたことがあるんですが、鹿児島出身と聞いて、ああ、それで、と思ったことがあります。小学校のとき、方言を使うと頭に三角帽子をかぶらされて、廊下に立たされたのだそうです(昔はそういうことがよくあったそう!)。その強烈な思い出が、退職後にイギリスの大学、さらに大学院へと進む原動力になったんだろうなって思います。

さて、脱線してしまったけれど今日書きたかったのはこのことではありません。最近気になる一言です。かれこれ1ヵ月ほど前、こんな記事を読みました。イタリア人学生をホームステイさせてあげたイギリス人女性の記事です。ホストファミリーの彼女たちのさまざまなカルチャーショックが書かれていて楽しく読んでいたのですが、中にこう書かれていました。

「我が家に近所の友人が来て、ステイしていたイタリア人のAが、お茶を入れてくれていて、友人にお茶を出すときのAの英語に一同お茶を噴きそうになった。Aはお茶を出すとき、こういったのだ。

“Here you are!”

読んで、ええっ、何でいけないの?
と思った私。だって、学校で習いましたよね、物を渡すときに「Here you are」って。
その記事によると「Here you are 」死語なんだそうです。まるで修道院の修道士に話しかけられているかの気分になったとまで書いてあり、現代では使われてない、みたいな書き方をされていました。今まで、渡英語数年間、鍵を探している同僚に鍵を渡してあげるとき、お金を渡すとき、そのたいろいろ、「Here you are」を使っていた私はちょっとショックでした。本当にこの言葉が死語だったのなら、なぜ今まで誰にも笑われなかったのだろう、ひょっとして、イギリス人は笑いをかみ殺して聞いていたんだろうか、と、ひそかに「Here you are」チェックをしてみました。

今のところ、へんじゃ・リサーチに寄ると、Here you are よりThere you go のほうが明らかに使用頻度が高いです。というか、1ヵ月聞いた英語の中で、“Here you are”率はゼロでした。

では、イギリス人はHere you are の変わりに何をつかっているかというと、その記事の中にもあったのですが、 "There you go" を使います。一度気にし始めるとこの言葉にすごく敏感になってしまい、「There you go」がイギリス人の口から飛び出すと、「これだ!!」と反応してしまいます。今サマー・セール真っ最中のイギリス。店員さんは10発8中くらい「There you go!」と買った商品を渡してくれます。悔しいことに、イタリアで出会った英語のあまり話せないウエイトレスさんたちも、「There you go」を連発していました。

まわりにいるネイティブ・イギリス人に真実を聞いてみよう、とずっと思っていて、会うたびに聞くのを忘れていた私ですが、なんとか数人のイギリス人(少ない・・・)に聞くことができました。その結果は・・・

「There you go」は本当のイギリス英語ではない。
アメリカから来た誤った言葉(スラング)で、正しくは「Here you are」 だ。

ということでした。ただし、聞いた方々はみなけっこうなお年。若者に聞いてみなければと思っているところです。ちょっとほっとしたけれど、「There you go」のほうが「Here you are」よりいけている言葉なのではと思います。実は、「Here you are 」はアメリカ英語で、「There you go」はイギリス英語なのではと思っていたので、この回答には驚きました。

ちなみに先日紹介したTop Gearでは、よく似た表現、「Here we go」が頻発します(似ているので反応してしまう)。「Let's go」と同じ意味なのかな、って思うんですが、“Let's go”がでてくることはほとんどありません。Here とか、Thereが着く表現は、ちょっとかっこいい表現なのかな?

検索してみたら、こんなものもでてきました。
There you go
Thre you go 2


日本の学校英語はアメリカ英語がお手本。アメリカで「There you go」率がどのくらいなのかわかりませんが、日本の教科書に、「There you go」が登場する日も、そう遠くないかもしれないなぁ、と考えてしまった一件でした。


・・・一気に長々と書いてしまいました。さらに疲れたのでアンケート前にもう一休み・・・
スポンサーサイト


No.60 / 言葉日記(英語) / Comment*3 / TB*0 // PageTop▲

2009.04.21  Britain Got Talent、混戦中 <<16:58


毎年ブログにコメントしているイギリスの人気番組、British Got Talent, 今年もすごい人が現れました。

この番組、イギリスの隠れた才能を発掘し、優勝者には女王様の前でパフォーマンスしてもらうというオーディション番組です。そして今年のこの番組、日本でもニュースになったそうですが、先週、去年の Signature、 おととしのPaul Pot を超える衝撃の人が登場しました。




ね、すごいでしょう? 
今週のサンデータイムズ(新聞、タイムズの日曜版)、1ページ分の記事になっていておどろきました。
シャイなポールさんより面白いし、きっと彼女もプロデビューして、ゆうめいになるんだろうなって思いました。遅咲きだったけれど、これから彼女には幸せになってほしいなぁ・・・

でも彼女だけではなく、先週もまた一人、すごい子が出てきました。


Simonの最初の衝撃の行動、番組を盛り上げるためのやらせだったという人もいるけど、どうかなぁ?




しつこいけれどもうひとつ。お隣スエーデンのオーディション番組では・・・日本人ががんばっていたようです・・・。この審査員はだれ???



No.134 / 言葉日記(英語) / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2010.07.08  気になる言葉:Presume <<21:13




結構前、チーたろうが使う英語に聞きなれない言葉が混じっていました。その言葉が、
「Presume」。

確か、家探しをしていた頃、不動産屋さんとの会話の中にちょろっと出てきた言葉で、「??」と思って帰って辞書を引くと、「推定する」と載っていて、ふーん、と思ったのを覚えています。でも、日本語で会話の中で「推定する」なんて、使わないですよね?? だからそのときは、チーたろう、なんとも難しい言葉を使って会話しているなぁ、で終わりました。

でも最近になってこの「Presume」、さらによく聞くようになって、すごーく、すごーーく気になるようになりました。よく耳にするんだけれど、どんなときに使うのかがいまひとつわからなくて、すごくもやもやした感じです。

どんなときに使われているかと言うと、自分の考えを述べるとき。特にちょっと改まった場所でとか、インテリっぽい人が使っているのをよく聞きます。「Presumably」という形で使われていることも。

たとえば、最近聞いたのは・・・

① おちび用品の買い物をするときに、チーたろうが店員にいろいろ質問する文の中に混じっています。

    「I presume that this product is …」(「推定するにこの商品は・・・」って感じ?)

② 産前学級で、クラスメートが質問したとき。
     うちのクラスで一番年上の、とっても上品な音楽家カップルが一度使っていました。

「I presume breast feeding is better than bottle feeding but… 」
(「推定するに、母乳育児は粉ミルク育児よりいいのでしょうが・・・」って感じ?)

③ で、さらに最近多発していたのが、朝のBBC・Breakfast! これは、BBCの、朝のニュース番組です。2人の司会者がいて、各地のニュースや天気予報とともに、毎朝時事問題からチャリティー、芸能関係まで幅広い旬のゲストを呼んでいろいろインタビューする番組なんですが、この番組の司会者がゲストにインタビューするときによく使っています。


と、最近意識してみるとイギリス人はほんとうによくこの「Presume(推定するに)」を使っています。で、日本語の直訳ではぴんと来なかったこのPresume、たくさん聞いていてなんとなく使い方がわかってきました。

たぶん、「I think」みたいに自分の考えを述べるときに使うのだけれど、その考えの裏づけとなる情報や知識があって、そこから推定して意見を述べるときにつかうのかな、と!! 

使えるようになったら、私の幼稚な英語も少しアカデミックになって、「I think」を使うしかなかった私の表現にもバリエーションが出てくるような気がします。使うチャンスを狙っている私です。


No.332 / 言葉日記(英語) / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。